2018/04/08(日)開幕8連勝

2018/04/08 22:13
【埼玉西武 vs オリックス 第3回戦】
(2018年4月8日/メットライフドーム)

オリックス  1 0 0  0 1 0  0 0 2  4
埼玉西武   0 0 0  0 1 0  6 0 x  7

[勝] 武隈 1勝0敗0S
[敗] 山岡 0勝2敗0S

ライオンズ先発のウルフは初回先頭の宗にフォアボールを与え、バントで二塁に送られたあと、吉田正のタイムリーで先制を許します。しかし、続くマレーロをゲッツーに打ち取ったあとは完全に立ち直りました。2回から4回までパーフェクト。9個のアウトのうち内野ゴロが7つという実にらしいピッチングです。

対するバファローズ先発の山岡はそれ以上に素晴らしい立ち上がりで、4回までパーフェクトピッチング。今年も苦しめられそうだな……という感じで、試合は膠着状態になりました。

試合が動き出したのは5回でした。5回表、2アウト一三塁から、ディレイドスチールに引っかかってバファローズが勝ち越しに成功します。ちょっともったいない1点でした。

その裏、先頭の山川がレフトへのツーベース、続く森がライト前ヒットで続いてノーアウト一三塁。球場も盛り上がりましたが、中村のセカンドゴロゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。

6回表、先頭の若月がサードの横を抜ける「記録は」ヒットで出塁すると、続く宗の送りバントを処理した炭谷が二塁に悪送球してノーアウト一二塁。ピンチが続く中、続く福田のバントを処理した山川が三塁にとんでもない悪送球。しかし、これがレフト金子侑のカバーの真正面に行って、三塁を大きく回った若月が三塁タッチアウト。吉田正がレフトフライ、マレーロがショートフライでピンチをしのぎました。

こんなプレイがあると流れが来るもので、その裏、2アウトから秋山の内野安打、源田のライト前ヒットで一二塁のチャンスを作りますが、続く浅村は三振に倒れて得点ならず。

7回裏、先頭の山川が火の出るような速い打球のレフト前ヒットで出塁すると、森がレフトの左へのツーベースで二三塁。中村がフォアボールを選んで満塁のチャンスを作ります。ここで外崎がレフト前にはじき返して逆転に成功。続く炭谷の送りバントが相手のエラーを誘ってもう1点追加してなお二三塁。球場が最高に盛り上がる中、代打の栗山がセンターへ飛距離十分の犠牲フライでもう1点追加。さらに秋山のタイムリー、源田のタイムリーツーベースでこの回一挙に6点をあげました。

結局、7回以降高木、武隈、野田、平井、ワグナー、増田とつないで逃げ切り。開幕からの連勝を8に伸ばしました。とはいえ、ワグナーが不安の残る内容だった上に、打球の直撃を受けて心配ではあるのですが……。これ以上けが人が出たら平井が潰れてしまう……。

OK キャンセル 確認 その他