2010/05/23(日)2010-05-23

2010/05/23 21:09
【埼玉西武 vs 中日 第1回戦】
(2010年5月21日:西武ドーム)
 
中日    0 0 0  2 1 0  0 0 0  3
埼玉西武  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
 
[勝] チェン 3勝4敗0S
[S] 岩瀬  0勝0敗12S
[敗] 涌井  5勝3敗0S
 
[本塁打]
  4回表 和田 14号 2ラン (涌井)

涌井は3失点で完投したものの、打線が沈黙して連勝は2でストップしました。沈黙と言うよりも、要所要所でドラゴンズ守備陣のいいプレイが出たと感じですかね。7回には逆にエラーでチャンスをもらいましたが、期待の中村がゲッツーで得点ならず。上手くいかないものです。

2010/05/23(日)2010-05-23

2010/05/23 20:48
【埼玉西武 vs 東京ヤクルト 第2回戦】
(2010年5月19日:西武ドーム)
 
東京ヤクルト  0 0 2  0 0 0  0 0 0   2
埼玉西武    0 0 0  1 0 0  1 0 1x  3
 
[勝] 石井一 5勝2敗0S
[敗] 林   0勝1敗6S
 
[本塁打]
  4回裏 中島  8号 ソロ (石川)

先制したのはスワローズでした。宮本のタイムリーツーベースで二者が還って0-2。ただ、石井一がピンチを招いたのはこの回と5回くらいのもので、あとは点を取られる感じがしませんでした。

対するライオンズは徐々に1点ずつ返していきます。4回に中島のホームランで1点差に詰め寄ると、7回に片岡のタイムリーツーベースで同点に追いつきました。

スワローズは8回から松岡、9回に林と繋ぎますが、その林をライオンズ打線が攻めました。先頭の大崎がフォアボールで出塁すると、細川がバントで送って1アウト二塁。このチャンスに先ほど同点打を放った片岡がツーベースを放ってサヨナラ勝ちを収めました。

さて、この日の勝利で今シーズン5勝目を上げた石井一ですが、これで12球団全チームからの勝利を達成しました。おめでとうございます!

2010/05/23(日)2010-05-23

2010/05/23 20:28
【埼玉西武 vs 東京ヤクルト 第1回戦】
(2010年5月18日:大宮県営野球場)
 
東京ヤクルト  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武    0 0 0  0 0 1  0 0 x  1
 
[勝] 岸      7勝1敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗15S
[敗] 館山     2勝2敗0S

先週分の4試合をまとめて。まずは水曜日の試合から。

先発の岸が8回までわずか3安打の無失点に抑えて7勝目をマークしました。中5日だったのでちょっと不安もあったのですが、そんなことは全然問題にならないピッチングでしたね。

打線は館山を打ち崩せそうで打ち崩せない展開が続きましたが、6回にブラウンのタイムリーで先制すると、結局これが決勝点となりました。

この試合で大きかったのは、8回表の盗塁阻止だと思います。1アウトから福地をヒットで出塁させましたが、盗塁を狙った福地を細川が素晴らしい送球で刺しました。岸もあれでずいぶん楽になったと思います。

2010/05/22(土)2010-05-22

2010/05/22 25:42

未払い給与奪還プロジェクトの会議をしてきました。今まで色々とやりとりをしてみたものの、どうにも埒が明かない感じなので、法的な手段に出ることになりそうです。

普通の裁判であれば、勝ち負けの概念は以下のようになると思います。

  • 勝ち:勝訴
  • 負け:敗訴

ただし、今回のケースはそうではありません。会社も未払いがあることは認めていますから、争い自体に負けることはないと思っています。ですが、100%勝てるかと言えば、そうでもありません。

  • 勝ち:会社が潰れる前に強制執行を認める判決が下りる
  • 負け:判決が下りる前に会社が潰れる

敵は会社のお抱え弁護士ではなく、時間なのです。ベンジャミン・フランクリンも言っているとおり、まさに「Time is money.」です。

2010/05/21(金)2010-05-21

2010/05/21 25:20

今日もアドアーズ門前仲町に行ったのですが、おとといの日記で話題に上げた広告的な張り紙の場所が左にずれていて、連コ禁止の注意書きがちゃんと見えるようになっていました。このタイミングでそんな対応をされてしまうと、一瞬店員さんがこのブログを見ているのかと思ってしまいましたが、ただの偶然でしょうねw

今日は時間的に4、5クレのつもりが、調子が悪くて8クレもできてしまいました。最後は2位→15位→15位でフェニ落ちの危機を迎えましたが、そのあとアイスになって優勝。これはもう今日は帰れということだなと思い撤収してきました。

ところで、アイスの時の決勝で、シューという名前のCOMに冗談で芸並を投げてみたら、向こうからアニ並が返ってきて超吹いた。QMAの中の人は空気読みすぎだろ。そして、アニ並のニュースクイズの答えを2問も教えてくれるシューさん。さすがです。

2010/05/20(木)2010-05-20

2010/05/20 25:30

秋葉原で他社の営業さんとお話してきたんですが、待ち合わせの時間よりかなり早く着いてしまったので、ヨドバシをうろうろしていたところ、ドコモのブースで思わずXperiaに機種変更してしまいそうな衝動に駆られてしまいました。

iPhoneとXperiaの2台持ちはあまりメリットが感じられませんし、今のSH906iもかなりお気に入りの機種ではあるので、辛うじて衝動を抑え込みましたが。スマートフォンにはスマートフォンの良さがあるのは確かですが、ガラケーにはガラケーにしかできないことがありますしね。スーパーリアル麻雀とか。

2010/05/19(水)白銀賢者二段のQMA7日記

2010/05/19 24:24

アドアーズ門前仲町はハウスルールで連コが禁止されていて、サテにもその旨の注意書きが張ってあります。場所はタッチパネルを囲む枠の上側です。って、これじゃ分かりづらいかな。一昔前の表現を使うなら、筐体の熱を冷ますときにおしぼりを置く場所です。

ただ、これとは別に、店舗自作の広告的な張り紙がサテの正面に張ってあって、これがちょうど連コ禁止の注意書きを隠す形になっています。こうなるとなかなか譲ってもらえません。首席の方がいらっしゃれば1台を二人で回す感じになりますけど。

私はハウスルールが明記されていれば連コ厨に退けと言うDQNですが、こういう状態ではさすがに「明記」されているとは言いづらいです。なので、もうちょっと張り紙の位置をどうにかできないか店員さんに言ってみようと思っているのですが、そもそもそんなに混んでいる店ではないので、待ちが出ることも少なく、ついつい忘れてしまうんですよね。そして待ちが出るときに限って店員さんがそばにいないというのはよくある話です。

次に行くときは忘れないようにしようと思いつつ、仕事があまりにも不毛すぎて、ゲーセンに行く頃には忘れているに100マジカ。

2010/05/18(火)2010-05-18

2010/05/18 24:12

今日、一瞬だけスポーツのグラフが4になりました。それだけならアニ並の精度が上がってきたという証拠でもあり、必ずしも悪いことではないのですが……その時のグラフが5415135だったんですよね。つまり、ライスタよりも、理系よりもスポーツが低くなってしまいました。野球使い(笑)

そんなこんなで今日は出張所へ。けっこうガッツリ店対ができたと思います。みんなまだ★が埋まりきっていない状況ではありますが、巷で話題のバグを利用すれば、総合形式なら望みどおりの店対ができるんですよね。いずれはこのバグも潰されてしまうと思いますが、しばらくは個別形式の★を優先して上げていこうと思います。

2010/05/17(月)2010-05-17

2010/05/17 24:09

今日はものすごい勢いで設計書を書いていたのですが、MS-IMEの変換が阿呆すぎてげんなり。しかし、「そんざいちぇっく」を「損在地ぇッ区」と変換するだけならまだしも、「そうかんちぇっく」を「相姦チェック」と変換するのはどうかと思った。休みの間に誰か勝手に使って変な文章を打ってたんじゃないか?

ちなみに、自宅のマシンでは余裕で「相姦チェック」と変換されました。この結果を見たときは激しく動揺しましたが、黒い背表紙に黄色い文字でタイトルが書いてある本が本棚のかなりの容積を占めていることを考えれば、ある意味当然のことのような気がしないでもありません。

2010/05/16(日)クワトロ

2010/05/16 19:38
【横浜 vs 埼玉西武 第2回戦】
(2010年5月16日:横浜スタジアム)
 
埼玉西武  0 0 3  0 2 0  0 0 1  6
横浜    1 0 1  0 1 2  0 0 0  5
 
[勝] 長田     2勝0敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗14S
[敗] 山口     1勝4敗10S
 
[本塁打]
  3回表 栗山  2号 2ラン (ランドルフ)
  3回表 中村 11号 ソロ  (真田)
  5回表 中村 12号 2ラン (江尻)
  6回裏 金城  1号 ソロ  (野上)

ここまで首位争いを続けている立役者の一人である藤田が、左ふくらはぎ痛のために登録を抹消されました。古傷ということもあるのでちょっと心配ですが、無理をしない範囲で一日も早い復帰をお待ちしております。

藤田に代わって出場選手登録されたのは小野寺。これで長田、岡本に加えて小野寺が一軍ということで、ライオンズが誇るクワトロOの3人が揃いました。あとは大沼総帥の復帰を待つばかりです。

さて、試合のほうを振り返ってみましょう。先発はライオンズが帆足、ベイスターズがランドルフでしたが、両投手とも出来はイマイチでした。ランドルフは3回途中3失点KO、帆足もごまかしながら5回を投げきったものの3失点。

6回裏にライオンズ2番手の野上が捕まって5-5になってからは両チームのリリーフ勝負になりました。ライオンズは野上のあと、星野-小野寺-長田-シコースキー。対するベイスターズは3回から真田-江尻-牛田-山口のクワトロS揃い踏み。1ヶ月ほど前のQMAのニュースクイズで、「クワトロ○」のタイピングを準決勝で単独不正解したことがあるのは内緒です。

決着がついたのは9回表でした。先頭の中島がツーベースで出塁し、中村、ブラウンが連続三振で2アウトとなりましたが、6番の高山がライト前に弾き返してこれが決勝点。4時間15分にわたる長いゲームを制して2連勝。首位をがっちりキープしました。

OK キャンセル 確認 その他