2010/05/07(金)ライオンズのエース

2010/05/07 24:35
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第7回戦】
(2010年5月7日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      1 0 1  0 2 0  0 0 0  4
福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
 
[勝] 涌井 4勝2敗0S
[敗] 和田 4勝3敗0S

1990年5月9日のファイターズ戦。エースの渡辺久信は、ファイターズ打線を9回までノーヒットに抑える好投を見せましたが、味方の援護がなく延長戦に突入。結局、延長11回、小川浩一に初ヒットを許してノーヒットノーランを達成することはできませんでした。

2002年8月26日のマリーンズ戦。エースの西口文也は、9回2アウトまでマリーンズ打線をノーヒットに抑える好投を見せましたが、小坂誠ににセンター前に運ばれてノーヒットノーランを達成することはできませんでした。

2005年5月13日のジャイアンツ戦。エースの西口文也は、9回2アウトまでジャイアンツ打線をノーヒットに抑える好投を見せましたが、清水隆行にライトスタンドに運ばれてノーヒットノーランを達成することはできませんでした。

2005年8月27日のイーグルス戦。エースの西口文也は、ジャイアンツ打線を9回までパーフェクトに抑える好投を見せましたが、味方の援護がなく延長戦に突入。結局、延長10回、沖原佳典に初ヒットを許してノーヒットノーランを達成することはできませんでした。

そう、ライオンズのエースといえばノーヒットノーラン未遂なのです。一人で3回くらいやらかしているような気がするのはきっと気のせいです。

さて、時は流れて、今日、2010年5月7日。エースの涌井秀章は9回頭までホークス打線をノーヒットに抑える好投を見せましたが、李机浩にレフトへのツーベースを浴びてノーヒットノーランを達成することはできませんでした。

打たれた瞬間はまだ外出中だったので、携帯でYahoo!の速報を見つつ、iPhoneからTwitter上のファンの方々の反応を見ていたのですが、嘆くでも悔しがるでもなく、「これで涌井も真のエースだ」と喜んでいる人のほうが多かったのは気のせいでしょうか。

……ああ、俺のタイムラインが偏っているだけですか、そうですか。

2010/05/06(木)2010-05-06

2010/05/06 24:48
【埼玉西武 vs 東北楽天 第8回戦】
(2010年5月5日:西武ドーム)
 
東北楽天  0 0 0  1 0  2  0 0 0   3
埼玉西武  3 0 2  0 0 10  2 2 x  19
 
[勝] 石井一  4勝1敗0S
[敗] ラズナー 1勝5敗0S
 
[本塁打]
  1回裏 ブラウン  7号 2ラン (ラズナー)
  3回裏 中島    6号 2ラン (ラズナー)
  6回裏 栗山    1号 3ラン (ラズナー)

6回裏の10点が目立ってしまいますが、その前の6回表のプレイが大きかった。イーグルスは高須のタイムリーで1点を返すと、代打フィリップスがフォアボールを選んで押し出し。これで2点差となりバッターは代打草野。

絶体絶命のピンチだったのですが、細川の牽制で一塁ランナー牧田を刺して3アウトチェンジ。このプレイで完全に流れが変わりました。その後はバットを振ればヒットになるという感じで、終わってみれば先発全員の20安打19得点の大勝。このところホームラン以外で点が取れていませんでしたが、これがいいきっかけになってくれるといいんですけど。

2010/05/06(木)2010-05-06

2010/05/06 24:29
【埼玉西武 vs 東北楽天 第7回戦】
(2010年5月4日:西武ドーム)
 
東北楽天  4 0 0  0 0 0  0 1 0  0   5
埼玉西武  1 0 0  1 1 1  0 1 0  1x  6
 
[勝] 藤田 2勝2敗0S
[敗] 松本 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  1回裏 片岡  2号 ソロ (永井)

デーゲームに弱い先発の岸が立ち上がりからメロメロで、初回にいきなり4点を失いましたが、打線が小刻みに点を返して5-5の同点で延長戦へ。最後は延長10回裏、栗山のサヨナラツーベースで試合を決めました。

序盤3回を見たあたりではどうなることかと思った岸ですが、4、5、6回をパーフェクトに抑えるなど、中盤以降は別人のような好投を見せてくれました。

2010/05/06(木)2010-05-06

2010/05/06 24:20
【埼玉西武 vs 東北楽天 第6回戦】
(2010年5月3日:西武ドーム)
 
東北楽天  0 0 3  0 0 0  0 2 0  5
埼玉西武  0 2 0  0 2 0  0 0 0  4
 
[勝] 小山 1勝0敗0S
[S] 川岸 1勝0敗6S
[敗] 藤田 1勝2敗0S
 
[本塁打]
  2回裏 中村    9号 ソロ  (戸村)
  2回裏 ブラウン  6号 ソロ  (戸村)
  5回裏 中島    5号 2ラン (戸村)
  8回表 鉄平    1号 2ラン (藤田)

ライオンズ先発の西口は、援護をもらった直後の3回に捕まりノックアウト。開幕からずっとこんな感じでしたが、ついに二軍落ちということになりました。幸いにして石井一や許が頑張っているので先発にそこまで苦労していない状況ですし、じっくり万全の調整をして上がってきてください。

試合のほうは5回に中島の2ランで再逆転したものの、8回に藤田が鉄平に打たれて再々逆転を許し、そのまま逃げ切られました。昨日も同じことを書いたような気がしますが、藤田が打たれたのなら仕方がありません。

2010/05/06(木)2010-05-06

2010/05/06 24:09
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第9回戦】
(2010年5月2日:札幌ドーム)
 
埼玉西武     0 0 0  0 2 2  0 0 0  4
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  0 0 1  1
 
[勝] 帆足  4勝2敗0S
[敗] 武田勝 1勝4敗0S
 
[本塁打]
  5回表 佐藤    1号 2ラン (武田勝)
  6回表 ブラウン  5号 2ラン (武田勝)
  9回裏 二岡    3号 ソロ  (シコースキー)

なかなか武田勝を打ち崩せなかったライオンズ打線でしたが、ふた振りで決着をつけました。5回に佐藤の、6回にブラウンの一発で計4点。先発の帆足も危なげのないピッチングで7回2/3を無失点で4勝目。

2010/05/06(木)2010-05-06

2010/05/06 24:02
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第8回戦】
(2010年5月1日:札幌ドーム)
 
埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
北海道日本ハム  0 1 0  0 1 2  1 0 x  5
 
[勝] ダルビッシュ 4勝2敗0S
[敗] 許      2勝3敗0S

ライオンズの先発は許、ファイターズはダルビッシュ。これで許さんはダルビッシュと投げ合うのは3回目。あまり許さんをいじめないであげてください。

その許は6回途中まで投げて3失点。手放しで褒められた内容ではありませんが、辛うじて試合を作った、という感じでしょうか。しかし、相手がダルビッシュではその3点が致命傷でした。このところバットの湿っていたファイターズ打線ですが、さすがに甘いところに行くと見逃してくれません。というか、これで打線の目を覚まさせてしまったような……。

2010/05/05(水)2010-05-05

2010/05/05 20:54
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第7回戦】
(2010年4月30日:札幌ドーム)
 
埼玉西武     0 1 0  0 0 1  0 0 0  0   2
北海道日本ハム  0 0 0  0 1 1  0 0 0  1x  3
 
[勝] ウルフ 1勝3敗3S
[敗] 藤田  1勝1敗0S
 
[本塁打]
  5回裏 糸井  3号 ソロ (涌井)
  6回表 中島  4号 ソロ (木田)

10回裏、藤田が捕まりサヨナラ負け。ここまで完璧なリリーフを続けてきた藤田が打たれたなら仕方がありません。こういう日もあります。

それにしても、先発の涌井は8安打7四球でよくぞ2失点で済んだものですし、打線も散発5安打でよくぞ2点も取ったものですw

2010/05/05(水)2010-05-05

2010/05/05 20:40
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第9回戦】
(2010年4月29日:西武ドーム)
 
千葉ロッテ  3 0 1  4 1 0  0 0 1  10
埼玉西武   0 1 1  0 2 0  0 1 0   5
 
[勝] 香月 1勝0敗0S
[敗] 田中 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  2回裏 中村  8号 ソロ (香月)
  8回裏 高山  3号 ソロ (秋親)

プロ入り初先発同士の対戦は香月に軍配が上がりました。田中は悪い球ばかりではありませんでしたが、やはりあれだけ真ん中に寄ってしまうと厳しいです。今回のことを教訓にして、より高いレベルを目ざして欲しいと思います。

打線も香月を助けてしまいました。結構ランナーはためたものの、あと一本が出なかった。というわけで一日にして首位陥落です。

2010/05/05(水)2010-05-05

2010/05/05 20:22
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第8回戦】
(2010年4月28日:西武ドーム)
 
千葉ロッテ  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1
埼玉西武   0 0 0  0 1 0  2 0 x  3
 
[勝] 石井一    3勝1敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗12S
[敗] 唐川     2勝3敗0S
 
[本塁打]
  5回裏 大崎  1号 ソロ (唐川)

またも先行したのはマリーンズ。2回、今江のタイムリーでマリーンズが1点をリードします。

ライオンズは初回に片岡ヒット→片岡盗塁失敗→栗山ツーベースというちぐはぐな攻撃でチャンスを逃してから唐川の前に封じ込められていましたが、5回、大崎のプロ入り初アーチで同点に追いつきました。

ライオンズは7回、片岡のタイムリー内野安打で勝ち越すと、続く栗山にもタイムリーが生まれて2天を勝ち越し。そのまま藤田-シコースキーと繋いで逃げ切りました。これでマリーンズをかわして首位浮上です。

2010/05/05(水)2010-05-05

2010/05/05 20:14
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第7回戦】
(2010年4月27日:西武ドーム)
 
千葉ロッテ  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
埼玉西武   0 0 0  0 0 2  0 1 x  3
 
[勝] 岸      5勝1敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗11S
[敗] 渡辺俊    2勝3敗0S
 
[本塁打]
  6回裏 中村  7号 2ラン (渡辺俊)

9連戦のはじめは首位マリーンズとの3連戦。この大事な試合で中島が復帰しました。その中島は2安打1得点。素晴らしい。

試合のほうは5回に荻野貴のタイムリーでマリーンズが先制しましたが、6回裏に中村の2ランで逆転に成功。8回には高山のタイムリーで駄目を押しました。投げては岸が7回1失点で5勝目。その後は藤田-シコースキーといういつものリレーで逃げ切りました。

OK キャンセル 確認 その他