2014/06/30(月)6月の終わり

2014/06/30 22:35

今日で6月も終わります。もう一年の半分が過ぎてしまいました。早いものです。そして、我がライオンズはシーズンの半分も終わらないうちに自力優勝が消滅しています。というかまだ可能性が残ってたのか。そっちのほうがびっくりだ。

来月は12日にヤマノススメデーで西武ドームに行きます。最近は年1、2回しか球場に行っていないのですが、観にいった試合はここのところ引き分けを挟んで3連勝中なので、今回もいい試合を期待しています。問題は、おとといの先発だった野上が二軍に落ちたため、土曜日の先発が誰だかさっぱり読めないことです。藤原あたりを先発に回すのでしょうか。

また、その次の週には賢竜杯:Qが行われます。実力云々はおいておいて(そもそも毎回1回戦突破が目標ですし)参加したいという気持ちもあったのですが、正直言って足の伸ばせない環境で長時間耐えられるとは思えなかったので、今回は見送ることにしました。草葉の陰から大会の成功をお祈りしています。あ、でも、飲み会は楽しみにしていますw

2014/06/29(日)スイープならず

2014/06/29 22:22
埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第12回戦】
(2014年6月29日:西武ドーム福岡ソフトバンク  2 0 5  0 0 0  0 0 0  7
埼玉西武      0 1 1  0 1 0  0 0 0  3

[勝] 東浜 1勝0敗0S
[敗] 十亀 4勝5敗3S

[本塁打]
  3回表 松田 13号 3ラン (十亀)

ライオンズ・クラシック3連勝、とは行きませんでした。

ライオンズ先発の十亀は初回から大乱調。初回に自らのバント処理ミスなども絡んで先制を許すと、3回には4連打と松田のホームランで5点を失いノックアウト。もともと好不調の波の激しいピッチャーではありますが、ここまで悪い十亀はなかなか記憶にありません。

打線は2回に脇谷のタイムリーツーベースで1点を返し、3回にはノーアウト満塁のチャンスを作りますが、ここで栗山が最悪のセカンドゴロダブルプレイ。ここで繋がっていれば昨日のような馬鹿試合に持ち込めたかもしれなかっただけに、痛い痛いゲッツーとなりました。

これでライオンズの連勝は2でストップ。イーグルスと並んで同率5位となりました。

2014/06/28(土)ライオンズ・クラシック2014に行ってきました

2014/06/28 22:08
埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第11回戦】
(2014年6月28日:西武ドーム福岡ソフトバンク  3 1 1  0 0 0  0 1 0  6
埼玉西武      2 4 0  0 0 1  1 0 x  8

[勝] 藤原 2勝2敗0S
[S] 高橋 0勝1敗14S
[敗] 中田 7勝4敗0S

[本塁打]
  1回裏 メヒア  7号 2ラン (中田)
  2回表 中村   4号 ソロ  (野上)
  3回表 柳田   9号 ソロ  (藤原)
  6回裏 秋山   3号 ソロ  (柳瀬)
  7回裏 メヒア  8号 ソロ  (森福)

ライオンズ・クラシック2014の2戦目。西武ドームで観戦してきました。去年のらき☆すたデー以来、およそ1年ぶりの球場観戦です。

f:id:seven_pairs:20140628174151j:plain

今日の試合はライオンズ先発野上、ホークス先発中田とも出来は悪かったです。初回に4連打と犠牲フライでホークスが一気に3点を先制。スタメン発表の時点で飲まずにはいられなかった私も、さっそく2杯目のビールを注文します。

その裏にメヒアの2ランでライオンズが1点差に詰め寄りましたが、直後の2回、2アウトから中村にホームランを浴びて突き放されます。そしてビールは3杯目に。

このままのペースで行けば泥酔待ったなしだったのですが、その裏、ライオンズ打線が爆発します。秋山のタイムリーで1点を返し、渡辺の内野ゴロの間に同点に追いつくと、続く栗山の2点タイムリーで逆転に成功。私の財布の紐を締めることにも成功しました。

ライオンズは野上を2回で諦め、3回から藤原を投入。先頭の柳田にいきなりホームランを浴びて不安な立ち上がりでしたが、以降はしっかり抑えて3回を1失点という好リリーフ。打線も6回に秋山の2試合連続となるホームラン、7回にはメヒアの今日2本目のホームランで追加点を挙げます。

藤原のあとはボウデンを挟み、7回からウィリアムス、増田、高橋の勝ちパターン継投で逃げ切り。ライオンズ・クラシックを2連勝ということになりました。それにしても高橋の三者連続三振は圧巻でした。

子供のころ見ていたユニフォームで、今の選手たちがプレイしているのを見るのはなんだか不思議な気分でした。とはいえ、昨日、今日と、ヒーローの選手たちはみんな「このユニフォームで負けるわけにはいかない」と口にしていたので、今の選手たちにも魂(という表現が適切かどうかはわかりませんが)は受け継がれているのでしょう。

また、子供のころ見ていたライオンズでショートを守っていた人が監督代行で、子供のころ見ていたライオンズでセンターを守っていた人が相手チームの監督というのも何だか妙な気分ではありましたw

後ろばかり振り返るのはよくないことですが、30年来のファンとしては、ときどきはこのような機会を設けてもらえれば嬉しいなと思います。

2014/06/27(金)ライオンズ・クラシック2014開幕

2014/06/27 21:26
埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第10回戦】
(2014年6月27日:西武ドーム福岡ソフトバンク  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
埼玉西武      1 0 0  2 0 0  0 0 x  3

[勝] 牧田 4勝5敗0S
[S] 高橋 0勝1敗13S
[敗] 摂津 5勝3敗0S

[本塁打]
  1回裏 秋山  2号 ソロ  (摂津)
  4回裏 炭谷  2号 2ラン (摂津)

交流戦が終わり、リーグ戦が再開されました。このカードはライオンズ・クラシックということで、ライオンズが黄金時代のビジターユニフォーム、ホークスがダイエー時代のユニフォームで対戦します。しかし、あの当時とはすっかり立場が逆転しましたよね……。

今日のホーク先発は天敵の摂津でしたが、初回に秋山の先頭打者ホームランでライオンズが1点を先制。4回には炭谷のホームランで2点を追加します。摂津は5回以降に立ち直ったので、完全に攻略したという感じではありませんでしたが、実に効果的な2発でした。

ライオンズ先発の牧田は6回を投げて1失点。3回の2アウト満塁を三振で切り抜け、6回の1アウト満塁も連続三振で切り抜けた場面はシビれました。

牧田の球数が多かったこともあり、7回以降は継投策に入ったライオンズですが、7回ウィリアムス、8回増田、9回高橋がパーフェクトリリーフで、ホークスの反撃を許しませんでした。ライオンズは交流戦から続く連敗を3でストップし、リーグ戦再開後の初戦を取りました。

明日の予告先発はライオンズが野上、ホークスが中田。球場に観戦にいってきます。野上はこのところずっと良くありませんが、明日こそはいいピッチングをお願いしますよ。あまり酷い展開だと、序盤から泥酔することになりかねないのでw

2014/06/26(木)明日からリーグ戦再開

2014/06/26 23:24

明日の予告先発は牧田。リーグ戦再開後の初戦ということで、中5日で岸を持ってくる可能性もあったのですが、ローテーションを守った格好になりました。

ということは、明後日は岸になるのでしょうか。そうなると、ヤマノススメデーの先発も岸ということになりそうです。金子対野上とかになったら開門即ビール痛飲ということになりかねませんでしたが、その心配はなくなりそうです。

と、その前に、明後日も観戦に行く予定です。ライオンズクラシックということで、ポリバケツユニフォームに恥じない戦いを期待しています。

2014/06/25(水)栗山オールスターへの道

2014/06/25 22:29

西武栗山が初のオールスター選出を懇願 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

西武栗山 ホーム&地元の球宴出たい - プロ野球ニュース : nikkansports.com

同じ内容で二つも記事を起こすほどのニュースではないと思うのですが、それはおいておくとしてw

今季もファン投票の上位は、オリックス糸井、日本ハム陽岱鋼、中田、ソフトバンク柳田、内川、長谷川ら、そうそうたる面々がずらりと並び「パ・リーグの外野はすごい。毎年、茶髪の選手が選ばれるんですよ」と、もはやジョークを飛ばすしかない。

西武栗山 ホーム&地元の球宴出たい - プロ野球ニュース : nikkansports.com

熱い伊原ディスです。キャプテンという立場なのですから、もうちょっと自重していただきたいのですが……。

さて、去年のオールスターは32人枠中、外野手は6人でした。ファン投票で選ばれるのが糸井、陽、中田だとすると、ライバルになるのは柳田、長谷川、ホークスの中村、角中といったところでしょうか。この4選手はいずれも栗山より打率が上です。3枠でこの4人を押しのけてまで出るような成績かというと微妙。

ライオンズ枠ということを考えてみると、ファン投票で行けそうなのは中村、浅村で、監督推薦で入ってきそうなのは岸、高橋といったところでしょうか。そうなると、西武ドーム開催もありますし、ライオンズはもう1枠もらえても良さそうな気がします。もっとも、規定打席に到達しているキャッチャーが嶋と炭谷だけなので、成績云々は度外視して炭谷が選ばれるかもしれませんが。

2014/06/24(火)10年間の蓄積

2014/06/24 21:47

私は昨日37歳の誕生日を迎えたのですが、このブログはもうすぐ10歳の誕生日を迎えます。

このブログを始めたころは、大阪近鉄バファローズがありましたし、オリックスブルーウェーブがありましたし、福岡ダイエーホークスがありました。横浜ベイスターズの親会社はTBSでした。西武グループ上場廃止されておらず、ライオンズも必要十分な程度には球団運営にお金を使っていました。そう考えると、ずいぶん長いことブログを書いてきたものだなと思います。

はてなダイアリーはてなブログWordPressはてなブログと引っ越しを繰り返し、タイトルも2度ほど変えていますが、このブログには2004年7月14日以降のすべてのライオンズの公式戦と、パ・リーグプレーオフクライマックスシリーズ、そして日本シリーズの結果が(素人の独り言であるとはいえ)感想とともに残っています。

なぜ突然こんな話を始めたかというと、職場で「あの試合って何年前でしたっけ?」と聞かれたとき、このブログの検索で答えに辿り着いたからです。継続していると、どんなところで何の役に立つかわからないものですね。

2014/06/23(月)37歳になりました

2014/06/22 24:19

竹達彩奈さん、お誕生日おめでとうございます。

……毎年同じ書き出しのような気もしますが、竹達さんより一回りおっさんの私は今日で37歳を迎えることとなりました。今までは頑なに「俺はまだ30代半ば」と主張していましたが、そろそろ「40歳手前」と呼ぶにふさわしい年齢になったので、少しは落ち着いた発言ができるようになりたいと思います。

36歳の一年を振り返ってみると、36歳最初の日にらき☆すたデーで史上まれに見るクソ試合を見せられたり、流山市WEBアプリコンテストで最優秀賞をいただいたりと、いいことも悪いこともたくさんありました。とはいえ、体に不安がある身としては、無事に一年を過ごせたことが何よりも嬉しいです。

こんなふうに来年の誕生日も笑って一年を振り返れますように。そして、このブログをご覧のみなさまもいい一年が過ごせますように。

2014/06/22(日)交流戦終了

2014/06/22 20:36
【横浜DeNA vs 埼玉西武 第4回戦】
(2014年6月22日:横浜スタジアム埼玉西武    1 0 2  0 0 0  0 0 0  3
横浜DeNA  0 3 0  0 0 0  1 0 x  4

[勝] 万谷 1勝0敗0S
[S] 三上 0勝0敗10S
[敗] 菊池 3勝7敗0S

ライオンズは初回に栗山のタイムリーツーベースで1点を先制。2回裏に金子侑のまずい守備が続いて逆転を許しますが、直後の3回、栗山の2点タイムリーツーベースで再度同点に追いつきました。

中盤は両チーム決め手を欠いてゼロが続きましたが、7回裏、山崎のタイムリー内野安打でベイスターズが勝ち越し。これが決勝点になりました。ライオンズは3連敗で交流戦を終えることになりました。

ライオンズ先発の菊池は、ややボールが荒れている感はありましたが、スピードも出ていましたし、調子自体は良かったと思います。ただ、味方の守備の乱れが痛かったですね……。

さて、今日の試合をもってライオンズの交流戦は終了しました。成績は11勝13敗と2つの負け越し。一時は貯金を作ったのですが、最後の3連敗で吐き出してしまいました。嫌な形で交流戦を終えることになりましたが、リーグ戦再開まで4日ありますし、気持ちを切り替えてリーグ戦に臨んでいってほしいと思います。

2014/06/21(土)打線の粘りも実らずサヨナラ負け

2014/06/21 22:18
【横浜DeNA vs 埼玉西武 第3回戦】
(2014年6月21日:横浜スタジアム埼玉西武    2 0 0  0 0 0  0 3 1  1   7
横浜DeNA  0 0 0  1 0 4  0 1 0  2x  8

[勝] 林      1勝0敗0S
[敗] ウィリアムス 1勝2敗0S

[本塁打]
   1回表 メヒア   6号 2ラン (モスコーソ)
   4回裏 グリエル  2号 ソロ  (岸)
   6回裏 後藤    3号 ソロ  (岸)
   6回裏 多村    1号 2ラン (岸)
   8回表 木村    8号 3ラン (ソーサ)
  10回表 脇谷    1号 ソロ  (加賀)

ライオンズ先発は岸。ローテを一回飛ばしただけで戻ってこられたのは何よりでしたが、ピッチング自体はあまりピリッとしませんでした。初回にメヒアのホームランでもらった2点の援護を守り切れず、3本のホームランを浴びて5回1/3で4失点。

逆転を許した打線ですが、今日は見事な粘りを見せてくれました。8回に木村のホームランで3点差を追いつくと、その裏に梶谷のタイムリーで再度勝ち越しを許しますが、9回に三上を攻めてメヒアのタイムリーで再度同点に。延長10回表に脇谷のホームランで1点を勝ち越しました。

……と、良かったのはここまでで、10回裏、ウィリアムスがつかまり、2アウト一二塁から嶺井のタイムリースリーベースで逆転サヨナラ負け。直前の2アウト二塁からの代打金城の敬遠が裏目に出た形ですが、金城とプロ入りしてまだヒットがないルーキーを比べれば、采配としては間違ってないかなと思います。

また、今日の試合は中村が肘の違和感で欠場しましたが、代わりにルーキーの山川が5番指名打者でプロ初出場。3打数ノーヒット1四球という結果に終わりましたが、夢のあるスイングを見せてくれました。きわどい球を見極める場面もありましたし、二軍で打ちまくっていたというのも頷けます。調子のいいうちに初ヒットを打って、自信をつけてもらいたいなぁと思います。

OK キャンセル 確認 その他