2014/06/20(金)しがらみのある飲み会

2014/06/20 23:48

今日は自社の飲み会でした。ちょっと飲み過ぎたかもしれません。頭が痛い。

来週は現場で飲み会があり、立て続けになってしまうので、次回はセーブしていきたいところ。また、来週末のライオンズクラシックは現地で観戦する予定なのですが、飲まずにはいられないという展開は勘弁して欲しいところです。

2014/06/19(木)燃え尽きた

2014/06/19 23:35

小田急線の相模大野駅脱線事故があったため、ダイヤが大幅に乱れ、帰宅するだけで体力を使い切ってしまいました。

たまたま座れたのはラッキーだったのですが、非常に混雑していたせいで左膝(右もなんですけど)をガンガン蹴られたのがキツかった。まあ、誰が悪いというわけでもないので歯を食いしばって我慢していましたが。

私は痛い思いをしながらも帰ってこれましたが、新百合ヶ丘相武台前間と相模大野~大和間については本日中の復旧の目処が立たず、明日の始発からの再開を目指して作業を続けているそうです。作業員の方々、お疲れ様です……。

2014/06/18(水)完敗

2014/06/18 22:31
【中日 vs 埼玉西武 第4回戦】
(2014年6月18日:ナゴヤドーム埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
中日    0 0 0  1 0 4  0 1 x  6

[勝] 大野 4勝3敗0S
[敗] 牧田 3勝5敗0S

[本塁打]
  8回表 木村  7号 ソロ (大野)

例によって例のごとく、パ・リーグTVで見られない試合なのでサラッと。

ドラゴンズ先発の大野の前に3安打に抑え込まれ、木村のホームランで1点を返すのが精一杯。完敗です。

負けたのは仕方がありませんが、ちょっと心配なのが中村の途中交代。今まで肘というのは聞いた記憶がないのですが、また新しい場所を痛めてしまったということでしょうか。大事に至らなければいいのですが。

2014/06/17(火)十亀、今季初完封

2014/06/17 23:02
【中日 vs 埼玉西武 第3回戦】
(2014年6月17日:浜松)

埼玉西武  1 0 2  0 0 1  0 1 0  5
中日    0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 十亀 4勝4敗3S
[敗] 朝倉 3勝4敗0S

[本塁打]
  8回表 秋山  1号 ソロ (鈴木翔)

パ・リーグTVで観られない日に限ってこんな快勝するなんてw

ライオンズ先発の十亀はドラゴンズ打線をわずか2安打に抑えて完封勝利。10個の三振を奪い、二塁を踏ませない好投でした。これだけのピッチングができる先発ピッチャーをクローザーにしようとしていた監督がいたらしいですよ。私はよく知りませんけど。

打線は12安打4四球で5得点ということで、ちょっと効率が悪いかなという気もしますが、初回に先制、3回、6回に追加点を挙げ、8回に駄目を押すという理想的な得点の取り方ができました。好調の渡辺は今日も5打数4安打と大当たり。今はバットを振ればヒットになるという状態ですね。実に頼もしいです。

2014/06/16(月)電子書籍端末としてのiPad mini

2014/06/16 22:51

今日、職場で電子書籍の話題になったのですが、そのときのことをまとめてみます。

私は電子書籍はほとんどiPad mini(初代)で読んでいます。一時期Kindle Paperwhiteも使っていたのですが、今は様々なフォーマットを読むためにアプリを切り替えながら使っています。

Kindle本は当然ながらKindleアプリで。

Kindleで扱っていない書籍、また、Kindleで扱っていても、ほかのサイトでDRMフリーやソーシャルDRMとして売られている場合、そちらで買うことも多くなっています。オライリーとか達人出版会とか技術評論社とかオーム社とか。技術書ばっかりですけどw

ちなみに、これらのサイトの電子書籍は、ほとんどがPDF、たまにEPUBといった感じ(オライリーはmobi形式のものもたまにありますが)です。

PDFに関してはi文庫HDを利用しています。KindleアプリでもPDFは読めますが、残念ながら縦書き右綴じの本も左綴じ扱いされてしまいます。iBooksも同様。

EPUBに関しては色々と試してみたのですが、やはりiBooksが一番使いやすかったです。

さて、ここまでの話をまとめると、まるで私がiPad miniに大満足のように見えますが、実は本音を言えばWindowsタブレットに乗り換えたいと思っています。だって本を読むだけじゃなくてベスプレもできるんですよ!

……もっとも、Windows版のKindleアプリ(Amazon.co.jp対応版)が出てくれないことにはそんなことは夢のまた夢なのですが。というか、そもそも日本で出すつもりがあるのかよくわからないのですが。

2014/06/15(日)壁が越えられない

2014/06/15 19:42
埼玉西武 vs 阪神 第4回戦】
(2014年6月15日:西武ドーム阪神    0 0 1  0 5 1  1 0 0  8
埼玉西武  0 0 1  0 0 0  0 0 0  1

[勝] メッセンジャー 5勝6敗0S
[敗] 野上      3勝6敗0S

[本塁打]
  5回表 緒方  2号 3ラン (野上)

今日の野上は初回、2回と三者凡退で立ち上がり、3回に先制点を許したものの、4回は三者凡退。本人も試合後に言っていたようにここ最近ではかなり調子のいいほうだったと思いますが、5回につかまってしまいノックアウト。バースデー登板を白星で飾ることはできませんでした。

去年の野上は100球前後に壁がありましたが、今年はその壁が60球、70球といったところで来てしまいます。さすがに毎回毎回これでは、先発として計算することは難しい状況です。ただ、下に落とそうにも、もうすぐ交流戦が終わって必要な頭数も増えてくるんですよね……。

打線のほうは、唯一のチャンスらしいチャンスが3回の1アウト満塁。ここで栗山の押し出しフォアボールで同点に追いつきましたが、中村、メヒアが連続三振で1点止まりだったのが痛かった。このあとはチャンスどころかほとんどランナーを出すことができませんでした。

さて、これでライオンズの連勝は4でストップ。連勝はいつか止まるものなので仕方ありませんが、ここからずるずる連敗しないでほしいところ。

2014/06/14(土)4連勝で最下位脱出

2014/06/14 20:54
埼玉西武 vs 阪神 第3回戦】
(2014年6月14日:西武ドーム阪神    1 0 0  0 0 1  0 0 0  2
埼玉西武  0 2 0  0 0 1  0 0 x  3

[勝] 菊池 3勝6敗0S
[S] 高橋 0勝1敗12S
[敗] 能見 5勝5敗0S

[本塁打]
  2回裏 木村    6号 2ラン (能見)
  6回表 マートン  8号 ソロ  (菊池)

ライオンズ菊池、タイガース能見のサウスポー対決。軍配が上がったのは菊池でしたが、ピッチング内容自体は能見のほうがいいくらいでした。今日も10個の三振を奪い、セ・リーグ記録となる5試合連続二桁奪三振

菊池は初回にヒット→送りバント→ヒットという綺麗な形でいきなり先制点を奪われ、少し不安な立ち上がりではありましたが、2回以降は立ち直ってくれました。

今日は2四球とテンポが悪くなかったということもあるのでしょうが、栗山がゴメスの大飛球を背走してつかんだり、メヒアがファーストファウルフライをスライディングしながらつかんだりと、守備でも随所にいいプレイが見られました。

さて、これでライオンズは今シーズン初の4連勝となり、同率で並んでいたイーグルスを抜いて最下位脱出。そして、交流戦の成績を10勝9敗とし、貯金が一つできました。例年は交流戦で苦しむことが多いですが、今年は逆にこの交流戦をきっかけに浮上していってもらいたいものです。

2014/06/13(金)藤原プロ入り初勝利

2014/06/13 22:51
埼玉西武 vs 広島東洋 第4回戦】
(2014年6月13日:西武ドーム広島東洋  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武  0 0 0  2 0 5  0 0 x  7

[勝] 藤原 1勝2敗0S
[敗] 戸田 0勝1敗0S

[本塁打]
  4回裏 メヒア  5号 2ラン (戸田)
  6回裏 中村  12号 3ラン (中崎)

ライオンズは4回、メヒアのホームランで2点を先制。6回には中村の通算250号となる3ラン、木村のタイムリー、脇谷の犠牲フライで5点を挙げて勝負を決めました。

ライオンズ先発の藤原は5回1/3を無失点に抑えてプロ入り初勝利をマークしました。おめでとうございます。2番手以降のリリーフ陣もほぼ完璧でした。昨日つかまった増田も9回を3人で押さえられたので一安心。

……と、以上のように記録だけ見れば快勝なのですが、序盤に誤審があったせいで素直に喜んでいいのか微妙な気分です。

3回表、2アウト一三塁から、菊池の三遊間の当たりを渡辺がよく追いついて二塁に送球。微妙なタイミングでしたが判定はアウトで、カープは先制のチャンスを逃しました。しかし、スローや制止画で見ると実は完全なセーフ。ここで1点入っていれば展開はずいぶん違っていたでしょうね……。

2014/06/12(木)単独最下位脱出

2014/06/12 23:28
埼玉西武 vs 広島東洋 第3回戦】
(2014年6月12日:西武ドーム広島東洋  0 0 0  1 0 0  0 3 0  4
埼玉西武  0 1 1  0 0 0  2 1 x  5

[勝] 増田 2勝1敗0S
[S] 高橋 0勝1敗11S
[敗] 中田 3勝1敗0S

[本塁打]
  2回裏 メヒア     4号 ソロ (九里)
  4回表 エルドレッド 20号 ソロ (牧田)
  8回表 松山      5号 ソロ (増田)

今日の牧田は素晴らしいピッチングでした。エルドレッドに一発は浴びたものの、低めの球を上手く持って行かれたバッティングで、あれはどちらかと言うと打ったほうを褒めるべきホームラン。7回を4安打1失点で降板し、あとは勝ちパターンリレーにあとを託しました。

しかし、2番手の増田が大誤算。菊池のタイムリースリーベースで1点を失うと、続く丸の内野ゴロの間にもう1点。ここまでは仕方がなかったと思いますが、2アウトから松山にど真ん中の球を投げてしまい、これがライトスタンドへ突き刺さる同点アーチとなりました。

対するライオンズはその裏、1アウト一塁から、金子侑のレフト線を破るタイムリーツーベースで再度勝ち越し。これが決勝点になりました。ライオンズはこれでイーグルスと並んで同率の5位です。まあ、最下位であることには変わりがないんですけど。

打線全体を見てみると、メヒアに久しぶりのホームランが出ましたし、秋山は2割4分が見えてきました。金子侑は2割5分を超えました。その影で炭谷がひっそりと2割を切っていますがそれは気にしない方向で。

2014/06/11(水)まずは身の回りから

2014/06/11 22:29

左膝をかばって歩いているうちに右踵が腫れてしまったため、最近は極力普通に歩くようにしているのですが、痛いものは痛いのでなかなか上手く行きません。はやく梅雨が終わって夏が来ればいいのに。

……夏が来たら夏が来たで、早く秋になればいいのに、と言う自分の姿が今から想像できますがw

さて、今のプロジェクトではJavaの経験があるメンバーがほとんどいないため、公式には設計フェイズではあるものの、私は先行してコーディングを始めています。そして、Javaに詳しいメンバーがいないのをいいことに、「Javaの常識」ということにして自動テストやCIの仕組みを構築しようとしています。まあ、二次請けの阿呆な営業が自己保身のための嘘で各方面に迷惑をかけまくっていることを考えれば、このぐらいの嘘は許されるだろw

全体で見ればグダグダなプロジェクトで、このまま行けば泥沼に突っ込むのは見えてはいるのですが、自分のできる範囲のことでいい方向に持っていきたいと思います。愚痴っているだけでは何も変わりませんからね。

OK キャンセル 確認 その他