2011/06/04(土)2011-06-04

2011/06/04 24:21
【中日 vs 埼玉西武 第4回戦】
(2011年6月4日:ナゴヤドーム)
 
埼玉西武  0 0 0  0 1 0  0 0 0  0 0   1
中日    0 0 0  0 0 0  0 0 1  0 1x  2
 
[勝] 浅尾 3勝1敗2S
[敗] 野上 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  11回裏 平田  2号 ソロ (野上)

初回こそ不安定だったライオンズ先発の帆足ですが、2回以降はいつもの帆足に戻ってくれました。また、打つほうでも「援護がなければ自分で打てばいいじゃない!」とばかりに5回には先制タイムリーを放ちます。

7回からは継投で逃げ切りをはかったライオンズですが、岡本篤が9回に3連打を浴びて同点に追いつかれてしまい、試合はそのまま延長戦へ。

決着がついたのは11回裏でした。この回頭からマウンドに上がった野上ですが、2アウトを取りながら平田に一発を浴びてサヨナラ負け。

投手陣の踏ん張りで延長戦まで持ち込みましたが、そもそも2安打ですからねぇ。負けるのも仕方がないかという感じです。

2011/06/03(金)【日本ハム】プロタイ!5戦連続無失点 (nikkansports.com)

2011/06/03 24:13

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110603-785305.html

ファイターズの投手陣が素晴らしいピッチングを続けています。5試合連続無失点で、イニング数でいうと足かけ6試合で50イニング無失点。

ゼロに抑えていると言っても、この間に完投したのはダルビッシュ一人で、あとの試合はすべて継投での完封となっています。登場した途端に一部マニアが歓喜するような残念なリリーフ陣を擁するチームのファンからすると本当にうらやましい。

2011/06/03(金)2011-06-03

2011/06/03 24:02
【中日 vs 埼玉西武 第3回戦】
(2011年6月3日:ナゴヤドーム)
 
埼玉西武  0 0 0  1 0 0  0 0 0  0 1  2
中日    0 0 0  0 0 1  0 0 0  0 0  1
 
[勝] ミンチェ 3勝0敗0S
[S] 岡本篤  0勝1敗7S
[敗] 平井   1勝1敗1S

ライオンズ先発の牧田は9回まで投げて7安打1失点と素晴らしい内容でしたが、10回に代打を送られ、そのチャンスに勝ち越せなかったためまたもや白星はつきませんでした。ちゃんと援護があってリリーフ陣がまともなら、新人王レースはぶっちぎりなんだけどなぁw

試合は11回表、代打平尾の犠牲フライでライオンズが勝ち越し。これが決勝点となりました。少ない出番でもきっちり結果を残すチャラ尾さんすげー。

2011/06/02(木)高校時代の思い出

2011/06/02 22:44

最近はカラーの筆ペンがあるということを知り、ちょっと欲しくなってきました。

あかしや 水彩毛筆 彩 20色セット

あかしや 水彩毛筆 彩 20色セット

私は南流山の方々に「どんな人間の絵を描いてもジャージを穿いているようにしか見えない」と評される程度の画力しかありませんが、一応高校時代は掛け持ちで美術部だったんですよ。

掛け持ちだけあって、それほど頻繁に顔を出していたわけではありませんが、先生が中国語と確率統計を同時に学べる画期的な教材で指導してくださったことは忘れられません。

2011/06/01(水)2011-06-01

2011/06/01 23:04
【埼玉西武 vs 読売 第2回戦】
(2011年6月1日:西武ドーム)
 
読売    0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
埼玉西武  0 0 1  0 3 0  0 0 x  4
 
[勝] 涌井 4勝2敗0S
[敗] 金刃 1勝2敗0S
 
[本塁打]
  4回表 坂本  7号 ソロ  (涌井)
  5回裏 中村 12号 2ラン (金刃)

先制したのはライオンズ。ヒットで出塁した片岡が盗塁で得点圏に進んだチャンスに、栗山がセンター前にはじき返して1点を先行します。

直後の4回に坂本のホームランで追いつかれますが、5回、再び栗山のタイムリーで勝ち越すと、中村に2試合連続のホームランが出てリードを3点に広げました。

ライオンズ先発の涌井は、坂本のホームラン以外はまったく危なげのないピッチングで、9回を投げきって3安打完投勝利。今年の涌井は安心して見ていられます。

2011/06/01(水)2011-06-01

2011/06/01 22:45
【埼玉西武 vs 読売 第1回戦】
(2011年5月31日:西武ドーム)
 
読売    0 0 0  0 0 0  2 1 1  4
埼玉西武  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
 
[勝] 沢村  2勝3敗0S
[敗] 石井一 2勝2敗0S
 
[本塁打]
  5回裏 中村 11号 ソロ  (沢村)
  7回表 長野  6号 2ラン (石井一)

まずは昨日の試合から。

ジャイアンツの先発はルーキーの沢村。これでライオンズの先発が牧田だったりしたら、両投手とも援護がなくて0-0の引き分けになること間違いなしだったのですが、ベテランの石井一が先発でした。

試合はライオンズが5回に中村のホームランで先制しますが、長野のホームランでジャイアンツが逆転。ジャイアンツは8回、9回にも1点ずつ加えて逃げ切りました。ライオンズの連勝は4でストップです。

石井一は6回まで1安打ピッチングでしたし、長野のホームランもけっして悪い球ではありませんでした。ただ、沢村がそれ以上に良かった。中村の一発で完封こそ免れましたが、好調だった打線が4安打に封じ込められてしまいました。沢村のピッチングをちゃんと見るのは初めてだったのですが、本当にいいピッチャーですね。

OK キャンセル 確認 その他