2019/05/09(木)痛すぎる一敗

2019/05/09 23:19
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第8回戦】
(2019年5月9日/埼玉県営大宮公園野球場)

千葉ロッテ  0 0 0  0 2 1  0 1 0  0 1  5
埼玉西武   1 0 0  0 2 0  0 0 1  0 0  4

[勝] 唐川    2勝1敗0S
[S] 西野    0勝0敗1S
[敗] マーティン 0勝2敗1S

[本塁打]
  6回表 井上  3号 ソロ (榎田)

ライオンズにおいて数少ないプロの先発である榎田を立て、さらに数少ないプロのリリーフである平井、増田を2イニング投げさせた上での痛い痛い敗戦で借金は2となりました。

ライオンズは1番秋山、2番木村、3番源田と大きくオーダーを入れ替えてきました。初回は秋山がヒットのあと木村が送って源田がタイムリーと、いきなり入れ替えが奏功したようには見えますが、結局「秋山以外みんな不調」という状況では、並べ方を変えただけでは本質的な解決にはなっていません。

5回に山川のタイムリーでいったんは逆転したものの駄目を押せず、土壇場の9回に代打岡田のタイムリーで同点に追いついたものの、結局はマーティンが高浜のタイムリーツーベースを浴びてこれが決勝点になりました。

先発の榎田は4回までノーヒットピッチングでしたが、5回、6回と立て続けに失点して5回0/3を3失点で降板。秋村の可変式ストライクゾーンに振り回されながらもよくやってくれたと思いますが、6回の井上のホームランはもったいなかったですね……。

強いて良かったところを上げれば、山野辺がプロ入り初ヒットを記録したことくらいでしょうか。

OK キャンセル 確認 その他