2017/08/08(火)月が変わっても

2017/08/08 23:26
【埼玉西武 vs 東北楽天 第13回戦】
(2017年8月1日/メットライフドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武  0 0 2  1 0 5  0 0 x  8

[勝] 十亀 6勝4敗0S
[敗] 辛島 7勝5敗0S

1日の試合。

先発十亀のピッチングが素晴らしかった。7回までわずか3安打無失点。ピンチらしいピンチは、中村のエラーがあった3回くらいでしょう。そこもきっちりしのぎましたし、今回は何も言うことはありません。これからもこういうピッチングを続けてください。

打つ方は3回、秋山がツーベースで出塁した後、源田のタイムリースリーベース、浅村の犠牲フライで2点を先制。4回には外崎のタイムリーで追加点を挙げ、6回には一挙5点で勝負を決めました。これでライオンズは10連勝。

2017/08/08(火)序盤から圧倒

2017/08/08 23:18
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第16回戦】
(2017年7月30日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   1 0 6  0 0 0  0 0 0  7
千葉ロッテ  0 1 1  0 0 0  1 0 0  3

[勝] ウルフ 8勝2敗0S
[敗] 石川  2勝9敗0S

[本塁打]
  2回裏 サントス  3号 ソロ (ウルフ)

30日の試合。

ライオンズは初回にゲッツー崩れの間に先制すると、同点に追いつかれた直後の3回には、山川の2点タイムリーのあと、外崎、炭谷、金子侑の3連続タイムリーで合計6点。序盤で試合を決めてしまいました。

これでライオンズは2011年以来の9連勝です。

2017/08/07(月)天敵撃破

2017/08/07 21:43
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第15回戦】
(2017年7月29日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   0 0 1  0 0 0  2 0 3  6
千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 1  1

[勝] 多和田 3勝2敗0S
[敗] 二木  4勝5敗0S

29日の試合。

多和田のピッチングに尽きると思います。5回、6回にピンチはありましたが、7回まで投げて5安打無失点。7回は三者連続三振で締めるなど、9つの三振を奪う力投でした。

打線も相変わらず二木の前に苦しみましたが、3回に源田のタイムリー、7回に秋山のタイムリーと源田の犠牲フライ、9回にも3点を挙げて駄目を押しました。

2017/08/07(月)うっちゃり勝ち

2017/08/07 21:28
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第14回戦】
(2017年7月28日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   2 0 0  0 0 0  1 0 2  5
千葉ロッテ  0 0 2  0 2 0  0 0 0  4

[勝] 武隈 3勝1敗0S
[S] 増田 1勝3敗21S
[敗] 大谷 2勝2敗0S

[本塁打]
  1回表 浅村 11号 2ラン (涌井)
  7回表 栗山  6号 ソロ  (南)

28日の試合。

ライオンズ先発の野上は「野上が実に野上なピッチングでした」で終わらせたくなるようなピッチングでしたが、終盤に打線が奮起しました。

7回に栗山のホームランで1点差に詰め寄ると、9回には金子侑の犠牲フライと源田の犠牲フライでついに逆転。増田がその裏を抑えて逃げ切りました。6回、7回を三者凡退に抑えた平井のピッチングが光りましたね。あそこでズルズルいかなかったからこそ逆転につながりました。

2017/08/06(日)炎獅子

2017/08/06 24:49

メットライフドームに行ってきました。

昨日連勝が止まってしまい、ズルズル行かないためにも大事な試合でしたが、投打のかみ合った形で快勝。イーグルス、ホークスとの6連戦を5勝1敗で乗り切りました。

首位ホークスとのゲーム差も5.5に縮まり、ひょっとしたら……というところまで持ってきました。炎獅子ユニフォームになってからのライオンズは頼もしすぎます。

2017/08/05(土)2桁勝利

2017/08/05 23:00
【埼玉西武 vs オリックス 第14回戦】
(2017年7月27日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   0 0 1  0 0 0  0 1 x  2

[勝] 菊池  10勝4敗0S
[S] 増田  1勝3敗20S
[敗] 山崎福 2勝2敗0S

[本塁打]
  8回裏 中村 23号 ソロ (近藤)

27日の試合。

中5日となった菊池でしたが、何度かピンチはありながら、7回を5安打無失点に抑えました。三振も12。見事なピッチングでした。特に、2回に源田のエラーから招いたピンチをしのいだあたりは圧巻でした。

打線は3回に浅村のタイムリー内野安打、8回に中村のホームランで2得点。山崎福のピッチングはよかったですが、打つべきところで打つべき人が打ってくれました。浅村は失点を防ぐファインプレイもありましたし、キャプテンらしい素晴らしい活躍だったと思います。

2017/08/05(土)勝ち運

2017/08/05 22:45
【埼玉西武 vs オリックス 第13回戦】
(2017年7月26日/メットライフドーム)

オリックス  2 0 0  0 0 0  0 0 0  2
埼玉西武   2 0 0  3 1 0  0 0 x  6

[勝] 岡本 4勝0敗1S
[敗] 松葉 3勝8敗0S

[本塁打]
  1回表 小谷野  5号 2ラン (岡本)
  1回裏 中村  22号 2ラン (松葉)

26日の試合。

岡本が無傷の4連勝。とはいえ、ピッチング内容はあまりいいとは言えませんでした。初回のホームランはともかく、2回以降も毎回のようにピンチを招き、よく2点だけで済んだなという内容。また、そのピンチにことごとくフォアボールが絡んでいるのも印象を悪くしています。まぁ、よく踏ん張ったと言えなくもありませんが……。

また、この日は7回シュリッター、8回牧田という普段とは逆の継投になりました。相手バッターの左右に応じて順番を変える方針でしょうか。今までの辻監督は選手をとことん信じていましたし、特に牧田、シュリッターはここまでそれに応えて結果を出していたわけですが、ここからはある程度勝負に徹するということなのかもしれませんね。

2017/08/05(土)久しぶりの戦評

2017/08/05 22:29
【埼玉西武 vs オリックス 第12回戦】
(2017年7月25日/メットライフドーム)

オリックス  1 0 0  0 0 1  0 0 0  2
埼玉西武   0 0 0  1 3 0  3 0 x  7

[勝] 十亀    5勝4敗0S
[敗] ディクソン 7勝6敗0S

[本塁打]
  4回裏 中村  21号 ソロ (ディクソン)
  6回表 吉田正  2号 ソロ (十亀)

すごい試合だったのですが、負けてしまったので連勝中の試合を粛々と更新します。まずは先月25日のゲーム。

ライオンズ先発の十亀は、初回に吉田正ツーベース、西野内野安打、小島犠牲フライであっさり1点を失いましたが、その後は立ち直って6回を投げて5安打2失点。今シーズンの5勝目をマークしました。

ただ、辻監督も苦言を呈していたように、6回の2点目はいただけません。味方が勝ち越した直後の回に、2アウトを簡単に取りながら、あっさりホームランで点を取られるというのは……。

2017/08/04(金)オシャレ王アルよ

2017/08/04 23:34

オシャレ王の称号をいただきました。

20170804-01.jpg

2005年10月のボボボ賢帝以来、およそ12年ぶりの称号です。

……ボボボスレなんて今の若いプレイヤーは知らないだろうなぁw

冗談はさておき、クイズの実力で得たわけではないにしろ、筐体に表示される称号を取ったのは初めてなので、しばらくはニヤニヤしていようと思います。オシャレ将軍くらいなら今後もチャンスはあるとは思いますが、王は今回が最初で最後でしょうし。

2017/08/03(木)止まらない

2017/08/03 22:09

ライオンズは12連勝。脳天気なファンとしては、これはひょっとしたらひょっとするのではないかと期待しています。

2017年度連盟選手権主催試合 レギュラー・シーズン44(獅子)試合目で観客動員数100万人を突破|埼玉西武ライオンズ

そりゃまぁ、今年の野球は面白いですもん。まだまだ荒っぽいところはありますが、辻監督の目指している「守りの野球」という理想像は明確ですし、選手もそれに応えようと頑張っているのが感じられます。

山川なんか、泣きそうな顔をしながら守備についていた人と同一人物とは思えません。ぶっちゃけ、前半で二軍暮らしだったときは、このままトレード要員にでもなるのかなと思っていたのですが、短期間でここまでしっかり守れるようになるとは。

まだまだ去年までの下手くそな野球が顔をのぞかせることもありますが、いずれそういうシーンも減ってくることでしょう。辻監督がやろうとしていることが間違っていないのは、今年の成績と、今年の観客動員が示していると思います。今後もこの方向で頑張っていただきたいと思います。

OK キャンセル 確認 その他