2014/08/31(日)なかったことにしたい

2014/08/31 21:19
埼玉西武 vs オリックス 第19回戦】
(2014年8月30日:西武ドームオリックス  0 6 0  1 7 1  0 0 0  15
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  1 0 0   1

[勝] ディクソン 8勝10敗0S
[敗] 野上    6勝8敗0S

[本塁打]
  6回表 糸井 16号 3ラン (平野)
  8回表 原拓  2号 ソロ  (豊田)
  7回裏 木村  9号 ソロ  (ディクソン)

ヒヤヒヤの展開ながら何とか逃げ切れたので、いい気分で今日の試合の戦評を書こうと思ったら、まだ昨日の大敗のことに触れていませんでした。くそう、どうしてこうなった。

昨日はライオンズ先発の野上が大荒れで、2回途中6失点でノックアウト。味方の守備に足を引っ張られた面があるとはいえ、2回の1イニングで6安打浴びているのでちょっと同情はできません。前回のプロ入り初完投で一皮むけてくれるかと思ったんですが……。

明るい話題を探すとすれば、ルーキー豊田の一軍復帰でしょうか。展開的に楽な場面ではありましたが、3回1/3を投げて原拓の一発による1失点のみ。復帰戦としては上々の内容だと思います。9月は大型連戦が控えていますから、後ろにある程度計算できるピッチャーが一枚増えるのはずいぶんと助かりますね。

2014/08/30(土)菊池、久々の白星で4勝目

2014/08/30 22:10
埼玉西武 vs オリックス 第18回戦】
(2014年8月29日:西武ドームオリックス  0 0 0  0 2 0  0 0 0  2
埼玉西武   0 1 0  0 4 0  0 0 x  5

[勝] 菊池 4勝8敗0S
[S] 高橋 2勝1敗23S
[敗] 西  12勝7敗0S

今日はあまりにも酷い試合だったので戦評書きたくないなーと思っていたのですが、よく考えたら昨日の試合についてまだ書いていませんでした。このまますっとぼけて今日の試合を飛ばしちゃっていいですかね?w

さて、その昨日の試合。森のスタメンキャッチャーに注目が集まりましたが、上位打線も1番栗山、2番鬼崎、3番浅村という形に組み替えてきました。私は前々から1番栗山を推していたので、この変更はようやく時代が俺に追いついてきたという感じなのですが、今回はこのオーダー変更が功を奏しました。

1点ビハインドで迎えた5回裏、森のヒット、林崎のフォアボールでノーアウト一二塁のチャンスを作ると、栗山の送りバントフィルダースチョイスを誘ってノーアウト満塁。続く鬼崎がセンター前にしぶとく落とす2点タイムリーで逆転に成功しました。さらに中村、秋山にもタイムリーが出てこの回計4点。

ライオンズ先発の菊池は、珍しく初回を三者凡退で立ち上がると、中盤までは安定したピッチング。5回に下位打線につかまりいったんは逆転を許しましたが、終わってみれば7回5安打2失点で6月14日以来の4勝目をマークしました。たしかに離脱した時期がありましたが、2ヶ月半も勝ってなかったんですね……。

2014/08/29(金)いい酒が飲めた

2014/08/29 23:47

BPStudyに参加してきました。いろいろと語りたいことはありますが、懇親会で飲んできたので今は酔っ払っているのでそれは後日改めて。

急に野球の話になりますが、森くんがスタメンマスクをかぶって菊池を勝ちに導けたということで、これが自信に繋がってくれればなぁと思います。

炭谷との兼ね合いもありますが、今は経験を積むために少しでも多くマスクをかぶってもらいたいと思います。今の順位を考えれば、目先の一勝に一喜一憂する必要はない状況ですし。

2014/08/28(木)中村、トップタイの27号

2014/08/28 22:30
東北楽天 vs 埼玉西武 第18回戦】
(2014年8月28日:楽天Koboスタジアム宮城埼玉西武  0 0 0  0 1 1  0 0 1   3
東北楽天  2 3 0  0 0 4  0 1 x  10

[勝] 塩見  5勝6敗0S
[敗] 岡本洋 2勝5敗0S

[本塁打]
  6回表 中村 27号 ソロ (塩見)

4番、5番がホームランダービートップを走り、ドラフト1位ルーキーが3試合連続ホームランを放つなど大きな存在感を示しています。投げるほうでも、エースがノーヒットノーランを達成し、2年目の若手が守護神として新人王を争うくらいの活躍を見せています。

私はあまり野球に詳しくないのですが、きっとこの埼玉西武ライオンズというチームは首位を独走しているんでしょうねぇ……。

2014/08/27(水)一ヶ月を振り返って

2014/08/27 21:32

今月から自社内で開発するようになり、生活がずいぶんと変わりました。

一番大きいのは私服で働けること。別にネクタイやスーツは苦にならないのですが、それにつきまとってくる革靴は膝痛的な意味でキツかったです。今はクッションの効いたスニーカーで通勤できるので歩くのもそれほど辛くありません。

また、幸いにしてまだそんな日は来ていないのですが、膝に痛みがある日もサポーターを装着してゆるめのズボンで通勤することも可能です。そう考えるとずいぶんと気が楽になりました。

それから、今まで山手線より東側の現場に行かされることが多かったのですが、渋谷までで良くなったので通勤時間もグッと短くなりました。俺は今まで通勤という行為にどれだけ人生の貴重な時間を費やしていたんだろうと痛感するばかりです。まぁ、通勤中は基本的に本を読んでいたので、完全に無駄な時間を過ごしていたわけでもないのですが。

仕事の内容は「デザイン以外全部」みたいな感じなので、今までのようにアプリケーションを作ることだけを考えていればいい状況とはずいぶんと変わりました。こんなに色々と調べながら仕事をするのは久しぶりのことです。もちろん、やりがいはありますけど。

2014/08/26(火)メヒア、トップタイの27号

2014/08/26 22:05
東北楽天 vs 埼玉西武 第17回戦】
(2014年8月26日:楽天Koboスタジアム宮城埼玉西武  0 0 5  0 0 0  0 1 2  8
東北楽天  0 0 1  1 0 0  0 0 0  2

[勝] 牧田  6勝8敗0S
[敗] 松井裕 2勝7敗0S

[本塁打]
  3回表 メヒア 26号 3ラン (松井裕)
  8回表 メヒア 27号 ソロ  (今野)

ライオンズは3回、渡辺、中村のタイムリーとメヒアのホームランで一気に5点を先制。ちなみにこのメヒアのホームランですが、松井裕のプロ入り初被本塁打だそうです。ここまで20試合以上投げてホームランを打たれなかったというのはすごい。

ライオンズ先発の牧田は、3回、4回と左バッターに連打を浴びて(そもそも左バッターを並べてきていたのですが)1点ずつを失いますが、その後は立ち直りました。結局、6回を投げて6安打2失点。ゲームを作ってくれました。

ライオンズは8回、メヒアの今日2本目となる、ペーニャと並ぶ27号ソロで1点を追加。9回にも浅村のとんでもない球を打ったタイムリーなどで追加点を挙げ、そのまま逃げ切りました。

しかし、メヒアがこんなハイペースでホームランを量産してくれるとは思いませんでした。中村も1本差の26本で追っていますし、二人で刺激し合っていい結果を残してほしいと思います。何しろ、もうそのくらいしかファンの楽しみがな……いえ、何でもありません。

2014/08/25(月)悪あがき

2014/08/25 21:21

昨日の敗戦でCSはかなり厳しくなった感はありますが、当サイトは一応ライオンズ応援ブログらしいので、もう少し信じてみようと思います。

今後の日程を見てみると、まずは明日から6連戦。9月に入ると、10連戦、5連戦、3連戦、8連戦と、かなり変則的な日程です。しかも10連戦は西武ドーム3試合→ヤフオクドーム3試合→QVCマリン4試合、8連戦は京セラドーム4試合→コボスタ1試合→西武ドーム1試合→札幌ドーム2試合。過密日程なのはライオンズだけではありませんが、それを考えてもちょっと移動が厳しそうです。

先発陣は岸、菊池、牧田、岡本洋、野上で回して、8連戦、10連戦では小石やレイノルズを交えるといった感じでしょうか。おとといのピッチングを見た感じだと、レイノルズより小石にチャンスをあげてほしいところではありますけど。

2014/08/24(日)終盤にいったんは追いついたものの……

2014/08/24 19:23
北海道日本ハム vs 埼玉西武 第19回戦】
(2014年8月24日:札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 1  0 0 0  1 1 0  3
北海道日本ハム  0 0 3  0 0 0  0 1 x  4

[勝] クロッタ 4勝2敗6S
[S] 増井   4勝6敗17S
[敗] 増田   2勝2敗0S

[本塁打]
  3回表 浅村  10号 ソロ  (上沢)
  3回裏 陽   18号 3ラン (岸)
  7回表 メヒア 25号 ソロ  (上沢)
  8回裏 陽   19号 ソロ  (増田)

陽岱鋼一人にやられてしまいました。

ライオンズは3回に浅村のホームランで先制しますが、その裏に陽の3ランで逆転を許します。7回にメヒアのホームラン、8回に中村のタイムリーで1点ずつを返して同点に追いつきますが、その裏にまたもや陽にホームランを浴びて勝ち越しを許し、そのまま決着がつきました。

勝ち越さなければいけない、できれば3連勝したかった3位ファイターズとの3連戦を1勝2敗で終え、ゲーム差は7.5に開きました。例年のようなラストスパートをするための明るい材料もありませんし、さすがにそろそろ終戦ですかね……。

なお、数少ない明るい話題であるルーキー森ですが、9回に代打で登場して増井の変化球をライト前に運びました。前回の増井との対戦でストレートをとらえ、今回は変化球をはじき返したということでニヤニヤが止まりません。ホントすげえルーキーだわ。

2014/08/23(土)連日のおかわりも実らず

2014/08/23 20:09
北海道日本ハム vs 埼玉西武 第18回戦】
(2014年8月23日:札幌ドーム)

埼玉西武     1 0 1  0 3 0  0 0 0  5
北海道日本ハム  5 0 2  0 0 0  1 0 x  8

[勝] 谷元    5勝1敗1S
[S] 増井    4勝6敗16S
[敗] レイノルズ 3勝6敗0S

[本塁打]
  1回表 浅村    9号 ソロ  (吉川)
  1回裏 陽    17号 3ラン (レイノルズ)
  1回裏 ミランダ 12号 2ラン (レイノルズ)
  3回表 中村   25号 ソロ  (吉川)
  5回表 中村   26号 3ラン (河野)

ライオンズは初回、浅村の先頭打者ホームランで1点を先制します。浅村のホームランは5月24日以来、実に3ヶ月ぶりとなります。確かに復帰後にホームランを打った記憶はなかったのですが、そんなに長い間打っていなかったんですね……。

幸先良く先制したライオンズですが、レイノルズがそれに応えられません。その裏、陽のホームランで1アウトも取れないうちに逆転を許すと、ミランダにも一発を浴びてこの回合わせて5点。3回にもミランダにタイムリーを浴び、2回0/3でノックアウトとなりました。

打つほうでは中村が昨日に続いての1試合2ホームランを放って盛り上げましたが、あと一歩及ばず。今日はメヒアがブレーキになってしまいました。まぁ、いつもいつも打てるわけではありませんし、1試合で責める気にはまったくなりませんけど。

2014/08/22(金)野上、プロ入り初完投

2014/08/22 23:24
北海道日本ハム vs 埼玉西武 第17回戦】
(2014年8月22日:札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 4  1 2 0  0 4 0  11
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  0 1 0   1

[勝] 野上    6勝7敗0S
[敗] メンドーサ 4勝12敗0S

[本塁打]
  3回表 中村 23号 3ラン (メンドーサ)
  8回表 中村 24号 満塁  (クロッタ)

野上がプロ入り初完投勝利を挙げました。1失点もエラー絡みだったので、これがなければ初完封でもあったのですが、それは次の機会に期待したいと思います。今日は球数が少なかったこともありますが、最後まで崩れることがありませんでした。今日の経験から何かをつかんでくれればいいなーと思います。

打つほうでは、中村が2本塁打7打点の大活躍でした。最近はまったく迫力のない空振りが目立っていただけに、思い切って休ませたほうがいいんじゃないかとも思っていましたが、もうあまり心配しなくてもいいのかもしれませんね。

また、シーズン序盤に離脱していた鬼崎が一軍に復帰し、2安打1四球ですべてホームまで還ってきました。開幕直後は調子がいいのに起用してもらえない時期もあり、ようやくポジションを勝ち取ったと思ったら自打球で離脱という、ちょっと運のない部分もありましたが、もうこれで憑きものは落ちたと思います。これからはこれまでの鬱憤を晴らすような活躍を期待しています。

OK キャンセル 確認 その他