2009/05/31(日)白銀賢者四段の溝の口大会日記

2009/05/31 21:54

溝の口の大会に参加してきました。

□ 予選前半戦:コンビ戦

予選前半戦はコンビ戦でした。16人をクジで8組に分け、8→4→2の2回戦制。上位2チームの4人が準決勝進出となり、残りの12名は予選後半戦に回ります。

くじ引きの結果、私はくじゅさんと組むことになりました。出題について試合前に相談した結果、文系で行きましょうということに。

1)きらぴかさん/ナンダヨーさん  (芸能パネル)
2)けんしんさん/たんたかタンさん (社会その他)
3)くじゅさん/シアンフロこ    (歴史)
4)ふぃおさん/シーズガンさん   (スポーツマルチ)

1Qは4ミス。きらぴかさん・ナンダヨーさんチームはきっちり取っていましたが、他3チームは軒並みボロボロという状況で早くも独走態勢に。

2Qは2ミス。ちなみにここまで私が押したのは1Qの「大黒摩季」だけ。完全に地蔵ですw

3Qは3ミス。独走中のきらぴかさん・ナンダヨーさんチームにザクザク刺さりましたが、それ以外のチームはきっちり取っていましたので、ここで一歩後退といった感じ。ちなみに、私は四文字の「坂下門外」を押してようやく2問目の解答。役に立たねぇ白銀だなw

4Qは全答しましたが、おそらくEASYかNORMALだと思われるセットで、これで差を縮めることはできませんでした。結果、230点ちょいでの4位敗退。もうちょっと何とかしたいところではあったのですが、芸能、社会がまったく分からず、くじゅさんの足を引っ張る結果になってしまいました。本当に申し訳ないです。

□ 予選後半戦:個人戦

前半戦で敗れた12名による個人戦です。ここでは12→3で、各試合上位1名のみが準決勝に進出できます。また、前半戦でペアを組んだ人と必ず同じ組になるという、ある意味非情なルールで行われました。

1)ユキヒョウさん (サッカー)
2)くじゅさん   (文学芸術)
3)わらいさん   (社会セレクト)
4)シアンフロこ  (野球)

……詰んだ!

野球があまり刺さらず、おそらくサッカーを使ってくるユキヒョウさんを相手に1位抜けはかなり厳しいです。もちろん、アニパネを使うなんてもっての外ですし。

そんな感じでわりと諦め気味だったのですが、1Qのサッカーをなんとか1ミスで凌ぐことができて風向きが変わりました。

2Qは3ミス。ユキヒョウさんが4ミスだったのでここで並んだ形に。体感的にはタイム差で向こうが少し上、くらいの感じでした。

3Qは大の苦手の社会セレクトでしたが、奇跡的に分かるところに寄って1ミス。ここでトップに立ちました。

4Qは自選の野球。本気で「EASYにしておけば良かった」と思ったのは内緒です。リードを持って突入した最終クォーターの自武器でヒヤヒヤするのってどうよ、という気もしますが、高校野球やBCリーグに寄ることもなく全答。準決勝に駒を進めることができました。

□ 準決勝:○×クイズ

準決勝は○×クイズでした。セレクトクイズ縛りじゃありません。店員さんが読み上げる問題に○×で答えるオフラインのクイズです。どよめく参加者に対し、「試合は『主に』QMAの店内対戦モードで行いますとポスターに書いてあるじゃないですか」と答える店員さん。確かにw

詳細なルールは下記のとおり。

  • 順番に1人ずつ○×クイズに答える
  • 不正解なら即敗退
  • 正解なら待ち行列の最後尾に
  • 3名の失格者が出た時点で、残りの4名を決勝進出とする
  • 最初の待ち行列は階級の高い順とする

そして白銀四段は一番階級が高かったようで、私から問題に答えることになりました。こんにちは、廃人です。

私に出された問題は「髪の毛の全くない禿の人でもフケは出る?」というものでした。フケって漢字で「頭の垢」って書くぐらいだから髪の毛は関係ないんじゃね? と思い○と答え正解。とりあえず最初の関門は突破しました。

その後、いずみこなたさん、ナンダヨーさん、AISELさんが相次いで正解し、さすがにもう一巡回ってくるよなーと思っていたところ、そこから3人連続不正解であっけなく決勝進出が決まりました。もう一問やってたら正解できる自信がなかったので、心の底からホッとしましたw

□ 決勝戦

決勝戦は普通にQMAの店内対戦で。

1)シアンフロこ   (野球)
2)いずみこなたさん (物理化学)
3)ナンダヨーさん  (芸能その他)
4)AISELさん  (理系その他)

……詰んだ!

メンバーを考えれば、いずみこなたさんがアニゲを避けて理系、ナンダヨーさんもアニゲを避けて芸能になるでしょう。そうなるとAISELさんと合わせて理系が2セットになり、それを凌ぎきるのは難しいかな、という印象。まぁ、こちらとしては野球を出すしかないんですけどねw

1Qは自選の野球。全員スポーツゲージが1だったのを見て、一瞬NORMALが頭を掠めましたが、ナンダヨーさんはグラフほどスポーツが苦手な印象はないので、捻ったりせずにHARDで。これが奏功して2~4問のリードを奪うことができました。特に今後理系が続くことを考えると、いずみこなたさん、AISELさんに思い切り刺さったのが非常に大きいです。

2Qは3ミスしましたが、ほかのお三方もあまり変わらない状況で大きな傷にはならず。

3Qは単独不正解もありましたが、その1ミスだけに凌いで、ナンダヨーさんに1問、いずみこなたさんに2問、AISELさんに3問のリードで4Qへ。

4Qは最初の2問を続けざまに落とし、あっという間にリードを吐き出してしまいました。3、4、5問目を取って、最終問題はさっぱり分からないキューブ。頭の中でなんとなく並べ替えて打ち込んでみたものの正解することはできませんでした。ただ、いずみこなたさんも不正解だったので、同問で結果発表を迎えることに。

結果、タイム差で優勝することができました。私の落としたのがエフェクト系の時間がかかる問題に寄っていた分の差ですね。

QMA2の賢竜杯以降、何回出場したかよく覚えていないくらい店舗大会に参加していますが、優勝することができたのは初めてです。しばらくの間、店名に私のCNを入れてくださるようなので、記念にしばらく通ってみようかなw

ところで、今日は店員さんにずっと「シアン・フロこさん」的な発音で呼ばれていたのですが、「シアン」が苗字で「フロこ」が名前ということなんでしょうか。駄目外人なだけに「フロこ」は「不労子」で決まりでしょうが、「シアン」って一体どんな字を書くんですかね。

もしかすると、苗字と名前ではなく、イメージカラーと名前なのかもしれません。イメージカラーがシアンってことで。日本語にすると「青きフロ子」みたいな感じですかね。

……あー、やっぱり青ですか、そうですか。

2009/05/30(土)両チーム譲らず引き分け

2009/05/30 21:57
【埼玉西武 vs 読売 第1回戦】
(2009年5月30日:西武ドーム)
 
読売    0 1 0  0 1 0  0 0 0  0 0 0  2
埼玉西武  0 0 0  1 1 0  0 0 0  0 0 0  2
 
[本塁打]
  4回裏 中島  7号 ソロ (内海)
  5回裏 平尾  5号 ソロ (内海)

ライオンズの先発が左の帆足ということで、大道先生のDHスタメンを期待していたのですが、残念ながらベンチスタート。まぁ、交流戦は予告先発がないですしねぇ。ちなみにその大道先生は5回、ジャイアンツが1点を勝ち越した直後の1アウト一三塁の場面で代打として登場し、サードゴロに倒れています。

試合のほうはジャイアンツが阿部の犠牲フライ、坂本のタイムリーで2得点、ライオンズが中島、平尾の一発で2得点を上げた後は両チーム投手陣が踏ん張り2-2の引き分け。ライオンズは10回に2アウト一二塁から片岡がライト前に弾き返しましたが、二塁ランナー松坂がホーム憤死でサヨナラはなりませんでした。もっとも、今の両チームの状態を考えれば、よく引き分けに持ち込んだものだと思います。

それにしても、去年の日本シリーズから、ジャイアンツ戦の平尾は神がかっていますね。

2009/05/29(金)2009-05-29

2009/05/29 25:49

今日は会議の後、しがらみのほとんどない飲み会。会社のメンツと飲みにいく以上、まったくしがらみがないってことはあり得ないんですが、同年代中心だったので珍しく楽しく飲むことができました。キャバクラとか風俗とか、本当にどうしようもない話しかしてなかった気もしますがw

ところで、しがらみを漢字で書くと「柵」になるんですね。MS-IMEに教わって初めて知りました……。

2009/05/28(木)2009-05-28

2009/05/28 22:20
【阪神 vs 埼玉西武 第2回戦】
(2009年5月28日:阪神甲子園球場)
 
埼玉西武  0 3 0  0 0 2  0 0 1  6
阪神    2 0 1  0 0 1  0 0 0  4
 
[勝] 涌井  5勝2敗0S
[S] 小野寺 1勝2敗4S
[敗] 安藤  3勝4敗0S
 
[キモティー]
  1回裏 金本     11号 2ラン (涌井)
  2回表 G.G.佐藤  8号 2ラン (安藤)

初回、金本のホームランでタイガースが2点を先制しますが、直後の2回、G.G.佐藤の一発で同点とすると、涌井のタイムリーでライオンズが勝ち越しに成功します。しかし、昨日といい、今日といい、ピッチャーのバッティングが素晴らしいですね。ピッチャー8番、キャッチャー9番の並びのほうがいいんじゃないかと思ってしまうくらい。

自らのバットでリードを奪った涌井ですが、3回にワイルドピッチをやらかして同点にされてしまいます。

6回、1アウト満塁から、代打佐藤の2点タイムリーツーベースでライオンズが再び勝ち越しに成功。ライオンズは涌井のあと、三井-西口-小野寺と繋いで逃げ切りました。

それにしても、相変わらず西口は良くないですね。失点こそしませんでしたが、1イニングを投げて1安打2四球。使いながら立ち直れるようならそのほうがいいんですが、そうでないなら二軍で再調整も考えたほうがいいかもしれません。

2009/05/28(木)2009-05-28

2009/05/28 22:05
【阪神 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2009年5月27日:阪神甲子園球場)
 
埼玉西武  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
阪神    0 0 0  0 0 0  4 0 x  4
 
[勝] 下柳  4勝2敗0S
[S] 藤川  1勝3敗4S
[敗] 石井一 2勝4敗0S

ライオンズ石井一は今季一番じゃないかというくらいのいい内容だったんですが、7回に桧山のタイムリーで同点とされた後、自らのエラーもあって逆転を許してしまいました。あのエラーはちょっともったいなかった。

打線は下柳の前に抑え込まれ、石井一のタイムリーで1点を奪うのが精一杯でした。

2009/05/27(水)2009-05-27

2009/05/27 24:01

ちょっとひらめいたことがあるのでメイドイン俺と戯れてきます。二日続けて手抜き更新ですみません。

……べ、別にライオンズが逆転負けしたせいで、野球のことに触れたくないからじゃないんだからねっ!

2009/05/26(火)2009-05-26

2009/05/26 25:23

ヨドバシに寄るついでに、久々に出張所へ行ってきました。ほとんどやらんかったけどw

しかしヨドバシって何でも置いてありますね。いつの間に文房具まで扱うようになったんだ。

2009/05/25(月)38イニング連続無失点

2009/05/25 23:23
【広島東洋 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2009年5月24日:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
 
埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
広島東洋  0 1 2  0 0 0  0 0 x  3
 
[勝] 大竹 4勝1敗0S
[S] 永川 0勝3敗13S
[敗] 岸  6勝1敗0S
 
[本塁打]
  3回裏 栗原  6号 2ラン (岸)

ライオンズ先発は昨年から12連勝中の岸、対するカープは31イニング連続無失点継続中の大竹。両投手とも見事なピッチングだったと思いますが、打線の差が勝敗を分けました。

カープは2回、石原のタイムリーで1点を先制すると、3回には栗原のホームランで2点を追加。数少ないチャンスをきっちりモノにします。わずか3点ではありましたが、ピッチャー大竹にはこれだけの援護で充分でした。大竹は7回までを5安打無失点に抑えて4勝目。依然連続イニング無失点は継続中です。マジすげぇ。

ライオンズは初回、先頭の片岡がツーベースで出塁してから、最終的には2アウト満塁まで行きながら無得点。2回も先頭バッター大崎のヒットを点に繋げられず。4回もノーアウト一二塁からバント失敗でチャンスを潰すなど、拙攻が目立ちました。まぁ、あと一本を許さなかった大竹が一枚上手だったということでしょうか。

2009/05/25(月)2009-05-25

2009/05/25 23:17
【広島東洋 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2009年5月24日:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
 
埼玉西武  4 0 0  0 1 0  0 0 0  5
広島東洋  4 2 0  1 0 0  0 0 x  7
 
[勝] 小松 1勝0敗0S
[S] 永川 0勝3敗12S
[敗] 西口 3勝2敗0S
 
[花火]
  1回表 中村 17号 3ラン (小松)
  2回裏 栗原  5号 2ラン (西口)
  5回表 中島  6号 ソロ  (小松)

カープの新球場ってすげぇ綺麗ですね。いずれこの球場にも行ってみたいところ。

試合のほうは初回、ライオンズが中村のホームランを含む4連打で4点を先制したものの、その裏に西口が炎上して4失点。カープ小松は2回以降立ち直りますが、西口は立ち直ることができずに2回途中でノックアウトされました。前回の好投で立ち直ってくれたと思ったんですが、まだまだ本調子ではなさそうです……。

2009/05/25(月)2009-05-25

2009/05/25 23:05
【埼玉西武 vs 横浜 第2回戦】
(2009年5月23日:西武ドーム)
 
横浜    0 0 0  0 0 0  2 2 2   6
埼玉西武  2 3 0  0 1 1  3 0 x  10
 
[勝] 帆足  2勝2敗0S
[敗] グリン 2勝5敗0S
 
[本塁打]
  7回表 佐伯  2号 2ラン (帆足)
  8回表 金城  4号 2ラン (帆足)
  9回表 藤田  1号 2ラン (岡本慎)

ライオンズ打線が初回からつながり、17安打10得点と火を吹きました。

先発の帆足も、6回までは散発の3安打に抑える好投を見せましたが、7回、8回に2発食らって4失点。特に8回はフォアボールのランナーを置いての一発だっただけに、ちょっともったいなかった気はしますが、とにかく勝ててよかった。

OK キャンセル 確認 その他