2016/05/31(火)交流戦スタート

2016/05/31 23:59
【埼玉西武 vs 横浜DeNA 第1回戦】
(2016年5月31日:西武プリンスドーム)

横浜DeNA  1 0 0  3 1 0  0 0 0  5
埼玉西武    0 0 0  0 0 1  0 1 0  2

[勝] モスコーソ 4勝3敗0S
[S] 山崎康   1勝2敗14S
[敗] 佐藤    1勝3敗0S

[本塁打]
  4回表 ロペス 13号 3ラン (佐藤)
  6回裏 メヒア 17号 ソロ  (モスコーソ)

交流戦が始まりました。

ライオンズ先発の佐藤は初回、宮崎のタイムリーツーベースで先制を許しますが、2回以降は立ち直ったように見えました。しかし4回表、ノーアウト一塁の場面で筒香を追い込んだあとにぶつけてしまい、ノーアウト一二塁。続くロペスへの初球が甘く入ってレフトスタンドへ運ばれました。佐藤は5回にも1点を失い、トータル5回5失点。一球の怖さを味わった試合になってしまいました。

打線のほうはモスコーソの前に7回までメヒアのホームランの1点のみに抑えられていましたが、2番手三上を攻めて1アウト満塁のチャンスを築きます。ここで今日一軍登録された森くんがフォアボールを選んで押し出しの1点を挙げたものの、続く代打竹原、岡田が3番手の田中に抑えられて1点止まり。9回は山崎康の前に金子侑、秋山、栗山とすべてヒット性の当たりを放ちながら、相手のファインプレイに阻まれ三者凡退。交流戦は黒星スタートとなりました。

2016/05/30(月)バージョンアップは確認できず

2016/05/30 22:45

今日はQMAのアップデートということで帰りにゲーセンに寄ってきましたが、まだアップデートはされておらず、また、プレイ中の方がいたので再起動をお願いすることもできませんでした。また後日ですね。

今回のアップデートで色々と変わる部分があるようですが、私にとって大事なのは下記の1点のみです。

・センターモニターのランキング表示でプレーヤーと違うキャラ背景が表示される不具合を修正します。

次回アップデート内容についてのお知らせ

だってさ、ルキアのおっぱいがババーンと出てくることを期待しているところに、胸ではなく表情が豊かなお嬢様が出てくるんだよ?

DHシアンフロこ

訴訟。

今日は修正を確認できなかったので、また後日改めてということになりますが、毎週火曜日はアニ並サークルなので台数の多い店に行きますし、毎週水曜日は渋谷で晩ご飯を食べつつ打ち合わせなのでやるとしてもアドアーズ渋谷店です。最短で木曜日ですね。もっとも、後ろのガンスリンガーストラトスに興じる方々が毎日毎日とても元気でいらっしゃるので(精一杯気を使った婉曲表現)、連中が活動をしていない休日の午前中以外にはあまり行きたくないところではあるのですが。

2016/05/29(日)4番の仕事

2016/05/29 21:02
【オリックス vs 埼玉西武 第11回戦】
(2016年5月29日:ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   0 2 0  0 0 0  0 3 0  5
オリックス  0 0 0  2 0 1  0 0 0  3

[勝] 牧田  5勝0敗0S
[S] 増田  2勝2敗9S
[敗] 佐藤達 0勝3敗0S

[本塁打]
  6回裏 T-岡田  9号 ソロ  (牧田)
  8回表 中村   11号 3ラン (佐藤達)

このところ得点圏でさっぱり打てていなかった中村が4番の仕事をしてくれました。1点ビハインドで迎えた8回表、栗山、メヒアの連続フォアボールでノーアウト一二塁のチャンスを作ると、中村がレフトスタンドへ打った瞬間わかるホームランで5-3と逆転。8回はバスケスが満塁のピンチを招きながらもゼロに抑え、9回は増田が三人斬りで逃げ切り。交流戦前最後のゲームを白星で飾りました。

2-2の同点の場面で、先発の野上のあとを受けて2番手として登板した牧田が、2回1失点のピッチングで今シーズン5勝目。よくやってくれています。今日のT-岡田のホームランも、低めいっぱいの球を上手くすくい上げられた一発だったので責められませんし。

しかし、牧田が5勝ということは、これでチームトップの勝ち星ということになるんですよね。4勝の菊池と、阿呆な首脳陣に壊された結果2勝しかできていない岸は仕方がないとしても、それ以外のピッチャーはもう少し頑張ってください。そうだよ、今日の試合に先発した人のことだよ。

2016/05/28(土)連勝ストップ

2016/05/28 21:42
【オリックス vs 埼玉西武 第10回戦】
(2016年5月28日:ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   2 1 1  1 0 1  0 0 0  6
オリックス  1 0 3  0 0 4  0 0 x  8

[勝] 吉田一 1勝0敗1S
[S] 平野  1勝3敗9S
[敗] 武隈  1勝1敗0S

[本塁打]
  1回表 中村   10号 2ラン (東明)
  3回裏 糸井    6号 2ラン (多和田)
  6回裏 糸井    7号 2ラン (武隈)
  6回裏 T-岡田  8号 2ラン (武隈)

ライオンズは初回、中村のホームランで2点を先制。2回に秋山のタイムリー、3回に浅村のタイムリーツーベースで追加点を挙げて突き放します。

ライオンズ先発の多和田は初回に内野ゴロの間に1点を返され、さらに3回には小島のタイムリーと糸井のホームランで3点を失い同点に追いつかれました。この糸井に対するボールはもったいなかった。トータルで見れば5回4失点とあまり良くない数字ではありましたが、味方の援護もあって勝ち投手の権利を持ったまま降板します。

ライオンズは6回に栗山のタイムリーでリードを2点に広げますが、その裏、武隈が2本の2ランを浴びて逆転を許してしまいます。小島、糸井、1人置いてT-岡田と左が続く場面ということで武隈を投げさせたのでしょうが、それがわかるだけに首脳陣が無能だと言わざるを得ない。いい加減に武隈は右に強く左に弱いサウスポーだという事実を認めてください。

逆転された直後の7回、ライオンズは2つのフォアボールで1アウト一二塁のチャンスを作りましたが、鬼崎、金子侑が倒れて得点ならず。8回、9回は淡々と抑えられ、痛い逆転負けを喫しました。

2016/05/28(土)同一カード3連勝

2016/05/28 21:24
【埼玉西武 vs 東北楽天 第11回戦】
(2016年5月26日:埼玉県営大宮公園野球場)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武  1 1 1  0 1 0  0 0 x  4

[勝] 高橋光 2勝1敗0S
[敗] 美馬  4勝1敗0S

高橋光が三塁を踏ませないピッチングで3安打完封勝利。今シーズン初めての同一カード3連勝です。高橋光のピッチングについては素晴らしいの一言。この3連勝はいずれも先発がきっちり仕事をした上での勝利ですから、今後にも繋がるいい勝ち方だと思います。

打つほうでは鬼崎がライオンズ移籍後初めての猛打賞。2013年にレギュラーをつかんだときにも猛打賞はなかったんですね。ちょっと意外でした。今年の鬼崎はヒットを打つ以上に守備でやらかしてトータルで見ればマイナス、という試合が多かったですが、ここ最近は好守ともにいいプレイが続いています。単にサードに向いていない、というだけだったのかもしれませんが。

2016/05/28(土)6番炭谷

2016/05/28 20:57
【埼玉西武 vs 東北楽天 第10回戦】
(2016年5月25日:西武プリンスドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武  2 0 3  0 0 0  2 0 x  7

[勝] 菊池 4勝5敗0S
[敗] 川井 0勝1敗0S

[本塁打]
  7回裏 中村  9号 2ラン (入野)

試合前は6番炭谷かよ、と笑っていたのですが、その炭谷さんが見事な働きをしてくれました。2点リードで迎えた3回、2アウト満塁から、右中間を破る走者一掃のタイムリーツーベース。これでリードが5点に広がり、菊池もずいぶん楽になったと思います。

その菊池は7回を投げて4安打無失点。6回に1アウト二三塁のピンチがありましたが、松井稼を三振、ウィーラーをサードゴロに打ち取ってしのぎました。今回は特に文句のつけどころのないピッチングだったと思います。

8回にはおよそ1年ぶりの登板となる大石が登場。ヒットとフォアボールで1アウト一二塁のピンチを招きましたが、永江のいいプレイがあってゲッツーでピンチをしのぎました。復帰戦の結果としてはまずまずと言ったところだと思います。

ただ、フォームが手投げっぽく見えたのが気になりました。意図したフォーム改造でこうなっているのならいいんですけど。

2016/05/28(土)佐藤プロ入り初勝利

2016/05/28 20:35
【埼玉西武 vs 東北楽天 第9回戦】
(2016年5月24日:西武プリンスドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
埼玉西武  2 0 0  0 0 0  1 1 x  4

[勝] 佐藤 1勝2敗0S
[S] 増田 2勝2敗8S
[敗] 則本 4勝3敗0S

[本塁打]
  7回裏 栗山  3号 ソロ (則本)
  8回裏 浅村  8号 ソロ (青山)

まずは火曜日のゲームから。

佐藤がプロ入り初勝利を挙げました。2回はヒットとフォアボール、デッドボールでノーアウト満塁という大ピンチを招いたものの、藤田を三振、足立をサードゴロ、岡島を三振に打ち取ってピンチをしのぎます。

そして、過去2回の登板ではいずれも跳ね返された5回。今回も1アウト一二塁のピンチを招きますが、松井稼をサードゴロゲッツーに打ち取り、勝ち投手の権利を持ったまま降板しました。

7回に2イニング目に入った2番手牧田がつかまり1点を返されますが、その裏に栗山のホームランで再度突き放すと、8回には浅村のホームランで駄目を押して逃げ切りました。

佐藤は初登板のときもおどおどしたようなところがありましたし、過去2試合のつかまり方を見てもちょっと精神的に弱いところがあるのかなという印象もあったのですが、単に経験不足で緊張していただけで、ハートが弱いということではないのかもしれませんね。2回の大ピンチでも目が死んでいませんでしたし。ピンチになると露骨に顔に出てしまう郭俊麟さん、あの表情を見ていましたか?

2016/05/27(金)あと一歩届かず

2016/05/27 24:00

3クレでフェニからドラに戻したあとは、ひたすらクイズ検定。SSSを取れたら終わりにしようと思っていたのですが、3481点が最高であと一歩届かず、待ちが出たところで撤収してきました。続きは明日ですね。

予習の☆埋めは、芸能、社会、文系がすべて埋まり、理系がサブジャンルとランダムを残すのみ。ここまで埋めてしまえば、あとは致命的に厳しいのはサッカーくらいですかね。こちらも早いところ終わらせてしまって、野球やアニ並の予習をガッツリやりたいところです。

移動日の間にたまっている戦評を片付けようと思っていたのですが、今から3試合まとめてチェックする気力もないので、明日以降にまとめて処理したいと思います。しかし、3試合も放置するのなんてずいぶんと久しぶりのような気がします。たぶんまだQMA廃人だったころ以来だと思います。

2016/05/26(木)久しぶりに忙しい

2016/05/26 23:13

今日は仕事が長引いてゲーセンには寄れず。昨日の最後のクレでフェニ落ちしたので、せめてドラに戻すくらいのことはしたかったのですが。

このところ野球を観ている余裕がないのですが、その間3連勝ということで、これはしばらく野球を観ないほうがいいということですかね。戦評もたまっていますが、その3試合とも勝ちゲームなので、気分良くまとめることができそうです。今まで溜め込んでいたときは大抵負けがこんでいたときでしたからね。

そしていい気分のまま寝ます。明日も休めないので。

2016/05/25(水)近年まれに見るハイペース

2016/05/25 23:35

ライオンズは2連勝だそうで。かなり眠くてVODを見返す気力がないのでそちらについては明日改めて。

QMAのほうは魔法石27241個で、Qレベル76に限りなく近い75の大白銀賢者といったところです。特筆するようなペースではありませんが、とっくに前作の階級を超えてしまいましたし、このペースで行けば9月ごろには宝石になれそうです。もちろん、このペースが維持できるとは限りませんが、少なくとも稼働終了までには間に合うでしょう。

宝石賢者までたどり着けたとすれば、QMA8以来になります。最近アニ並の自爆に嫌気がさしつつあり、決勝や決定戦は野球が多めになってきているのですが、もし紅玉賢者になったとしたらQMA4以来になります。

なんだ、俺はスポーツ使いだった期間より、アニゲ使いをやっている期間のほうが長かったのか……。

OK キャンセル 確認 その他