2013/12/11(水)スポーツと統計

2013/12/11 23:03

スポーツと統計に関した面白い記事を2つ見かけました。

2013年度J1におけるお金と勝ち点の相関性 - pal-9999のサッカーレポート

相関係数0.518という数字は人によって評価が分かれそうです。私が大学で受けた授業では0.4~0.7は「かなりの相関関係がある」と習いましたが、先生や教科書によっては「やや」とか「弱い」とか言うかもしれません。とはいえ、無相関であると言う人はいないでしょう。やはり勝つためにはお金を出さないといけないのですね。散布図を見ると、単純な線形従属ではなく、曲線のほうが当てはまりが良さそうに見えますけど。

以前読んだ『データサイエンティスト養成読本』というムックに、2011年のJ1の順位と、各チームのFW、MF、DF、GK、監督の年俸の分析の記事がありました。その記事では、監督の年俸を上げると逆に順位が下がるという結果が出て、思わず笑ってしまいましたw リンク先の記事を面白いと思った方は楽しめる内容だと思います。

データサイエンティスト養成読本 [ビッグデータ時代のビジネスを支えるデータ分析力が身につく! ] (Software Design plus)

データサイエンティスト養成読本 [ビッグデータ時代のビジネスを支えるデータ分析力が身につく! ] (Software Design plus)

もう一つは野球のお話です。

なんJ PRIDE : 【野球】打率・本塁打は、運でどこまで上下するか検証した

大松「これは正規分布のシミュレーションをしただけで何の検証にもなっていないぞ」

……というツッコミを入れたくはなりますが、実際の確率分布をイメージしやすい形で見せるという意味で、とても素晴らしい実験だと思います。

発展系としては、確率を少しずらした選手、たとえば29パーセントの確率でヒットを打つ選手、28パーセントの確率でヒットを打つ選手……を登場させ、それぞれの結果の関係をまとめると面白いかもしれません。必ずしも確率(野球的な見方で言うと「実力」)どおりに順位が決まるわけではない、ということがわかりますし、どのくらいの差ならば容易にひっくり返るのかということも目に見えてわかります。

スポーツと統計の関連というと、いろいろと式をこねくり回してよくわからない指標を作る、というイメージもありますが、こういった高校レベルの確率・統計が原点になっているんですよね。どちらも楽しい内容でした。

2013/12/10(火)岸、3年総額12億円で契約

2013/12/10 23:17

昨日に続いての明るいニュースです。

【西武】岸3年総額12億円の大型契約 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

昨日の中村にも思い切った条件を出しましたが、岸にもかなりの条件を提示しました。今考えてみると、中村、岸にかなり突っ込む予定だったために、FA宣言した選手や外国人選手に回すお金が残らなかったのかもしれませんね。

中村にしろ、岸にしろ、今年はそこまで大幅アップするような材料があった年ではありません。特に中村は、さすがに公傷扱いにはなるでしょうが、現状維持やダウンでも仕方がない成績です。それでもこれだけの条件を出すこと自体が球団の誠意の現れでしょう。そして、残ってくれるか微妙な選手より、誠意を見せれば残ってくれそうな選手にお金を回すのは正しい戦略です。

さて、その岸ですが、今年は11勝を挙げ、プロ入り7年間で6回目の二桁勝利というのは立派な数字です。しかし、もう一段階上の成績を目指してもらいたいのも事実なので、来年は年間通した活躍を期待しています。

2013/12/09(月)中村、4年総額20億円で契約

2013/12/09 23:09

暗い話題の続くライオンズですが、ひさびさに明るいニュースです。

【西武】おかわり大型契約4年20億円 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

3年契約の2年目が終わったところですが、その契約を破棄して新たに4年契約を結びました。事実上のFA権買い取りと言えるでしょう。このところ毎年のようにFAで選手が抜けていますが、中村に関しては一安心です。

浅村は4番として見事な成績を残しましたが、それでも中村の代わりにはなりません。こんなスラッガーはなかなか見つかりませんし、簡単に育てられるものではありません。球団もそのことはよくわかっているからこその大型契約なのでしょう。

来年はフル出場、そして60本塁打超えを期待しています。

さて、あとは岸だな……。

2013/12/08(日)健康効果のあるブロッサー

2013/12/08 20:33

家電量販店で「ブロッサー」という文字を見かけて驚きました。そんな名前の商品があったんですね。

マイナスイオンブロッサー DR-N7200 : 日立の家電品

マイナスイオン効果の信憑性云々は置いておくとして、一部マニアの間では、ブロッサーといえば懐かしの駄目外人、グレッグ・ブロッサーのことを指すわけです。そういう意味では、あまり商品名にふさわしい名前だとも思えません。

では、もしかするとブロッサーという名前は一般名詞だったりするのかと思って調べてみましたが、このシリーズ以外では使われていないようなので、これは商品名という解釈をしても良さそうです。だとしたら、ブロッサーという名前はドライヤーではなく扇風機に使うべきなんじゃないかという気がしないでもありません。

商品説明のページを見てみると「実際のマイナスイオンは目に見えません」という注釈がありますが、ブロッサーさんはピッチャーの投げた球が目に見えていませんでしたよね。マイナスだったのはイオンではなく得点力でした。

……俺は日立さんに謝るべきだと思った。

2013/12/07(土)いかん、Java分が不足してきた

2013/12/07 18:57

これまでjoeくんといくつかWebサービスを作ったのですが、開発言語にはいずれもLLを選択しています。

Tustle!はDjango、TossyRuby on Rails流山百歌はDjangoですね。

PythonRubyでの開発はそれはそれで楽しいものなのですが、もともと私もjoeくんもJavaの技術者なので、久しぶりにIDEの補完をバリバリ使ったJavaのコーディングがしたい、という欲求が出てきました。仕事では私はIDEを使わずにテキストエディタを使ってのC++での開発、joeくんに至っては開発すらしていませんので、その反動が出てきたのかもしれません。

ではどのフレームワークを使おうかと考えたのですが、StrutsSAStruts)、Springといったあたりは仕事の嫌なことを思い出してしまいそうなので使いたくありません。候補になるのはWicketかPlay frameworkでしょうか。

WicketはTustle!でも途中まで採用していたフレームワークで、「作っていて楽しい」という意味では一番ふさわしいフレームワークかもしれません。ただ、最近情報をあまり見かけないんですよねぇ……。バージョンアップは継続して行われているので、そういった意味では不安はないのですが。

Play frameworkについては、単純に流行についていきたいという欲求です。ちなみに、「Play frameworkを使いたいのならScalaだろう」という雰囲気もありますが、私はPlay frameworkをやりたくてその中で言語を選んでいるわけではなく、Javaをやりたくてその中でフレームワークを選んでいるので、Scalaという選択肢は候補に挙がってきません。

いろいろと悩ましいところではありますが、仕事ではなく余暇で作ろうとしているプログラムですし、期限が決められているわけでもないので、両方試してみてもいいのかなぁとは思っています。

2013/12/06(金)4年ぶりのウェンディーズ

2013/12/06 23:21

六本木に行く用事があったので、帰りにウェンディーズに寄ってきました。ゼンショー時代の営業最終日に向ヶ丘遊園店に行って以来、4年ぶりとなるウェンディーズです。

f:id:seven_pairs:20131206203907j:plain

久しぶりの四角いお肉は大変美味しゅうございました。近所にあるわけではないので、そう頻繁に行く機会もないだろうということで調子に乗ってトリプルを頼んだのですが、さすがにお腹いっぱいになりました。まだちょっと苦しいですw

そんなこんなで一週間が終わりました。平日はアレなソースコードと格闘しているので、週末は気持ちいいプログラミングをしたいなーと思います。そろそろThunder Clawとしての次回作も動き始めないといけませんしね。

2013/12/05(木)昔は熱心にアニメを観ていたことを思い出した

2013/12/05 23:34

ようやく木曜日になりました。あと一日働けば週末ですが、今週は一週間がとても長く感じられます。たぶん、あまりにもひどいソースコードのメンテナンスをしているからでしょうw

帰宅したあと、ぐったりしながら壁際の本棚を見上げると、昔買ったアニメのDVDが目に入りました。それは『シスター・プリンセス』であり、『ココロ図書館』であり、『あずまんが大王』であり、無印『フルメタル・パニック!』であり、『ちょびっツ』であり、受注生産だったときに勢いで全巻購入してしまった『銀河英雄伝説』であります。

そのあとは『けいおん!』、『魔法少女まどか☆マギカ』と時代が一気に飛ぶのですが、これだけ間が空いている人も珍しいんじゃないでしょうか。

この長期の空白期間は何なのかというと、CS放送を見られるようになり、ライオンズ熱がまた盛り返してきたことが原因です。そりゃ毎日野球が観られる環境にあれば、アニメに回す時間はなくなりますよね。

1998年、2002年はあまり思い出したくない日本シリーズで、少し熱が冷めた時期もありましたが、やはり毎日試合を観られるというのは大きく、2004年のオールスター以降は、ブログでライオンズの公式戦全試合の感想を書き続けています。

2004年は球界再編問題の起こった年で、当時は大阪近鉄バファローズがあり、オリックスブルーウェーブがあり、福岡ダイエーホークスがあり、横浜ベイスターズの親会社はTBSでした。時代の流れを感じますね。

ライオンズファンとしては、今年のストーブリーグは気分が沈むニュースばかりで、来年はもう野球のことを書きたくないという気分にもなっているのですが、でも2月になってキャンプが始まれば結局ウキウキし始めるんだろうなぁw

2013/12/04(水)白金賢者二段くらいだった人のQMAやってない日記

2013/12/04 23:25

先月の協力プレーは結局踏破できなかったのですが、今月の協力プレーに至ってはまだチャレンジすらできていません。めちゃくちゃ激務、というほどではないのですが、帰宅途中にQMAスポットがあまりないので、少し足が遠のいてしまっています。

現在の八丁堀→(日比谷線)→日比谷→(千代田線)→代々木上原→(小田急線)→読売ランド前、という帰宅ルートでは、小田急に入ってから何ヶ所かにゲーセンがあるかな、というくらい。乗換駅ならともかく、途中下車までする気力が残らない程度には忙しいです。

何年か前に八丁堀に通っていたころは、読売ランド前→(小田急線)→新宿→(丸ノ内線)→銀座→(日比谷線)→八丁堀、というルートを使っていました。これは、新宿経由にすることで、帰りの小田急が楽になるという判断でしたが、今は新宿から空いている電車に乗ろうが代々木上原から混んでいる電車に乗ろうが、膝が痛いことには変わりがないことに気づいたので、単純に最短ルートで通っています。こうなるとQMAとは縁が遠くなってしまいます。

とはいえ、「ねことくまとへび」と言いつつ、「ねこ」の話題ばかりになりつつあるので、「くま」の話題を書くために週末には時間を取って遊びたいと思います。

……まあ、それ以上に「へび」の記事を書けという気がしないでもありませんがw

2013/12/03(火)こんなローテーションでよく優勝できたものだ

2013/12/03 23:41

今年の新語・流行語大賞は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の同時受賞ということで、一番を決めずに少々ガッカリする結果に終わりました。

しかし、「じぇじぇじぇ」ってそんなに流行ってましたか? サラリーマンなので朝ドラには縁がないからそう感じるのかもしれませんが、やはり違和感があります。この違和感をわかりやすく言うと、西口文也潮崎哲也石井貴の次の4番手が横田久則だったくらいの感じです。

……余計わかりにくいよ。

2013/12/02(月)片岡、巨人へ

2013/12/02 22:39

片岡のジャイアンツ移籍が決まりました。

片岡、入団正式表明!決め手は「Gファンだった」:巨人:スポーツ報知

しかし解せない。

同じFAでも、涌井に関しては、ライオンズとしては先発として評価するのは難しいでしょうし、本人が先発をやりたい以上、出ていくのもある程度は仕方がないのかな、という思いがありました。

一方の片岡は最後まで言動が一貫していませんでした。出場機会や評価という話をしていたはずなのに、そういう意味では一番評価の低いジャイアンツへの移籍。そして、それを取り繕うように突然のジャイアンツファン宣言が飛び出しました。馬鹿にしてるのかよ。記事中の写真を見て「おかわり、そのまま締め落としちゃえば良かったのに」という感想が出てきてしまう程度には腹が立っていますw

ライオンズが片岡を高く評価していたのは言うまでもありません。高く評価していたからこそ、我慢して復帰を待ち続け、戻ってきたらすぐにポジションを与えたのです。

もちろん、「誠意は言葉でなく金額」という名言がありますから、純粋に待遇を求めた上での移籍なら仕方がないかなーと思いますが、これだとライオンズがいくら積んでも駄目だったってことじゃないですか。まあ、ライオンズには積むほどのお金がないんですけど。

あー、もうFA制度なんてなくなっちゃえばいいのに。不貞寝するので再来年のシーズンが開幕したら起こしてください。

OK キャンセル 確認 その他