2014/05/28(水)勝たせてもらった

2014/05/28 22:43
阪神 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2014年5月28日:阪神甲子園球場埼玉西武  1 0 0  0 0 0  2 1 3  7
阪神    0 1 0  2 0 0  1 1 0  5

[勝] 増田 1勝1敗0S
[S] 高橋 0勝1敗7S
[敗] 呉  1勝1敗13S

[本塁打]
  2回裏 ゴメス 10号 ソロ (牧田)

ライオンズは初回、2アウトランナーなしから栗山のツーベースでチャンスを作ると、続く中村のタイムリーで1点を先制します。しかし、タイガース先発のメッセンジャーはここから立ち直りました。中盤以降はチャンスらしいチャンスを作れずにゼロ行進が続きます。

対するライオンズ先発の牧田は今ひとつの出来で、2回にゴメスのホームランで同点とされると、4回には4連打で2点を失い逆転を許しました。このところ「酷いわけではないけど良いか悪いかと聞かれれば悪いほうに入る」というピッチングが続いていますよね……。

ライオンズ打線は7回、ようやく反撃を開始しました。代打大崎のタイムリー、脇谷のタイムリーで同点に追いつきます。しかしその裏、2番手の岡本洋が新井貴にタイムリーを打たれ、再びリードを許しました。

ライオンズは直後の8回、森本のタイムリーで再度同点に追いつきますが、その裏に今成のタイムリーで三度リードを許します。正直言ってこんな野球をしているようでは勝てるわけがないな、と思ったのですが。

9回表、ノーアウト一二塁から、脇谷の送りバントを処理した呉昇桓が三塁に悪送球。二塁ランナーの金子侑が還って1点差に詰め寄ると、続く栗山の打席のワイルドピッチで三塁ランナー秋山が生還して同点に追いつきます。しかし、栗山さんは三塁ランナーに突入の合図を送るのに一生懸命で、振り逃げをしないというボーンヘッド。何やってるんですか。

続く途中出場のアブレイユが倒れて2アウトとなりますが、メヒアがフェンスの上部に当たるエンタイトルツーベースを放って2点を勝ち越し。その裏は高橋が締めて逆転勝利を収めました。これでライオンズの連敗は2でストップです。

ただ、勝つには勝ちましたが、ライオンズが勝ったと言うより、駄目比べでより駄目だったタイガースが負けたという感じの試合ですよねぇw

OK キャンセル 確認 その他