2007/05/31(木)予告

2007/05/31 22:26

 今月は44クレしかトナメに参戦していなかったようです。確かに全国大会もありましたが、それにしても少ないですね。QMA2以降で考えれば最小なんじゃないかな。

 さて、6月3日にソラリスで行われる芸能限定大会・ふらんこ杯ですが、私も参加させていただこうかと思います。芸能は超がつくほど苦手なんですけど、何事も経験ですから。

 で、その大会でJOE画伯と勝負することになりました。勝負といっても、同じ試合でマッチングされるとは限りませんので、その日の1回戦の獲得点数が高い方が勝ちというルールです。そして、負けた方は、3日間このブログでウラガミ絵を描き続けるという約束をしました。大会翌日の4日から6日まで、負けた方の描いたウラガミ絵をEXIT_FAILUREのコンテンツとして公開します。つまり、私が勝てば3日間はブログのネタに困らない!

 ちなみに、JOE画伯は芸ラン1使いです。ということは、テレビっ子の私には充分勝ち目があります。なにしろ俺は一日3時間もテレビを見ているからな!

 ヒント:2006年パ・リーグの平均試合時間は3時間18分。

2007/05/28(月)私信

2007/05/28 25:00

腐れ縁と言ってもいいくらいの長い付き合いの友人のお通夜に行ってきました。あいつはもう二度と口を利いてくれないという悲しさとか、まだ30なのにというやり切れなさとか、酒がほとんど飲めないくせに故人を偲んで無理やり飲んだウイスキーのダメージとか、すすりすぎた鼻水とか、いろいろなことがない交ぜになってちょっと気持ち悪いです。さすがにもう涙は枯れましたが。

あいつはこのブログの更新を楽しみにしてくれていたので、おそらく今日このエントリも見てくれているでしょう。というわけで、さっき対面した時に言えなかったことをこの場で伝えたいと思います。明日は仕事の都合でどうしても葬儀には行けないので……。こんな鬱日記を読ませられる無関係の方々には申し訳ないんですが、俺、あいつの天国のメアド知らないんで。

よしくんへ。お前の分まで生きる、なんて殊勝なことを言うつもりはないけど、でも、よしくんとの思い出を大切にして生きていきます。今まで本当にありがとう。すっげー楽しかった。全力で走ってきた人生だったから、今はゆっくり休んでください。

2007/05/27(日)プロ野球にビデオ判定が導入されない理由はなんですか? [Yahoo!知恵袋]

2007/05/27 25:59

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211674237

ベストアンサーの例6に爆笑。そりゃそうだ。

私は誤審も野球のうちだと思っているんですが*1、気になる人は気になるんでしょうねぇ。誤審があるからこそ、今も伝説になっているスタンカの円城寺への体当たりとか、最近では1打席で2回の怪しい判定→ブラウン監督ホームベースに土→退場→古城センター前ヒット→バックホームで二塁ランナータッチアウトという熱い流れとか、そういうドラマが生まれると思うんですが。

*1:いや、もちろん誤審があれば「この下手糞が」とは思いますが。

2007/05/25(金)世界一短い携帯メール

2007/05/25 22:47

今朝、職場の後輩であるJOE画伯に「7」とだけ書いたメールを送りました。1分後、画伯からは空メールが返ってきました。一見意味のないやり取りですが、当人たちは真剣です。仕事のお話ですから。

タネを明かすと、「7」は「小田急が7分遅延しているので、到着が少し遅れます。よろしく」の略。そして返答の空メールは「了解しました」の意味です。ヴィクトル・ユーゴーもびっくりの短さだ。

ちなみに、私からのメールは「小田急が以下略」「小田(ry」「(ry」と段々短くなっていき、しまいには1文字になったという状況です。というか、これだけ遅刻のメールを打たなきゃいけない路線っておかしいだろ。

2007/05/24(木)2007-05-24

2007/05/24 24:31

平日にしては久々にガッツリやりました。戦績メモを見ると、今月に入ってゲーセンに来たのが今日で6日目らしいです。うん、ライトプレイヤーだ。仕事の都合もあり、来月まではこのままライトプレイヤーっぽい予感。早く廃人になりたーい。

ところで、今日は色々な方のブログの内容を「ちぃといつ」で検索して遊んでみました。自分がどういう風に書かれているかまとめて見てみるのも面白いものです。

一番熱いのはたかしおのさんのブログ*1でしょうか。QMA2時代、それこそ毎日のようにマッチングしながらも、結局稼動終了直前まで一緒に決勝に残れなかった悪戦苦闘の日々が昨日のことのように蘇ってきます。

逆に、一番酷い扱いを受けているのはみりすさんのブログ*2で間違いないんですが、うちのブログを「みりす」で検索しても酷いことになっているので*3おあいこということで。

2007/05/23(水)44歳 vs 22歳(はてなプロ野球’07)

2007/05/23 23:31
【西武 vs 横浜 第2回戦】
(2007年5月23日:グッドウィルドーム)
 
横浜  0 1 0  1 0 0  0 0 0  2
西武  0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
 
[勝] 工藤   1勝4敗0S
[S] クルーン 1勝0敗9S
[敗] 岸    4勝2敗0S

ベイスターズ先発の工藤が6回を投げて4安打無失点と好投。川村-木塚-クルーンと繋いでそのままベイスターズが逃げ切りました。つーか、工藤はこれだけのピッチングができるのに、なぜ今年まだ勝ち星がなかったんでしょうか。不思議だ。

ライオンズ先発の岸は制球に苦しみ、4回2失点で降板しました。調子が良ければ当然抑えられるのですから、あとは今日のような調子の時にいかに凌ぐか、少しずつでもそれを学んでいって欲しいです。まぁ、今のライオンズは西口からして「神モード or 炎上モード」というピッチャーなので、お手本にする選手がいないような気がしないでもありませんが。

2007/05/22(火)交流戦初戦はパ・リーグ全勝!(はてなプロ野球’07)

2007/05/22 25:00
【西武 vs 横浜 第1回戦】
(2007年5月22日:グッドウィルドーム)
 
横浜  0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
西武  0 0 0  2 0 0  0 0 x  2
 
[勝] 涌井  7勝2敗0S
[S] 小野寺 0勝1敗9S
[敗] 寺原  4勝3敗0S
 
[本塁打]
  8回表 村田  9号 ソロ (涌井)

2007年セ・パ交流戦の最初のカードは3連敗中のライオンズと、7連敗中のベイスターズという組み合わせになりました。連敗ムードを吹き飛ばしたい両チームの先発はライオンズ涌井、ベイスターズ寺原。この二人の好投で、試合は投手戦になりました。

先制したのはライオンズ。4回、中島、カブレラ、和田、石井義の4連打で2点を先制します。

涌井は初回こそフォアボール3つで満塁のピンチを招きますが、それ以外はピンチらしいピンチもなく、8回まで投げて村田の一発で失った1点のみで降板しました。9回は小野寺が三者凡退に抑えてゲームセット。ライオンズはチームの連敗を3で止め、涌井はハーラートップ対の7勝目をマークしました。

ちなみに今日の試合ですが、

○日本ハム 3 - 1 巨人●
○西武 2 - 1 横浜●
○ソフトバンク 2 - 1 阪神●
○ロッテ 8 - 3 中日●
○オリックス 6 - 0 広島●
○楽天 4 - 2 ヤクルト●

と、パが全勝しています。今年も勝ち越し目指して頑張って欲しいものです。

OK キャンセル 確認 その他