2015/02/08(日)ライオンズファンクラブの特典が届きました

2015/02/08 19:45

ライオンズファンクラブの特典が届きまして、少しずつテンションが上がってきているところです。

特典のユニフォームは相変わらず薄い生地ですが、考えようによっては夏場でも安心な親切設計です。一昨年、昨年はSaitamaユニで球場に行きましたが(結局去年の特典のジャングル大帝コラボユニは未開封)、今年はこれを着ていくことになりそうです。

また、レギュラーA会員の特典はリュックを選んだのですが、思ったよりは悪くない作りでした。まぁ、普段通勤にはひらくPCバッグを使っていますし、休日の外出はそれほど荷物を持ち歩くことはないので、使うとしたら、それこそ観戦に行くときや実家に帰るときくらいになりそうですが。

ところで、そのリュックの注意書きの先頭に

本来の目的以外には使用しないでください。

とあって、ジョークグッズかよと思ってしまったのは内緒です。

2015/02/07(土)今年の目標

2015/02/07 21:24

なんでしょう、びっくりするくらいライオンズの情報が入ってきませんよね。情報があったのはキャンプ初日から3日連続リタイヤ者を出したときくらいでしょうかw

昨日は冗談めかして親子ヒーロープロジェクトのことを書きましたが、その日に行くかどうかは置いておいて(joeくんは行きたがってますがw)、今年は少し球場に足を運ぶ回数を増やしたいなとは思っています。

パ・リーグTVができてから割引料金のためにファンクラブに入ったものの、その「パ・リーグTVが割引料金で利用できる」以上の有効活用ができていません。チケットもずいぶん安く買えるのですが、2012年は1試合(らき☆すたデー)、2013年は2試合(交流戦の横浜戦、らき☆すたデー)、2014年は2試合(ライオンズクラシック、ヤマノススメデー)しか現地に行っていません。しかも、ファンクラブ特典の指定席の引換券をもらっているのに、毎年余らせています。

今年は5試合くらいは行きたいですねー。まぁ、快適に野球を観られる期間があまりにも短いホーム球場なのが難しいところではありますがw

2015/02/06(金)親子ヒーロープロジェクト

2015/02/06 21:59

特撮ヲタであるところのjoeくんにコラボイベントのことを教えてもらいました。

パ・リーグ 親子ヒーロープロジェクト

なんだよ、萌えアニメじゃねーのかよ。

……失礼しました。

去年はウルトラマンとのタイアップがあり、けっこう盛り上がっていましたので、今年も継続ということなのでしょう。こういった試みは非常にいいことだと思いますので、ぜひとも続けていってほしいと思います。これがきっかけで子供たちがファンになってくれるかもしれませんしね。

私は特撮にあまり詳しくないので、特撮=派手な爆発くらいのイメージしかないのですが、西武プリンスドームでも7回8回あたりにはマウンド近辺で派手な爆発が見られると思います。きっと子供たちも喜んでくれることでしょう。

先ほども書いたとおり、私は仮面ライダーのことはよくわからないのですが、西武プリンスドームに来るのは「ドライブ」という車にちなんだ名前のライダーと、「マッハ」というとても速そうな名前のライダーのようです。ということは、この日は誠を先発させればいいんですかね?

2015/02/05(木)ようやくまともな制度になった

2015/02/05 23:28

いろいろ脅されたわりには雪はそれほど降らず。明日の朝までこんな感じでやり過ごしてくれればいいのですが。

パ・リーグCS10・10開幕 セと同日程 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

「CS両リーグ同時開幕」というニュースですから、パ・リーグを主語にするような記事ではないだろ、と思いながらリンクをクリックしたのですが、最後の一文があるからこんな見出しになったのですね。

また、レギュラーシーズンでの上位チームがあと1勝として迎えた試合で、延長12回表に下位チームが無得点に終わった場合は、セと同様にその時点で試合を打ち切ることを決めた。

やっとかよ!

無意味な12回裏の最初の被害者であるところのライオンズですが、どうやらこのまま最後の被害者になりそうです。良かった。あのときフライングした松中のほうは笑い事ですみましたが、12回裏に投げさせられた牧田はかわいそうで見ていられませんでしたから。

2015/02/04(水)切り替えができない

2015/02/04 23:39

最近JavaPythonを行ったり来たりしているので、時々ごっちゃになった変なソースを書いてしまいます。

try:
    ModelClass.objects.get(id=model_id)
catch ModelClass.DoesNotExist:
    print('Not Found...')

とか

for (String str in strList) {
    :
}

とか。

切り替えが上手くなりたい。

2015/02/03(火)執念

2015/02/03 21:38

西武後藤オーナーが「3つのお願い」 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

ありがちな挨拶ですから深い意味はないのでしょうが、1つ目と2つ目はともかく、3つ目はまずフロントが執念を見せてから言うべきじゃありませんかね……。オフの間、ファンがどれだけ深い悲しみに包まれていたと思っているんだ。

もっとも、補強に関してはいちいちオーナーが出る幕でもありませんから、悪いのは球団社長とか本部長とか本部長とか本部長とか本部長とか本部長なんですけど。

2015/02/02(月)Answer×Answerの思い出

2015/02/02 22:28

1月30日の午前4時、Answer×Answerのネットワークサービスが終了しました。

最近は二つのゲームを並行して進める気力も時間もなく、QMA一本に絞っていたのですが(そのQMAすら満足にできていないのですが)、初代の稼働初期、2の稼働初期にはずいぶんとやり込んだものです。実は全国ランカーだったこともあるんですよ。

f:id:seven_pairs:20150202222301j:plain

この画質の荒さが携帯電話のカメラの進化を物語っていますね。

……とまぁ、技術の進歩の話は置いておいて。

このときはちょうどAn×An初めてのスペシャルジャンル「野球」のイベントが行われていた頃で、その勢いに乗ってランキングを駆け上がりました。

初代の予選は4人総当たりのリーグ戦で、その3戦ともジャンルを選ぶことができました。普段はスポーツ、自然科学と、残り一つはイマイチ自信のない語学・文学か趣味・雑学あたりを投げていたのですが、この期間中はスペシャルジャンル、スポーツ、自然科学と得意ジャンルだけで攻めることができたのが大きかった。また、ランダムで出題される問題の中にもかなりのスペシャルジャンルの問題が含まれていたため、決勝に残れないのは「事故」というレベルで、その決勝でも相当の勝率を残せました。

……まぁ、スペシャルジャンルが終わった途端にクイズ力はザクザク削られたんですけどねw

その後は対戦相手のエンタメ攻めにうんざりしたこともありプレイ回数は激減しましたが、An×An2にバージョンアップされてから(というか、ロケテストという名の先行稼働のときから)復帰。ちょうどQMAに対するモチベーションが下がっていた時期でもあり、かなりの勢いでプレイしていた記憶があります。

ただ、それも長くは続きませんでした。きっかけになったのはプレミアムで導入された爆弾押しつけクイズです。得意苦手で言うとわりと得意なほうではあったのですが、それでも「クイズに正解しないほうが良い場面がある」というのが大きなストレスでした。俺がやってるのはクイズのはずだよね?

そして、駄目を押したのがプレミアムプラスで導入されたウソつきダウトクイズ。「クイズに正解しない」どころか「わざと間違える」というのはさすがに我慢がなりませんでした。ブラフをかましたりする駆け引き自体は好きですが、少なくとも私がクイズゲームに求めているものではなかった。

この2形式は私にとって苦痛だったというだけなので、形式の存在そのものを非難するつもりはありません。ですから、私は文句を言うのではなく、自分の知識や記憶を全力でアウトプットすることが勝利に繋がるQMAに重点を戻しました。これは良い悪いの話ではなく、向き不向き、好き嫌いの話なのです。

とはいえ、上記2形式以外の形式は楽しいものでしたから、頻度は下がったもののプレイそのものは細々と続けていました。ただ、QMAと並行で進めるほどの余裕がなく、気が向いたときにカードを通す程度。稼働終了のニュースがあってからは少し頻度を上げましたが、なくなると決まってからプレイしても遅いんですよね。プレイヤー一人のプレイ回数でどうにかなる問題ではないにせよ、もう少し売り上げに貢献できていればなぁという悔しい思いもあります。

色々と不満も書きましたが、早押しクイズをゲームセンターで体験できるというのは素晴らしい試みだったと思います。今まで楽しい時間をありがとうございました。いつの日かまた帰ってきてくれることを期待して待っています。

OK キャンセル 確認 その他