2013/10/02(水)総力戦だ!

2013/10/02 22:21
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第23回戦】
(2013年10月2日:西武ドーム)

福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 1  0 0 0  1
埼玉西武      0 0 1  0 0 0  0 1 x  2

[勝] サファテ     8勝1敗10S
[S] 涌井       5勝7敗3S
[敗] ファルケンボーグ 0勝3敗10S

[本塁打]
  8回裏 栗山 12号 ソロ (ファルケンボーグ)
片岡、栗山が揃ってお立ち台に上がるなんていつ以来でしょうか。 片岡は3回表、2アウト一三塁のピンチで今宮の当たりを好捕して先制点を阻むと、その裏には2アウト一二塁からライト前タイムリーで先制点を叩き出します。ただ、このヒットは確かにナイスバッティングでしたが、どちらかというと二塁ランナー鬼崎のキャッチャーをかわしてホームを払うスライディングが素晴らしかった。あれはもう一回やれと言われても難しいんじゃないかなw そして、もう一人のヒーロー栗山は、同点で迎えた8回裏、先頭バッターとして打席に入り、2-1からの4球目を完璧に捕らえてライトスタンドに叩き込みました。このところずっとバットが湿っていましたが、この大事な場面でキャプテンらしい仕事をしてくれました。 投手陣も今日は全員が頑張りました。先発の牧田は7回1/3を4安打1失点。4安打が全部ツーベースだったのでピンチの連続ではありましたが、そこまで危なっかしい印象は受けませんでした。そして、2番手の高橋は1アウト三塁の場面で中村を見逃しの三振に抑えます。最後のボールは本当に素晴らしかった。3番手のサファテも今宮をしっかり抑えてピンチを脱すると、勝ち越した直後の9回は涌井が締めました。 ホークスとの直接対決の初戦を取り、ゲーム差は1に縮まりましたが、これは明日の試合を消化試合にしない権利を手に入れたに過ぎません。明日負けたら何の意味もないのです。明日の予告先発はライオンズが増田、ホークスが天敵の摂津と発表されています。

2013/10/01(火)連勝で勢いをつけて最後の山場へ

2013/10/01 22:56
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第23回戦】
(2013年10月1日:QVCマリンフィールド)

埼玉西武   0 1 0  2 1 0  0 0 0  4
千葉ロッテ  0 1 1  0 0 0  0 0 0  2

[勝] 野上 10勝7敗0S
[S] 涌井 5勝7敗2S
[敗] 藤岡 6勝9敗0S
ライオンズ先発の十亀、マリーンズ先発の藤岡とも調子は良くありませんでした。十亀はストライクを取るのに苦労し、反対に藤岡は真ん中にボールが集まる苦しいピッチング。結局、十亀は3回2失点、藤岡は3回2/3を3失点で降板となりました。 明暗を分けたのは中継ぎの出来の差でしょう。ライオンズの2番手野上は2回2/3をきっちり抑えたのに対し、マリーンズの上野は4点目を失って突き放されています。ライオンズ打線が拙攻を繰り返したので傷口は広がりませんでしたが、マリーンズは3番手以降もちょっとピリッとしませんでした。 さて、ライオンズは中継ぎ陣が踏ん張りましたが、今日一番勝利に貢献したのは秋山でしょう。2安打を放ってその2回ともホームに還ってきましたし、それより何より、2度のファインプレイがチームを救いました。特に3回のスライディングキャッチは抜けていればもう2点入っていただけに、マリーンズに行きかけた流れを食い止めるビッグプレイになりました。 さて、今日はホークスが勝ったために3位とのゲーム差2は変わらず。しかし、2位マリーンズとも2.5ゲーム差のところまで詰め寄っています。明日からは最後の山場になるであろうホークスとの2連戦。前回だらしない負け方をしてしまっただけに、もう2連勝するしかない状況になってしまいました。予告先発はライオンズが牧田、ホークスが寺原です。

2013/09/30(月)でも引退する気はない白金賢者初段のQMA日記

2013/09/30 23:37
ひさしぶりにQMAについて書いてみます。プロ野球検定面白いですね。特に四択のエピソード問題。 というわけで、ようやく白金賢者になりました。転生はしていません。つまり1年半でようやく白金というわけで、このペースだと宝石になるのはもう1年半後くらいになります。もう完全にライトプレイヤーですね。 今年の1月から4月までいた現場は派手に燃え上がっていたものの、5月から7月は社内ニートでしたし、8月9月は近年まれに見るホワイトな現場でしたので、プライベートの時間というのはかなり取れていたのですが、いろいろと勉強しなければいけないことも多く、ちょっとQMAには手が回りませんでした。 来月は再び社内ニートになり、再来月からまた今月までの現場に戻る予定なので、今後もやる気になればQMAれるんでしょうけど、やはりこんなペースが続いていくと思います。 とはいえ、うちの会社の事務所からアドアーズまでは徒歩3分なので、昼休みにプロ野球検定を回す予定ですがw

2013/09/29(日)首の皮一枚

2013/09/29 19:29
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第22回戦】
(2013年9月29日:西武ドーム)

千葉ロッテ  0 1 2  0 0 1  0 0 1  0   5
埼玉西武   0 0 3  1 1 0  0 0 0  1x  6

[勝] 野上 9勝7敗0S
[敗] 益田 2勝6敗33S

[本塁打]
  2回表 ブラゼル 11号 ソロ  (岸)
  3回裏 浅村   26号 3ラン (古谷)
  5回裏 秋山   13号 ソロ  (上野)
序盤に3点のビハインドを背負ったものの、3回裏に浅村のホームランで追いつき、4回に栗山の押し出しフォアボールで勝ち越し。5回には秋山のホームランで追加点を挙げ、今日こそは行けるだろうと思ったのですが、今日もやはり終盤に落とし穴が待っていました。 1点リードで迎えた8回、普段とは順番を入れ替えてサファテがマウンドに登りました。サファテは簡単に2アウトを取ったものの、清田、根元に連続フォアボールを与え、マウンドを涌井に譲ります。涌井は代打井口を三振に切って取り、このピンチは脱しました。 涌井は9回も代打サブロー、鈴木を連続三振に仕留めますが、続く荻野貴にフォアボールを与えてしまいます。そして続く福浦の打席で一塁ランナーの荻野貴がスタートを切りました。炭谷は二塁に送りますが、そのボールが荻野に当たってレフト前へ弾かれてしまい、ボールが転々とする間に荻野が長駆ホームイン。試合は振り出しに戻ります。本当に勝つ気があるのか……と思わざるを得ない、呆然としてしまう展開でした。 9回は2アウト一三塁のチャンスに片岡がライトフライに倒れて得点なりませんでしたが、10回裏、2アウト一二塁から、熊代がライト前にはじき返してサヨナラ勝ちとなりました。バックホームのタイミング的にはアウトになってもおかしくない状況でしたが、二塁ランナーの浅村が上手くタッチをかいくぐりました。お見事。 勝つには勝ったものの、内容的にはあまり褒められたものではありません。しかし、もう内容がどうこうと言っていられる時期ではありませんし、今日は勝ったことを喜びたいと思います。 明日は移動日となり、明後日がQVCマリンでのマリーンズ戦、そのあとは西武ドームに戻ってのホークス2連戦となります。この3試合が正念場です。特にホークスにはやられっぱなしなので、プロの意地を見せてくれることを期待しています。

2013/09/28(土)さすがに今日は書くのが辛いです

2013/09/28 20:13
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第22回戦】
(2013年9月28日:福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      2 1 0  0 0 2  0 1 0  0   6
福岡ソフトバンク  0 0 0  2 0 1  0 2 1  1x  7

[勝] 五十嵐 3勝3敗12S
[敗] 大石  0勝5敗8S
なんでこの展開で勝てないんでしょうね……。もうやだ。

2013/09/27(金)東北楽天ゴールデンイーグルス優勝おめでとう!

2013/09/26 24:32
【埼玉西武 vs 東北楽天 第22回戦】
(2013年9月26日:西武ドーム)

東北楽天  1 0 0  0 0 0  3 0 0  4
埼玉西武  0 0 1  1 1 0  0 0 0  3

[勝] ハウザー 2勝1敗0S
[S] 田中   22勝0敗1S
[敗] 野上   8勝7敗0S

[本塁打]
  3回裏 鬼崎  2号 ソロ (美馬)
  4回裏 秋山 12号 ソロ (美馬)
東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設9年目で初優勝を果たしました。おめでとうございます! 試合のほうは中盤まではライオンズペースで進んだものの、6回から登板した野上が7回につかまり逆転を許してしまいました。先発の増田が4回1/3を1点に抑え、2番手の高橋も完璧なリリーフを見せてくれたのに、そのルーキーたちの頑張りが台無しです。うーん……。 9回裏は胴上げ投手になるべく登板した田中を攻め、1アウト二三塁と一打サヨナラのチャンスを作りましたが、栗山、浅村が連続三振でゲームセット。田中に黒星をつけつつ3試合連続サヨナラ勝ち、なんてことになれば、その勢いのまま……みたいな妄想もしたのですが、さすがにそこまで漫画のような展開にはなりませんでしたw とはいえ、3位ホークスも敗れていますから1ゲーム差は変わらず。一日も長く野球を楽しませてくれることを期待しています。まずは土曜日のホークスとの直接対決ですね。今までのような不甲斐ない負け方はもう勘弁してほしいです。

2013/09/26(木)2試合連続サヨナラ勝ちで4連勝!

2013/09/25 24:03
【埼玉西武 vs 東北楽天 第21回戦】
(2013年9月25日:西武ドーム)

東北楽天  0 0 2  0 0 0  0 0 0   2
埼玉西武  0 0 0  0 0 1  0 1 2x  4

[勝] サファテ 7勝1敗10S
[敗] 加藤大  0勝1敗0S

[本塁打]
  9回裏 片岡  3号 2ラン (加藤大)
1回裏、2アウトから栗山の頭にデッドボールを当てて、イーグルス先発のハウザーが危険球退場。いきなり不穏な空気の立ち上がりとなりました。 先制したのはイーグルス。3回に銀次のタイムリーで2点を先行します。対するライオンズは6回に片岡のタイムリーで1点を返し、8回にはランナーを1人置いて、鬼崎がライトポール際に大飛球を放ちましたが判定はファウル。渡辺監督の抗議も実りませんでした。まあ、VTRを見てみると確かにファウルでしたよね。 さて、ライオンズは8回に浅村のタイムリーで同点に追いつきます。9回には1アウトから鬼崎がヒットで出塁し、ヘルマンがセーフティ気味のバントを決めて2アウトながら得点圏にランナーを進めました。後ろの3番が途中の守備から金子に代わっていたので、片岡は敬遠かなーと思いましたが、イーグルスバッテリーは片岡勝負を選択。結局、これが裏目に出ました。 片岡は4球目のスライダーをとらえると、打球はレフトスタンドに突き刺さるサヨナラホームランとなりました。2試合連続のサヨナラ勝ちです! 今日もホークスが敗れたため、3位とのゲーム差は1に縮まりました。明日の予告先発はプロ初先発となる増田。クライマックスシリーズ進出のためにも、また、目の前での胴上げを阻止するためにも頑張ってほしいと思います。

2013/09/25(水)サヨナラ!

2013/09/24 24:11
【埼玉西武 vs 東北楽天 第20回戦】
(2013年9月24日:西武ドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  2 0 1   3
埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 3 1x  4

[勝] サファテ 6勝1敗10S
[敗] 青山   3勝5敗11S

[本塁打]
  7回表 マギー 27号 ソロ (十亀)
  9回表 枡田   8号 ソロ (サファテ)
中盤まではライオンズ十亀、イーグルス則本の投手戦で、6回を終わった時点では両投手とも被安打2という素晴らしい内容でした。 その投手戦の中、先に崩れたのは十亀でした。7回先頭のマギーのホームランで先制を許すと、嶋のタイムリーツーベースでもう1点。苦しい展開になりましたが、ライオンズも8回に反撃します。 鬼崎、ヘルマンの連打のあと、片岡のバントが内野安打になってノーアウト満塁のビッグチャンスを作ると、栗山のセカンドゴロの間にまず1点。浅村はファーストゴロに倒れますが、秋山のタイムリー、中村のタイムリーで逆転に成功しました。 こうなればあとは9回をサファテが抑えるだけ……だったのですが、枡田にホームランを浴びて試合は再び振り出しに戻ります。 こういう展開ですんなり勝てないからBクラスなんだよなーと思いましたが、今日の打線は最後まで諦めませんでした。1アウトから鬼崎のスリーベースでチャンスを作ると、ヘルマンがレフト前にはじき返してサヨナラ勝ちです! さて、これでライオンズはひさしぶりの貯金1となり、3位ホークスが敗れたためにゲーム差は2に縮まりました。まだまだ厳しい状況ではありますが、もう少しだけ信じてみたいと思います。

2013/09/24(火)石井一久投手、お疲れさまでした

2013/09/24 22:56
ライオンズの石井一久投手が引退を表明しました。 [【西武】石井一が引退、吉本興業へ - プロ野球ニュース : nikkansports.com](http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130924-1194411.html) 2008年にFAで加入したときに「渡辺監督を男にするためにライオンズに来た」と言っていた言葉どおりの活躍を見せてくれました。さすがに全盛期のスピードはありませんでしたが、緩急を上手く使ったピッチングは流石でした。炭谷もずいぶん勉強させてもらったんじゃないかな。 また、加入したのがチームが急激に若返りをした時期でもありましたし、いい兄貴分として若手に慕われたことでしょう。そういう意味でも貴重な存在でありました。 しかし、吉本とはマネージメントの契約かと思ったんですが、本当に社員として入るんですねw さすが「サラリーマンになりたい」と言っていただけのことはありますw 石井投手、長い間お疲れさまでした。本音を言えば球団に残ってほしかったのですが、新しい世界でも活躍されることを願っております。残念ではありますが、最後まであなたらしい行動を見せてくれて、ある意味ではホッとしましたw

2013/09/24(火)PyCon APAC 2013 in JAPANに行ってきました

2013/09/23 24:43
だいぶ時間が経ってしまいましたが、PyCon APAC 2013 in JAPANに行ってきましたので、簡単に感想などをまとめてみます。 ## ぱいこん!(9月14日) ### 基調講演/Georg Brandlさん([映像](http://www.youtube.com/watch?v=njj9waa-jJg)) Python3.2、3.3のリリースマネージャーのGeorg Brandlさん。最初は「3.3使おうぜ!」とか、3.4のリリース予定とか、2から3への移行状況の話だったのですが、中盤からはBrandlさんが携わっている中性子の研究のお話に移っていきました。 研究の機器の制御をするためのプログラムにPythonが使われているとのことで、Brandlさんは文法が簡単であり、必要な機能が揃っているということを利点に上げていました。もちろん、これはPythonの利点として何度も挙げられていることではありますが、専門のプログラマでない研究者の方がプログラミングに携わる場合を考えると、この利点はとても大きなものになることは当然と言えば当然です。 それにしても、ソフトウェア開発の現場ではないところでPythonが使われている話を聞いていると、かなりゾクゾク来るものがありました。Pythonすげー。 ### Pythonプロダクトを活用した開発チーム運営/池内孝啓さん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=0DiLNjPsq38)/[スライド](http://www.slideshare.net/iktakahiro/python-in-pycon-apac-2013)) Rhodecode、Mercurial、Jenkins、Sphinxなどを組み合わせてのプロジェクト運営の方法。個々のアプリについては知っているものもありましたが、複数を組み合わせて使ったことはなく、こんな方法もあるんだなーと感心してしまいました。感心するだけじゃなくて活かしていかなきゃいけないんですけどねw ### Sphinxと僕/tell-kさん[動画](http://www.youtube.com/watch?v=CdVvthQASRk)/[スライド](http://tell-k.github.io/pyconapac2013/#/)) Sphinxの入門講座。私はTinkererを通してSphinxを使ったことがある程度だったのですが、当たり前ですがそれだけでは使いこなせたとは言えないなーと痛感しました。ほかの方のセッションでもSphinxの話題が出てくることが多かったので、ちょっと腰を据えて使ってみたいと思います。 ### Pylons/PyramidからのDjango逆入門/Nozomu KANEKOさん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=yJsbDeIt7gw)/[スライド](https://speakerdeck.com/knzm/pyramid-karafalse-django-ni-ru-men)) Pylons/Pyramidの開発者から見たDjangoを触った印象、といった内容でした。別フレームワークから見たDjangoということで、そういう見方もあるのかという発見もあり、とても面白いセッションでした。また、form.is_valid() が副作用を持っているのが許せない、とおっしゃっていましたが、まったくその通りだと思います。このメソッド名だったら余計なことしちゃだめですよねw ### Programming AWS with Python/Yasuhiro Matsuoさん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=-HqqrSrhSb0)) AWSをまったく使ったことがなかったので、ちょっとついていけませんでした。興味はあったのですが、ちょっとチャレンジしすぎた感があります……。 ### Python on Windows Azureの心得/高橋道也さん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=_OhKB2an_x0)) 同上。ただ、Windows AzureでPythonを動かすのはけっこう大変そうだなー、ということはわかりましたw ### about mock/podhmoさん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=dTSKCJgLAWA)/[スライド](http://podhmo.github.io/pycon/slide/index.html?transition=none#/)) 前半はmockの機能を実装してみよう、というお話。特殊メソッドに対する理解が足りないので、ときどき置いていかれてしまいました。もっとPython力を磨かないと駄目だなー。後半はFalse Positiveを避けるためのお話。これはPythonに限らずどの言語でも言えることですよね。ある意味では今回のPyConで一番すぐに役立ちそうなお話でした。 ## ぱいこん!!(9月15日) ### 基調講演/Rian Hunterさん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=as3ISHCknz0)) Dropboxの3番目のエンジニアであるRian Hunterさんのお話。「C makes me feel competent.」「Haskell makes me feel smart.」「Python makes me feel good.」には笑わせてもらいましたが、単なる笑い話ではなくある意味では真実だよなーとも思います。確かにそういうところがあるよね。 後半はPythonへの批判に対する反論がなされていましたが、今までなかったような観点からのお話だったので、とても新鮮に感じました。私はPythonが好きなわりには静的型付け派だったりするのですが、その私でも素直に納得できました。ダックタイピングはインターフェイス指向か。うん。 ### 入門Ansible/清水琢さん([スライド](http://www.slideshare.net/takushimizu/ansible-26200860)) 構成管理ツールのAnsibleでどんなことができるかの解説。手順書を作ってそれとにらめっこしながら環境構築を進める、という原始的なやり方しか知らなかったので、話を聞いている最中も、あのときにこれを知っていればなーという思いでいっぱいになってしまいましたw 次のプロジェクトではこれ使おう。 ### Python2.5から3.3で動作するツールの作り方/Takayuki Shimizukawaさん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=U1CSxd-kklY)/[スライド](http://shimizukawa.bitbucket.org/pyconapac2013-how-to-make-with-python2-to-3/index.html)) Python2.5に対する憤りを強く感じるセッションでしたw もちろん複数のバージョンに対応することは簡単なことではないと思っていましたが、ここまで大変だとは思いませんでした。 ### Django1.5における効果的なMTV設計&ネイティブApp/luyikeiさん モデルの継承ができることは知っていたのですが、親クラスのobjectsでまとめてサブクラスを扱うこともできることは知りませんでした。上手いこと抽象化できれば使う場面は出てきそうです。しかし、年齢で判断するのは失礼かもしれませんが、高校生でこれだけの発表ができるのは本当にすごい。 ### Django最速デバッグ指南/hirokikyさん([動画](http://www.youtube.com/watch?v=VQ9nKrW6X3s)) Djangoでのデバッグに役立つツールや方法をたくさん紹介してもらいました。今まではPyCharmでブレークポイントを置くくらいのことしかやっていませんでしたが、これからはいろいろと捗りそうです。後半はログのお話。ログレベルのお話はほかの言語でも通じるところはありますよね。参考になりました。 ## 反省会(9月15日) つっても[joeくん](http://uragami.hatenablog.jp/)と飲んでただけなんですけどw 俺たち何も知らないんだよなーもっと頑張らないとなーという話をしながらしみじみと飲んでいました。 頑張らないといけないよなーで終わってしまってはアレなので、今作っているアプリにも今回のPyConで得た知識を活かしていければいいなと思っています。アプリについては色々あって詳細はまだ言えないのですが、近々このブログでも何らかのお知らせができればな、と思っています。
OK キャンセル 確認 その他