2007/03/25(日)プロの洗礼(はてなプロ野球’07)

2007/03/25 21:36
【西武 vs 楽天 第2回戦】
(2007年3月25日:グッドウィルドーム)
 
楽天  0 1 0  0 2 0  0 0 6  9
西武  0 0 0  0 1 0  0 1 0  2
 
[勝] 青山    1勝0敗0S
[敗] ジョンソン 0勝1敗0S
 
[キモティー]
  5回表 ウィット    1号 ソロ  (ジョンソン)
  8回裏 G.G.佐藤  2号 ソロ  (牧野)
  9回表 ウィット    2号 2ラン (岩崎)
  9回表 山崎武     1号 3ラン (岩崎)

 昨日に続いて、今日も球場で観戦してきました。冬は抜群の通気性を誇るグッドウィルドームでの試合でしたが*1、雨が降っている間は別として、上がってからは思ったより寒くなかったです。もう春なんですね。

 さて、前置きはこのぐらいにしておいて、試合のほうを振り返ってみましょうか。

 先制したのはイーグルスでした。2回表、藤井のセンター前タイムリーで1点を先取。さらに5回表、ウィットのホームランと草野のタイムリーで2点を追加しました。ライオンズも5回に中島のタイムリーツーベース、8回にG.G.佐藤のホームランで2点を返しますが、9回表に登板した岩崎が炎上して勝負あり。2007年の開幕カードは1勝1敗という結果に終わりました。

 ライオンズ先発のジョンソンですが、来日初登板は6回3失点という微妙な結果に。調子はそれほど悪くなかったと思うのですが、体型から受ける印象と違って力でねじ伏せるタイプではないので、今日のようにきっちりミートに徹せられると少し苦しくなりますね。実際、今日打たれたヒットのうち、長打になったウィットのホームランと礒部のスリーベース*2を除く5本の単打は全てセンターから逆方向への当たりでした。今日のイーグルス打線は徹底していたと思います。

 また、9回に炎上してしまったルーキーの岩崎については、ポンポンと連打を食らってパニックになってしまった感じなので、今回の結果だけを見て判断するのはちょっと可哀想ですね。昨日のピッチングはなかなか良かったんですから、まだまだチャンスを与えてあげて欲しいところです。つーか、明日は試合が休みで投手陣に余裕があるんだから、もっと早い段階で代えてやれっての。

 ところで、ライオンズ打線のタイムリー欠乏症もちょっと心配です。2回裏はカブレラ、和田、リーファーの3連打でノーアウト満塁のチャンスを作るものの、G.G.佐藤、中村、細川の3者連続三振で得点ならず。4回裏も2アウト満塁から細川が三振に倒れて無得点。このような感じで、毎回のように得点圏にランナーを進めながらもあと一本が出ず、残塁は12を数えるという見事な拙攻でした。昨日今日の2試合で7点を挙げてはいますが、タイムリーによる得点はわずかに2点だけ……厳しいですね。


*1:ちなみに、夏は抜群の保温性を誇ります。

*2:これはポテンヒットとG.G.佐藤のまずい守備によるもので、内容的には凡打だったんですけど。

OK キャンセル 確認 その他