2016/07/28(木)決戦前夜

2016/07/28 22:19
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第17回戦】
(2016年7月28日:西武プリンスドーム)

北海道日本ハム  1 0 0  0 0 0  0 0 1  2
埼玉西武     3 2 0  0 0 0  1 0 x  6

[勝] 多和田 2勝4敗0S
[敗] 斎藤  0勝1敗0S

[本塁打]
  2回裏 秋山  8号 2ラン (斎藤)
  7回裏 秋山  9号 ソロ  (新垣)

どんなに打てなくても4番を外れなかった中村が5番に下がり、森、浅村、中村というクリーンアップで臨んだこの試合、いきなりそのクリーンアップが機能しました。先制された直後の1回裏、そのクリーンアップの3連続タイムリーで3点を奪い逆転に成功します。

2回には秋山のホームランで2点を追加し、先発の多和田を強力に援護。多和田は初回こそ不安定な立ち上がりでしたが、2回以降は立ち直り、トータルでは6回を投げて4安打1失点。フォアボール4つは今後の課題になるでしょうが、連敗中の嫌なムードを吹き飛ばす見事なピッチングでした。

ライオンズは7回に秋山の今日2本目のホームランで5点差に突き放し、ピッチャーも7回野田、8回牧田がパーフェクトピッチングでつなぎましたが、9回の増田で少しバタバタしてしまいました。不運な当たりや自らのエラーもあって1アウト満塁のピンチを招くと、西川にタイムリーを浴びて4点差。一発出れば同点というところまで追い詰められました。

しかし、続く田中賢を三振に切って取ると、陽の打席で一塁ランナー西川が飛び出してキャッチャー岡田からの牽制によりタッチアウト。なんとかピンチをしのぎました。最終回、4点差の満塁で一塁ランナーが飛び出すという、まるでライオンズのプレイを見ているかのようなボーンヘッドでした。

明日からは札幌ドームでファイターズとホークスの首位攻防戦が行われますが、京セラドーム大阪ではライオンズとバファローズの最下位攻防戦が行われます。しかも4ゲーム差の首位攻防戦と違い、こちらのゲーム差は1.5。順位が入れ替わる可能性もあります。見逃せませんね!

OK キャンセル 確認 その他