2006/05/31(水)サヨナラ勝ちで交流戦の貯金1(はてなプロ野球’06)

2006/05/31 24:34
【西武 vs 広島 第4回戦】
(2006年5月31日:インボイスSEIBUドーム)
 
広島  0 1 0  2 0 0  0 1 0  0   4
西武  0 0 0  0 0 1  3 0 0  1x  5
 
[勝] 星野 1勝1敗1S
[敗] 永川 1勝3敗1S
 
[本塁打]
  6回裏 中島  9号 ソロ (大竹)

10回裏、赤田のタイムリーでライオンズがサヨナラ勝ち。これでライオンズは3連勝となり、今年の交流戦で初めて貯金を作りました。

ただ、勝つには勝ちましたが、試合内容は攻守ともミスのオンパレードでグダグダでした。ライオンズがいい野球をしたから勝ったというわけではなく、カープと駄目比べをして、まだマシだったライオンズが勝ったという感じです。

ともあれ、優勝争いに踏みとどまりたい今は結果が大事な時期でもあります。グダグダでも勝ちは勝ち。ミスをした反省はしなければいけませんが、ファンは無責任に喜んでおくことにします。

2006/05/31(水)ベースボールエキスパート認定証

2006/05/31 24:15

以前に合格した「ベースボールエキスパート」*1の認定証が到着しました。

f:id:silence1998:20060601000843:image

持ってたからと言って何かの資格が得られるわけではありませんが、まぁ、自己満足とはいえ嬉しいものですね。というわけで、興味のある方は受験されてはいかがでしょうか。

……あ、5月29日から「サッカーエキスパート」*2ってのも始まったらしいですよ?

2006/05/30(火)(はてなプロ野球’06)

2006/05/30 24:11
【西武 vs 広島 第3回戦】
(2006年5月30日:インボイスSEIBUドーム)
 
広島  1 0 1  0 0 0  0 0 0  2
西武  0 3 0  0 0 0  0 0 x  3
 
[勝] 涌井  6勝3敗0S
[S] 小野寺 1勝0敗13S
[敗] 佐々岡 5勝3敗0S

先週までで交流戦が一回りし、今日から後半戦のスタートです。

1回表、2アウトランナーなしからの3連打でカープが1点を先制。2回にライオンズが4連打とスクイズで3点を奪って逆転に成功。直後の3回表、嶋のタイムリーでカープが1点差に詰め寄ります。

序盤を見た感じでは「今日は7、8点勝負かな」といった感じでしたが、涌井、佐々岡両投手は中盤以降立ち直りました。4回以降に出したランナーは、ライオンズが2安打2四球の4人だけ。カープに至っては7回に末永がヒットで出塁した以外は全て凡退でした。

結局、序盤のリードを涌井 → 星野 → 小野寺と繋いだライオンズが逃げ切り。3連戦の初戦を取りました。

2006/05/30(火)(はてなプロ野球’06)

2006/05/30 23:57
【西武 vs 阪神 第3回戦】
(2006年5月28日:インボイスSEIBUドーム)
 
阪神  0 0 0  4 0 0  0 0 0  0   4
西武  0 1 1  0 2 0  0 0 0  1x  5
 
[勝] 小野寺 1勝0敗12S
[敗] 久保田 3勝3敗10S
 
[本塁打]
  4回表 スペンサー  2号 3ラン (松永)

ライオンズ2点リードで迎えた4回表、タイガースはスペンサーのホームランなどで4点を奪って逆転に成功します。ライオンズ先発の松永はこの回で降板しますが、3回までも毎回ピンチを招く苦しいピッチングだったので、むしろよく4回まで持ったなという印象を受けました。

対するライオンズは5回、片岡、カブレラのタイムリーで2点を返して同点に追いつきます。この回は2アウトランナーなしから福地が内野安打で出塁し、盗塁でチャンスを作ってからの2点でした。脚はとても大きな武器になりますね。

その後は両チーム投手陣が踏ん張り、4-4の同点のまま延長戦に突入。10回裏、ヒットと送りバントで築いた1アウト二塁のチャンスから中島がこの日4本目となるヒットを放って、ライオンズがサヨナラ勝ちを収めました。

これで今回のタイガース戦は2勝1敗の勝ち越し。前回のドラゴンズ戦に続いて2カード連続の勝ち越しとなりました。まだまだ好調とは言えない状況ですが、ようやく泥沼状態は脱しつつあるようです。

2006/05/30(火)熱投報われず(はてなプロ野球’06)

2006/05/30 23:52
【西武 vs 阪神 第2回戦】
(2006年5月27日:インボイスSEIBUドーム)
 
阪神  0 0 0  0 0 0  0 2 0  2
西武  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
 
[勝] 江草  5勝2敗0S
[S] 久保田 3勝2敗10S
[敗] 西口  3勝6敗0S

西口、江草の投手戦は終盤まで続きましたが、8回表に西口が捕まってしまいました。

2アウトランナーなしから赤星にフォアボールを与えてしまうと、続く桧山には甘く入ったボールをレフトに運ばれタイムリーツーベース。盗塁を警戒しすぎてしまったんでしょうか。さらには金本にもタイムリーを浴びてこの回2点目。結局、この2点をひっくり返すことができずに完封負けという結果に終わりました。

西口は8回まで153球を投げ4安打。よく頑張ったんですが、やっぱりフォアボールは恐いですね。

ライオンズは初回、2回と2人ずつランナーを出したのですが、そこで先制点を奪えなかったのも大きかった。江草は尻上がりに良くなっていったので、序盤で叩けなかったのが痛かったですね。5回以降は打てる気がしませんでしたし。

2006/05/30(火)(はてなプロ野球’06)

2006/05/30 23:47
【西武 vs 阪神 第1回戦】
(2006年5月26日:インボイスSEIBUドーム)
 
阪神  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
西武  0 0 1  1 1 0  0 0 x  3
 
[勝] 松坂 7勝1敗0S
[敗] 福原 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  4回裏 中村  4号 ソロ (福原)

松坂が3安打14奪三振の快投で完封勝利。7勝目をマークしました。ピンチらしいピンチは5回の浜中、片岡に連打を浴びた場面くらいでしたし、そのピンチも三者連続三振で切り抜けています。それ以外は全く危なげのない投球内容でした。

しばらく当たりの止まっていた中島も、先制タイムリーを含む2安打と復調の兆しが見えてきました。ただ「勝った」というだけではなく、次の日に繋がるいい勝ち方だと思います。

2006/05/30(火)完敗(はてなプロ野球’06)

2006/05/30 23:43
【中日 vs 西武 第3回戦】
(2006年5月25日:ナゴヤドーム)
 
西武  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
中日  3 0 1  0 2 1  0 2 x  9
 
[勝] 佐藤充 2勝0敗0S
[敗] 宮越  0勝3敗0S
 
[本塁打]
  3回裏 ウッズ 11号 ソロ (宮越)

初回に3連打で先制を許すと、あとはズルズルと失点を重ね、終わってみれば0-9の完敗でした。

打線の方も佐藤充の前に完封を許しました。9安打を放ってはいたのですが、ことごとく散発だったために得点には至らず。まぁ、ここまでの完敗だと逆にすっきりしますね。次がんばろ、次。

2006/05/30(火)また溜めてしまった(はてなプロ野球’06)

2006/05/30 23:38
【中日 vs 西武 第2回戦】
(2006年5月24日:ナゴヤドーム)
 
西武  0 0 1  0 1 0  3 0 0  5
中日  0 0 0  0 0 0  2 2 0  4
 
[勝] ギッセル   1勝0敗0S
[S] 小野寺    0勝0敗12S
[敗] マルティネス 3勝4敗0S
 
[本塁打]
  7回表 平尾  3号 3ラン (マルティネス)
  8回裏 福留 11号 2ラン (石井貴)

ライオンズの先発は来日初登板となるギッセルでしたが、7回を投げて3安打2失点の好投を見せました。オープン戦を見た感じではちょっとどうかなぁという感じでしたが、意外と働いてくれるかもしれませんね。

投球内容を見てみると、抜群にいいというイメージは受けなかったのですが、けっこう空振りを取れているので、俗に言う「手元で伸びる」ってやつかもしれません。しかし、グラマンといい、ギッセルといい、今年の外国人ピッチャーは、どこがいいのかよく分からないのにそれなりに抑えていますね。不思議です。

OK キャンセル 確認 その他