2010/07/24(土)前半戦終了

2010/07/24 23:41
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第15回戦】
(2010年7月21日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      1 1 0  0 0 2  0 0 0  0 0   4
福岡ソフトバンク  0 1 2  0 1 0  0 0 0  0 2x  6
 
[勝] 馬原 4勝0敗19S
[敗] 藤田 3勝3敗0S
 
[本塁打]
   1回表 片岡     9号 ソロ  (小椋)
   3回裏 オーティズ 22号 2ラン (平野)
   5回裏 オーティズ 23号 ソロ  (岡本篤)
   6回表 片岡    10号 2ラン (摂津)
  11回裏 ペタジーニ  5号 2ラン (藤田)

前半戦最後の試合は、藤田がペタジーニに打たれてサヨナラ負け。3.5ゲーム差でスタートした首位攻防戦を3連敗し、0.5ゲーム差でオールスター休みに入ることになりました。

前半戦を振り返ってみると、とにかく故障者が多かった。一時期中島が欠け、途中から中村も手術のため離脱して、復帰にはしばらく時間がかかりそうです。投手陣も岸、石井一がおらず、ローテのやりくりがかなり難しい状況になっています。

しかし、それを補うような選手が次々に出てきてくれました。シコースキーのような新戦力もそうですが、いままで何年も眠っていた「旧戦力」の力も大きいです。

打つほうでは高山。今までも毎年1週間くらいだけ覚醒することはありましたが、ここまで続けて活躍したのは初めてです。フルシーズン一軍にいた経験がないので、後半戦はスタミナとの戦いにもなりそうですが、この調子で頑張って欲しいものです。

投げるほうでは許、長田。許さんは去年の後半戦も一時期頑張っていましたが、今年もここまでやってくれるとは。エース級と当たりまくったせいで負け越してはいますが、ここまでの働きは見事なものでした。

長田も敗戦処理からスタートして、勝ちパターンの中継ぎの座を手に入れました。入団3年目以降はあまり力が発揮できていませんでしたが、今年はその溜まった鬱憤を一気に晴らすような活躍です。本人には申し訳ないんですが、負けたたときに「長田が打たれたら仕方がない」と思うようになるとは、開幕前には想像もしていませんでしたw

OK キャンセル 確認 その他