2012/10/14(日)勝負の行方は最終戦へ

2012/10/14 21:20
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク CSファーストステージ第2戦】
(2012年10月14日:西武ドーム)
 
福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武      0 0 7  1 0 0  0 0 x  8
 
[勝] 岸  1勝0敗0S
[敗] 武田 0勝1敗0S

ライオンズ先発の岸の立ち上がりはあまりよくありませんでした。1アウトから長谷川にツーベースを浴びると、続く内川にあわやホームランかという大ファウルを打たれたあと、センター前に運ばれます。しかし、この1アウト二三塁のピンチを凌ぐと、一気にピッチングが良くなりました。結局、6回を投げて6安打無失点。負けられないゲームできっちりゲームを作ってくれました。ナイスピッチングでした。

打線は3回に武田をとらえます。秋山のタイムリー内野安打で先制し、続く中島のタイムリーツーベースでもう1点。さらに中村が歩いたところで武田をKOしますが、2番手の金沢も一気に攻め立てます。オーティズのタイムリー、大崎の2点タイムリー、炭谷のタイムリーで追加点を上げ、さらに一三塁からのディレイドスチールで大崎が生還してこの回一挙7点。昨日の鬱憤を晴らすかのような猛攻でした。

終盤はちょっと淡泊な攻撃になってしまいましたが、岸のあとを受けたリリーフ陣も素晴らしいピッチングで完封リレー。対戦成績を1勝1敗の五分に戻しました。ファイナルステージ進出が決まる明日の予告先発はライオンズ石井、ホークス大隣です。

2012/10/13(土)最終回の追い上げも一歩及ばず

2012/10/13 21:34
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク CSファーストステージ第1戦】
(2012年10月13日:西武ドーム)
 
福岡ソフトバンク  0 1 1  0 0 0  0 0 0  2
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  0 0 1  1
 
[勝] 摂津 1勝0敗0S
[S] 森福 0勝0敗1S
[敗] 牧田 0勝1敗0S

ライオンズ先発の牧田は序盤3イニングで6安打を浴びて2点を失いますが、調子自体はそこまで悪くなかったと思います。しかし、とことんツキがなかった。序盤の6安打のうちいい当たりだったのは本多のスリーベースくらいだったんじゃないかというくらいポテンヒットや渋いヒットが多かったです。

牧田は4回以降は本当に素晴らしい内容で、4回から8回までノーヒットを続けていたのですが、打線が攝津の前に沈黙してしまいます。一番大きなチャンスは8回で、相手のミスも絡んで1アウト一二塁でクリーンアップに回りましたが、中島がショートゴロゲッツーに倒れて得点ならず。結局、攝津の前に8イニング得点を上げることができませんでした。

9回はファルケンボーグが乱調で、オーティズのツーベースと二つのフォアボールでノーアウト満塁のチャンスを築きますが、代わった森福の前に抑えられ、カーターの内野ゴロの間に1点返すのが精一杯。ファーストステージ第1戦を1点差で落とし、後がなくなりました。

今日の敗因は7回ツーアウトランナーなしから炭谷に代打上本を出したことでしょう。ほとんど無意味な代打でキャッチャーを使い果たしてしまったために、9回1アウト二三塁で上本に代打が出せなくなってしまいました。最後のバッターになった代打高山も、2アウトになってからではなく、1アウトの上本のところで出せれば、また結果も違ってきたんでしょうけどねぇ。かなりもったいなかった。

2012/10/12(金)ロッテ伊東勤監督?

2012/10/12 23:18

ロッテ新監督に伊東勤前西武監督 - プロ野球ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121012-1031303.html

左右病とゼンシンシュビシナイトシンジャウ病の合併症に苦しんでライオンズの監督を辞めた伊東さんに、マリーンズの監督のオファーが行くようです。

ライオンズ時代の采配には言いたいこともたくさんありましたが、そもそも伊東さんは引退即監督だったわけで、それからWBCや韓国でもコーチを務めたことにより、きっと視野が広がっていることと思います。というか、外の世界を見た上で、もう一度ライオンズでやって欲しかったんだよなぁ。

2012/10/11(木)渡辺監督続投

2012/10/11 22:45

【西武】ナベQ続投「CS1戦目に集中」 - プロ野球ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121011-1031100.html

渡辺監督は評価の分かれる監督さんで、このニュースに対する反応も様々なものがあります。人によって評価が違うのも、いいところと悪いところがはっきりしているからでしょう。その人が何を求めているかによって名監督にも見えますし、駄目な監督にも見えるわけです。

時々見せる神がかり的な采配や野手の育成手腕は素晴らしいと思いますが、勝負弱いというか、勝負強いチームを作れない点が気になっているので、私は他の方よりも評価が低いです。3年連続Aクラスとはいえ、一昨年はマジック点灯から逆転されての2位、去年は最終戦で滑り込んだ3位、今年もシーズン終盤にひっくり返されての2位です。去年の粘りは褒めてもいいとは思いますが、一昨年と今年は駄目でしょう。

采配そのものがアレと言うよりは、選手の調子が悪いときに立て直すことができないんですよね。悪いなら悪いなりに戦うことができない。ただ、歴代の監督もそれができていた人は少ないので、多くを望みすぎなのかもしれませんけど。

ファンとしては、初年度に日本一になった2008年のことを思い出して、選手を結果論で怒らない、試合後に無責任なコメントを出さない、あたりを徹底してくれば嬉しいです。ほんと最近ひどいですからね。もともとファンを大事にしてくれる監督さんではありますが、それならそれを徹底してもらいたいと思います。けっこう監督のコメントでファンも救われたり、逆にダメージを食らったりするものですから。

2012/10/10(水)お誕生日おめでとう

2012/10/10 22:16

今日は10月10日。ルキアちゃんのお誕生日です。おめでとうございます。

2003年の7月にQMAが稼働し、気づけば10度目の14歳の誕生日です。私がQMAを始めたのはその翌年ですし、ルキアを使い始めたのはQMA2からではありますが、それでも8度目の誕生日になるんですね。QMA2で引き継ぐ気満々だったサンダースをあっさり破棄してルキアに変えたときには、まさかこんなに長いつきあいになるとは思いませんでした。

最近はかなりプレイペースが落ちていて、宝石なんぞ夢のまた夢という感じではありますが、それでも白銀七段ということで、ライトプレイヤーの方々に比べれば充分に廃人と呼ばれるべきペースです。年齢を重ねるとともに可処分時間が減っていってはいますが、これからもこれぐらいのペースで遊べたらいいなと思っています。正解したときの会心の笑顔が、喜びのあまり飛び跳ねたときの乳揺れが、真剣な表情で考えているときの乳揺れが、不正解のときにばつが悪そうに横を向いたときの乳揺れが、私の疲れた心を癒やしてくれますし。

最後に、コナミ様におかれましては、ルキアちゃんのけしからん持ち物を堪能するために、早く白制服を復活させていただきたい所存であります。あの南半球の影は白服でこそ映えるものですから。

2012/10/09(火)土肥投手引退

2012/10/09 22:09

元西武の土肥が引退 - プロ野球ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121009-1030190.html

まずはお疲れさまでした。

日本でのラストイヤーとなった一昨年の後半戦はかなりいい働きをしていたので、そういうピッチングができれば面白いかもと思っていましたが、やはり去年実戦から遠ざかっていたのが痛かったかもしれません。

今後は指導者を目指すとのことで、先発、リリーフのどちらでも結果を残しているだけに、その経験を活かしていい指導者になれるといいですね。しかし、てっきり引退後は格闘技の世界に行くものだとばかり……。

2012/10/08(月)西ノーヒットノーラン達成!

2012/10/08 19:38

【オリックス】西「どう喜んでいいのか」 - プロ野球ニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121008-1029785.html

バファローズの西投手がノーヒットノーランを達成しました。おめでとうございます。リアルタイムで見ていたのは9回だけでだったのですが、ノーヒットノーラン目前とは思えないくらい落ち着いていたように見えました。いい形で今年をしめくくる、来シーズンにつながるピッチングになりそうですね。

ただ、あとで映像をじっくり見返してみると、全体的には素晴らしいピッチングだったんですが、小久保のときはかなり甘い球が行っているんですよね。小久保が打ち損じていなければ、ヒットの1本や2本は打たれていてもおかしくない感じでした。もちろん西も手を抜いていたわけではないんでしょうけど、心のどこかに引っかかるものがあったのかもしれませんw

2012/10/07(日)レギュラーシーズン全日程終了

2012/10/07 21:19
【オリックス vs 埼玉西武 第24回戦】
(2012年10月7日:京セラドーム大阪)
 
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
オリックス  2 0 0  0 5 0  0 0 x  7
 
[勝] 前田 3勝2敗0S
[敗] 牧田 13勝9敗0S

今シーズンのライオンズのレギュラーシーズン全日程が終了しました。72勝63敗9分の2位という結果ですが、開幕直後の中継ぎ崩壊を立て直してよくぞここまで持ち直してくれたという気持ちと、一度は首位に立ちながらゴール目前で力尽きる不甲斐なさに憤る気持ちが混ざって複雑な気分です。ともあれ、とりあえずはお疲れさまでした。来週末から始まるクライマックスシリーズはいい戦いを期待しています。

そのクライマックスシリーズですが、先発投手陣が調子を落とし気味なので、ローテーションが難しくなりそうです。昨日投げた岸がファーストステージの初戦に来るのはまず間違いないでしょうが、そのあとはどうするんだろうなぁ。今日投げた牧田は2回2失点、菊池は2回2/3を5失点とかなり微妙な内容。野上はまずまずなんですが、石井は終盤かなり調子を落としていますしねぇ……。

2012/10/06(土)本拠地最終戦

2012/10/06 20:37
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第24回戦】
(2012年10月6日:西武ドーム)
 
千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  1 0 0   1
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 2x  2
 
[勝] 岸  11勝12敗0S
[敗] 薮田 1勝6敗26S
 
[本塁打]
7回表 井口 11号 ソロ (岸)

5回までマリーンズ先発の藤岡にノーヒットに抑えられる苦しい展開でしたが、9回に2つの押し出しフォアボールで逆転サヨナラ勝ち。本拠地最終戦、そして平尾、佐藤、大島の引退セレモニーに花を添えました。平尾選手、佐藤選手、大島選手、今までお疲れさまでした。そして、たくさんの思い出をありがとうございました。

角中を3厘差で追う打率2位の中島はスタメンに復帰しましたが、2打席とも勝負してもらえず、打率.312のまま変わりませんでした。まぁ、こうなることは分かっていましたし、逆の立場ならライオンズだってどうしたか分かりません。マリーンズがどうこうというより、プロ野球全体としてこういうところが腐ってるんだよなー。プロスポーツは興行だということをもう一度思い出していただきたい。

中島に関しては、優勝争いのために怪我を押して試合に出続けた結果こうなったことはファンはみんな知っているので、たとえ明日打てなくても胸を張ってくれていいかなーと思います。つーか、そもそもこの前の直接対決で角中に打たれすぎなんだよw

2012/10/05(金)オリンピックとワールドカップとライオンズ

2012/10/05 20:28

今年のパシフィックリーグ北海道日本ハムファイターズが制しました。改めましておめでとうございます。

さて、今年はロンドンオリンピックが開催された年です。そして、今年さかんに言われたこと「ライオンズはオリンピックイヤーに強い」があります。ただ、私としては「本当にそうだったっけ?」と思う部分もあったので、実際に過去の成績をまとめてみました。

年度 開催地 順位 監督 パ優勝 日本一
1980 モスクワ 4 根本陸夫 近鉄 広島
1984 ロサンゼルス 3 広岡達朗 阪急 広島
1988 ソウル 1 森祇晶 西武 西武
1992 バルセロナ 1 森祇晶 西武 西武
1996 アトランタ 3 東尾修 オリックス オリックス
2000 シドニー 2 東尾修 ダイエー 日本脳神経外科学会
2004 アテネ 1 伊東勤 西武 西武
2008 北京 1 渡辺久信 西武 西武
2012 ロンドン - 渡辺久信 日本ハム -

もちろんいい成績ではあるんですが、どちらかというとここ2回の印象に引きずられているだけでしょうね。しかも2004年はルール上優勝ではありますが、それもレギュラーシーズン2位からプレーオフを制してのものであり、現在のルールであれば2位でしかありません。

ただ、日本シリーズでは無敗であることを考えると、今年クライマックスシリーズを制することができれば、日本一に向けて明るい材料になるかもしれません。

さて、もう一つ言われることに、「ライオンズにワールドカップイヤーに強い」というのもあります。こちらもまとめてみました。

年度 開催地 順位 監督 パ優勝 日本一
1982 スペイン 1 広岡達朗 西武 西武
1986 メキシコ 1 森祇晶 西武 西武
1990 イタリア 1 森祇晶 西武 西武
1994 アメリカ 1 森祇晶 西武 巨人
1998 フランス 1 東尾修 西武 横浜
2002 日本・韓国 1 伊原春樹 西武 巨人
2006 ドイツ 2 伊東勤 日本ハム 日本ハム
2010 南アフリカ 2 渡辺久信 ソフトバンク ロッテ

こちらは本当にすごいかもしれません。すごいわりに印象に残っていないのは、日本でワールドカップが大きく取り上げられるようになったのはJリーグ創設後で、それ以降は優勝回数は多いですが日本一になっていないからでしょうね。

というわけで結論。森さんはやっぱり名将だった。

OK キャンセル 確認 その他