2020/06/21(日)沈黙

2020/06/21 21:25
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第3回戦】
(2020年06月21日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 1 0  1 0 1  1 6 2  12
埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 2 0   2

[勝] 堀  1勝0敗0S
[敗] 與座 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 中田 1号 ソロ (與座)
  4回表 大田 1号 ソロ (與座)
  7回表 清水 1号 ソロ (浜屋)

ライオンズ先発の與座は6回を投げて5安打3失点。ホームラン2発は痛かったですが、プロ初登板でこれだけ投げられれば100点に近い出来でしょう。負け投手にはなってしまいましたがナイスピッチングでした。

與座がどうにかこうにかゲームを作ってくれたものの、リリーフ陣がそれをぶち壊してしまいました。プロ初登板となった浜屋は清水に一発を浴びてしまいます。まぁ、浜屋は「これも経験」といえる立場のピッチャーですが、8回9回に大炎上した武隈、田村はおそらく今井、高橋光、本田が一軍登録されるタイミングで抹消されるでしょう。二人ともプロの一軍では通用するはずのない力のない球を投げていたので、しばらくは二軍で頑張って欲しいと思います。というか、武隈はもう復活できないんでしょうか……。

打線については、ちょっとちぐはぐな攻めが目立ちました。昨日までヒットのなかった6番中村が猛打賞、7番栗山も好調を維持して今日も猛打賞、と当たっていたのですが、その前後が静かでは点につながりません。クリーンアップ3人はそれほど心配していませんが、1番2番、8番9番で16打数1安打というのはかなり深刻です。

スパンジェンバーグは左ピッチャーや変化球が弱いところを露呈してしまっていますが、むしろそれを克服するために日本のピッチャーに慣れさせるべきですし、源田は(ときどきは休ませていいと思いますが)基本的には外せません。ちなみに、8番9番は両方外野で、しかもちょうどいい具合に2人ほど絶好調で開幕を迎えた若手がいるのですが、ホークス戦は彼らも少し試してみませんか?

OK キャンセル 確認 その他