2004/10/11(月)優勝おめでとう! ((アメリア先生(CV:田村ゆかり)ヴォイスで読むこと。)) (はてなプロ野球’04)

2004/10/11 24:35

 ……いや、むしろ「次はいよいよ決勝戦よ!」 *1 かな?

【ダイエー vs 西武 プレーオフ第2ステージ第5戦】
(2004年10月11日:福岡ドーム)
 
西武    0 0 0  0 0 3  0 0 0  1  4
ダイエー  0 0 0  1 0 0  0 1 1  0  3
 
[勝] 豊田  1勝0敗1S
[S] 石井貴 0勝1敗1S
[敗] 三瀬  0勝1敗1S
 
[本塁打]
  4回裏 城島  3号 ソロ (松坂)
  8回裏 井口  3号 ソロ (小野寺)

 勝ったほうが優勝という大一番の先発ピッチャーは、ライオンズが松坂、ホークスが新垣。松坂は中3日、新垣は中4日ということで、両者とも絶好調というわけには行きませんでしたが、それぞれが苦しいなりに丁寧なピッチングを見せ、3回までは0-0という静かな立ち上がりのゲームになりました。

 先手を取ったのはホークス。4回裏、城島のホームランで1点を先制します。その後も2アウト一塁からズレータがツーベースを放ちましたが、ライオンズの中継がバッチリはまって一塁ランナーバルデスが本塁憤死。5回裏にも宮地のライト前ヒットで二塁ランナー柴原がホームタッチアウト。今日は野田の好ブロックが光っています。

 守備で掴んだリズムを攻撃に繋げたいライオンズは6回表、1アウト満塁という今日最大のチャンスを迎えます。打順は目下絶不調の貝塚。不調だとはいえ、レギュラーシーズンでは勝負強さを発揮していた貝塚なだけに采配が注目されましたが、ライオンズベンチはここで代打石井義を送ってきました。

 結果的にはこれが大成功。石井義が期待に応えてレフトオーバーの2点タイムリーツーベースを放ち、さらには野田も犠牲フライを打ち上げ計3点。逆転に成功しました。

 こうなればライオンズは継投に持ち込んで逃げ切りを図る……のですが、今日は少しずつ歯車が狂ってしまいました。7回頭から登板した長田が2/3イニングを投げ、左打者の続く打順で星野にスイッチしたところまでは良かったのですが、その星野が柴原にヒットを打たれ、代打大道のところで普段より早めに小野寺が投入されます。予定では8回小野寺、9回豊田だったのでしょうが、7回途中から小野寺を出さざるを得ない状況になってしまいました。これが後々響いてきます。

 8回裏、先頭の井口にホームランを浴びて1点差。1アウト後、城島を歩かせたところで早くも豊田が登場しました。「本調子じゃない豊田に1回2/3は厳しいだろ!」とは思いましたが、ベンチに残っているピッチャーが豊田、帆足、森、石井貴だけという状況では仕方がないような気もします。

 さて、調子が心配された豊田ですが、二者連続三振であっさりピンチの芽を摘み取りました。しかし、相変わらずフォークが落ちていません。不安です。

 そして迎えた9回裏、あと3人抑えれば優勝です……が、先頭の鳥越がレフトオーバーのツーベース。川崎が送って1アウト三塁のピンチが訪れます。あと2人、なんとか踏ん張ってもらいたいところでしたが、願い空しく柴原のタイムリーで3-3の同点となり、試合は延長戦に突入しました。

 10回表、ライオンズの攻撃。先頭の小関が高く弾んでファーストの頭を越えるラッキーなツーベースで出塁すると、赤田がしっかり送って1アウト三塁。先程のホークスと同じようなチャンスを作ります。カブレラが途中交代しているため、三番フェルナンデスは当然のように敬遠され、代打犬伏との勝負になりました。犬伏は初球から打って出て、センターへやや浅めのフライを打ち上げます。微妙な飛距離でしたが、三塁ランナーの高波がタッチアップからホームを駆け抜け4-3と勝ち越し! つーか高波速えぇぇぇぇぇ!!!!! さすが元F1セブン!

 この犠牲フライで再びリードを奪って迎えた10回裏、マウンドには石井貴が登りました。この采配には驚きましたが、疲れている帆足、森よりは石井貴を選択したということでしょう。

 石井貴は城島、バルデスを打ち取った後、ズレータを敬遠気味に歩かせます。ここで迎えるのは絶好調鳥越。いやーな感じのするバッターではありましたが、最終的にはセカンドゴロに打ち取りゲームセット。激戦を制し、2002年以来2年ぶりにパ・リーグを制覇しました。おめでとう!

 さて、今年のライオンズは8試合のプレーオフを戦い抜いてきたわけですが、このプレーオフの間、1試合ごとに選手が成長していったように見えました。プレーオフ前は「この戦力じゃどう考えても勝てるわけがねぇよ!」と思っていましたが、今では選手たちが本当に頼もしく見えます。

 さぁ、土曜日からはいよいよドラゴンズとの日本シリーズです。いい試合を期待、なんていう甘っちょろいことは言いません。ぜってー勝ってこい。だって、負けたらファイターズに顔向けできるのか? ホークスに顔向けできるのか? できないだろ?

 大きいものを背負っての戦いになるとは思いますが、それでも戦える選手たちだと私は信じています。頑張ってこいよ!

*1:アメリア先生(CV:田村ゆかり)ヴォイスで読むこと。

2004/10/10(日)逆王手(はてなプロ野球’04)

2004/10/10 23:59
【ダイエー vs 西武 プレーオフ第2ステージ第4戦】
(2004年10月10日:福岡ドーム)
 
西武    0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
ダイエー  0 0 0  3 0 1  0 0 x  4
 
[勝] 倉野 1勝0敗0S
[S] 三瀬 0勝0敗1S
[敗] 帆足 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  6回裏 川崎  1号 ソロ (森)
  7回表 和田  2号 ソロ (山田)

 ホークスは4回、1アウト満塁から鳥越、川崎、出口の3連続タイムリーで3点を先制。6回には川崎のホームランで追加点を上げ、倉野→山田→三瀬と繋いで逃げ切りました。この試合、ライオンズ打線はわずかに5安打。そりゃ勝てませんわな。

 さて、これで対戦成績は2勝2敗の五分となり、明日の第5戦に勝ったほうが優勝ということになりました。予告先発はライオンズが松坂、ホークスが新垣。最終決戦にふさわしい好勝負を期待しています。

2004/10/09(土)王手!(はてなプロ野球’04)

2004/10/09 23:25
【ダイエー vs 西武 プレーオフ第2ステージ第3戦】
(2004年10月9日:福岡ドーム)
 
西武    2 1 0  0 1 2  0 0 0  6
ダイエー  0 0 0  4 1 0  0 0 0  5
 
[勝] 長田 1勝0敗0S
[S] 豊田 0勝0敗1S
[敗] 斉藤 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  1回表 フェルナンデス  1号 2ラン (斉藤)
  4回裏 井口       2号 ソロ  (張)
  4回裏 城島       2号 ソロ  (張)
  5回表 フェルナンデス  2号 ソロ  (斉藤)
  6回表 中島       1号 ソロ  (斉藤)
  6回表 野田       1号 ソロ  (斉藤)

 勝った方がリーグ優勝に王手をかける第3戦は、ライオンズ張、ホークス斉藤の両先発が不安定なピッチングを繰り広げ、季節外れの大花火大会となりました。

 ライオンズは初回にフェルナンデスの2ランで先制すると、2回にもフェルナンデスのタイムリーで1点を追加して試合を優位に進めます。しかし、その後のチャンスを活かすことができず、マウンドから斉藤を引きずり下ろすところまでは行きませんでした。ちょっと嫌な展開です。

 中盤は点の取り合いになりました。4回裏にホークスが井口、城島のホームランと鳥越のタイムリーツーベースで逆転。5回表、フェルナンデスの今日2本目となるホームランで同点。その裏、中島のタイムリーエラーでホークスが再度勝ち越し *1 。6回表、中島、野田の連続アーチでライオンズが再逆転。何この馬鹿試合。

 ……と、中盤まではかなりグダグダな試合展開でしたが、7回以降は両チームのリリーフ陣が頑張りました。自分で出したランナーだとはいえ、7回表のノーアウト満塁のピンチを凌いだ佐藤の投球にはシビれましたし、7回裏に宮地、井口、松中を三者連続三振に切って取った星野のピッチングもお見事。結局、1点差のまま豊田に繋いだライオンズがそのまま逃げ切り、リーグ優勝に王手をかけました。

 さて、ライオンズの優勝がかかった明日の第4戦、予告先発はライオンズが帆足、ホークスが倉野です。シーズン終盤の倉野の調子を考えると、かなりの苦戦を強いられそうな予感がします。

*1:このエラーは確かに悪送球ではありましたが、ファーストの貝塚はベースを離れてでも止めて欲しかったですね。

2004/10/08(金)第11回積読消化運動

2004/10/08 24:11

 私の前にレジに並んでいた高校生 *1 が、エロ漫画を参考書2冊の間に挟んで差し出すというお約束なことをやってくれたので、私も対抗してエロ漫画2冊の間にパソコン書籍を挟んでレジのおねーちゃんに渡してみました。

【購入】

【読了】

おおきく振りかぶって (2)

おおきく振りかぶって (2)

弁護士のくず 1 (ビッグコミックス)

弁護士のくず 1 (ビッグコミックス)

胸キュン (MUJIN COMICS)

胸キュン (MUJIN COMICS)

禁情天華 (MUJIN COMICS)

禁情天華 (MUJIN COMICS)

【消化率】

 読了数 / 購入数 = 13 / 32 = .406

*1:あくまでも推定。もしかしたら大学生なのかもしれませんし、もしかしたら中学生なのかもしれません。

2004/10/07(木)目には目を、大勝には大勝を(はてなプロ野球’04)

2004/10/07 23:58
【ダイエー vs 西武 プレーオフ第2ステージ第2戦】
(2004年10月7日:福岡ドーム)
 
西武    2 3 0  0 0 4  2 0 0  11
ダイエー  0 0 0  0 0 0  1 0 0   1
 
[勝] 松坂 1勝0敗0S
[敗] 和田 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  6回表 和田   1号 満塁  (吉武)
  7回表 高木浩  1号 2ラン (神内)

 ライオンズは初回、カブレラと和田一のタイムリーで2点を先制すると、2回にも赤田、フェルナンデスのタイムリーで3点を追加して和田毅をノックアウト。その後も和田一がグランドスラムを放ったり、高木浩にまさかのホームランが飛び出したりと、計11得点の猛攻で圧勝しました。

 中5日のマウンドとなったライオンズ先発の松坂ですが、今日は6回82球というかなり少ない球数で降板。中3日で第5戦先発を見据えたのか、第3戦以降中継ぎに回るのかはわかりませんが、この球数で今日の試合を乗り切ったのは大きいと思います。

 その松坂のあとを受けたリリーフ陣ですが、こちらは明暗がはっきり分かれました。第1ステージで大活躍だった小野寺は、1イニングを1安打2四死球で1失点という微妙な内容。もともとコントロールがあまり良くないピッチャーなだけに、フォアボール絡みの失点はちょっと心配です。一方、星野は第1ステージに続いて好投し、前の試合で劇場を演じた豊田もわずか7球で三人斬りと、こちらの2人はいい感じの投球内容でした。

 さて、第3戦は休養日を挟んだ明後日に行われます。おそらく先発投手はライオンズが張、ホークスが斉藤でしょう。今年は両投手とも調子の波が激しいので、立ち上がりの出来が勝敗の鍵になりそうです。

2004/10/06(水)プレーオフ初戦の先発には格というものがあるだろう!(はてなプロ野球’04)

2004/10/06 23:26
【ダイエー vs 西武 プレーオフ第2ステージ第1戦】
(2006年10月6日:福岡ドーム)
 
西武    0 0 0  0 0 1  0 0 2  3
ダイエー  2 0 1  0 2 0  3 1 x  9
 
[勝] 新垣  1勝0敗0S
[敗] 石井貴 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  3回裏 城島    1号 ソロ  (石井貴)
  7回裏 井口    1号 ソロ  (大沼)
  7回裏 松中    1号 ソロ  (大沼)
  7回裏 ズレータ  1号 ソロ  (大沼)
  9回表 カブレラ  1号 2ラン (杉内)

 王監督がプレーオフ3連勝宣言をしたそうです。チームの実力差を考えれば当然の発言ですね。ただ、以下の部分にはライオンズファンとして反論させていただきます。

西武は初戦に石井貴? 向こうは最悪(最初に)1敗してもいいという考えなのだろう。

王さん、プレーオフ3連勝宣言! [日刊スポーツ九州:2004-10-05

 いやいやいやいやいや、王さん。ライオンズは別に第1戦を捨てたわけではなく、単に他に先発ピッチャーがいないだけなんですってば! 見てくださいよ、ライオンズの先発投手陣を!

  • 松坂
  • 西口
  • 帆足
  • 大沼
  • 三井
  • 石井貴
  • 山崎

 「松坂がいるなら松坂でいいじゃん」という考え方もあるのでしょうが、もし今日投げるとすると中4日になってしまいますから、できればもう少し休ませたいところです。西口は故障の影響で5回持つかどうかわからない状態だそうです。張は中3日、帆足は中2日になりますので、今日の先発はさすがに無理だと思います。大沼、三井に関しては、第1ステージの調子を見る限り、先発で起用するのはちょっと厳しそうです。そうなると石井貴か山崎しかいないわけで。私が監督であればホークス戦で好投したことのある山崎を先発させますが、正直言って石井貴とどっちもどっちというレベルだと思います。

 え? 試合内容? いいじゃないですか、そんなこと。あははははは……。

[2004-10-07追記]

 そういえば先発要員には東もいましたね。まぁ、石井貴を押し退けることができるかというと微妙なところですが……。

2004/10/05(火)第10回積読消化運動

2004/10/05 24:54

 ヤバいです。平積みにしている積読本が今にも崩れてきそうです。

 じゃあこれ以上買わなきゃいいじゃんという気がしないでもありませんが、発売直後に買っておかないと、スリップの型に色焼けしたものや研磨跡のあるものしか手に入らなくなるケースもありますからねぇ……。

【購入】

【読了】

オトナ語の謎。 (ほぼ日ブックス)

オトナ語の謎。 (ほぼ日ブックス)

【消化率】

 読了数 / 購入数 = 9 / 29 = .310

2004/10/04(月)井川、ノーヒットノーラン達成!(はてなプロ野球’04)

2004/10/04 22:46

 タイガースの井川が対カープ第27回戦でノーヒットノーランを達成しました。おめでとうございます!

 http://www.nikkansports.com/ns/baseball/professional/score/2004/200410040ct.html

 8回1アウトまではパーフェクトペースだったのですが、ファースト関本のエラーで最初のランナーを出してしまい、そこで完全試合が途切れてしまいました。

 ちなみにそのエラーが出たあと、井川は続く代打前田にデッドボールを与えています。関本は内心ホッとしたことでしょうね。

2004/10/03(日)続々・駄目人間たち+αのプレーオフ観戦記(はてなプロ野球’04)

2004/10/03 24:59
【西武 vs 日本ハム プレーオフ第1ステージ第3戦】
(2004年10月3日:西武ドーム)
 
日本ハム  3 0 0  0 0 0  0 0 2   5
西武    0 0 4  1 0 0  0 0 1x  6
 
[勝] 豊田 1勝0敗1S
[敗] 横山 0勝1敗1S
 
[本塁打]
  1回表 セギノール  2号 3ラン (帆足)
  3回裏 カブレラ   1号 満塁  (江尻)
  9回表 木元     1号 2ラン (豊田)
  9回裏 和田     1号 ソロ  (横山)

 プレーオフ第1ステージの勝者が決まる第3戦。今日はいつもの面子に加えて、S君のお姉さんのUさん *1 も一緒に、西武ドームへ行ってきました。なにしろ、3人で観にいくはずだった試合のチケットを、購入担当者が間違って4枚買ってしまったらしいので……え? 担当者は私じゃないですよ? 私じゃないってば!

 ……そんな話は置いておくとして、試合のほうを振り返ってみましょう。

 1回表、ライオンズ先発の帆足は、先頭の新庄を打ち取ったものの、続く奈良原にはライト前に運ばれます。さらに3番小笠原のサードゴロをフェルナンデスが見事なエラー。またかよ!

【俺】「ホセのエラーはある程度覚悟してるんだけどさ、よりによって初回いきなりかよ……」

【S】「試合終盤の緊迫した場面でやられるよりマシでしょう。そう思わなきゃやってられませんよ」

 ここで帆足が踏ん張れればこのエラーも笑い事で済ませられたのですが、続くセギノールに先制アーチを浴びてしまいました。この大一番であまりにも痛い初回の3失点です。

 さて、対するライオンズですが、初回は2アウト一二塁のチャンスを活かせず、2回もノーアウト一塁からサードライナーゲッツー。どうにも歯車が噛み合いません。

 しかし迎えた3回裏、打線がようやく江尻を捕らえました。まずは先頭の高木浩がセンター前ヒットで出塁。続く佐藤は倒れますが、赤田のセンター前ヒット、フェルナンデスのデッドボールで1アウト満塁の大チャンスを迎えました。ここで打席にはカブレラ!

【U】「この人、ホームランいっぱい打つ人だよね?」

【S】「姉貴でもさすがにカブレラは知ってるんだ」

【俺】「他に知ってる選手っています?」

【U】「えーと、松坂とね、あと禿げてる人!」

【S】「なんだよその覚え方は……」

 その「ホームランいっぱい打つ人」は空振り、ファウルであっさり追い込まれますが、3球目、高めに来たボールを引っ叩くと、打球はレフトスタンドへ一直線! グランドスラムであっという間に試合をひっくり返しました。

 さらに4回裏、カブレラが押し出しのフォアボールを選んで1点を追加しますが *2 、その後は入来がランナーを出しながらも踏ん張り、決定的な駄目押し点を奪うことができません。

 一方、逆転してもらった帆足は3回から6回までパーフェクトピッチング。こちらはセギノールの一発以降は完全に立ち直ったようです。

 さて、試合が終盤に突入すると、両チームとも得意の継投策に出ます。ファイターズが建山→横山という勝ちパターンの継投でライオンズ打線を封じれば、ライオンズも長田→星野→小野寺という小刻みなリレーでヒットを許さず、ライオンズ2点リードのまま9回に突入しました。この場面でマウンドに登るのは当然豊田です。

【Y】「あと3人、なんとか勝てそうだな」

 しかし、「勝負は下駄を履くまでわからない」とはよく言ったものです。この回先頭の高橋信がセンター前ヒットで出塁。そして1アウトのあと、木元へ投じたフォークボールが落ちずに真ん中に入ってきました。それを完璧にとらえた打球はライトスタンドへ……。

 まるで優勝したかのように盛り上がる三塁側スタンドとファイターズベンチ。そして、予想だにしなかった展開に静まり返る一塁側スタンド。

【Y】「……………orz」

【S】「……………orz」

【俺】「……………orz」

【U】「ね、ね、ね、まだ同点だよ? そんなに落ち込むことないじゃん!」

【Y】「それはそうなんだけど、ねぇ orz」

【S】「……………orz」

【俺】「……………orz」

 観客以上にショックを受けていたのが豊田でした。膝に手をつき、うな垂れたまま顔を上げません。見かねた高木浩がマウンドに向かい、豊田に活を入れました。浩之ちゃんカッコいい。これで豊田の気持ちが切り替えられたのか、続く坪井をショートゴロ、新庄をサードゴロに打ち取り、なんとか同点止まりで食い止めることができました。

 そしてその裏、先頭の和田の打席。球場にはまだ同点劇の余韻が残っていましたが、そんな空気にも負けず、3球続けてファウルで粘った後の7球目。和田は泳ぎながらもボールをバットに上手く乗せ、レフトポール際へと運びます!

【Y】「切れそうかな」

【俺】「いや、意外とまっすぐ……」

【S】「ポール巻けー!」

 ライオンズファンの大歓声の中、打球はポールを巻いてレフトスタンドに突き刺さり、長い長い試合にピリオドを打つサヨナラホームランとなりました。これでライオンズは第2ステージに進出です!

 思い起こせば1985年の対タイガース、1998年の対ベイスターズと、今までライオンズが悪役になった短期決戦ではことごとく敗れてきましたが、今回は世間のファイターズ応援ムードに負けず、よく頑張ってくれました。第2ステージもこの調子でお願いします!

*1:はじめてのやきゅうかんせん。

*2:ただ、あとでスポーツニュースを見たのですが、最後の球はどう見てもストライクですよね……。

OK キャンセル 確認 その他