2016/10/25(火)大谷のタイムリーでサヨナラ勝ち

2016/10/25 23:16
【北海道日本ハム vs 広島東洋 日本シリーズ第3戦】
(2016年10月25日:札幌ドーム)

広島東洋     0 2 0  0 0 0  0 0 1  0   3
北海道日本ハム  1 0 0  0 0 0  0 2 0  1x  4

[勝] バース 1勝0敗0S
[敗] 大瀬良 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 エルドレッド  3号 2ラン (有原)

初回、ファイターズが中田の内野ゴロの間に1点を先制しますが、直後の2回にエルドレッドの3試合連続となるホームランで逆転を許します。

その後は有原、黒田とも立ち直り、リリーフ陣も好投を続けて試合は膠着状態になりますが、8回裏、2アウト二塁から大谷を敬遠して一二塁となった場面で、4番中田が怒りの逆転タイムリーツーベース。レフト松山が状況を考えずに突っ込まなければシングルヒットの1点で止まっていたとは思いますが、今までのモヤモヤを吹き飛ばすような見事な一打でした。

これでファイターズの流れかと思いましたが、9回表、先頭の鈴木がスリーベースで出塁すると、エルドレッド、松山を打ち取って2アウトまでこぎ着けたものの、安部のライト前タイムリーで3-3の同点に。9回裏のファイターズは三者凡退で、試合は延長戦に突入します。

10回裏、1アウトから西川がフォアボールで出塁し、2アウト後に盗塁を決めて二塁に進みます。バッター大谷はこの盗塁のときに1-2と追い込まれますが、続く4球目、インローの難しいボールをライト前にはじき返しました。外野フライで打ち取ることを計算に入れていたのか、外野手がそれほど前進していなかったこともあり、二塁ランナー西川が還ってサヨナラ勝ち。ようやくファイターズに初日が出ました。

シーズンでは大逆転をしたファイターズだとはいえ、今日負けていたらさすがに厳しくなるところでしたが、まずは1勝。この勝利をきっかけに流れを持ってきてほしいものです。

OK キャンセル 確認 その他