2018/09/11(火)多和田、完封でハーラー単独トップの14勝目

2018/09/11 22:17
【オリックス vs 埼玉西武 第24回戦】
(2018年9月11日/ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   0 0 2  0 1 4  0 0 0  7
オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 多和田 14勝5敗0S
[敗] 松葉  1勝1敗0S

[本塁打]
  3回表 秋山 19号 2ラン (松葉)

多和田は序盤は危なっかしい場面もありましたが、本人もヒーローインタビューで言っていたようにスライダーのキレが素晴らしく、中盤以降は文句のつけようのないピッチングでした。9回は1アウト満塁の大ピンチがありましたが、最後は若月をショートゴロゲッツーに打ち取りゲームセット。完封でハーラートップの14勝目を挙げました。完投したということは、中5日でホークス戦という可能性はなくなった感じですかね……。

打線も3回に秋山のホームランで先制すると、5回には源田の犠牲フライ、6回には5安打を集中させて4点をもぎ取りました。今シーズン初スタメンの呉もタイムリーで結果を残しています。

少し心配なのは途中で交代した浅村の状態でしょうか。背中の張りがあって大事を取ったとのことですが、膝のこともありますし、あまり無理はしないでいただきたいと思います。とはいえ、もうある程度無理をしないといけない正念場でもあるんですよね……。

2018/09/10(月)技術書典5にサークル参加します

2018/09/10 23:43

技術書典5のサイトが一般公開され、私達のサークルの情報も公開されました。

https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/55000003

現在鋭意執筆中ですが、本の内容はほぼ確定していますので、ご興味のある方は「か09」にぜひお越しください。

私は9月18日のPyCon JPで発表するということもあり、今週が色々な意味で山場なのですが、発表もこの本もいいものにできるように全力を尽くしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、よりによって8月31日にTranscryptに大幅な変更が入りやがった影響で、PyCon JPの発表、およびこの本の原稿に多大なダメージを受けました。現在必死にリカバリー中ですw

2018/09/09(日)粘りのピッチング

2018/09/09 19:18
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第22回戦】
(2018年9月9日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 1  1 0 0  0 0 0  2
埼玉西武   0 1 1  1 3 0  0 0 x  6

[勝] 今井 4勝4敗0S
[敗] 種市 0勝2敗0S

[本塁打]
  4回表 福浦  1号 ソロ (今井)

2年目20歳の今井がヒーローインタビューで「自分で借金をできるだけ作らないように、なるべくブルペンにも負担をかけないように」とコメントしていましたが、7年目30歳の十亀さんはちゃんと聞いていましたか?

その今井は好調という感じではありませんでしたが、要所でゲッツーを3つ取れたこともあり、6回を投げて2失点。よく粘ってゲームを作ってくれました。114球という球数になりましたが、昨日勝ちパターンまでつぎ込んで負けているだけに、よく6回まで投げきってくれました。

打つほうは栗山、中村のベテランの活躍が光りました。特に栗山は一時期かなり調子を落としていましたが、今はかなり振れている印象です。ここに来て優勝を知るベテランがいい働きをしてくれるのは本当にありがたい。残り21試合、最後までこの調子で駆け抜けてください。

2018/09/08(土)いい加減にしてくれ

2018/09/08 19:03
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第21回戦】
(2018年9月8日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  5 3 0  0 1 1  0 3 0  13
埼玉西武   0 8 0  1 0 0  0 0 0   9

[勝] 大谷    1勝3敗0S
[敗] マーティン 1勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 井上 20号 3ラン (十亀)
  2回裏 山川 37号 満塁  (チェン)

十亀さん、優勝したくないのなら二軍に行ってくれませんかね?

2018/09/07(金)70勝到達

2018/09/07 22:20
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第20回戦】
(2018年9月7日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 1 1  0 2 0  0 0 0   4
埼玉西武   0 1 0  0 0 3  1 5 x  10

[勝] 菊池 11勝4敗0S
[敗] 松永 2勝3敗0S

[本塁打]
  2回裏 栗山  6号 ソロ  (二木)
  5回表 平沢  3号 2ラン (菊池)

久しぶりのメットライフドームで、地鳴りのようなチャンテ4に後押しされて、ライオンズ打線が終盤に爆発しました。平日ナイターでこれだけの応援ができるチームになったんですね……。

ライオンズ先発の菊池は、今日も脇腹が攣ったということで一度ベンチに戻りましたが、7回を投げて4失点。エースとしては物足りないピッチングですが、体の状態を考えればよく頑張ってくれました。ただ、この脇腹の不調は長引くと辛いですね。かといってもうこの時期ではローテを飛ばす余裕はないでしょうし。

打線は3安打の金子侑、勝ち越し打の浅村も見事なのですが、6回のメヒアの同点打に尽きると思います。1点を返したあとの1アウト満塁で、栗山の痛烈な三塁線の当たりが鈴木のファインプレイに阻まれ、そのまま終われば流れを手放すところでしたが、厳しい場面の代打でよく結果を出してくれました。

これでチームは70勝に到達。福岡ではホークスが敗れたため、ゲーム差は5に広がりました。ホークスの猛追を受け、ライオンズの負け方もあまり良くないので、このところファンの雰囲気が暗かったのですが、今日は大きな勇気を与えてくれる勝利でした。絶対優勝しような。

2018/09/06(木)技術書典5で『ほぼPythonだけでサーバーレスアプリをつくろう』を頒布します

2018/09/06 22:54

Thunder Clawは技術書典5にサークル参加します。スペース「か09」にて『ほぼPythonだけでサーバーレスアプリをつくろう』という本を頒布する予定です。

20180906-01.png

タイトルにあるように、この本ではほぼPythonだけでサーバーレスアプリをつくります。「つくる」というのは実装して終わりではなく、テストコードの作成まで含めてのことです。ChaliceというAWSマイクロフレームワークでバックエンドを実装し、TranscryptというPython→JavaScriptのトランスパイラでフロントエンドを実装し、pytestというテストフレームワークでユニットテストを実装し、SeleneというSeleniumラッパーでUIテストを実装します。これらはすべてPythonのパッケージです。

第I部「実装編」はアプリエンジニアの私が、第II部「テスト編」はQAエンジニアの@joe_uragamiが執筆を担当しました。このようにプロジェクトを横断した形で書かれた本というのはなかなかないと思いますので、その点も楽しんでいただければと思います。

また、今回はジョン湿地王先生に表紙のイラストを描いていただきました。ありがとうございました。実は我々は技術書典4に落選しており、先生にはそれに間に合うように発注をしていたので、3月には手元にイラストが手元にある状態でした。執筆に疲れたときにはイラストを眺めて英気を養ったものです。ある意味ではイラスト駆動執筆ですねw

現在最後の追い込み中で流動的な部分もありますが、ページ数は130ページ前後を予定しています。140ページを超えると入稿の締め切りが早まるので、そのラインは超えないはずですw また、こちらもまだ確定ではありませんが、頒布価格は紙と電子のセットで1000円を考えています。

最後に、まだ仮ではありますが、目次を載せておきますので、興味を持たれた方は当日足をお運びください。なお、執筆途中で著者たちの病気が出てしまったため、第I部はニンジャスレイヤー、第II部はポプテピピックのネタが時折挟まれますが、その点はご容赦いただければ幸いです。

目次

  • 第I部 実装編
    • 第1章 Pythonで実装をしよう
    • 第2章 開発環境の構築をしよう
    • 第3章 ChaliceでWeb APIの実装をしよう
    • 第4章 boto3でデータの永続化をしよう
    • 第5章 Transcryptで画面の実装をしよう
    • 第6章 Pipenvでリリースを簡単にしよう
  • 第II部 テスト編
    • 第7章 Pythonでテストをしよう
    • 第8章 pytestでユニットテストをしよう
    • 第9章 pytestでAPIテストをしよう
    • 第10章 SeleneでUIテストをしよう
    • 第11章 手動テストは……流石に手でやろう
    • 第12章 CI/CDでテストを実施しよう

2018/09/05(水)沈黙

2018/09/05 24:34
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第19回戦】
(2018年9月5日/スタルヒン球場)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
北海道日本ハム  2 0 0  1 0 0  1 0 x  4

[勝] 加藤 5勝6敗0S
[敗] 榎田 9勝3敗0S

榎田は悪いなりにゲームを作ってくれましたが、打線が3安打ではどうしようもありません。左をぶつけられれば多少格落ちのピッチャーでもさっぱり打てなくなるのはどうかと……。

東尾時代にもこんなことはありましたが、当時は左が来れば原井や清水をスタメンで使いたがる東尾のせいでした。今年に関してはオーダーを大きくいじるわけでもなく、いつまでも対策を練れない打撃コーチの責任かと思います。やはり田辺打撃コーチを失ったのは痛かった。

重症なのは山川で、打席に立ってもこれっぽちも期待ができません。フルシーズン戦うのが初めてで、体力的にも厳しいのはわかりますが、常にレフトスタンドにしか気持ちが行っていないスイングを繰り返すのはいただけません。外崎を欠いて攻撃力が落ちる中、秋山・浅村と中村・森を分断されるのはあまりにも痛すぎます。調子が悪いのは仕方がありませんが、せめてプロ意識を持ったプレイを見せていただきたいと思います。

2018/09/04(火)連敗ストップ

2018/09/04 22:59
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第18回戦】
(2018年9月4日/スタルヒン球場)

埼玉西武     0 0 3  0 2 0  2 0 0  7
北海道日本ハム  2 0 0  0 1 0  0 0 0  3

[勝] 多和田 13勝5敗0S
[敗] 堀   2勝2敗0S

[本塁打]
  1回裏 中田 25号 2ラン (多和田)
  3回表 中村 24号 2ラン (堀)

一昨日のゲーム前の練習で背中を痛めていた外崎が登録抹消。14日からの変則9連戦(4カード)までに万全な状態に戻そうということでしょう。無理して出場するよりは妥当な判断でしょう。痛いことは痛いのですが、より長期の離脱になるよりはマシです。外崎を欠く打線は金子侑が1番、源田が9番に回りました。

ライオンズ先発の多和田は初回、いきなり中田にホームランを浴びて先制を許します。このあたりが白星を挙げていても今イチ信頼感がないところなんですよねぇ……。今日の試合がどういう意味を持つかはよく分かっているでしょうに。

ただ、今日は打線が頑張りました。3回に浅村の内野ゴロの間に1点を返すと、中村のホームランで逆転に成功。5回には中村と森のタイムリーで突き放します。結局、多和田は6回途中で降板しましたが、野田、マーティン、ヒースと繋いで逃げ切り。連敗を2で止めました。

2018/09/03(月)移動日

2018/09/03 23:09

いやぁ、移動日は負けないからいいですねぇ。

9/1(土)~「ランチパック(若獅子カレー風)」期間限定で発売!|埼玉西武ライオンズ

昨日、技術書典の原稿を書くためにjoeくんとコワーキングスペースに籠もっていたのですが、そのときにjoeくんが勝ってきてくれました。私の家の近所には置いていなかったので助かりました。

私はカレーは辛いほうが好きで(例外はバターチキンカレー)、ご飯と一緒に食べるとしたらちょっと物足りない辛さなのですが、カレーパンの中身と考えるとこのくらいの味のほうが合いますね。美味しかったです。

さて、明日からは旭川でファイターズと2連戦。台風が来るので、おそらくどちらかは中止になってしまうのではないかと思うのですが、とにかく悪い雰囲気を一掃するには白星を挙げるしかありません。多和田さん、頼みますよ。

2018/09/02(日)懐かしい光景

2018/09/02 24:04
【オリックス vs 埼玉西武 第23回戦】
(2018年9月2日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
オリックス  2 0 0  2 0 0  1 0 x  5

[勝] 西  8勝11敗0S
[敗] 今井 3勝4敗0S

[本塁打]
  4回裏 若月  1号 2ラン (今井)

まるで田辺監督時代に戻ったかのような酷い守備と拙攻で完敗。ホークスが勝ったためにゲーム差は4に縮まりました。

今日は外崎が背中の張りを訴えて欠場。どうやら大事には至っていないようですが、ライトのレギュラーでありながらセカンドとサードのバックアップも兼ね、源田に万が一のことがあればショートを守る可能性もあるほどの高いレベルでのユーティリティプレイヤーなので、抹消などという自体にならなくて安心しました。

とはいえ、ここまでフル出場でだいぶ疲れているでしょうし、旭川での2試合が台風で流れてくれないかなというのが正直なところです。まぁ、それはそれで10月の日程が厳しくなりまってしまいますが……。

OK キャンセル 確認 その他