2010/05/31(月)無欲の勝利

2010/05/31 21:58

先週の火曜日に突然現れた謎の箱 *1 ですが、今日ようやく開封して中身を確認しました。

このマイクロファイバーミニタオルは、各妹の12種類+シークレット1種+激レアシークレット1種の計14種類。20パック入りを箱買いすれば、レアはともかくとしてノーマルは全部揃うだろうと思って購入しました。シークレットとか激レアシークレットにはあまり興味がありません。どうせレアに春歌が選ばれるわけがな……げふんげふん。

とまぁ、そんな軽い気持ちで購入したのですが、全部開けてみたらシークレットも激レアシークレットも入っていました。あまり気合を入れてない方がいい結果が出るものですね。そして、どちらにもやっぱり春歌は選ばれていませんでした。ぶー。

ちなみに、14種類で20枚ということは、当然ダブりも発生します。今回は以下の5種類ですね。

  • 可憐
  • 花穂
  • 千影
  • 四葉

もし欲しい方がいらっしゃれば声をかけてください。お兄ちゃん/お兄ちゃま/あにぃ/兄くん/兄チャマのところに行ったほうが彼女たちも幸せでしょうし。ちなみに、当方はBBHのライオンズのカードとのトレードを希望します。

なお、このほかにも春歌もダブってはいますが、むしろ2枚では足りないくらいなので放出はいたしかねます。ご了承ください。

2010/05/30(日)2010-05-30

2010/05/30 22:23
【埼玉西武 vs 読売 第4回戦】
(2010年5月30日:西武ドーム)
 
読売    1 0 2  0 0 0  2 0 0  5
埼玉西武  0 0 0  0 0 1  0 0 0  1
 
[勝] 西村健 4勝2敗0S
[敗] 岸   7勝3敗0S
 
[本塁打]
  1回表 小笠原  13号 ソロ  (岸)
  3回表 ラミレス 18号 2ラン (岸)

ライオンズ先発の岸は、初回、坂本、脇谷を連続三振に切って快調な立ち上がりかと思いましたが、続く小笠原にレフトに運ばれて先制を許します。ちなみに、この一発が小笠原の通算350号ホームランとのことです。おめでとうございます。

3回には、肩口から入る甘いカーブをラミレスに完璧に捕らえられて、これが2ランとなってさらに2失点。今日の岸は全体的には悪くなかったものの、勝負どころでことごとく甘い球が行ってしまいました。結局、7回途中で5失点ノックアウト。まぁ、岸でジャイアンツに負けたのなら仕方ないですかね。

2010/05/29(土)2010-05-29

2010/05/29 21:51
【埼玉西武 vs 読売 第3回戦】
(2010年5月29日:西武ドーム)
 
読売    0 0 1  1 0 0  2 0 0  4
埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
 
[勝] 東野 8勝1敗0S
[S] 山口 2勝2敗1S
[敗] 帆足 6勝3敗0S
 
[本塁打]
  4回表 ラミレス 17号 ソロ (帆足)
  7回表 阿部   12号 ソロ (帆足)
  7回表 長野    7号 ソロ (帆足)

ライオンズ打線が沈黙した試合でした。

東野の前に6回までノーヒットに抑えられ、7回から登板した久保もパーフェクトリリーフ。3番手の越智からようやくヒットを放ったものの、最後は山口に締められて完封負け。いや、みんないいピッチングでした。

ライオンズの帆足も4失点とはいえ、ホームランでの失点ということもあり、失点数ほど悪いピッチングではなかったのですが、もう今日は相手投手陣を褒めるしかないでしょう。

2010/05/28(金)2010-05-28

2010/05/28 24:56

今日は現場の飲み会。例によって例のごとく帰りの電車で寝過ごしましたが、町田で気づいたので大事には至りませんでした。そもそも、寝不足の自覚があるのなら、酒が入っているときに座席に座るなって話なんでしょうけどw

2010/05/27(木)おかえりなさい

2010/05/27 23:01
【阪神 vs 埼玉西武 第2回戦】
(2010年5月27日:阪神甲子園球場)
 
埼玉西武  2 0 0  1 0 0  0 0 3  6
阪神    0 1 0  0 0 0  0 0 0  1
 
[勝] 涌井    6勝3敗0S
[敗] フォッサム 2勝2敗0S
 
[本塁打]
  2回裏 ブラゼル 16号 ソロ (涌井)

大沼が一軍昇格と聞いて飛んできました!

……って、代わりに小野寺が登録抹消かよ。大沼-小野寺-長田のリレーを楽しみにしていたのになぁ。ナベQ空気読め。

試合のほうは涌井が8回をブラゼルのホームランによる1失点に抑える好投で快勝でした。8回は1アウトから3連続フォアボールで満塁のピンチを招きましたが、4番新井をショートゴロゲッツーに打ち取ってピンチを凌ぎました。危ない場面はそのくらいでしたね。

今日一軍に昇格したばかりの大沼は、9回1アウトから登場し、いきなり城島にヒットを打たれて一部のマニアをニヤニヤさせたものの、後続を打ち取ってゲームを締めました。まずまずの復帰戦と言えるのではないでしょうか。

2010/05/26(水)2010-05-26

2010/05/26 23:15
【阪神 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2010年5月26日:阪神甲子園球場)
 
埼玉西武  0 1 0  0 0 1  0 1 0  3
阪神    0 0 0  0 0 0  0 0 1  1
 
[勝] 石井一    6勝2敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗17S
[敗] 下柳     2勝4敗0S
 
[本塁打]
  8回表 栗山  3号 ソロ (渡辺)
  9回裏 桜井  6号 ソロ (シコースキー)

立ち上がりは球がやや荒れていた印象のあった石井一ですが、2回のピンチを凌いでからは別人のようなピッチングを繰り広げ、6回を無失点に抑えて後続のピッチャーに後を託します。

藤田がいれば、7回長田、8回藤田、9回シコースキーという継投に持ち込めるのですが、藤田の離脱により、長田が8回に回り、7回をちょっと不安のあるピッチャーで凌がなければいけません。まぁ、要するに星野とか小野寺なんですが。

小野寺は先頭の桜井をいきなり歩かせて、大和の送りバントで1アウト二塁とします。代打に金本が告げられたところで小野寺は降板。記録上1/3イニングではありますが、全く仕事をしていません。

代わってマウンドに登ったのは星野。今年は左バッターに痛打されることの多い星野ですが、ここは金本を三振に切って取って、長田にマウンドを譲ります。その長田は1回1/3をきっちり抑えてシコースキーに繋ぎました。

シコースキーは桜井に一発を食らったものの、3点差があったので大事には至らず逃げ切り。貯金を今季最大の14としました。

2010/05/26(水)2010-05-26

2010/05/26 22:55
【広島東洋 vs 埼玉西武 第2回戦】
(2010年5月25日:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
 
埼玉西武  0 0 4  2 2 0  0 0 2  10
広島東洋  0 0 1  0 0 0  1 5 0   7
 
[勝] 許      3勝4敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗16S
[敗] 岸本     0勝1敗0S
 
[本塁打]
  4回表 中村   13号 満塁  (岸本)
  5回表 ブラウン 11号 2ラン (梅津)
  8回裏 栗原    6号 2ラン (長田)

先発の許さんの出来は素晴らしかったです。疲れの見えてきた7回に危なっかしい場面もありましたが、7回2失点という成績は文句なしでしょう。

そして、これが大きいのですが、今回の相手ピッチャーはダルビッシュでも杉内でもありませんでした。3回に中村のグランドスラムで先制すると、その後も許さん自らのタイムリー内野安打などもあり、5回までに8-1とリードします。

しかし、許さんの後を受けた2番手以降が大問題でした。星野が2安打で1点を失うと、代わった長田がいきなり栗原に一発を浴びて8-5。長田は赤松を内野安打で出した後、小窪へのデッドボールが危険球となって退場となってしまいます。さらに、急遽登板となった小野寺が前田智に2点タイムリーを浴びてあっという間に1点差となりました。

しかし、まだ8回ではありますが、ここでライオンズベンチはシコースキーを投入。シコースキーは期待に応えてピンチを凌ぐと、9回は先頭の東出をフォアボールで出したものの、ゲッツーもあって結局3人で片付けて乱打戦を制しました。というか、許さんの勝ちが消えなくて良かった……。

2010/05/25(火)召喚魔法

2010/05/25 25:01

世間では給料日後なのかもしれませんが、うちの会社の給料日は毎月1日なので、私としてはまだ給料日前です。財布が寂しい時期ではありますが、今週末に現場で飲み会があるので、それに備えてATMから諭吉さんを召喚してきました。

ところがですね。家に帰ってきたらその諭吉さんがいらっしゃらないんですよ。どこに行ってしまったんでしょうか。困りましたね……。まぁ、いなくなってしまったものは仕方がないので、明日また改めて召喚することにします。

ところで、全然話は変わるんですが、家に帰ってくると机の上に謎の箱が置いてあったんですが、これと諭吉さんの失踪は何か関係があるんでしょうか?

f:id:silence1998:20100526005234j:image

2010/05/24(月)2010-05-24

2010/05/24 23:22
【広島東洋 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2010年5月24日:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
 
埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
広島東洋  0 0 2  0 0 1  0 0 x  3
 
[勝] スタルツ 2勝3敗0S
[S] 横山   1勝0敗1S
[敗] 岸    7勝2敗0S
 
[本塁打]
  3回裏 梵  5号 2ラン (岸)

マツダスタジアムは超綺麗……と書いてから「あれ?」と思って去年のエントリを見てみたら似たようなことを書いていました。進歩ねぇなぁ、俺。

さて、そんなことはどうでもいいとして、試合のほうを振り返ってみます。

岸、スタルツともに立ち上がりは今ひとつでしたが、先にスタルツが立ち直りました。そうこうしているうちに梵の2ランでカープが先制。6回にはフィオのタイムリーで追加点を上げます。

岸は悪いなりに7回3失点でまとめましたが、スタルツ2回以降のスタルツが素晴らしく、この3点が致命傷でした。カープはスタルツのあと、林-ベイル-横山と繋いで完封リレー。やはり初回のチャンスを逃したのが痛かった。

2010/05/23(日)2010-05-23

2010/05/23 21:31
【埼玉西武 vs 中日 第2回戦】
(2010年5月22日:西武ドーム)
 
中日    0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武  0 0 4  0 0 0  1 3 x  8
 
[勝] 帆足  6勝2敗0S
[敗] 中田賢 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  3回裏 ブラウン  9号 3ラン (中田賢)
  8回裏 ブラウン 10号 ソロ  (中田賢)
  8回裏 細川    2号 2ラン (中田賢)

帆足がいつもどおりのピッチングで7回を無失点に抑えて6勝目。チラッと今記録を見てみたら防御率1.30かー。すげーなー。

打線もブラウンの2発などで8得点。ブラウンもこれをきっかけにもうちょっと調子を上げてきてくれるといいんですが。

OK キャンセル 確認 その他