2016/04/30(土)リリーフ陣が踏ん張り引き分け

2016/04/30 24:45
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第6回戦】
(2016年4月30日:福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      0 2 0  0 0 0  2 0 0  0 0 0  4
福岡ソフトバンク  1 0 0  1 2 0  0 0 0  0 0 0  4

[本塁打]
  2回表 メヒア 10号 ソロ (千賀)
  2回表 坂田   2号 ソロ (千賀)

ライオンズの先発は今シーズン初先発となる高橋光。打ち込まれたという感じではないのですが、ジワジワと点を取られる状態で5回4失点。変化球は悪くなかったと思いますが、いかんせんコントロールが悪すぎた。4回、5回はフォアボールが失点に結びついているので、ここが課題になるでしょうね。

打線のほうは、2回にメヒア、坂田の連続ホームランでいったんは逆転。2点を追う7回には、代打木村昇のタイムリースリーベース、代打上本のタイムリーツーベースで同点に追いつきます。ただ、そのあとの秋山がヒットで続いた1アウト一三塁から浅村、栗山が倒れて逆転には至らず。延長戦に入った10回には1アウト一二塁のチャンスがありましたが、こちらも中村、メヒアが倒れて勝ち越しならず。結局、延長12回引き分けとなりました。

苦しい展開の中、よく追いついた、という言い方はできるでしょう。ただ、明日の先発が郭だというのに、牧田を4イニング、増田を2イニング使ってしまったということは、明日のゲームは相当厳しくなります。そういった意味では勝たなければいけない試合でした。

2016/04/29(金)十亀、ようやく今季初勝利

2016/04/29 24:31
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第5回戦】
(2016年4月29日:福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      0 1 0  5 0 0  1 0 0  7
福岡ソフトバンク  1 0 0  0 0 0  0 2 0  3

[勝] 十亀 1勝1敗0S
[敗] 中田 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 メヒア  9号 ソロ (中田)
  7回表 栗山   1号 ソロ (東浜)

初回、2アウトランナーなしから、ピッチャー返しを弾いたあとの処理を焦った十亀が一塁に悪送球して柳田を出塁させてしまいます。続く内川にライト前ヒットを打たれたあと、ワンバウンド後の打球を坂田がバンザイしてしまうという、実に今年のライオンズらしい野球でホークスに先制を許してしまいました。

しかし、2回のピンチをしのいだあと、十亀は立ち直りました。7回まで120球を投げ、3安打1失点(自責点0)で今シーズン初勝利。いままでずいぶんと苦しみましたが、これからはそれを取り返せるように頑張ってください。

打線のほうは4回の5点で一気に勝ち越しました。満塁走者一掃のスリーベースを放った金子侑のおかげでダメージにはなりませんでしたが、渡辺の送りバント失敗はいただけません。こういうプレイはひとつひとつ大事にしていってほしいと思います。今始まったことではないですが、ここ数年のライオンズの野球は大雑把すぎる。

2016/04/28(木)みんな強いね

2016/04/28 24:17

今日も仕事帰りに9クレ。9クレとは言っても、すべて予習を6周回しているのでだいぶ疲れました。

[P] 3-1-0#0-2(0-1) [D] 0-0-0#1-2(0-0)

まったくついて行けていません。まぁ、4年間サボっていたわけですからね。しばらくはドラフェニスパで頑張ります。

さて、私は3以降はずっとミランダ先生をナビにしてきたわけですが、今作は女性の先生方の持ち物が大層立派になっていて、ぶっちゃけミランダ先生のサイズもほかの先生と差がなくなってしまいました。

というわけで、今作はエリーザ先生をナビにしようということで、頑張って苦手な社会の予習をやっています。ほら、あんなキツい感じの女性に踏まれたいじゃないですか。

しかし、☆を埋めるというよりは☆を増やす感じで進めていたものの、線結びまで全部☆4(並べ替えだけ☆5)になってもまだ解放されない。気になって調べてみたら、今作は解禁条件が変わっていたのですね……。まぁ、いずれ埋めなければいけない☆なので無駄にはなっていないのですが、ちょっと肩透かしを食らった気分です。明日には解禁してきます。

明日は、自分でも予約していたことを忘れていたiPhone SEの機種変更ができるらしいので、待ち時間の間に必死にQMAる予定です。

2016/04/27(水)菊池が粘り切れずに連敗

2016/04/27 23:52
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第5回戦】
(2016年4月27日:西武プリンスドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 5  0 2 0  7
埼玉西武   0 0 0  0 0 1  1 0 0  2

[勝] 二木 2勝2敗0S
[敗] 菊池 1勝4敗0S

[本塁打]
  6回裏 浅村  3号 ソロ (二木)

クイズマジックアカデミーの最新作、トーキョーグリモワールが稼働しました。昼休みに駄目元でアドアーズをのぞいてみたらもう稼働していてびっくり。今作は全国的に稼働時間が早かったようですね。コナミよく頑張った。

というわけで、昼休みに1クレと、仕事帰りに9クレ。9クレに関しては予習もPASELIでフルに増やしたので、平日にこんなにやったのは本当に久しぶりです。

  • [F] 1-2-0#0-0-0-0-0-0(2-3)
  • [Pe] 2-1-0#0-0-0-0-0-0(2-1)
  • [M] 3-0-0#0-0-0-0-0-0(2-3)
  • [Ph] 0-0-0#1-0-0-0-0-0(0-0)

戦績の書き方ってこんな感じでいいのかな。順位決定戦は省いちゃってもいいような気もしますが。現時点では、とりあえず決勝や順位決定戦ではアニ並を投げていますが、ランダムが開かないとスポーツや文系が使えないので早いうちにそこまでは開けてしまいたいですね。

え? 野球? 今日ライオンズの試合ってありましたっけ?

2016/04/26(火)5カード連続初戦黒星

2016/04/26 24:10
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第4回戦】
(2016年4月26日:西武プリンスドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  4 0 0  1 0 0  5
埼玉西武   0 1 0  0 0 0  0 1 0  2

[勝] 石川 2勝1敗0S
[S] 西野 2勝0敗7S
[敗] 野上 2勝3敗0S

[本塁打]
  4回表 デスパイネ  5号 2ラン (野上)

8回にルーキーの南川がプロ入り初登板。清田、デスパイネ、角中という厳しい打順でしたが、三者凡退の素晴らしいデビューを飾りました。8球だけなので、投げているボールがどうこうというのは言いづらいですが、少なくとも今のライオンズの情けないリリーフ陣においては、相手中軸をきっちりゼロで抑えられるだけで貴重な戦力です。これからも頑張ってください。

9回には佐藤がこちらもプロ入り初登板。鈴木にヒットを許したあと、田村にフォアボールを与えて1アウト一二塁のピンチを招きましたが、代打細谷をピッチャーゴロゲッツーに打ち取って切り抜けました。こちらも上々のデビュー戦だったと言えるでしょう。

試合のほうは、3回まで1安打といういい立ち上がりを見せた野上が、4回に突如崩れて4失点。打線も浅村のタイムリーと上本の内野ゴロの間の計2点に抑えられて完敗です。

2016/04/25(月)早くも秋の気配

2016/04/25 22:46

思ったより復帰に時間がかかりそうです。

西武・岸、右内転筋痛で登録抹消へ…潮崎ヘッド「計り知れない痛手」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

日刊スポニチでは特に期限は出ていなかったので、1回ローテを飛ばして10日後には戻ってくる感じだと思っていたのですが、そんなに甘くはなかったようです。首脳陣はなんてことをしてくれたんだ。

そして昨日昇格したばかりの岡本洋が即抹消。まぁ、あんなピッチングをしたあとでは仕方がありません。代わりに昇格する南川は、おそらく勝ちパターンでも牧田でも埋めきれないところで投げることになると思いますが、こういうチーム状況で上げなければいけないというのは少し可哀想でもあります。とはいえ、岡本洋よりひどいピッチングというのはなかなかないと思うので、あまり堅くならずにのびのびやってほしいと思います。

2016/04/24(日)メヒアの3打席連発で連敗ストップ

2016/04/24 19:59
【メヒア様 vs 東北楽天 第6回戦】
(2016年4月24日:西武プリンスドーム)

東北楽天  0 0 0  0 1 0  5 0 0  6
メヒア様  0 0 1  0 2 0  4 0 x  7

[勝] 武隈 1勝0敗0S
[S] 増田 1勝1敗5S
[敗] 福山 0勝2敗0S

[救世主]
  3回裏 メヒア様  6号 ソロ  (釜田)
  5回裏 メヒア様  7号 2ラン (釜田)
  7回裏 メヒア様  8号 満塁  (福山)

度重なるベンチワークのミスをメヒアの3発が救いました。メヒア様々や!

打つほうはメヒア様々の一言で終わってしまう内容なのですが、投手陣は明暗がはっきり分かれました。

先発の岸は2回0/3で内転筋を傷めて降板。どうやら登録抹消ということになるようです。岸自身は順調に調整して、いい感じでシーズンに入ったというのに、首脳陣が4月から中4日を強いた結果がこれであり、彼らに対しては怒りの気持ちしか湧いてきません。また、ナベQを罵倒していた5年前の自分を「お前贅沢言いすぎだよ」とぶん殴りにいきたい気分にもなりました。

その岸のあとを受け、急遽登板となった2番手の小石は本当に素晴らしかった。3回2/3を1失点に抑え、流れを相手に持っていかせませんでした。このピッチングがずっと続けば、牧田や武隈の負担もだいぶ軽くなると思うので、この調子で頑張ってほしいと思います。

このまま小石に白星をあげたいところでしたが、7回に3番手C.C.リーがアクシデントで降板したあと、4番手としてマウンドに上がった岡本洋が燃え上がりました。4人に投げてアウトを1つしか取れず、4連投となる武隈にスイッチせざるを得ない状況になりました。牧田ばかりがクローズアップされますが、武隈もちょっと休ませてあげてください。

メヒアのおかげでいろいろかすんでしまった部分はありますが、ちょっとこのリリーフ陣は深刻ですね……。

2016/04/23(土)決め手を欠いて引き分け

2016/04/23 25:00
【埼玉西武 vs 東北楽天 第5回戦】
(2016年4月23日:西武プリンスドーム)

東北楽天  1 2 1  0 0 2  2 0 0  0 0 0  8
埼玉西武  0 0 0  1 1 3  3 0 0  0 0 0  8

[本塁打]
  6回裏 浅村  2号 2ラン (安楽)

ライオンズ先発のバンヘッケンは2回1/3で6安打を浴び、4失点でノックアウト。本来、ピッチングとはピッチャーとキャッチャーの共同作業であるべきですが、キャッチャーのサインに首を振りまくって結局打たれるのではバンヘッケン一人の責任と言わざるを得ません。昨日の十亀は悪いなりに5回まではゼロに抑えましたし、誰か一人を落とすとしたらバンヘッケンで決まりでしょう。

2番手の郭は3回途中から登板し、5回までは打者7人を完璧に抑えますが、6回に頭部死球による危険球で退場となります。そして3番手の小石が炎上。6回に郭のランナーを返してしまったのは渡辺のエラーのせいなので仕方がないとしても、7回にも2点を失い反撃ムードに水を差してしまいました。

8回は武隈、9回は増田という勝ちパターンをつぎ込み、延長戦は牧田が3イニングを投げて引き分けに持ち込みましたが、そもそも牧田を投げさせるのであれば2番手か3番手で使えばよかったわけで……。

打つほうはみんなよく頑張ったと思います。不振の浅村にも32打席ぶりのヒットとなるホームランが出ました。これがきっかけになってくれればいいのですが。

2016/04/23(土)山本功児さん死去

2016/04/23 21:32

かつてマリーンズで監督を務められた山本功児さんが肝臓がんで亡くなったそうです。まだ64歳。あまりにも早すぎます。

元ロッテ監督の山本功児氏が死去 64歳肝臓がん - 野球 : 日刊スポーツ

十数年前の世紀をまたぐ前後は、日本シリーズでパ・リーグのチームが苦しんでいました。昔、人気のセ、実力のパと言われた時代もありましたし、ここ数年の交流戦や日本シリーズでもパ・リーグが圧倒しているのですが、少し前にはこんな時期もあったのです。

この時期のパヲタたち、特にインターネット、というか2ちゃんねるのプロ野球板に集うような層は、セ・リーグへのルサンチマンを隠さず、オールスターや日本シリーズで一つになることができました。この時期は本当に楽しかったです。

そして、その時期のマリーンズの監督が山本功児さんでした。私が一番熱心に野球を観ていた時期なので、このころの選手や監督さんのことを忘れることはないでしょう。私の中ではマリーンズの監督といえば山本功児なのです。

5年連続Bクラスと、チームの成績が芳しくなかったため、気むずかしい顔をしているシーンが多かったものの、勝ったときの心の底から嬉しそうな笑顔が印象的でした。また、数多くの迷言でも楽しませてもらいました。もちろん、ご本人は楽しませるつもりで発した言葉ではないのでしょうけれど。

私はマリーンズファンではないため、采配面での論評は差し控えますが、2005年の日本一の基礎を築いた監督さんであることは間違いないでしょう。特に、二軍コーチ時代に福浦を早い段階で野手転向させたのは見事な判断だったと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。空の上でマイ・ウェイを熱唱しつつ、支配下登録を目指す息子さんを応援していてください。

2016/04/22(金)なんだよこれ

2016/04/22 22:34
【埼玉西武 vs 東北楽天 第4回戦】
(2016年4月22日:西武プリンスドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 3  1 1 3  8
埼玉西武  0 0 0  2 1 0  2 2 0  7

[勝] 浜矢  2勝0敗0S
[S] 松井裕 0勝0敗5S
[敗] 増田  1勝1敗4S

もうやだ。

OK キャンセル 確認 その他