2014/04/10(木)今シーズン本拠地初勝利

2014/04/09 24:07
埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第2回戦】
(2014年4月9日:西武ドーム福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 1  1 1 0  3
埼玉西武      0 2 1  0 0 0  1 2 x  6

[勝] 野上 2勝0敗0S
[S] 十亀 0勝1敗2S
[敗] 寺原 0勝2敗0S

[本塁打]
  3回裏 木村  1号 ソロ (寺原)
  7回表 柳田  2号 ソロ (野上)

ライオンズ先発の野上は序盤からずいぶんと苦しみましたが、ホークスの拙攻にも助けられました。

2回はノーアウト一二塁から松田がセンター前に運びますが、二塁ランナー李がいったん二塁に戻りかけたために三塁フォースアウト。その後は中村、鶴岡を打ち取って切り抜けます。3回も2アウト満塁のピンチを招きましたが、長谷川を三振に切って取りました。

野上は4回以降立ち直り、終わってみれば7回2失点。休憩中にチラッと観た序盤の感じでは5回は持たないだろうなと思っていましたが、よく立て直してくれました。

打線は2回に今宮のタイムリーエラーで2点を先制すると、3回には木村の今シーズン初ホームランで追加点。失点直後の7回、8回にも追加点を挙げて反撃を振り切りました。終盤の得点は斉藤や木村の足が活きており、伊原監督の目指している野球ができたのではないかと思います。まあ、今までは動こうにもなかなか動く展開にならなかったということもあるのでしょうが。

さて、6得点を挙げたライオンズは、ようやくチーム得点がマートンの打点を超えました。また、チーム打率も.203と、ようやく2割を超えています。全開になるにはまだまだ時間がかかりそうですが、少しずつ上向きになってきていると言えるでしょう。ただ、秋山はちょっと重症っぽく見えて心配です……。

2014/04/09(水)打線組み替えも実らず4連敗

2014/04/08 24:18
埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第1回戦】
(2014年4月8日:西武ドーム福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 2  0 0 2  4
埼玉西武      0 0 0  0 2 0  1 0 0  3

[勝] 岡島   2勝1敗0S
[S] サファテ 1勝0敗3S
[敗] 十亀   0勝1敗1S

[本塁打]
  9回表 松田  2号 2ラン (十亀)

連敗中のライオンズは打線を大きく入れ替えてきました。4番浅村こそ変わりませんでしたが、1番鬼崎、2番木村、3番栗山、5番秋山とがらりと変わったオーダーです。

オーダーを入れ替えたもののあと一本が出ず、相変わらずイライラさせられるゲームではありましたが、5回裏、浅村のタイムリースリーベースでようやくライオンズが先制します。

しかし、援護をもらったことで気が緩んだわけではないでしょうが、ここまでほぼ完璧だった牧田のリズムが崩れます。本多のちょこんと合わせたポテンヒットがタイムリーになって1点を返されると、内川の犠牲フライで同点とされます。

結局はセーフとなったこの犠牲フライですが、このときの木村のバックホームが素晴らしかった。ランナーが本多だったので余裕でセーフかと思ったのですが、炭谷がきっちり捕球していればアウトのタイミングでした。まだボールの追い方に怪しいところはありますが、この肩は素晴らしい。レギュラーをつかめれば秋山とともにものすごい抑止力になるんじゃないかと思います。

追いつかれたライオンズですが、7回、先頭の金子侑がヒットで出塁すると、すかさず走ってノーアウト一塁。ここで今日1番に入っている鬼崎が一二塁間をしぶとく破って勝ち越しのタイムリーとなりました。

テンポのいい攻撃で勝ち越したライオンズですが、9回に落とし穴が待っていました。2番手の十亀が2アウト二塁から、松田への初球が内角から真ん中に入ってしまいました。松田がそれを見逃すはずもなく、打球はレフトスタンドへ。今日の十亀は悪いほうの十亀でした……。

その裏は去年までの同僚サファテに三者連続三振に抑えられてゲームセット。京セラドームでは去年の守護神涌井が先発して負け投手。なんともモヤッとする一日でした。

2014/04/08(火)絨毯爆撃

2014/04/08 23:15

最近、「GitHubを拝見しました」という絨毯爆撃っぽいスカウトメールがよく来るのですが、もう少し「GitHubを見てくれたんだなぁ」と感じる文章で送ってくることはできないんですかね。

近年の流行もあるのでしょう、「Ruby on Railsメインの会社です。あなたのスキルを存分に発揮できる環境です!」などと書かれていることが多いのですが、JavaPythonしかない私のリポジトリを見て「この人はRubyに対して複雑な感情を持っているかもしれない」という想像ができない時点で、たとえ興味を持てる内容だったとしても腰が引けてしまいます。

いや、Ruby言語自体に特に思うところはない、というより楽しい言語ではあると思っているんですよ。でも、Ruby界隈にかなりJavaをdisられているので、あまりお近づきになりたいとは思わないんですよねぇ。

あと、ブログを拝見しました、と書いてくる奴は絶対ブログ見てないですよね。GitHubにブログへのリンクを載せているからといって、意識の高い技術ブログだろうと思い込むんじゃねーよw

2014/04/07(月)ラミレス獲得?

2014/04/07 22:22

去年から何度も出ていた話題ですが、深刻な打撃不振でラミレスの獲得の話がまた浮上してきました。

【西武】ラミレス獲得調査へ「5番・DH」託せる:プロ野球:野球:ニュース:スポーツ報知

ほかにも探してみたのですが、まだ報知だけでしか報じられていないようです。飛ばしっぽくもありますが、現状を考えればあってもおかしくない話ではあります。いつもファッション暗黒ファッション暗黒言われていますが、今年は本当にやべーんだよ!

とはいえ、緊急補強するにしても、レイノルズ、ウィリアムス、ボウデン、ランサムは現時点では誰も外せません。冗談めかして「ボウカーを獲れ」とは言われますが、やはり外国人枠を必要としないラミレスのほうがチーム事情にマッチしています。

正直言って、どこまでやれるかはかなり疑問です。また、伊原監督のカラーに合うかどうかも心配です。とはいえ、2割5分10本でも構わないくらいライオンズの打線は深刻なんです。

5番候補の中でも、唯一鬼崎は当たっていますが、タイプとしてはクリーンアップではありません。5番にラミレスが入ってくれれば2番に上げられるわけで、浅村の前にチャンスを作る機会も増えるでしょう。

それほど高額にはならないでしょうし、ラミレス獲得も悪くはないのではないかな、と思います。

2014/04/06(日)白にゃんこ打線

2014/04/06 19:26
オリックス vs 埼玉西武 第3回戦】
(2014年4月6日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 1 0  0 1 0  2
オリックス  0 0 0  3 0 0  0 0 x  3

[勝] 比嘉    1勝0敗0S
[S] 平野佳   0勝0敗4S
[敗] レイノルズ 0勝2敗0S

[本塁打]
  4回裏 糸井  2号 ソロ (レイノルズ)

早くも今シーズン2度目の同一カード3連敗となりました。

ライオンズ先発のレイノルズは、7回を3失点とゲームを作ってくれましたが、打線が相変わらずの状態なので勝ちには結びつきませんでした。確かに失点した4回はよろしくない内容でしたが、あの1イニングだけで責めるのも酷でしょう。前回登板も含め、ピッチング内容自体は悪くないので、腐らずに頑張っていただきたいところです。

打線は9安打2得点と、ここ最近の基準で言えばよく打ったほうではありますが、完全に繋がりを欠いていました。

8回はノーアウト一塁から浅村のタイムリーで秋山が長駆生還しましたが、浅村はなぜか一塁ストップ。このあとの鬼崎の打席のエンドラン失敗でチャンスが潰えました。9回も1アウト一塁から金子侑がスリーバント失敗で、今日3安打の栗山にチャンスで回すことができませんでした。

開幕から3カードが終わった段階ですが、20世紀を思い出すような貧打にあえいでいます。さすがにいつまでもこんな状態が続かないとは思いますが……。

2014/04/05(土)打てない

2014/04/05 20:39
オリックス vs 埼玉西武 第2回戦】
(2014年4月5日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
オリックス  0 0 0  0 4 0  0 0 x  4

[勝] ディクソン 2勝0敗0S
[S] 平野佳   0勝0敗3S
[敗] 菊池    0勝2敗0S

[本塁打]
  5回裏 ペーニャ  6号 3ラン (菊池)

先発ローテーションピッチャーの中で唯一初登板の内容が芳しくなかった菊池の2度目の登板。今日はピンチを背負いながらも粘りの投球を見せていましたが、5回に捕まってしまいました。

2アウト一二塁からパスボールで二三塁とされると、糸井のピッチャー返しの打球をいったんはグラブに当てたものの高く跳ね上がってタイムリー内野安打。続くペーニャに超特大の一発を食らってこの回で降板となりました。どの球が特別悪いということはないのですが、全体的にコントロールが甘く、まだ本調子とは行かないようです。

さて、一部マニアの間で話題を呼んでいる今日の5番バッターはファースト鬼崎でした。もう誰が打っても驚きませんが、冷静に考えれば、森本、渡辺、脇谷という選択肢と比べれば、鬼崎のファーストがベストに近い選択かもしれません。

ただ、いくら打線を組み替えても点につながりません。7回に鬼崎、ランサム、木村の3連打で1点を返しましたが、そこから三者連続三振で1点止まり。今日のディクソンはそこまでいいというわけでもなかったので、打線の調子の悪さが目立ってしまう試合でした。

2014/04/04(金)手も足も出ない

2014/04/04 22:46
オリックス vs 埼玉西武 第1回戦】
(2014年4月4日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
オリックス  1 0 1  0 0 1  0 0 x  3

[勝] 金子 1勝0敗0S
[岸] 岸  0勝2敗0S

開幕して1週間。再び開幕投手にローテーションが回ってきました。ライオンズの先発は岸、バファローズの先発は金子です。

今日は金子の素晴らしいピッチングに尽きるのではないでしょうか。毎回の14三振を奪う力投で無四球完封勝利。ヒットもわずかに浅村が2本放っただけでした。完敗です。

岸のピッチングも悪くはなかったのですが、初回、3回と序盤に簡単に点を取られたのはいただけない。相手の上手いバッティングにやられた開幕戦のときとは違い、今日の序盤の失点は防がなければいけませんでした。エースは相手に先に点をやってはいけないのです。

それにしても打線が深刻です。今日は右ピッチャーが相手だったので、森本、渡辺を無理に使う必要がなかったとはいえ、5番脇谷というのはやはり厳しい。まあ、いつまでも不調が続くわけでもないでしょうし、しばらくは辛抱して見守るしかないのかもしれませんね。

2014/04/03(木)右打者が足りない

2014/04/02 25:16
千葉ロッテ vs 埼玉西武 第2回戦】
(2014年4月2日:QVCマリンフィールド)

埼玉西武   3 0 0  0 0 0  0 0 0  3
千葉ロッテ  1 0 0  0 0 0  0 0 0  1

[勝] 野上 1勝0敗0S
[S] 十亀 0勝0敗1S
[敗] 古谷 0勝1敗0S

平日ですがデーゲームでした。球場側の都合だったりするんでしょうか……?

右打者不足が深刻なライオンズは、イーグルス戦の対サウスポーの試合では6番DH森本という一部マニアの話題をかっさらうオーダーを組みましたが、今日も5番ファースト渡辺というオーダー。マニアばかりの私のTwiterのTLは騒然です。

さて試合は、ライオンズ先発の野上、マリーンズ先発の古谷とも、立ち上がりに苦労しました。

ライオンズは初回、1アウト満塁からランサムの押し出しフォアボール、秋山の2点タイムリーで3点を先制します。しかし、マリーンズはその裏、井口のタイムリーで1点を返しました。

その後は両投手とも立ち直って0が続きます。結局、野上は8回を108球という省エネ投球でマウンドを降りました。100球までなら完璧なんだよね。

ところが9回裏、2番手の十亀は連続フォアボールとヒットでノーアウト満塁という絶体絶命のピンチを背負います。しかし、角中をライトフライ、ブラゼルをセンターフライ、サブローをショートゴロに打ち取り、なんとか逃げ切りました。

これでライオンズは開幕3連敗のあと2連勝。マリーンズは開幕5連敗となりました。明日の予告先発はライオンズが岡本洋、マリーンズが藤岡です。

……って、また左ピッチャーかよ。そろそろ勘弁してください。

2014/04/02(水)今シーズン初勝利

2014/04/01 24:50
千葉ロッテ vs 埼玉西武 第1回戦】
(2014年4月1日:QVCマリンフィールド)

埼玉西武   0 0 2  0 0 1  0 1 2  6
千葉ロッテ  1 0 0  0 0 0  0 1 0  2

[勝] 牧田 1勝0敗0S
[敗] 涌井 0勝1敗0S

[本塁打]
  8回表 ランサム  1号 ソロ  (吉原)
  9回表 浅村    2号 2ラン (吉原)

ともに開幕カード3連敗を喫したライオンズとマリーンズの対戦はライオンズが制し、ようやく今シーズンの初日が出ました。

ライオンズ先発の牧田は初回に角中のタイムリーで1点を失いますが、その後は立ち直りました。去年のCSでは色々あったマリーンズが相手なだけに、期するものもあったのでしょう。

対するマリーンズ先発の涌井は初回こそ三者凡退に抑えましたが、2回以降は毎回のように得点圏にランナーを背負う苦しいピッチング。ここ数年はよく見た光景です。ライオンズ打線が湿っているので3失点で済んだな、という印象でした。

打線はまだ全開とは行きませんが、ようやく点が取れるようになってきました。8回にはランサムの来日初ホームランがあり、9回には浅村の2試合連続ホームランがありました。全体を通してみればまだまだ湿っている打線ですが、状態は上向きになりつつあるといったところでしょう。

しかし、イーグルス戦での指名打者森本というオーダーも苦しかったですが、今日の5番ファースト脇谷というのも相当に苦しい。しかし、森本のときと同様、代案があるかというとそうもいかないわけで。

現時点のことだけを考えれば、浅村をファーストに回してセカンドにバットの振れている鬼崎を入れるのがベストなのでしょうが、浅村の守備を鍛えたいという思惑もあるでしょう。ただ、今日ホームランを放ったランサムを5番に上げてくるかもしれませんね。

2014/04/01(火)万愚節

2014/04/01 23:52

今年のエイプリルフールは人狼がモチーフでした。プロ野球板もしくはなんJの文化と非電源ゲームの両方を知らなければいけないということで、若干ハードルが高いネタになってしまいましたが、もし楽しんでいただけたのであれば幸いです。

今回の心残りは、ああでもないこうでもないとネタを色々こねくり回したせいで、人狼で行こう、と決まったのが30日の夜になってしまったことです。エイプリルフール前最後の週末が終わろうとしている時間帯だったので、毎年恒例となっていたjoeくんの絵をお願いすることができませんでした。

考える時間はじっくり取っていたのですが、アイデアが出ないときは出ないものですね……。

OK キャンセル 確認 その他