2012/04/22(日)いつもの

2012/04/22 21:41
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第4回戦】
(2012年4月22日:QVCマリンフィールド)
 
埼玉西武   0 0 0  1 2 0  1 0 0  4
千葉ロッテ  0 0 0  0 3 0  0 3 x  6
 
[勝] 中後   1勝0敗0S
[S] 薮田   0勝0敗6S
[敗] マイケル 0勝1敗0S

ライオンズ先発の西口の調子ははっきり言って悪かったですが、マリーンズの打ち損じにも助けられて6回1/3を3失点で勝ち投手の権利を持ったまま降板しました。しかし、83球しか投げておらず、特にピンチを迎えたわけでもないのに、単に相手打線に左が続くからというだけで松永にスイッチするのはどうなんでしょう……。

松永自身は3人のバッターをきっちり打ち取って仕事をしましたが、そのあとがいつものライオンズのリリーフ陣でした。マイケルが1アウトも取れずに同点とされると、岡本篤も塁上のランナーをきっちり返して勝ち越しを許してしまいました。この間にマリーンズ側も走塁ミスがあったりしたのですが、それだけアシストがあっても抑えられません。

そもそも、ベンチ入りピッチャーの防御率を見れば、継投策そのものが無謀だということがよく分かると思います。

木村     0.00
松永     1.80
マイケル   7.20
武隈     9.53
星野    10.12
ゴンザレス 10.80
岡本篤   12.71

木村、松永以外は惨憺たる成績です。そして、その木村も投球回数は1なので参考記録にしかなりません。松永だけは文句のない働きをしていますが、左相手に松永を出した時点で、そのあと右が来たら別のリリーフを出さなければいけません。今日だってどうしても松永を出したかったら、DHを放棄して西口をファーストなり外野なりにした上で西口→松永→西口くらいのことをやらなければいけなかった。

打線についてはいずれ調子が上がってくると思っていますが、リリーフは今始まったことじゃありませんからね。ピッチングコーチはちゃんと仕事をしてください。

OK キャンセル 確認 その他