2010/05/26(水)2010-05-26

2010/05/26 23:15
【阪神 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2010年5月26日:阪神甲子園球場)
 
埼玉西武  0 1 0  0 0 1  0 1 0  3
阪神    0 0 0  0 0 0  0 0 1  1
 
[勝] 石井一    6勝2敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗17S
[敗] 下柳     2勝4敗0S
 
[本塁打]
  8回表 栗山  3号 ソロ (渡辺)
  9回裏 桜井  6号 ソロ (シコースキー)

立ち上がりは球がやや荒れていた印象のあった石井一ですが、2回のピンチを凌いでからは別人のようなピッチングを繰り広げ、6回を無失点に抑えて後続のピッチャーに後を託します。

藤田がいれば、7回長田、8回藤田、9回シコースキーという継投に持ち込めるのですが、藤田の離脱により、長田が8回に回り、7回をちょっと不安のあるピッチャーで凌がなければいけません。まぁ、要するに星野とか小野寺なんですが。

小野寺は先頭の桜井をいきなり歩かせて、大和の送りバントで1アウト二塁とします。代打に金本が告げられたところで小野寺は降板。記録上1/3イニングではありますが、全く仕事をしていません。

代わってマウンドに登ったのは星野。今年は左バッターに痛打されることの多い星野ですが、ここは金本を三振に切って取って、長田にマウンドを譲ります。その長田は1回1/3をきっちり抑えてシコースキーに繋ぎました。

シコースキーは桜井に一発を食らったものの、3点差があったので大事には至らず逃げ切り。貯金を今季最大の14としました。

OK キャンセル 確認 その他