2020/06/28(日)森のタイムリーでサヨナラ勝ち

2020/06/28 17:40
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第6回戦】
(2020年06月28日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  1 2 0  0 0 0  0 0 0   3
埼玉西武      0 1 1  0 0 1  0 0 1x  4

[勝] 増田 1勝0敗3S
[敗] 泉  0勝1敗0S

[本塁打]
  1回表 柳田  3号 ソロ (與座)
  6回裏 山川  5号 ソロ (二保)

ライオンズ先発の與座は初回、柳田に一発を浴びて先制を許します。打った瞬間はセンターフライかなという感じでしたが、思ったより打球が伸びていきました。とはいえ、柳田に打たれるのはもう仕方がないものだと思いますので、その前にランナーを出さずにソロで済めばいいでしょう。

與座はそれよりも2回の失点がいただけません。ノーアウトから明石、今宮の連続ヒットでピンチを招いたあと、牧原、松田を抑えながら、甲斐にフォアボールを与えて満塁としたあと、栗原のタイムリーで2点を失いました。栗原に打たれたことよりも、甲斐にフォアボールを出して傷口を広げたことを反省してもらいたいと思います。

とはいえ、そのあとは完全に立ち直って、トータルでは6回を投げて3失点。今回も勝ちには結びつきませんでしたが、先発の役目を十分に果たしてくれました。このピッチングが続けられればいずれ結果はついてくるでしょう。

打線は2回に栗山のタイムリーで1点を返すと、3回には森の内野ゴロの間にもう1点。試合が膠着していた6回には山川の3試合連続のホームランで同点に追いつきました。

7回以降は両チームのリリーフ陣が奪三振ショーを繰り広げます。ライオンズは平井、ギャレットが合わせて5三振、ホークスも嘉弥真とモイネロが5三振。ここまでは互角でしたが、同点の9回に増田をつぎ込んだライオンズに対し、ホークスが森を温存したことが結果を分けたように思います。

9回裏、先頭の川越、続くスパンジェンバーグが連続フォアボールでチャンスを作ると、源田の送りバントがピッチャーのフィルダースチョイスをさそってノーアウト満塁。続く森が初球をとらえると、前進守備の二遊間を破ってサヨナラ勝ちとなりました。この3試合、苦しい状況からの逆転勝利が続き、この6連戦は4勝2敗で勝ち越しとなりました。

OK キャンセル 確認 その他