2006/08/02(水)痛恨の一発(はてなプロ野球’06)

2006/08/02 24:44
【楽天 vs 西武 第10回戦】
(2006年7月29日:フルキャストスタジアム宮城)
 
西武  0 0 0  1 0 0  0 2 0  3
楽天  0 0 0  0 0 0  0 5 x  5
 
[勝] 一場 6勝9敗0S
[S] 福盛 0勝2敗17S
[敗] 涌井 9勝5敗0S
 
[本塁打]
  4回表 中島  16号 ソロ (一場)
  8回裏 山崎武 12号 満塁 (涌井)

8回表を終わって3-0とライオンズが3点をリード。ライオンズ先発の涌井の内容はほぼ完璧ですし、このまま決まりかと思いました。あの時点では。

しかし、8回裏の先頭の塩川の内野安打から流れが一気に変わりました。さらに関川、高須に連打を浴びてノーアウト満塁。鉄平は三振に打ち取りますが、フェルナンデスに押し出しフォアボールを与えて2点差に詰め寄られます。さらに山崎武には甘いボールをレフトに運ばれて、逆転のグランドスラム……。

この逆転に関しては采配ミスだと思います。リリーフを送るべき場面は3回もあったのですから。鉄平のところ、フェルナンデスのところ、山崎のところで。なんというか、最近ピッチャー交代が後手後手ですよね。

2006/08/02(水)(はてなプロ野球’06)

2006/08/02 24:36
【西武 vs オリックス 第12回戦】
(2006年7月26日:インボイスSEIBUドーム)
 
オリックス  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
西武     1 0 1  0 0 0  2 0 x  4
 
[勝] 松坂  11勝3敗0S
[S] 小野寺 4勝1敗19S
[敗] 川越  6勝6敗0S
 
[本塁打]
  7回裏 赤田  2号 2ラン (山本)

7回表、大西へのデッドボールが危険球と判定され、それまで好投していた松坂が退場処分。苦しい展開ではありましたが、緊急登板となった三井がピンチを凌ぐと、石井貴、小野寺が完璧なリリーフを見せてなんとか逃げ切りに成功。後半戦初勝利を上げました。

2006/08/02(水)後半戦開始(はてなプロ野球’06)

2006/08/02 24:30
【西武 vs オリックス 第11回戦】
(2006年7月25日:インボイスSEIBUドーム)
 
オリックス  0 1 0  0 6 0  0 2 4  13
西武     1 0 2  0 1 2  0 0 0   6
 
[勝] 本柳   3勝1敗0S
[S] 大久保  0勝2敗15S
[敗] ギッセル 5勝1敗0S
 
[本塁打]
  5回表 相川  7号 3ラン (帆足)
  8回表 相川  8号 ソロ  (山岸)

調子が悪いなりになんとか抑えていたライオンズ先発のギッセルですが、5回に連打を浴びてノックアウト。さらに、その後を受けた帆足も滅多打ちに遭ってこの回一挙6失点。

ライオンズも5回に1点、6回に2点を返して食い下がりますが、8回表、3イニング目に突入した山岸が捕まり万事休す。ちょっと引っ張りすぎましたかね。

2006/08/02(水)(はてなプロ野球’06)

2006/08/02 24:26
【全パ vs 全セ オールスター第2戦】
(2006年7月23日:宮崎サンマリンスタジアム)
 
全セ  0 1 0  2 0 1  0 2 1  7
全パ  0 0 2  0 2 0  0 0 0  4
 
[勝] 永川   1勝0敗0S
[S] クルーン 0勝0敗2S
[敗] 馬原   0勝1敗0S
 
[本塁打]
  3回裏 森本     1号 2ラン (黒田)
  4回表 アレックス  1号 2ラン (涌井)
  6回表 シーツ    1号 ソロ  (八木)

追いつ追われつのシーソーゲームを制したのはセ・リーグでした。というわけで、今年のオールスターは連敗です orz

このゲームで目立ったパの選手は森本と中島でしょうか。0-1のビハインドの場面で逆転2ランを放った森本は、仮装用ネタ要員じゃないんだぞ、俺は成長してるんだぞというところを見せてくれました。中島はあとホームランが出ればサイクルという活躍を見せ、こちらも今年の成長ぶりを見せてくれたと思います。

2006/08/02(水)夢の球宴らしいですよ(はてなプロ野球’06)

2006/08/02 24:14
【全セ vs 全パ オールスター第1戦】
(2006年7月21日:明治神宮野球場)
 
全パ  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1
全セ  0 1 1  0 0 1  0 0 x  3
 
[勝] 三浦   1勝0敗0S
[S] クルーン 0勝0敗1S
[敗] 吉井   0勝1敗0S
 
[本塁打]
  2回表 里崎  1号 ソロ (川上)
  3回裏 青木  1号 ソロ (吉井)
  6回裏 岩村  1号 ソロ (平野佳)

オールスター第1戦は3-1でセ・リーグの勝利。岩瀬 → 藤川 → クルーンという豪華リレーにはしびれました。こんなリレーはオールスターでしか見られません。いいものを見せてもらいました。

それ以外は特にこれといった感想もなく。私はオールスターを観たいのであって、タイガース戦を観たいわけではないので。

2006/08/01(火)(はてなプロ野球’06)

2006/08/01 25:40
【ソフトバンク vs 西武 第13回戦】
(2006年7月19日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
西武      0 0 0  2 0 1  0 0 0  3
ソフトバンク  0 0 0  0 0 1  0 0 0  1
 
[勝] 西口  5勝8敗0S
[S] 小野寺 4勝1敗18S
[敗] 神内  4勝2敗0S
 
[本塁打]
  4回表 高山  1号 ソロ (神内)
  4回表 赤田  1号 ソロ (神内)

前半戦最後のゲームでしたが、西口の好投で白星で飾ることができました。

この試合では、6回表に伊東監督がホームでのクロスプレイを巡り、審判を小突いて退場処分。現役時代、監督時代を通じて初めての退場だそうです。そういえば記憶にありませんでした。

ちなみにこのプレイを後でスローで見てみると、タイミング的にはセーフでしたが、キャッチャーが完全にブロックしていたので確かにアウトです。審判の判定が正しかったわけですが、まぁ、伊東監督が抗議したくなる気持ちもわからないでもありません。もちろん、暴力は良くないことですけど。

2006/08/01(火)悪夢(はてなプロ野球’06)

2006/08/01 25:36
【ソフトバンク vs 西武 第12回戦】
(2006年7月18日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
西武      0 0 0  0 0 5  0 0 0  5
ソフトバンク  0 0 0  0 1 0  0 8 x  9
 
[勝] 藤岡 4勝2敗1S
[敗] 星野 1勝3敗1S
 
[本塁打]
  6回表 栗山  1号 2ラン (新垣)

5-1とライオンズ4点リードで迎えた8回裏、打者一巡の猛攻でホークスが逆転。そのまま逃げ切りました。

涌井も7回まではいいピッチングをしていたんですが、味方の守備のミスもあって一気に崩れてしまいました。こんな日もあるよね。

2006/08/01(火)首位ターン確定(はてなプロ野球’06)

2006/08/01 25:32
【ソフトバンク vs 西武 第11回戦】
(2006年7月17日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
西武      0 0 2  0 1 1  0 0 0  4
ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 0 1  1
 
[勝] グラマン 4勝5敗0S
[敗] 和田   8勝5敗0S

グラマンが133球を投げ、1失点完投勝利を上げました。普段は100球前後で投球内容がガラッと変わってしまうグラマンですが、今回は最後までほぼ完璧なピッチングを見せてくれました。

さて、これでライオンズは前半戦首位ターンが確定*1。このまま後半戦も駆け抜けて欲しいものです。

*1:後から更新しているので、何を今更って感じですけど……。

2006/08/01(火)両リーグ50勝一番乗り(はてなプロ野球’06)

2006/08/01 25:29
【ロッテ vs 西武 第10回戦】
(2006年7月16日:千葉マリンスタジアム)
 
西武   1 0 3  0 0 0  0 0 0  0 0 3  7
ロッテ  2 0 2  0 0 0  0 0 0  0 0 0  4
 
[勝] 小野寺 4勝1敗17S
[敗] 小宮山 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  3回表 サブロー  7号 ソロ (ギッセル)
  3回表 里崎   11号 ソロ (ギッセル)

ライオンズ先発ギッセル、マリーンズ先発清水はともに不調で、序盤は点の取り合い。ただ、両チームとも中継ぎ陣が安定したピッチングを見せ、試合は4-4のまま延長戦に突入しました。

試合が動いたのは10回表。先頭の片岡がスリーベースでチャンスを作ります。中島がサードゴロに倒れ、続く和田は敬遠で1アウト一三塁。ここで起用された代打高山が勝ち越しのタイムリースリーベースを放つと、続く平尾にもタイムリーが飛び出し6-3。その裏は2イニング目となる小野寺が先頭の福浦にデッドボールを与えましたが、最終的にはゲッツーでピンチを切り抜けゲームセット。両リーグで一番乗りとなる50勝目をマークしました。

2006/08/01(火)(はてなプロ野球’06)

2006/08/01 25:23
【ロッテ vs 西武 第9回戦】
(2006年7月15日:千葉マリンスタジアム)
 
西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0   0
ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 1x  1
 
[勝] 薮田 3勝2敗1S
[敗] 松坂 10勝3敗0S

ライオンズ松坂とマリーンズ小林宏の投手戦。お互いに一歩も譲らず迎えた9回裏、2アウトランナーなしからベニー、ワトソンに連打を浴びてサヨナラ負け。2アウトを取っていただけにもったいない感じもしますが、4安打のピッチャーを責めるわけにもいきません。

打線の方は、4回の1アウト満塁のチャンスを逃したのが痛かったですね。まぁ、小林宏がよく粘ったということでもあるんですけど。

OK キャンセル 確認 その他