2012/08/13(月)The Zen of Pythonについて発表してきました

2012/08/13 23:14

もう先月の話になるんですが、母校の学生・OB向けの勉強会に参加しまして、そこでThe Zen of Pythonについてのライトニングトークをしてきました。せっかくなのでそのときのスライドを公開してみます。

学生にPythonへの興味を持ってもらうことが目的だったので、ほとんど技術的な話はしませんでしたし、そもそもThe Zen of Pythonの解釈としてどうなのよ、というところもあると思います。また、5分間のLTで19条のZenを扱うのは土台無理な話ですから、「スライドに書いていないことをしゃべる」というスタイルで進めたため、このスライドだけでは伝わらないところもあるでしょうが、ご意見ご感想ご指摘などをいただければ幸いです。

The Zen of Python
http://www.slideshare.net/7pairs/the-zen-of-python-13957893

……あー、よく見るとスライドが本名プレイになってるけど、まぁいいかw

2012/08/12(日)オーティズの2発でカード勝ち越し

2012/08/12 22:10
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第16回戦】
(2012年8月12日:西武ドーム)
 
北海道日本ハム  1 0 1  2 0 0  0 0 0  4
埼玉西武     0 3 2  1 0 0  0 1 x  7
 
[勝] 十亀  2勝0敗0S
[S] 涌井  0勝3敗13S
[敗] 多田野 4勝3敗0S
 
[本塁打]
2回裏 オーティズ  2号 2ラン (多田野)
8回裏 オーティズ  3号 ソロ  (森内)

序盤はグダグダなゲームでしたが、中盤以降は両チームのリリーフが好投を見せて締まったゲームになりました。

初回に中田のタイムリーツーベースで1点を先制されたライオンズですが、2回に浅村の内野ゴロの間に追いつくと、オーティズのホームランで勝ち越しに成功。3回にもヘルマンのタイムリーと田中のフィルダースチョイスで2点を追加します。このフィルダースチョイスのときの三塁ランナー秋山のスライディングは上手かった。

打線は着々と点を重ねていきましたが、先発の石井は最後までピリッとしませんでした。3点差となった直後の4回にもワイルドピッチと金子誠のタイムリーで2点を失い、そのまま降板となってしまいました。試合後のインタビューでは渡辺監督も「先発の役割が全うできていなかった」とバッサリでしたが、今日のピッチングはちょっと擁護のしようがありません。

ただ、代わって出てきた十亀が素晴らしい内容で、1回2/3をパーフェクトに抑える好投を見せてくれました。相手に行きかけていた流れを食い止めたこのピッチングはお見事。結局、8回にもオーティズのホームランで追加点を挙げたライオンズがそのまま逃げ切り、十亀は2勝目をマークしました。

さて、これで2位、首位との6連戦が終わり、3勝2敗1分と一つ勝ち越して終えることができました。もちろん一気に浮上するチャンスではありましたが、本当に最後の最後という局面でもありませんし、まずは差を詰められてよしと考えたいと思います。今月末から来月頭にかけて、またファイターズ、マリーンズとの6連戦がありますので、そこまでに少しでも差を詰めておきたいところですね。

2012/08/11(土)吉川の前に三塁も踏めず完敗

2012/08/11 21:58
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第15回戦】
(2012年8月11日:西武ドーム)
 
北海道日本ハム  1 0 0  2 0 0  0 0 0  3
埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
 
[勝] 吉川 9勝4敗0S
[敗] 武隈 1勝2敗0S

今日から西武鉄道創立100周年記念シリーズということで、記念ユニフォームを着ての試合となりました。今までの西武ライオンズのユニフォームは青、紺が基調だったので、ここに緑が入ってくるとずいぶん新鮮な印象を受けますね。今日は来場のファンへのユニフォームプレゼントもあったそうで、観客動員数は今季最多の33,910人。球団が力を入れたイベントに結果がついてくるのは嬉しいものです。

しかし、肝心の試合のほうは完敗でした。武隈の立ち上がりがあまり良くなかったということもありますが、それより何より吉川のピッチングが素晴らしくて手も足も出ませんでした。このところ好調だった打線も2安打ではどうしようもありません。

明日の予告先発はライオンズが石井、ファイターズが多田野です。

2012/08/10(金)カーター2号! 野上5勝目!

2012/08/10 23:50
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第14回戦】
(2012年8月10日:西武ドーム)
 
北海道日本ハム  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1
埼玉西武     3 0 0  4 0 0  0 0 x  7
 
[勝] 野上  5勝3敗0S
[敗] ウルフ 6勝8敗0S
 
[本塁打]
1回裏 カーター  2号 3ラン (ウルフ)

ライオンズは初回、ランナーを二人置いて、カーターがライトスタンドに叩き込んで3点を先制。2回に田中のタイムリーで1点を返されますが、4回に中島の満塁走者一掃のタイムリーツーベース、カーターのタイムリーで4点を追加して突き放しました。

ライオンズ先発の野上は立ち上がりこそ危なっかしかったものの、終わってみれば7回を7安打1失点と好投。今シーズン5勝目をマークしました。序盤はどうなることかと思いましたが、良く立て直してくれましたね。夏に入ってからの野上は本当に頼もしいです。

さて、これでライオンズは貯金を3とし、首位ファイターズとの差を3.5に縮めました。明日の予告先発はライオンズが武隈、ファイターズが吉川です。武隈は前回の登板がちょっと悪すぎたので、明日はどこまで調子を戻すことができたか注目して見てみたいと思います。

2012/08/10(金)1点差届かず

2012/08/09 24:47
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第14回戦】
(2012年8月9日:QVCマリンフィールド)
 
埼玉西武   1 1 0  0 1 0  0 0 1  4
千葉ロッテ  0 0 5  0 0 0  0 0 x  5
 
[勝] 大谷 2勝5敗0S
[S] 薮田 1勝3敗18S
[敗] 牧田 8勝6敗0S
 
[本塁打]
2回表 オーティズ  1号 ソロ (大谷)

牧田は序盤からあまり良くはなさそうでしたが、2点リードで迎えた3回に5安打を集中されて5失点し、逆転を許してしまいます。牧田はその後立ち直りますが、この5失点はあまりにも大きかった。

打線も9回に薮田を攻め、1点返してさらに一打同点というチャンスを築いたものの、最後は代打中村が三振に倒れて万事休す。2位浮上はなりませんでした。

しかし、最後の場面で代打中村ってのは采配としてどうなんでしょう。もちろん一発で逆転サヨナラというのが一番理想的な形ではありますが、あの場面はタイムリーで同点に追いつければ良かったわけで、それなら秋山をそのまま打たせたほうがまだ期待が持てたような。

2012/08/09(木)桐光学園松井22奪三振

2012/08/09 23:43

桐光学園・松井22K!10連続も/甲子園 - 高校野球ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120809-997885.html

普段高校野球に触れない当ブログでも話題にしてしまうほどの松井のピッチングでした。相手打線に助けられた面も多分にありますが、それにしても27個のアウトうち22個が三振というのは素晴らしいの一言です。

しかし、今までの記録保持者の弥太郎や辻内の名前がすぐに出てくる俺のTwitterのタイムラインはすげぇな。あと、みんな弥太郎が本当に大好きだな。

2012/08/08(水)土壇場で追いつき引き分け

2012/08/08 22:38
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第14回戦】
(2012年8月8日:QVCマリンフィールド)
 
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  1 0 1  0 0  2
千葉ロッテ  0 0 0  1 0 1  0 0 0  0 0  2
(延長11回規定により引き分け)
 
[本塁打]
4回裏 ホワイトセル  4号 ソロ (菊池)
6回裏 ホワイトセル  5号 ソロ (菊池)
7回表 ヘルマン    3号 ソロ (阿部)

ライオンズ先発菊池、マリーンズ先発阿部、ともに見事なピッチングだったと思います。特に阿部は点を取れる気がしなかった。

マリーンズがホワイトセルの2本のホームランで2点をリードすると、ライオンズは7回にヘルマンの一発で1点を返します。さらに9回、カーターの打球が左中間を破り、試合を振り出しに戻しました。

ライオンズは10回、11回と二人のランナーを出しながら無得点に終わると、勝ちのなくなった11回裏に1アウト満塁の大ピンチを招きましたが、岡本篤が角中、福浦を打ち取ってなんとか引き分けに持ち込みました。角中が初球のボール球を打ち上げてくれたのが大きかった。

さて、明日の予告先発はライオンズが牧田、マリーンズが大谷です。今日はファイターズが逆転勝ちで勢いに乗っているので、こちらもいい形で3連戦を締めくくって直接対決に臨みたいところです。

2012/08/07(火)カーター来日1号!

2012/08/07 22:54
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第13回戦】
(2012年8月7日:QVCマリンフィールド)
 
埼玉西武   0 0 0  2 0 0  1 2 1  6
千葉ロッテ  0 0 2  0 0 0  0 0 1  3
 
[勝] 岸       9勝8敗0S
[敗] グライシンガー 6勝6敗0S
 
[本塁打]
9回表 カーター  1号 ソロ (ロサ)

今週は2位マリーンズ、首位ファイターズとの計6連戦ということで、一気に駆け上がるチャンスの一週間になります。その初戦となる今日の試合ですが、不調の中村をスタメンから外してきました。今の調子を考えると、無理に使ってもいい結果は期待できないでしょうし、妥当な判断だと思います。

さて、試合のほうですが、3回に井口とホワイトセルのタイムリーでマリーンズに先制を許しますが、直後の4回表、カーターのタイムリーと浅村の犠牲フライですぐさま同点に追いつきました。

ライオンズ先発の岸は6回にもノーアウト満塁のピンチを招きますが、今江をセカンドライナー、田中をピッチャーゴロゲッツーに打ち取り、ピンチを凌ぎます。すると直後の7回表、2アウトからヘルマンがヒットで出塁すると、中島の打席の初球にスチール成功。そのあとグライシンガーがマメを潰すアクシデントがあり、代わった大谷から中島が勝ち越しのタイムリーツーベース。8回には栗山の押し出しフォアボールと秋山のタイムリーで2点を追加し、9回にはカーターの来日初ホームランで駄目を押しました。

さて、これで首位と2.5ゲーム差、2位のマリーンズとは0.5ゲーム差まで詰め寄りました。明日の予告先発は菊池です。

2012/08/06(月)らいにょんのゆるさは埼玉一

2012/08/06 23:28

【西武】ゆる玉応援団からゆるキャラ50体 - プロ野球ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120806-996315.html

前にも同じようなことを書いたことがありますが、コバトンやきゅらぽんよりも、本当にクローズアップすべきは我らがらいにょんのはずです。球団公式のゆるキャラを全面に押し出さないとは何事か。

萌えではどうせバファローズに勝てないんだから、ゆるさで12球団トップを目指そうぜ。

2012/08/05(日)完敗

2012/08/05 22:46
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第15回戦】
(2012年8月5日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  1 0 1   2
福岡ソフトバンク  0 0 1  1 3 0  2 3 x  10
 
[勝] 大隣 9勝4敗0S
[敗] 武隈 1勝1敗0S
 
[本塁打]
3回裏 今宮  2号 ソロ  (武隈)
7回裏 柳田  1号 2ラン (松永)
8回裏 内川  5号 3ラン (大石)

今日も昨日に続いての完敗。結局この3連戦は負け越しとなりました。

オールスター前のホークス戦であわやノーヒットノーランというピッチングをした武隈ですが、今日はさすがにそう上手くはいきませんでした。5回途中までに8本のヒットを浴びて5失点。前回登板のイーグルス戦のときもそうだったんですが、序盤はいい立ち上がりを見せても、中盤で一気に崩れることがあるのが課題ですね。

打線は7回の代打カーターのタイムリーと、9回の栗山のタイムリーの2点のみ。カーターは代打の1打席だけではもったいない気もするんですが、ファーストで起用するようなプランはないんですかね。また、おかわりが今のような状態が続くのなら、しばらくカーターをDHで起用するのもありだと思いますが……。

さて、明日の移動日を挟んで、火曜日からはQVCでマリーンズ3連戦、金曜日からは西武ドームでファイターズ3連戦となります。一気に順位を駆け上がるチャンスではありますが、この2試合の戦いぶりを見ていると逆に不安なところでもあります。なんとか勝ち越して食らいついていってもらいたいですね。

OK キャンセル 確認 その他