2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 24:33
【楽天 vs 西武 第24回戦】
(2007年9月24日:フルキャストスタジアム宮城)
 
西武  0 0 0  0 0 0  0 0 2  2
楽天  0 1 0  1 0 1  1 0 x  4
 
[勝] 岩隈 5勝4敗0S
[S] 小山 3勝1敗15S
[敗] 西口 9勝10敗0S
 
[花火]
  4回裏 礒部  5号 ソロ (西口)
  9回表 和田 16号 ソロ (岩隈)

岩隈の好投の前にライオンズ打線が沈黙。疲れの見えてきた9回には2点を返すことができましたが、それ以外には4回のノーアウト一二塁くらいしかチャンスがありませんでした。

10勝目をかけて登板した西口は5回2失点で降板。2失点とはいえ、ホームでランナーを殺してピンチを凌いだ場面が2回ありましたから、この判断は正解でしょう。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 24:26
【楽天 vs 西武 第23回戦】
(2007年9月23日:フルキャストスタジアム宮城)
 
西武  0 0 0  0 2 1  1 0 0  4
楽天  0 0 1  0 0 0  3 1 x  5
 
[勝] 永井 7勝7敗0S
[S] 小山 3勝1敗14S
[敗] 山崎 3勝3敗0S
 
[本塁打]
  6回表 カブレラ 25号 ソロ (林)

ライオンズ先発の帆足は、6回までは5安打1失点とまずまずのピッチング。しかし、7回に捕まってしまいました。まるで前日の大沼を見ているかのような崩れ方です。結局、7回は同点止まりでなんとか踏みとどまったものの、8回に草野にタイムリーツーベースを浴びて勝負あり。連勝は6でストップしました。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 24:18
【西武 vs ソフトバンク 第23回戦】
(2007年9月22日:グッドウィルドーム)
 
ソフトバンク  0 0 0  0 3 0  0 0 0  3
西武      0 3 1  1 0 1  0 1 x  7
 
[勝] 山岸     3勝2敗1S
[敗] ガトームソン 5勝7敗0S

ライオンズ先発の大沼は4回までパーフェクトピッチングでしたが、5回先頭の小久保をフォアボールで歩かせてからおかしくなりました。1アウト後、ブキャナン、多村、田上の3連打で2点を失い、さらに松田にフォアボールを与えて満塁としたところで降板。大量の援護もあり、きっちり投げれば勝ち投手だったんですけどねぇ。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 24:11
【西武 vs ソフトバンク 第22回戦】
(2007年9月21日:グッドウィルドーム)
 
ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
西武      0 0 0  1 0 0  2 0 x  3
 
[勝] 岸    10勝7敗0S
[S] グラマン 4勝6敗17S
[敗] 杉内   15勝6敗0S

左投手の杉内が先発でしたが、このところ当たっている栗山、リーファーをスタメンで起用しました。これが功を奏します。

4回裏、フォアボール3つでもらった2アウト満塁のチャンスで、リーファーがまたもフォアボールを選んで押し出しで1点を先制。7回裏には、栗山のタイムリーツーベース、片岡のタイムリーで2点を追加し、そのまま逃げ切りました。ほらー、相手ピッチャーが左だってだけで微妙な右バッターを並べるより結果が出るじゃないですか。

投げる方では先発の岸が8回を無失点に抑えて二桁10勝に到達しました。ルーキーでこの数字は立派なものです。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 23:56
【オリックス vs 西武 第21回戦】
(2007年9月19日:京セラドーム大阪)
 
西武     2 0 0  0 0 0  2 0 1  5
オリックス  3 0 0  0 0 0  0 0 0  3
 
[勝] 涌井  17勝9敗0S
[敗] 平野佳 7勝13敗0S
 
[本塁打]
  1回表 カブレラ  24号 2ラン (平野佳)
  9回表 リーファー  8号 ソロ  (小松)

涌井に久々の勝ち星がつきました。8月26日以来ですから、もう3週間ぶりになるんですね。立ち上がりの調子はあまり良くなく、内容的には不満の残るピッチングではありましたが、とにかく結果が出てよかった。クライマックスシリーズ出場が非常に厳しくなってきた以上、もはや涌井の最多勝くらいしか楽しみがありませんからね。

打つ方では、カブレラが2試合連続となるホームラン。今更かよ、という感じがしないでもありませんが、ようやくエンジンがかかってきましたね。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 23:47
【オリックス vs 西武 第20回戦】
(2007年9月18日:京セラドーム大阪)
 
西武     0 0 0  0 1 2  0 1 2  6
オリックス  0 0 4  0 0 1  0 0 0  5
 
[勝] 山崎   3勝2敗0S
[S] グラマン 4勝6敗15S
[敗] 大久保  4勝4敗1S
 
[花火]
  3回裏 ラロッカ 27号 3ラン (西口)
  6回裏 ローズ  42号 ソロ  (西口)
  9回表 カブレラ 23号 2ラン (大久保)

10勝目をかけて登板した西口は6回を投げて6安打5失点。ラロッカ、ローズに浴びたホームランが痛かった。今年の西口はこんな感じで「打たれてはいけない場面で一発食らう」ケースがとても多いです。大差の場面で打たれるのは笑い話で済むんですが、こんな打たれ方をしていたのではなかなか勝てません。特に、味方が1点差に詰め寄った直後の6回のローズのホームランはいただけません。

しかし、打線の方は粘りを見せ、8回表に再び1点差に詰め寄ると、土壇場の9回にはカブレラの2ランでついに逆転! さすが4番! 打率が3割を切るところまで落ち込んでいましたが、ようやくバットが振れてきたようです。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 23:17
【西武 vs 楽天 第22回戦】
(2007年9月17日:グッドウィルドーム)
 
楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
西武  0 5 1  0 0 0  2 1 x  9
 
[勝] 帆足   2勝6敗0S
[敗] ドミンゴ 2勝4敗0S
 
[本塁打]
  2回裏 片岡  1号 3ラン (ドミンゴ)
  7回裏 和田 15号 ソロ  (有銘)
  7回裏 江藤  3号 ソロ  (有銘)
  8回裏 片岡  2号 ソロ  (有銘)

帆足がイーグルス打線を2安打に抑え、今シーズン初完封勝利をマークしました。帆足の完封勝利は実に2年ぶりです。確かに、去年はメロメロでしたしね……。

打線の方ですが、今日は派手な一発攻勢。片岡は2回に今シーズン初アーチを放つと、8回にはこの日2本目のホームラン。久々に「完勝」と言えるような試合でした。

2007/10/07(日)(はてなプロ野球’07)

2007/10/07 23:06
【西武 vs 楽天 第21回戦】
(2007年9月16日:グッドウィルドーム)
 
楽天  0 2 0  0 0 0  0 0 0  2
西武  0 1 0  0 0 0  0 3 x  4
 
[勝] 山岸   2勝2敗1S
[S] グラマン 4勝6敗14S
[敗] 渡辺恒  3勝4敗0S

ライオンズ先発の大沼は5回0/3を2失点。失点した2回、フォアボール連発で降板した6回はアレでしたが、トータルで見れば合格点でしょう。これだけ続けて結果を残していますから、もうローテーションに定着させていいでしょう。まぁ、シーズンは残り半月もありませんが。

8回の集中打で逆転勝ちすることができましたが、振り返ってみると6回、7回とも1アウト満塁のチャンスを逃しています。相変わらずつながりの悪い打線です……。

2007/10/07(日)ソラリスのBBH撤去に全俺が泣いた紅玉賢者のみずな杯日記

2007/10/07 15:47

朝起きたら8時15分。0回戦敗退するほどの寝坊ではありませんでしたが、開店前にウェアハウス南流山に着くにはもう家を出なければいけない時間です。あわてて支度をして出発。意外と乗り継ぎが良かったので、最終的には10時15分ごろにはウェアに着きました。

南流山組には「開店前にいないから今日はお休みかと思いましたよ」「開店前にいないから直接ソラリスに行ったのかと思いましたよ」と言われまくったんですが、私は開店前にいるのがデフォなんですか?w

さて、ソラリスに向かう前に、同じく並べ替えで出場されるシューさんを交えてアニ並縛りをやったんですが、焦りすぎて押しぬけ2発の2ミスという結果でした。ただ、落ち着けば本番でも全答は行けるかも?

□ 並べ替え1回戦

1:チルハさん (アニ並替)
2:ちぃといつ (アニ並替)
3:メガネさん (アニ並替)
4:(ダミー) (アニ並替)

参加者11人ということで、1位+惜敗率上位の1人が代表決定戦進出。私は3組目だったのですが、前2組はいずれも優勝と2位の差が1問ついていたので、同問の2位なら代表決定戦には進めそうです。ただ、あくまでも第一目標は全答。全員全答の3位ならあきらめもつきますし。

試合のほうは1Q、チルハさんが押し抜けで1ミス。以降は全国正解率2%だろうが5%だろうが全員正解が続き、結局私は全答で390点台。終始私より少し早めに電球を点けていたメガネさんが1位通過となりました。私は2位でしたが、惜敗率トップで代表決定戦へ。

□ 並べ替え代表決定戦

1:えいかむさん (アニ並替)
2:メガネさん  (アニ並替)
3:ちぃといつ  (アニ並替)
4:せっけんさん (アニ並替)

ひとまず1ヶ月前に立てた「24問全答」という目標は達成しましたが、ここまで来たら残りの24問も全答したいところです。

さて、2Qまでは順調だったのですが、3Q *1 で出題された『ちっちゃな雪使いシュガー』の主人公の名前が出てこない。初見じゃないのにー!

とりあえず、「確か『なんとかマン』だったよねー」という記憶をもとに「マン」を後ろに並べてみます。残りの5文字+中黒を眺めて「ああ、ファーストネームは『サガ』だったよ、うん」ということで2文字+中黒を先頭に。ここまでできれば後は思い出せます。5秒前のカウントが聞こえるくらいギリギリでしたが、なんとか正解をひねり出すことができました。同じアナグラム系でも、キューブではできない、並べ替えならではの思い出し方だったと思います。

結局、387点台ではありましたがここでも全答することができました。ただ、1回戦に続いて今回もメガネさんにはやはりかないませんでした。長考が1問あった上に、たとえその問題が緑で入っていても負けています。そのくらい大きな差でした。本職の方のスピードは凄い。

□ で。

優勝はメメクララさんでした。おめでとうございます!

自分のことを振り返ってみると、正解率70%を切っていた、全並べ替えで一番苦手なアニゲ並べ替えで出場しようと思い、そのために必死で準備して、本番でその成果を見せることができました。準備段階も、本番も、点数をつけるとしたら100点満点がつけられると思います。本気でやれば何でもできるものですね。

ところで、上述の長考した問題ですが、OKを押した瞬間会場では大変盛り上がっていただけて、嬉しいけどちょっと恥ずかしいですというか、ありがたいことです、ええ。しかし、第1回のみずな杯 *2 といい、私はアニゲ縛りの大会のほうが盛り上げられますね。普通の大会でこんなに会場を沸かせたことはないですよw

さて、次回の芸能大会ですが、懲りもせず並べ替えで出ようかと思います *3 。やはり目標は24問全答で。今月は先月ほど時間的に余裕がないので、今回のような万全の準備はできそうにはありませんが、精一杯頑張ります。

*1:もしかしたら4Qだったかも?

*2http://d.hatena.ne.jp/silence1998/20070507#1178546191

*3:ボンバーマンルールの大会のことを考えれば、別形式を鍛えたほうがいいんですけどねー。でも俺は並べ替えが好きなんだから仕方がない。

OK キャンセル 確認 その他