2016/04/23(土)決め手を欠いて引き分け

2016/04/23 25:00
【埼玉西武 vs 東北楽天 第5回戦】
(2016年4月23日:西武プリンスドーム)

東北楽天  1 2 1  0 0 2  2 0 0  0 0 0  8
埼玉西武  0 0 0  1 1 3  3 0 0  0 0 0  8

[本塁打]
  6回裏 浅村  2号 2ラン (安楽)

ライオンズ先発のバンヘッケンは2回1/3で6安打を浴び、4失点でノックアウト。本来、ピッチングとはピッチャーとキャッチャーの共同作業であるべきですが、キャッチャーのサインに首を振りまくって結局打たれるのではバンヘッケン一人の責任と言わざるを得ません。昨日の十亀は悪いなりに5回まではゼロに抑えましたし、誰か一人を落とすとしたらバンヘッケンで決まりでしょう。

2番手の郭は3回途中から登板し、5回までは打者7人を完璧に抑えますが、6回に頭部死球による危険球で退場となります。そして3番手の小石が炎上。6回に郭のランナーを返してしまったのは渡辺のエラーのせいなので仕方がないとしても、7回にも2点を失い反撃ムードに水を差してしまいました。

8回は武隈、9回は増田という勝ちパターンをつぎ込み、延長戦は牧田が3イニングを投げて引き分けに持ち込みましたが、そもそも牧田を投げさせるのであれば2番手か3番手で使えばよかったわけで……。

打つほうはみんなよく頑張ったと思います。不振の浅村にも32打席ぶりのヒットとなるホームランが出ました。これがきっかけになってくれればいいのですが。

OK キャンセル 確認 その他