2007/06/25(月)次回予告

2007/06/25 23:18

 というわけで、「西武ライオンズ助っ人野手列伝」の前編をお送りしました。

 なお、中編は7月2日、後編は7月9日に更新する予定です。予定は未定ではありますが、中編については既に書き上がっていますので、よほどのことがない限り予定通りに更新できると思います。


2007/06/25(月)第7回『西武ライオンズ助っ人野手列伝(前編)』

2007/06/25 23:15

 クラウンライターライオンズの身売りにより、西武ライオンズが誕生したのが1979年。それから30年弱の歴史の中で、数多くの優良助っ人や駄目外人や駄目外人や駄目外人や駄目外人が来日しました。そんな外国人選手の中から、まずは1989年以前に入団した野手の面々をご紹介します。


□ ジャック・マルーフ

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1979  西武     129  .290  12   48  18
---------------------------------------
              129  .290  12   48  18

 1949年10月12日生。アメリカ合衆国出身。左投左打。外野手。

 ラバーン大→マイナーリーグ→西武ライオンズ(1979年)。

 トニー・ミューサーとともに、西武ライオンズ初の助っ人として来日した選手です。俊足巧打の外野手で、チームトップの打率.290、146安打を放ち、1番バッターとして活躍しました。

 ……で、なぜ1年で退団しているのか、いくら調べても理由が見つからないんですがー。外国人選手にしてはホームランや打点がやや少ないような気もしますが、打順が1番であるということを考えればこんなものでしょうし、それ以外はまずまずの成績だと思うんですけど。理由をご存じの方がいらっしゃいましたらご教授ください。


□ トニー・ミューサー

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1979  西武      65  .196   2   10   2
---------------------------------------
               65  .196   2   10   2

 1947年8月1日生。アメリカ合衆国出身。左投左打。内野手。

 サンディエゴ・メサ短大→ボストン・レッドソックス→シカゴ・ホワイトソックス→ボルティモア・オリオールズ→ミルウォーキー・ブリュワーズ→西武ライオンズ(1979年)。

 ジャック・マルーフとともに、西武ライオンズ初の助っ人として来日した選手、そして、西武ライオンズ初の駄目外人選手です。初年度からハズレを引くあたり、さすがは西武フロントという感じがしますね。

 日本では成功することなく帰国、引退したミューサーですが、その後、カンザスシティ・ロイヤルズの監督に就任しています。しかし、748試合で317勝431敗、勝率は.424ということで、こちらでも結果を残すことはできませんでした。


□ ジム・タイロン

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1979  西武      58  .291   8   24   9
 1980  西武     128  .276  35   68   9
 1981  南海     125  .311  18   60  11
 1982  南海     124  .271  13   48  13
---------------------------------------
              435  .287  74  200  41

 1949年1月29日生。アメリカ合衆国出身。右投右打。外野手。

 パンアメリカン大→シカゴ・カブス→オークランド・アスレチックス→西武ライオンズ(1979-1980年)→南海ホークス(1981-1982年)。

 1979年後期シーズン、トニー・ミューサーの代役として急遽獲得した選手です。1年目は58試合の出場ながら打率.291とまずまずの成績を残すと、ジャック・マルーフが抜けた1980年にはトップバッターに座り、35本塁打を放つ大活躍を見せました。

 しかし、翌1981年の開幕直前、名取和彦とのトレードで南海へ移籍することになります。守備面で大きな不安があったことも理由の一つですが、テリー・ウィットフィールド獲得が決まったことでタイロン自身が移籍を志願したことが最大の理由でした。

 移籍後も活躍を続けたタイロンですが、1982年オフには南海を退団しています。タイロンと入れ替わりで南海にやってきたのは広島から移籍のジム・ライトル。ライトルといえば4年連続でゴールデングラブを獲得している強肩、好守の外野手ですから、タイロンは南海でも守備がネックになっていたのかもしれません。


□ テーラー・ダンカン

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1980  西武      64  .235  14   36   2
---------------------------------------
               64  .235  14   36   2

 1953年5月12日生。アメリカ合衆国出身。右投右打。内野手。

 アメリカンリバー大→セントルイス・カージナルス→オークランド・アスレチックス→西武ライオンズ(1980年)。

 1980年、ジャック・マルーフと入れ替わりで入団した右のパワーヒッターです。前期シーズンにチームトップの14本塁打を放ち、期待された長打力は存分に発揮したのですが、打率.235、打点36はあまりにも寂しかった。守備にも難があったため、後期シーズン前、スティーブ・オンティベロスの獲得と同時に解雇されました。

 しかし、球団買収から2年連続で駄目外人獲得とは、西武フロントもなかなかやるな。


□ スティーブ・オンティベロス

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1980  西武      65  .314  16   50   3
 1981  西武     116  .271   7   47   0
 1982  西武     122  .307  11   46   3
 1983  西武     129  .321  17   85   0
 1984  西武     129  .338  20  101   0
 1985  西武     125  .315  11   61   0
---------------------------------------
              686  .312  82  390   6

 登録名はスティーブ。

 1951年10月26日生。アメリカ合衆国出身。右投両打。内野手。

 ベイカーズフィールド大→サンフランシスコ・ジャイアンツ→シカゴ・カブス→西武ライオンズ(1980-1985年)。

 1980年後期シーズンにテーラー・ダンカンと入れ替わる形で入団した選手です。スティーブの特徴といえば、規定打席に達した5シーズン中4回も3割をマークしたシュアなバッティング……なんですが、彼の現役時代を知る人は成績よりも禿頭の方が印象に残っているでしょう。メジャー時代はカツラのCMに出演したこともあるそうです。

 また、血の気の多いところもあった選手で、デッドボールやブラッシュボールに怒りをあらわにすることも珍しくありませんでした。彼自身がピッチャーにバットを投げつけて乱闘を引き起こしたこともありますし、そうでなくとも常に乱闘の輪の中心にいたように記憶しています。

 ……と、こんなネタ話だけではなく、少しは成績の話をすることにしましょうか。

 来日2年目の1982年には西武ライオンズとしての初優勝、初の日本一に大きく貢献。特に日本シリーズではMVPに選ばれる見事な活躍を見せてくれました。以降も常に安定した成績を残し続け、日本で過ごした6年間で3回の優勝、2度の日本一に輝いています。獲得したタイトルこそ1983年の最多勝利打点だけではありますが、80年代の西武を代表する助っ人外国人選手だと言えるでしょう。


□ テリー・ウィットフィールド

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1981  西武     123  .316  22  100   5
 1982  西武     122  .272  25   71   6
 1983  西武     129  .278  38  109   2
---------------------------------------
              374  .289  85  280  13

 登録名はテリー。

 1953年1月12日生。アメリカ合衆国出身。右投左打。外野手。

 パロベルディ高→ニューヨーク・ヤンキース→サンフランシスコ・ジャイアンツ→西武ライオンズ(1981-1983年)→ロサンゼルス・ドジャース。

 その長打力と勝負強さで、80年代前半、黄金時代を築きつつあった西武を支えた名選手です。1984年にメジャーリーグ復帰を果たすまでの3年間、常に中軸打者として活躍を続けました。

 当時を知る人がテリーと聞いて思い浮かべるのは、ホームランを打った後のパフォーマンスでしょう。派手なガッツポーズをする選手や、神に感謝して十字を切る選手は珍しくありませんが、彼はホームインするとヘルメットを取って観客席に向かってお辞儀をしたのです。初めて見た時は本当に驚きました。

 また、自費で西武ライオンズ球場の年間予約席の一部を買い、子供たちを招待していたことでも有名です。前述のお辞儀の件といい、彼はファンをとても大切にしてくれる選手だったと思います。彼の買い取った「テリーズボックス」で観戦した子供たちは、きっとたくさんの夢を、希望を与えられたことでしょう。


□ ジェリー・ホワイト

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1984  西武     130  .243  27   68  12
 1985  大洋      88  .263  10   45  11
---------------------------------------
              218  .251  37  113  23

 西武での登録名はジェリー。

 1952年8月23日生。アメリカ合衆国出身。右投両打。外野手。

 サンフランシスコ市大→モントリオール・エクスポズ→シカゴ・カブス→西武ライオンズ(1984年)→横浜大洋ホエールズ(1985年)→セントルイス・カージナルス。

 1984年、メジャーリーグに復帰したテリー・ウィットフィールドに代わって入団した選手です。

 来日する外国人選手にしては珍しく脚も速く、27本塁打とチームトップのホームランを放ったものの、2割5分に満たない低打率がネックになって1年限りで退団となりました。日本野球に全く適応できていなかったわけでもないので、もう少し様子を見ても良かったのかもしれませんが、前任者が偉大すぎたために評価が厳しくなった面もあると思います。

 西武退団後は大洋に移籍しましたが、思うように実力を発揮することができず、こちらも1年限りで解雇されました。


□ ジョージ・ブコビッチ

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1986  西武     121  .265  18   67   0
 1987  西武     101  .244  14   46   0
---------------------------------------
              222  .256  32  113   0

 1956年6月24日生。アメリカ合衆国出身。右投左打。外野手。

 南イリノイ大→フィラデルフィア・フィリーズ→クリーブランド・インディアンス→西武ライオンズ(1986-1987年)。

 1986年、スティーブ・オンティベロスに代わって入団した選手です。

 「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のおかげで、名前と独特の構えだけは有名かもしれません。また、出場した2回の日本シリーズではいずれも大活躍したため、リアルタイムで見ていた西武ファンには成績以上に印象に残っている選手だと思います。

 特に、1986年の広島との日本シリーズでは、第8戦に日本一を決める決勝のタイムリーツーベースを放ちました。彼がいなければ、あの年の激闘を制することはできなかったでしょう。ペナントレースの成績はやや物足りない感がありましたが、大舞台での活躍でファンに強烈なインパクトを与えた選手でした。


□ タイラー・リー・バン・バークレオ

               G    AVG  HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1987  西武       0  ----   0    0   0
 1988  西武     118  .268  38   90   3
 1989  西武      37  .210   6   11   0
 1990  西武      41  .196   9   22   2
 1991  広島      29  .203   2    5   0
---------------------------------------
              225  .239  55  128   5

 1962年10月7日生。アメリカ合衆国出身。左投左打。外野手。

 チャッツワース高→西武ライオンズ(1987-1990年)→広島東洋カープ(1991年)→アナハイム・エンゼルス→コロラド・ロッキーズ。

 1987年途中に入団した選手で、メジャーリーグの経験はなく、西武も育成目的で獲得したそうです。そして、1年間二軍で鍛えられたバークレオは2年目に爆発。38本塁打、90打点と見事な成績を残し、チームのリーグ4連覇に大きく貢献しました。

 当時はまだ20代半ばということで、このまま成長を続ければとんでもない選手になると思われたバークレオですが、この年の活躍で慢心したのか、オフに満足なトレーニングをせずに不調のままシーズンに突入します。結局、1989年はわずか37試合の出場にとどまり、この年途中入団のオレステス・デストラーデに完全にポジションを奪われてしまいました。

 さらに翌1990年も41試合の出場に終わり、この年限りで広島に移籍しています。移籍当時は「バーク『レオ』なのに他のチームに行くのかよ!」と言われたものですが、話題になったのはこの時期くらいでした。広島が優勝した勢いに乗ることもできず、わずか29試合の出場に終わり、この年限りで退団しています。

 現在、バークレオはオークランド・アスレチックスで打撃コーチを務めているそうです。努力して結果を残すこと、そして慢心して伸び悩むこと、その両方を身を持って味わった彼なら、きっと素晴らしいコーチになれると思います。頑張ってください。


□ オレステス・デストラーデ

               G    AVG   HR  RBI  SB
----------------------------------------
 1989  西武      83  .257   32   81   4
 1990  西武     130  .263   42  106  10
 1991  西武     130  .268   39   92  15
 1992  西武     128  .266   41   87  12
 1995  西武      46  .245    6   23   1
----------------------------------------
              517  .262  160  389  42

 1962年5月8日生。キューバ共和国出身。右投両打。内野手・外野手。

 フロリダ大→ニューヨーク・ヤンキース→ピッツバーグ・パイレーツ→西武ライオンズ(1989-1992年)→フロリダ・マーリンズ→西武ライオンズ(1995年)。

 1989年途中、不振のタイラー・リー・バン・バークレオの代役として入団した選手です。1990年から3年連続本塁打王、2年連続打点王を獲得し、西武の黄金時代を支えました。

 デストラーデについては過去にこのコーナーで紹介しているので*1、詳しくはそちらをご覧ください。


2007/06/24(日)週末の過ごし方

2007/06/24 22:45

 色々あったこの週末のことをまとめてみたいと思います。

 土曜日の日中は友人に誕生日を祝ってもらいました。ブログ的にはネタになるようなことはなかったので詳細については割愛しますが、とても楽しい時間を提供してくれた友人には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 友人と別れた後、18時過ぎに秋葉原へ移動し、とりあえずトラタワへGo! QMAコーナーにみりすさんがいらっしゃったので、サシでスポラン1縛りの店対をやってみたり、普通にトナメに入ってみたり。店対の時はCOMが空気を読んでスポラン1を出してきたのでびっくりしました。

 21時を過ぎたあたりから青カラオケの参加者が続々と集まり始め*1、22時過ぎには集合場所のレジャランに移動。23時頃に会場のパセラへ向かいました。そして始まる青の宴。覚えている限りでは、私は5曲くらい歌っていたようです。


  • Little Soldier(実況パワフルプロ野球8)
  • そうだ、ぜったい。(それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII)
  • Love Destiny(シスター・プリンセス)
  • 白いボールのファンタジー(パシフィック・リーグ連盟歌)
  • Get Wild(シティーハンター)


 こっそり赤い曲が混じっているように見えるのは気のせいです。シューさんと一緒に『いざゆけ若鷹軍団』を熱唱しているように見えたのも気のせいです。きゃまさんの『燃えよドラゴンズ’88』に出てくる選手に一人で萌え転がっているように見えたのも気のせいです。

 さて、そんなこんなであっという間に朝の7時になり、お開きの時間となりました。面子的には天青賢者ばかりではなく、紅玉や翡翠や紫宝も混じっていたものの、とても真っ青な8時間だったと思います。参加された皆さん、お疲れ様でした。それにしても、君たちは本当にニコニコ動画が好きだな。

 ところで、青カラオケの参加者の方々から、QMAのフィギュアや、賢押杯2006の記録集や、BBHのカードなど、たくさんの誕生日プレゼントをいただきました。本当にありがとうございました。最初はまとめて写真を撮ってアップしようかとも思ったのですが、中にはこんなものも含まれていたのでやめておくことにします。

桃乳 (別冊エースファイブコミックス)

桃乳 (別冊エースファイブコミックス)

 ほら、私はまだはてなダイアリーを追い出されたくないですしね。ばすてとえろいゅ。

 さて、解散後は素直に帰宅して昼過ぎまで睡眠を取り、ジャイアンツ戦観戦のために水道橋へ向かいました。もしデーゲームだったとしたら、一旦帰宅せずにアキバのネカフェで仮眠&シャワーの後に水道橋というコースになったんでしょうが、さすがに18時プレイボールでそれは厳しいですよねー。それに、入口の荷物検査でバステトさんからいただいた誕生日プレゼントを見られたら大変なことになっちゃうし。

 試合の方は、先発が西口ということで試合開始前から半ば諦めていたんですが*2、その西口は6回1失点と好投し、中島、高山のホームランや小野寺の炎上などもあって4-3でライオンズが勝ちました。それにしても今年の小野寺はヤバすぎる。もっとも、代わりにクローザーを務められそうな選手もいませんしね。しばらくは我慢の時期でしょうか。

 試合が終わった後はまっすぐ帰宅して、今この文章を書いているところです。お付き合いいただいた方々のおかげで、この週末はとても濃密な2日間になりました。お世話になった皆さん、ありがとうございました。


*1:このように書くとみりすさんも参加者に見えますが、翌日の都合で不参加でした。残念。

*2:西口と東京ドームは徹底的に相性が悪いです。

2007/06/23(土)age++;

2007/06/23 7:10

 今日は私の誕生日です。ついに0x20歳まであと2年となってしまいましたが、残り少ない10代を思い切り楽しみたいと思います。

 ……ごめんなさいごめんなさい。本当は三十路に突入しました。うわーん*1

 振り返ってみると、この一年間はとても充実していたと思います。お世話になった方々に心よりの感謝を。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。毎年同じことを言っているような気もしますが、来年の誕生日にも「いい一年を過ごすことができた」と言えるよう、一日一日を大切に生きていきたいと思います。

 で、友人が誕生日を祝ってくれるということなので、これからちょっと出かけてきますね。それから、夜はアキバで青い徹カラに参加する予定です。というわけで、まだ朝ですが今のうちに今日の分を更新しておきます。


*1:いえ、別に本気で悲しんじゃいないんですけど。

2007/06/22(金)紅玉賢者のQMA4日記

2007/06/22 21:10

 今日は通院のため午前半休を取ったんですが、いつも元気なお年寄りの方々がほとんどいらっしゃらなかったために*1、9時半頃にはフリーになりました。そして朝からQMAる俺。廃人乙。

 午後からは予定通り出社して、周りがみんな残業しているのに定時で撤収。なんか遅く来て早く帰ると申し訳ないような気がしないでもないんですが、別プロジェクトはさすがに手伝えませんしねぇ。

 その後は自分への一日早い誕生日プレゼントということで、DS Liteと体脂肪体重計を買ってきました。はいはいメタボリックメタボリック。あ、万歩計買うの忘れた。明日アキバに行くからその時に買おう。

 さて、明日はTAKさん主催の青カラオケに参加します。青くない人も参加可ということだったので。ちなみに、1曲5分換算だと一人7、8曲というところなので、全て野球の応援歌だけでお茶を濁すことができるかもしれませんw


【最近の戦績】

 1-3-0-0#2-0-1(0-0-0)

 


【今日の戦績】

 3-2-1-0#2-0-0(1-2-2)

 昼間は翡翠賢者と紫宝賢者に囲まれるので厳しいと言えば厳しいんですが、スポラン2が飛んでくるよりは学芸の方がまだ戦えますね。いったい俺はどれだけサッカーができないんだ。


*1:雨が降っていたから?

2007/06/21(木)どうも最近の方向性には違和感を覚えている元アトリエかぐや信者のQMA4日記

2007/06/21 23:48

ずいぶんと遅くなりましたが、ナンダヨーさんのところで懐かしい画像が貼られているので私の方でも触れてみたいと思います。

http://d.hatena.ne.jp/jiraio/20070617/1182046456

多分ヒルマンさんの学問が刺さったんでしょう。もちろん覚えてはいないんですが、その辺りは妙に自信がありますw

ちなみに、私のプレイ店舗は、3月以前は平日が永山、土日が町田。4月以降は平日が新宿で土日は町田でした。つまり、どちらにしろキャッツアイでプレイしている時点で週末の画像ですね。また、宝島町田店が1クレ80円から90円に値上がりするまではそちらがメインだったので、キャッツアイにいるということは値上がりのあった3月中旬以降なのではないかと。また、超銀分割前ということなので、4月13日より前ということになりますね。おお、だいぶ絞られてきたぞ……って、そんな推理はどうでもいいですね、すみません。

まぁ、結局は何が言いたいかというと、ルキアエロいよルキア。

2007/06/20(水)延長戦を制して6連勝!(はてなプロ野球’07)

2007/06/20 23:29
【ヤクルト vs 西武 第4回戦】
(2007年6月20日:明治神宮野球場)
 
西武    0 0 1  0 0 2  0 0 0  3  6
ヤクルト  0 0 0  0 0 0  0 3 0  1  4
 
[勝] グラマン 3勝6敗0S
[S] 小野寺  1勝2敗12S
[敗] 吉川   1勝1敗0S
 
[本塁打]
   8回裏 ガイエル 13号 3ラン (三井)
  10回表 カブレラ 13号 2ラン (吉川)
  10回表 栗山    2号 ソロ  (高井)
  10回裏 ガイエル 14号 ソロ  (小野寺)

ライオンズは3回、中島のゲッツーの間に先制し、6回にはG.G.佐藤の2点タイムリーでリードを3点に広げます。ライオンズ先発の岸は5回までわずか1安打に抑えていることもあり、これでグッと勝利が近づいたと思ったのですが……。

6回裏、先頭の青木をヒットで出塁させると、続く田中浩の送りバントを処理する際に岸が転倒。打ち所が悪く、右肩を負傷して降板することになってしまいました。

緊急登板の正津はラミレスをショート内野安打で出塁させ降板、3番手の星野もガイエルにフォアボールを与えて降板。お前ら何しに出てきたんだという感じですが、4番手岩崎がこの1アウト満塁のピンチを併殺で切り抜けました。しかし、この岩崎も7回2アウトから連打でピンチを招き、山崎のリリーフを仰ぐことになりました。3点リードでも中継ぎ勝負になるとライオンズは厳しいです。

そして迎えた8回裏、三井が田中浩、ラミレスに連打を浴び、続くガイエルに一発を食らってあっという間に同点にされました。このところの三井は打ち込まれることが多く、本当に心配です。

さて、試合はそのまま延長戦に突入しましたが、主砲の一振りが嫌なムードを吹き払いました。10回表、フォアボールの中島を一塁に置いて、勝ち越しとなる14号ホームラン。さらに2アウトからは栗山にも一発が出て6-3。その裏、小野寺がガイエルにこの日2本目となるホームランを浴びましたが、なんとか逃げ切り。6連勝で借金を4まで減らしました。

2007/06/19(火)あのプレッシャーの中で全答するのは本当にすげぇと思う紅玉賢者のQMA4日記

2007/06/19 23:13

 今日は久々にふロンティアワールドへ行ってきました。平日にプレイしたのはずいぶん久しぶりのような気がします。

 ところで、先日のソラリスで録画したスポラン1縛りの動画が上がっているようですね。まーごんさんお疲れ様です。しかし、改めて見てみるとタコミスばかりで恥ずかしいです……。

 この動画の影響だと思いますが、今日はたくさんの方に呼びかけていただいてとても和みました。「にこにこみました」「ニコニコミタヨー」は私宛てなのかどうか微妙ですが、「ユフネプギャー」は明らかに私宛てですねこんちくしょう*1。あのミスの時はデフィーさんが長考していたので、かなり長時間晒されて目立ってましたもんねぇ……。

 さて、そのニコニコ動画の話なんですが、メンバーや問題レベルに対して好き勝手なコメントを残している方々は、しょぼくない面子(だと貴方が思う面子)で、難問揃いのスポラン1縛りの動画を上げていただけるんですよね?

 俺のミスを馬鹿にするのは別に構わない、というか笑ってくれた方が慰めになりますし、他の参加者の方々もそのことについては覚悟しているでしょう。しかし、この対戦自体を馬鹿にする発言は許しがたいものがあります。勝負の過程を尊重せず、勝者に対する敬意を払わない人間は最低だ。まぁ、匿名だからこそ好き勝手なことを言っているんでしょうけど。


【最近の戦績】

 2-0-0-1#2-2-1(2-1-0)

 17日のEM2杯前後のプレイ成績です。


【今日の戦績】

 0-1-1-2#2-1-0(0-2-3)

 翡翠賢者怖いよ翡翠賢者。


【今日の検索】

・ちぃといつ 検索 やめた の ?

 やめてません……と言っても説得力がありませんね。更新が滞ってしまって申し訳ありません。

・1回戦 1位 青い 青い ちぃといつ
・ちぃといつ やっぱり 青い
・青い ちぃといつ

 みくにみずな杯以降、こんな仕込みが増えています。でも、もう一度やったら絶対に負けますから!

・ちぃといつ おっぱいバカ
・おっぱい バカ おっぱい 以外 認めない

 6月29日が発売日です。楽しみですね!

・ちぃといつ 30歳 おめ

 6月23日が誕生日です。楽しみ……ですね……。

・ちぃといつ*
・ちぃといつ QMA4 CN 「ちぃといつ*」

 で、ホームを大宮に移すわけですねw

・いぃといつ

 えらい微妙なCNだなw

・おっぱい 王 子 ちぃといつ

 過去の王子たちと比べると、全然さわやかじゃないんですがー。

・ちぃといつ プレゼント 何 が いい?

 おっぱい。

・パグリアルーロ の おっぱい

 いや、それはいらないから。

・で、でかい巨乳
・でかい巨乳

 むしろ小さい巨乳があったら見てみたいものです。

・でかいひと と ちぃといつ が ルキア を (ry

 kwsk

・全国 の ちぃといつ ファン の みんな

 そんな奇特な方が全国に何人いらっしゃるんでしょうかw

・ちぃといつ、 オルガさんの旦那様 に 熱狂

 確かにあの外野守備は別の意味で凄かったですけども。

・ちぃといつ に GR 福留

 自力で引いたのでもういりませんw

・ちぃといつ に 愛 された の に…

 ま、マジで? 記憶にないんですけど……。

・ちぃといつ の 夢 は でかい です (文字化け)

 僕の夢は綺麗なお嫁さんになることです!

・開幕投手 ちぃといつ

 開幕投手には格ってものがあるだろう!


*1:いや、別に怒ってはいないですよ。念のため。

2007/06/19(火)5連勝で同率4位浮上(はてなプロ野球’07)

2007/06/19 22:47
【ヤクルト vs 西武 第3回戦】
(2007年6月19日:明治神宮野球場)
 
西武    0 2 0  1 0 0  0 1 5  9
ヤクルト  0 1 0  0 0 0  0 1 0  2
 
[勝] 涌井 9勝4敗0S
[敗] 藤井 3勝8敗0S
 
[キモティー]
  2回表 細川      6号 2ラン (藤井)
  4回表 G.G.佐藤 16号 ソロ  (藤井)
  9回表 江藤      2号 満塁  (石川)

 2回表、細川の2ランホームランでライオンズが先制します。その裏すぐに1点を返されますが、4回にG.G.佐藤のホームランでリードを再び2点に広げました。8回に両チーム1点ずつ取り合った後、9回表に江藤のグランドスラムなどで5点を追加して勝負あり。これでライオンズは5連勝です。

 ライオンズ先発の涌井はあまり調子が良くなさそうに見えましたが、ランナーを出してもあと一本を許さず、7イニングを7安打1失点*1に抑えました。自分の状態をしっかり把握した、丁寧なピッチングができていたと思います。

 ただ、2番手の三井が1失点、3番手の小野寺も無失点ながら劇場開演と、リリーフ陣にはやや不安が残りました。小野寺は開幕当初からこんな感じなので半分諦めていますが、今までほぼ完璧だった三井が最近打たれるようになってきたのが心配です……。


*1:自責点は0。

2007/06/18(月)サヨナラ勝ちで4連勝!(はてなプロ野球’07)

2007/06/18 23:22
【西武 vs 広島 第4回戦】
(2007年6月18日:グッドウィルドーム)
 
広島  1 0 1  0 0 0  2 0 0   4
西武  0 2 0  0 0 2  0 0 1x  5
 
[勝] 小野寺 1勝2敗11S
[敗] 永川  2勝4敗12S
 
[キモティー]
  2回裏 細川      5号 2ラン (高橋)
  6回裏 G.G.佐藤 15号 2ラン (高橋)

 ライオンズ先発のギッセルが3回表に2点目を失って同点とされたんですが、その後のベンチの動きが早かったです。ギッセルをスパッと諦めて、4回の頭から2番手のグラマンを投入しました。こういう使い方ができることを考えると、グラマンのリリーフ転向はかなり大きいかもしれません。

 さて、6回裏にG.G.佐藤の2ランでライオンズが勝ち越し、久しぶりにグラマンに勝ちがつくかと思われましたが、直後の7回表、グラマン、岩崎が出したランナーを星野がきっちり返してしまい4-4の同点に追いつかれました。最近の星野は、こういう場面で他人のランナーを返してばかりのような気がします……。

 そして迎えた9回、両チームとも守護神がマウンドに登りますが、その出来が明暗を分けました。9回表は小野寺が無難に抑えたのに対し、その裏に登板した永川が捕まります。先頭の代打栗山がツーベースで出塁すると、続く福地の送りバントがフィルダースチョイスを誘ってノーアウト二三塁。ここで片岡がライト前にしぶとく運んでライオンズがサヨナラ勝ちを収めました。ライオンズは4連勝です。

OK キャンセル 確認 その他