2013/07/31(水)降雨コールドで引き分け

2013/07/31 22:29
【東北楽天 vs 埼玉西武 第14回戦】
(2013年7月31日:こまちスタジアム)

埼玉西武  0 2 0  0 0  2
東北楽天  0 0 0  2 0  2

(5回降雨コールド)

[本塁打]
  4回裏 マギー 20号 2ラン (十亀)
ライオンズの先発は十亀、イーグルスの先発は今シーズン初登板となる辛島でした。 ライオンズは2回、金子のタイムリーと炭谷のスクイズで2点を先制します。金子のタイムリーのとき、センターの島内がボールの処理にもたついている間に一塁ランナーの熊代が三塁まで進めていたのが大きかった。 対するイーグルスは4回にマギーのホームランで同点に追いつきます。このときのボールはど真ん中。もちろん気を抜いたりしたわけではないでしょうが、ちょっともったいないボールでした。 結局、試合は5回が終わったところで雨が激しくなり、そのままコールドで引き分けとなりました。9年以上ライオンズの戦評を書いていますが、こんなにスコアが短いのは初めてのような気がしますw

2013/07/30(火)ミスのオンパレード

2013/07/30 22:56
【東北楽天 vs 埼玉西武 第13回戦】
(2013年7月30日:岩手県営野球場)

埼玉西武  0 0 0  1 3 0  0 0 0  4
東北楽天  0 0 0  4 1 0  4 0 x  9

[勝] 則本  9勝6敗0S
[敗] 岡本洋 3勝1敗0S

[本塁打]
  4回表 秋山    8号 ソロ  (則本)
  4回裏 島内    6号 3ラン (菊池)
  5回表 ヘルマン  1号 2ラン (則本)
  7回裏 松井    8号 2ラン (藤原)
ライオンズの先発は凱旋登板となる菊池、イーグルスの先発は則本でした。 4回表、ライオンズが秋山のホームランで1点を先制しますが、その裏、ヘルマンのタイムリーエラーと島内の3ランでイーグルスが4点を奪って逆転します。 5回表、ライオンズはノーアウト一二塁から鬼崎のライト前タイムリーで1点を返しますが、一塁ランナーの炭谷が三塁タッチアウト。島内がバックホームせずに三塁に投げたのはよく見ていたと褒めるべきでしょうが、ライオンズの三塁コーチは一体何をやっていたんですかね。このあと、ヘルマンに今シーズン第1号のホームランが出て同点に追いつきます。しかし、先程の走塁死がなければ逆転弾になっていた展開でした。 5回裏、ライオンズは先発の菊池を諦めて岡本洋を投入します。岡本洋は2アウト一二塁のピンチを招きますが、松井を三振に打ち取りピンチをしの……げず、ワイルドピッチになってしまい、松井は振り逃げ。しかも、このときの炭谷の一塁送球が悪送球になり、二塁ランナーの生還を許してしまいました。何をやっているんですか。 ライオンズは6回、今季初登板となる石井が三者凡退で抑えます。ビハインドは1点ですし、7回以降は勝ちパターンのピッチャーをつぎ込むことも考えられましたが、7回のマウンドに登ったのは藤原でした。藤原は枡田の2点タイムリーと松井のホームランで4点を失い、試合を決定づけられてしまいます。まあ、これはこの場面で使う監督が悪いよなぁ。 結局、選手も首脳陣もミスを繰り返した結果、イーグルス2連戦の初戦を落としてしまいました。イーグルスが強いのは確かなんだけどさ、もうちょっとプロらしい試合をしようぜ。

2013/07/29(月)ライオンズクラシック勝ち越し

2013/07/28 24:58
【埼玉西武 vs オリックス 第15回戦】
(2013年7月29日:西武ドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   0 1 4  1 0 1  0 0 x  7

[勝] 岸     6勝5敗0S
[敗] ディクソン 5勝4敗0S
ライオンズ先発の岸は、初回、1アウト満塁のピンチを背負いますが、バルディリス、T-岡田を打ち取って無失点で凌ぎます。このあと岸は立ち直り、7回まで投げて5安打無失点。マリーンズ戦の登板を体調不良で回避した影響はあまり見られない、いいピッチングだったと思います。 打線も15安打で10残塁と持ち味を存分に発揮しました。冗談はさておき、下位打線で点が取れたのは大きいと思います。このところ、上位打線につながりが出てきた一方、下位は自動アウト状態でしたからね。 ところで、6回に李が三振に倒れたあと、抗議のときに侮辱行為で李が退場、そのあと森脇監督が暴力行為で退場となりました。あれだけ激高したってことは、おそらく空振りじゃなくて本当にファウルだったんだろうなーと思います。で、DHの選手が退場になった場合って、すぐに交代するわけじゃなくて、次の打順で代打が出される形になるみたいですね。初めて知りました。野球ってルール難しいよなぁw

2013/07/29(月)涌井やっぱり勝てず

2013/07/28 24:26
【埼玉西武 vs オリックス 第14回戦】
(2013年7月28日:西武ドーム)

オリックス  0 0 5  0 0 0  1 1 0  7
埼玉西武   0 0 2  0 0 0  0 0 0  2

[勝] 森本 2勝0敗0S
[敗] 涌井 4勝5敗0S

[本塁打]
  3回表 バルディリス 12号 2ラン (涌井)
  3回裏 栗山      9号 2ラン (井川)
二軍から戻ってきた涌井ですが、この日も結果を残すことはできませんでした。 岸はミニキャンプ後に立ち直りましたし、牧田もオールスターを挟んだ金曜日の試合で久々の白星を挙げました。しかし、涌井はどうすれば立ち直れるのかさっぱりわかりません……。 投げられるということは、肘そのものは良くなっていると思うのですが、休ませるべきなのか、それともミニキャンプを張って練習するべきなのか。いずれにしても、一軍で復調を待つ、というのはあまり効果がなさそうな気がします……。

2013/07/29(月)ライオンズクラシック開幕

2013/07/28 24:08
【埼玉西武 vs オリックス 第13回戦】
(2013年7月26日:西武ドーム)

オリックス  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
埼玉西武   2 1 2  0 0 0  0 0 x  5

[勝] 牧田 5勝7敗0S
[敗] 西  6勝4敗0S

[本塁打]
  4回表 糸井  9号 ソロ (牧田)
この日からライオンズクラシックが始まりました。 先発はこのところなかなか勝てていなかった牧田でしたが、打線が早い回から援護をくれました。初回、浅村のタイムリーツーベース、秋山のタイムリーで2点を先制。2回には鬼崎のタイムリー、3回には栗山のタイムリーツーベースと秋山のタイムリー内野安打で3回までに5点を挙げました。このあと西は立ち直っただけに、序盤で一気に行けたのは大きかった。 ライオンズ先発の牧田は、抜群にいいという感じではありませんでしたが、勝てなかったころに比べると自信を持って投げていたように見えました。糸井のホームランはちょっともったいない球でしたが、7回をその1点のみに抑えて久々の5勝目をマークしました。

2013/07/28(日)打線爆発

2013/07/28 23:14
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第13回戦】
(2013年7月25日:西武ドーム)

千葉ロッテ  0 0 1  0 0 2  0 0 1   4
埼玉西武   1 3 0  0 4 1  0 2 x  11

[勝] 野上 7勝2敗0S
[敗] 唐川 5勝7敗0S

[本塁打]
  5回裏 秋山    7号 3ラン (香月)
  6回表 井口   18号 ソロ  (野上)
  6回表 ブラゼル  4号 ソロ  (野上)
  9回表 ブラゼル  5号 ソロ  (サファテ)
飲み会が続いていたため、戦評の更新がだいぶ滞ってしまいました。まずは木曜日の試合から。 ライオンズ打線が爆発しました。初回に秋山のタイムリーで先制すると、2回にはヘルマンのタイムリー、栗山のタイムリーなどで3点を追加。5回には浅村のタイムリーと秋山のホームランで4点を追加して試合を決めました。 ライオンズ先発の野上は、決して悪いピッチングではなかったのですが、こういう試合であればもう少し投げてもらいたかった。5回2/3は少し寂しいです。こんな展開だったら増田、ウィリアムス、サファテは休ませてあげたかったんですが。

2013/07/27(土)はてなダイアリー

2013/07/27 14:35
今日はこれから遊びに出かけるので、先にブログの更新をしておかないとなーと思ったのですが、ネタがありません。 書くことがないのであれば無理に書かなくてもいいような気がしないでもありませんが、9年以上毎日更新を続けていると、書くことが当たり前であって書かないことに罪悪感を感じてしまうようになります。別に強制されてやるようなことではないとは思うのですが……。 私がこのブログを始めたのは2004年。それからmixiのブームがあり、Twitterが一般化したこともあり、活躍の場をブログから別の場所に移された方も多いです。私と同じ頃にブログを書き始めて、まだ更新を継続している人って半分もいないんじゃないかな。やはり継続するのはむずかしいんですね……。 私の場合は「西武ライオンズ」という、1年の半分はネタを提供してくれる強力な助っ人がいるので、更新を続けることがほかの方よりハードルが低いということはあると思います。ただ、野球ニュースの少ない1月あたりは書くことが思いつかないことも多く、ほかの方は毎日こんな状況で更新をしているのかと感心することもあります。 ところで、もともとこのブログははてなダイアリーでスタートしました。なぜはてなダイアリーを選んだかというと、当時読んでいた[れらしうさん](http://d.hatena.ne.jp/rerasiu/)と[たかしおのさん](http://d.hatena.ne.jp/drk2718/)(現在は[移転](http://d.hatena.ne.jp/natroun/))と[鏑矢正伝さん](http://d.hatena.ne.jp/kab_studio/)がはてなダイアリーだったからです。単純だな、俺。先程更新を継続している方が少なくなったと書きましたが、こちらのお三方はまだ更新を継続されていて嬉しいです。 それからはてなブログに移転し、今はWordPressで運営していますが、やはり私のブログの原点ははてなダイアリーであり、はてなさんにはとても感謝しております。今後も素晴らしいサービス展開を期待しております。 よし、まとまりはないけど、ある程度の長さの文章になったw それじゃ、行ってきます。

2013/07/26(金)しがらみ

2013/07/26 23:15
3日連続飲み会の中日でした。昨日が手抜き更新なのもそのせいですw 昨日はjoeくんと企画会議という建前の「美味しいものを食べながら酒を飲む会」だったのでとても楽しかったですし、明日はお久しぶりの方もいらっしゃる飲み会なのでとても楽しみなのですが、今日はしがらみのある飲み会なので大変苦痛でした。 お金は会社持ちなので金銭的にはどうということはないのですが、2時間も無駄な時間を過ごすくらいなら、1万円でも2万円でも払うから帰らせてくれという気持ちににもなってしまいます。体のあちこちにガタが来ている身からすると、まだ辛うじて健康な今の時間は貴重ですし、そもそも人の悪口を言いながら飲む酒ってそんなに美味しいとは思わないんですよね。 ライオンズ戦の戦評もたまっていますし、まとめて更新しようかと思っていたのですが、今日はアルコールを一滴も飲んでないのにストレスでかなり気持ち悪くなってきたので、今日はこんな内容でお茶を濁して明日に回そうと思います。たまっている二日分は勝ちゲームなので、明日は楽しい気分で更新できそうですw

2013/07/25(木)藤澤亨明が支配下選手に

2013/07/25 23:35
ライオンズの藤澤亨明選手が支配下選手登録されました。 http://www.seibulions.jp/news/detail/8006.html ライオンズでは中田以来の育成からの支配下登録ですが、育成ドラフトからの支配下登録は初めてとなります。一軍での活躍を楽しみにしています。 実際、炭谷はともかくとして、2番手以降のキャッチャーは残念なことになっていますから、それなりにチャンスはもらえるんじゃないかなーと思います。

2013/07/24(水)後半戦スタート

2013/07/24 22:04
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第12回戦】
(2013年7月24日:西武ドーム)

千葉ロッテ  0 3 0  0 0 0  0 0 1  4
埼玉西武   0 0 0  0 0 1  0 0 0  1

[勝] 古谷 3勝1敗0S
[S] 益田 2勝3敗24S
[敗] 十亀 6勝7敗0S
ペナントレースの後半戦がスタートしました。 マリーンズは2回、鈴木の2点タイムリーと根元のタイムリーツーベースで3点を先制。一方のライオンズは、マリーンズ先発の古谷の前に5回までヒット1本に抑えられてしまいます。 ようやく反撃に転じたのは6回。1アウト満塁から栗山が押し出しフォアボールを選んで1点を返します。ここでマリーンズは内にスイッチ。 一打同点の場面で4番バッターという絶好の場面でしたが、浅村は初球を打って最悪のサードゴロゲッツー。一気にチャンスが潰えました。8回にも2アウト満塁のチャンスを逃すと、9回表に井口のタイムリーで駄目を押され、勝負が決まってしまいました。 ライオンズ先発の十亀は、7回を投げて3失点。試合を作ってくれたと言えなくもありませんが、11安打を打たれて毎回のようにピンチが続いていましたからねぇ。マリーンズの拙攻に助けられただけで、いつ燃え上がってもおかしくない展開ではありました。
OK キャンセル 確認 その他