2008/11/03(月)2008-11-03

2008/11/03 21:57
【読売 vs 埼玉西武 日本シリーズ第2戦】
(2008年11月2日:東京ドーム)
 
埼玉西武  0 0 0  2 0 0  0 0 0   2
読売    0 1 0  0 0 1  0 0 1x  3
 
[勝] 越智  1勝0敗0S
[敗] 岡本真 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  4回表 中島    2号 2ラン (高橋尚)
  9回裏 ラミレス  1号 ソロ  (岡本真)

2-2の同点で迎えた9回裏、ラミレスのホームランでジャイアンツがサヨナラ勝ちを収めました。これで対戦成績は1勝1敗。

ライオンズ先発の帆足は制球に苦しんでいた感がありましたが、ジャイアンツの拙攻にも助けられて5回まで1失点と好投しました。ただ、2番手の大沼は帆足以上に制球に苦しみ、甘いところに入った球を打ち込まれてリードを守ることができませんでした。岡本が負け投手ではありますが、悔やまれるのは大沼のピッチングのほうですね。

先発の頭数は揃っており、しっかりした抑えはいるものの、信頼できる中継ぎがほとんどいないという弱点がモロに出てしまった試合でした。ジャイアンツが越智、西村健の好投で中盤しっかり抑えているのとは対照的です。

ところで、サヨナラの場面で魅入られたように岡本の球がど真ん中に吸い込まれていった時、4年前のカブレラの満塁ホームランを思い出したライオンズファンはどれくらいいるのでしょうか。

2008/11/01(土)涌井の好投で先勝

2008/11/01 23:24
【読売 vs 埼玉西武 日本シリーズ第1戦】
(2008年11月1日:東京ドーム)
 
埼玉西武  0 0 0  0 1 1  0 0 0  2
読売    0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
 
[勝] 涌井   1勝0敗0S
[S] グラマン 0勝0敗1S
[敗] 上原   0勝1敗0S
 
[本塁打]
  5回表 後藤  1号 ソロ (上原)
  6回表 中島  1号 ソロ (上原)

「チームを救うプレイ」という表現がありますが、今日の9回の片岡の守備はまさしくそれでした。

2-1で迎えた9回裏、先頭の木村拓が内野安打で出塁してノーアウト一塁。続く小笠原の打球も二遊間を抜けようかという当たりでしたが、片岡が横っ飛びで止め、セカンドで一つアウトを取りました。抜けていればノーアウト一二塁でラミレス、李を迎えねばならず、同点までは覚悟しなければいけない状況になるところでした。

8回までは涌井がわずか1安打に抑える好投をしていただけに、この第1戦を逆転負けで落とすようなことがあれば、シリーズ全体の流れにも影響しかねません。ただ1つのアウト、という以上の価値がある片岡のプレイだったと思います。

打線のほうは後藤、中島のホームランによる2得点のみですが、今日の上原の出来を考えればホームラン以外でそうそう点が入るとも思えなかったので、よくぞ打ってくれた、という感じです。しかし、長打力でジャイアンツを圧倒できる日が来るとは、数年前は夢にも思いませんでしたよ……。

さて、ライオンズが大事なシリーズ初戦を取りました。明日の先発は帆足と高橋尚が予想されているようですが、果たしてどうなるでしょうか。

OK キャンセル 確認 その他