2016/10/31(月)栗山がFA宣言残留

2016/10/31 23:38

栗山の残留が確定しました。

西武栗山が生涯L宣言 FA行使し残留1年契約へ - 野球 : 日刊スポーツ

以前にも同じようなことを書きましたが、栗山は1番から3番にいると少し物足りない感じのする選手ですが、6番以降に置いておくと非常に頼もしい選手です。そして、今年の終盤の使われ方を見れば、来年もそのような起用法になるのではないかと思います。残ってくれてよかった。

FAを行使した上での残留ということで、複数年契約なのかなと思ったのですが、単年契約なんですね。まぁ、この状況で来年多少悪かったからと言ってどうこうということはないと思いますが。

今年やるべきことをやってくれた栗山さんが来年以降のために宣言残留してくれたので、今年やるべきことをやってくれなかった誰かさんも来年以降のために宣言残留してくれませんかね。

2016/10/30(日)ストーブリーグ

2016/10/30 21:59

日本シリーズが終わったということは、ストーブリーグの始まりでもあります。

西武岸FA決断 近日中に申し出、残留含め国内絞る - 野球 : 日刊スポーツ

他球団の評価を聞いた時点で負けるでしょう。2年続けて迷惑をかけられたライオンズの評価は、残ってほしいという誠意を見せたところで微増が精一杯で、普通に評価すればダウンの提示になるはずですし。

もちろんFAは選手の権利ですから、じっくりと考えてほしいと思います。ファンとしては残ってくださいと全力でお願いするだけです。もちろん、残らなかった場合は全力で罵倒する準備はできています。

2016/10/29(土)北海道日本ハムファイターズ日本一!

2016/10/29 23:43
【広島東洋 vs 北海道日本ハム 日本シリーズ第6戦】
(2016年10月29日:Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島)

北海道日本ハム  1 0 0  3 0 0  0 6 0  10
広島東洋     0 2 0  0 1 1  0 0 0   4

[勝] バース   3勝0敗0S
[敗] ジャクソン 0勝2敗0S

[本塁打]
  5回裏 丸     1号 ソロ (鍵谷)
  8回表 レアード  3号 満塁 (ジャクソン)

北海道日本ハムファイターズが10年ぶりの日本一に輝きました。おめでとうございます!

序盤から中盤にかけてはシーソーゲームでしたが、4-4で迎えた8回表、2アウトランナーなしから3連打で満塁とすると、中田が押し出しフォアボールでファイターズが勝ち越し。さらに続くピッチャーのバースがセンター前タイムリーでもう1点。そしてとどめはレアードのホームランでした。

今年のファイターズの戦いぶりは「上手い」の一言です。すべての選手が自分のやるべきことを理解し、その役目を果たそうとする。野球はオーダーに並んでいる10人、あるいはベンチ入りも含めた25人で戦うスポーツだということを、そのメンバー全員が理解しているチームでした。オーダーを見た瞬間に圧倒されるホークスの強さとはまた違う強さだったと思います。

さて、これで2016年のプロ野球公式戦が終了しました。一年間ありがとうございました。来年はライオンズもこんな上手い野球ができる……ようにすぐになれるとは思えませんが、少しでもそのレベルに近づけるよう、辻新監督には頑張っていただきたいと思います。

2016/10/28(金)移動日

2016/10/28 23:18

今日は移動日で試合がありません。明日の予告先発はファイターズが増井、カープが野村と発表されています。

大谷は第6戦ベンチ待機へ「ビジターでも勝つ」 - 野球 : 日刊スポーツ

予告先発を見たときは、大谷は野手で出るのかと思ったのですが、どうやらベンチ待機の模様。第6戦の中継ぎと第7戦の先発を両天秤にかけようと思っているのか、それとも疲れが溜まっているのか。前者かなぁとは思っているのですが。

2016/10/27(木)王手

2016/10/27 22:21
【北海道日本ハム vs 広島東洋 日本シリーズ第5戦】
(2016年10月27日:札幌ドーム)

広島東洋     1 0 0  0 0 0  0 0 0   1
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  1 0 4x  5

[勝] バース 2勝0敗0S
[敗] 中崎  0勝1敗0S

[本塁打]
  9回裏 西川  1号 満塁 (中崎)

西川の劇的なサヨナラグランドスラムで3連勝。ファイターズが日本一に王手をかけました。

というわけで、今日のヒーローは西川で文句なしなのですが、忘れてはいけない陰のヒーローは2番手のメンドーサでしょう。2回途中、1アウト満塁のピンチを引き継いでしのいだあと、3回から7回までまったく危なげのないピッチングで1安打無失点。ちょくちょくチャンスを作っていたファイターズとは対称的に、カープは中盤まったくチャンスを作ることができませんでした。

7回の同点犠牲フライで生還した田中賢の走塁もお見事でした。ホームへの返球が逸れたとはいえ、あの浅いフライで帰ってこれるのは素晴らしい。おい、ライオンズの選手たち、見てたか?

さて、移動日を挟んで明後日は広島に戻っての第6戦となります。ファイターズの先発はおそらく大谷でしょう。次こそはいいピッチングを期待しています。

2016/10/26(水)レアードの決勝弾で2勝2敗のタイに

2016/10/26 22:47
【北海道日本ハム vs 広島東洋 日本シリーズ第4戦】
(2016年10月26日:札幌ドーム)

広島東洋     0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 1  0 2 x  3

[勝] 谷元    1勝0敗0S
[S] 宮西    0勝0敗1S
[敗] ジャクソン 0勝1敗0S

[本塁打]
  6回裏 中田    1号 ソロ  (岡田)
  8回裏 レアード  2号 2ラン (ジャクソン)

4回にライト近藤がバンザイしてしまうエラーでカープが1点を先制。ファイターズ先発の高梨はここまでノーヒットだったのですが、ヒットを許す前に失点してしまいました(もちろん自責点ではありませんが)。

対するファイターズは6回裏、中田がレフトスタンドに運んで同点に追いつくと、8回にはレアードがバックスクリーン左に叩き込む2ランホームランで勝ち越しに成功します。打った瞬間は長打にはなるとは思いましたが、どんどん伸びていきましたね。すごいパワーです。

9回表、この回からマウンドに上った宮西は簡単に2アウトを取りましたが、代打会沢がフォアボールのあと、田中、菊池の連打で2アウト満塁。続く丸にも3-2まで行きましたが、最後はアウトコース低めのスライダーで空振りを奪ってゲームセット。ボール球ではありましたが、素晴らしいキレのボールでした。あれではバットは止まりません。

これで対戦成績は2勝2敗のタイになりました。流れはファイターズに来ていると思いますので、明日王手をかけて広島に乗り込みたいところです。

2016/10/25(火)大谷のタイムリーでサヨナラ勝ち

2016/10/25 23:16
【北海道日本ハム vs 広島東洋 日本シリーズ第3戦】
(2016年10月25日:札幌ドーム)

広島東洋     0 2 0  0 0 0  0 0 1  0   3
北海道日本ハム  1 0 0  0 0 0  0 2 0  1x  4

[勝] バース 1勝0敗0S
[敗] 大瀬良 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 エルドレッド  3号 2ラン (有原)

初回、ファイターズが中田の内野ゴロの間に1点を先制しますが、直後の2回にエルドレッドの3試合連続となるホームランで逆転を許します。

その後は有原、黒田とも立ち直り、リリーフ陣も好投を続けて試合は膠着状態になりますが、8回裏、2アウト二塁から大谷を敬遠して一二塁となった場面で、4番中田が怒りの逆転タイムリーツーベース。レフト松山が状況を考えずに突っ込まなければシングルヒットの1点で止まっていたとは思いますが、今までのモヤモヤを吹き飛ばすような見事な一打でした。

これでファイターズの流れかと思いましたが、9回表、先頭の鈴木がスリーベースで出塁すると、エルドレッド、松山を打ち取って2アウトまでこぎ着けたものの、安部のライト前タイムリーで3-3の同点に。9回裏のファイターズは三者凡退で、試合は延長戦に突入します。

10回裏、1アウトから西川がフォアボールで出塁し、2アウト後に盗塁を決めて二塁に進みます。バッター大谷はこの盗塁のときに1-2と追い込まれますが、続く4球目、インローの難しいボールをライト前にはじき返しました。外野フライで打ち取ることを計算に入れていたのか、外野手がそれほど前進していなかったこともあり、二塁ランナー西川が還ってサヨナラ勝ち。ようやくファイターズに初日が出ました。

シーズンでは大逆転をしたファイターズだとはいえ、今日負けていたらさすがに厳しくなるところでしたが、まずは1勝。この勝利をきっかけに流れを持ってきてほしいものです。

2016/10/24(月)ペースダウン

2016/10/24 22:18

だるいなーと思ったら熱がありました。明日までに直ってくれればいいんですが。有給もあまり残っていないので休みたくないのですが、フラフラしながら仕事に行っても仕方がありませんしね……。

さっきPASELIの履歴を見てみたのですが、先月、今月と1万円程度しか使っておらず、一気にペースが落ちているようです。もちろん「1万円程度しか」と言っている時点で充分に廃人なのですが、やはり忙しくなってくるとQMAに時間を割くのが難しくなってきますね。

11月もこんな感じで、週に1、2回ゲーセンに行ければいいかな、という状況が続きそうです。プレイできないぶん、空き時間に問題整理を頑張りますかね。

2016/10/23(日)2連敗

2016/10/23 22:28
【広島東洋 vs 北海道日本ハム 日本シリーズ第2戦】
(2016年10月23日:Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島)

北海道日本ハム  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
広島東洋     0 1 0  0 0 4  0 0 x  5

[勝] 野村 1勝0敗0S
[敗] 増井 0勝1敗0S

[本塁打]
  6回裏 エルドレッド  2号 ソロ (鍵谷)

中盤までは増井、野村の投手戦でしたが、6回に増井が一気に崩れました。

いったんはアウトになったホームクロスプレイの判定がひっくり返って勝ち越しを許したところまでは仕方がないとして、そのあとの丸の送りバントの一塁悪送球が痛すぎました。あそこできっちりアウトにしておけば1点ビハインドで止まっていたんですよね……。

昨日はディレイドスチールを許し、今日も守りで傷口を広げて2連敗。打線は水物だから仕方がないにしろ、まるでライオンズの試合を見ているかのような下手くそな野球で負けているのが気になります。ホームに帰って気分を一新してくれればいいのですが。

2016/10/22(土)日本シリーズ開幕

2016/10/22 23:30
【広島東洋 vs 北海道日本ハム 日本シリーズ第1戦】
(2016年10月22日:Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島)

北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
広島東洋     0 1 0  2 0 0  2 0 x  5

[勝] ジョンソン 1勝0敗0S
[敗] 大谷    0勝1敗0S

[本塁打]
  4回裏 松山      1号 ソロ (大谷)
  4回裏 エルドレッド  1号 ソロ (大谷)
  7回表 レアード    1号 ソロ (ジョンソン)

日本シリーズが始まりました。

ファイターズの先発は大谷。シーズン中やられ続けてきたので、ある意味ではファイターズファン以上に全幅の信頼を置いていたこともあり、試合を観ずにQMA大会のあとの食事会に参加していたのですが、6回3失点で敗戦投手に。先制点は大野何やってるんだというプレイでしたし、残りもホームランなので完全に攻略された感じではないのが救いですが。

打つほうは4番中田、5番陽が完全にブレーキになってしまいました。特に中田は1回、3回のどちらかで打てていれば……というところですが、そこであと一本を許さなかったジョンソンが見事だった、ということでしょう。

明日の予告先発はファイターズが増井、カープが野村と発表されています。

OK キャンセル 確認 その他