2020/07/31(金)久しぶりの黒星

2020/07/31 23:19
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第10回戦】
(2020年07月31日/福岡PayPayドーム)

埼玉西武      0 0 3  0 0 1  0 0 0  4
福岡ソフトバンク  0 0 4  0 0 1  0 0 X  5

[勝] 嘉弥真 1勝0敗0S
[S] 森   0勝1敗9S
[敗] ニール 2勝1敗0S

[本塁打]
  3回表 山川        12号 ソロ  (東浜)
  3回表 中村         5号 2ラン (東浜)
  6回表 スパンジェンバーグ  5号 ソロ  (嘉弥真)
  6回裏 明石         2号 ソロ  (ニール)

今日のニールはまるで今井を見ているかのようでした。失点したイニング以外は悪くなかったと思うのですが、点を取られるタイミングが悪すぎます。昨年からの連勝もついに止まってしまいましたが、来週からは気持ちを新たに頑張って欲しいと思います。

打線はホームラン3本による4点のみ。今日の東浜は球威はあったと思うのですが、かなり制球に苦労している印象だったので、もう少し慎重に攻めれば結果は違ってきたのかなと思います。去年おととしと違って攻撃力が落ちているのですから、じっくり攻めることも覚えて欲しいと思います。

2020/07/30(木)連敗ストップ

2020/07/30 21:37
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第9回戦】
(2020年07月30日/福岡PayPayドーム)

埼玉西武      1 1 1  0 2 1  0 0 0  6
福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 與座 2勝2敗0S
[敗] 板東 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 スパンジェンバーグ  4号 ソロ  (板東)
  3回表 森          3号 ソロ  (板東)
  5回表 森          4号 2ラン (板東)

ライオンズ先発の與座はとてもいいという感じではなかったのですが、要所要所でいいボールが来ていてピンチをしのいだ印象です。特に4回の柳田、中村の連打でノーアウト二三塁のピンチを招きながら後続を断ったピッチングはお見事でした(最後の松田の当たりは危なかったですが)。いつも同じような失敗を繰り返しているドラ1トリオにも見習ってもらいたいピッチングでした。

打線は初回から点を積み重ね、6回までに6点を奪いました。森、外崎、スパンジェンバーグ、源田という元気のなかったところが軒並みマルチヒットだったのも明るいニュースです。この展開なので勝ちパターンのピッチャーは平井以外お休みだったのですが、2番手の佐野はいいボールを投げていたと思います。中継ぎで好投が続いている伊藤もそうなのですが、佐野あたりにも一度先発のチャンスをあげてもいいんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう。少なくとも松本よりはいいピッチングをしそうです。

西武多和田と支配下契約 自律神経失調症から復帰へ - プロ野球 : 日刊スポーツ

ようやくスタートラインに立てたといったところでしょうか。とはいえ、まだまだ焦らずに進んでいって欲しいと思います。

2020/07/29(水)打線組み替えも実らず

2020/07/29 21:24
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第8回戦】
(2020年07月29日/福岡PayPayドーム)

埼玉西武      0 0 0  0 1 0  1 0 0  2
福岡ソフトバンク  2 1 0  0 1 0  0 0 X  4

[勝] 和田 3勝0敗0S
[S] 森  0勝1敗8S
[敗] 松本 1勝3敗0S

[本塁打]
  5回表 木村  2号 ソロ (和田)
  5回裏 柳田 10号 ソロ (松本)

ライオンズは源田を9番に落とし、2番森、3番山川、4番外崎……と、旧来の3番以降の打順を一つずつ上げてきました。組み替えようにも代わりの選手がいないので順番だけで変えたということかもしれませんが、本当に代えられないのは守備面で外せない二遊間と、結果を出している栗山、中村のベテラン、育成中の鈴木くらいだと思うんですよね……。また、その二遊間もリフレッシュという意味で1試合外すのであれば全然ありだと思います。

そしてライオンズ先発の松本は、組み替えた打線が本格的に動き出す前にあっさり点を取られてしまいました。これまでの登板とまったく同じような展開で、何の改善も見られませんでした。高橋光、今井、松本のドラ1組は同じことの繰り返しで、見ていて歯がゆいです。與座や本田が少しずつ課題を克服していっているのを少しは見習っていただきたい。

ところで、2回表、2アウト二三塁と一打同点のチャンスでは夢も希望もない三振に倒れ、5回のランナーがいない場面でホームランを打った木村さんはさすがだと思いました。しばらくはスタメンも安泰でしょうね……。

2020/07/28(火)酷い試合

2020/07/28 22:06
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第7回戦】
(2020年07月28日/福岡PayPayドーム)

埼玉西武      0 2 2  0 0 0  0 0 0  4
福岡ソフトバンク  0 1 2  0 1 3  1 1 X  9

[勝] 千賀 3勝1敗0S
[敗] 平井 3勝2敗0S

[本塁打]
  3回表 山川     11号 2ラン (千賀)
  7回裏 バレンティン  7号 ソロ  (田村)
  8回裏 今宮      4号 ソロ  (佐野)

点をもらったらすぐに吐き出す去年の今井が帰ってきました。さすがにそろそろ学習してもらいたいです。あのピッチングで今井本人に負けがついていないのにも腹が立ちますw

負け投手になったのは6回に3点を失った平井でしたが、こちらは責めるつもりはありません。平井が打たれたのなら仕方がありません。松田ヒット、甲斐送りバントのあと、周東と今宮で切らないといけないところで、周東を歩かせた時点で負けでしたね。

勝ち越しを許した直後の7回表、先頭の木村がデッドボールで出塁しますが、鈴木のセカンドゴロがゲッツーになってチャンスが潰えました。何も考えずに二塁に向かって走っていって周東にタッチされた木村には猛省を促したいところです。木村が立ち止まって4-6-3だったら一塁はセーフになっていたはずです。

というか、打率2割ちょいの選手が週2以上のペースでやらかしているのに使い続けるなんて、川越に申し訳ないと思わないの? さすがに辻さんおかしいよ。

2020/07/27(月)アイドルマスター15周年にかこつけた昔語り

2020/07/27 18:54

アイドルマスターシリーズが昨日で15周年を迎えたとのことです。おめでとうございます。

最近アイマスの話をすることはほとんどありませんが、私もアーケードは軽くやっていましたし、Xboxあたりまでは細々と続けていました。なので、昔からいるアイドルは分かるのですが、最近は人数が増えすぎて何が何やら、という状況ですw

アーケード版が稼働を始めたころはQMA2でいろいろあって界隈が盛り下がっていた時期で、気分転換にプロデューサー業を兼ねていた賢闘士(当時はこんな言葉はありませんでしたが)も多かったように記憶しています。そのままプロデューサーから帰ってこなくなった人も何人か名前が浮かびますw

そんなわけで、嫌いなコンテンツではないはずなのですが、最近は近寄りたくないなーという印象を受けているのも事実で。

特に、ライブの日程が発表されるたびにメットライフドームをディスって面白いことを言った気になっている阿呆にはうんざりしています。ああいう連中に限って自分の好きなものを腐されると顔を真っ赤にして怒るんですよね……。

また、東北のどこぞの球団とミリシタのコラボのときに、それより前にパ・リーグ6球団とのコラボでライオンズを担当した春日未来を持っていってしまったのは、決して許されることのない鬼畜の所業でした。貴様らには人間の心がないのか。

ちなみにこの試合はライオンズが勝っているのですが、アイマスの声優さんと結婚した若月じゃないほうの選手が現時点で唯一のセーブを挙げていて吹きました。

2020/07/26(日)骨と牙

2020/07/26 21:38
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第11回戦】
(2020年07月26日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  2 0 0  0 0 0  2
埼玉西武   0 1 0  0 0 3  0 0 X  4

[勝] 平井 3勝1敗0S
[S] 増田 2勝0敗9S
[敗] 小野 1勝2敗0S

ライオンズ先発の榎田は初回、福田、マーティンの連打でいきなりピンチを招きましたが、清田、安田を連続三振に抑え、井上をライトフライに打ち取ってしのぎました。あとから振り替えれば、ここで先制を許さなかったのが大きかった。

ライオンズは2回、栗山の通算350本めとなるツーベースがタイムリーとなって1点を先制。しかし4回、井上のタイムリーツーベースとレアードの内野ゴロの間に計2点を挙げてマリーンズが逆転に成功します。

中村稔には抑え込まれていたライオンズ打線ですが、6回に交代して継投策に入ってくれて助かりました。中村のタイムリーツーベースで同点に追いつくと、栗山の通算351本目となるツーベースで勝ち越し。さらに木村のタイムリーでもう1点を追加します。

結局、ライオンズは6回途中から平井、平良、ギャレット、増田とつないで逃げ切り。このカードの勝ち越しを決めて、来週福岡に乗り込むことになります。

今日はピッチャーも頑張ったのですが、バックの守備も好プレイが多かったです。源田は何事もなかったかのように難しいボールを何度もさばきましたし、センターの鈴木、レフトに途中から入った川越ともにピッチャーを救う超ファインプレイがありました。開幕直後は二遊間以外ザルみたいな状況だったこともありますが、だいぶ締まってきた感じはしますね。

2020/07/25(土)完敗

2020/07/25 22:07
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第10回戦】
(2020年07月25日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  1 4 0  5
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 種市 3勝1敗0S
[敗] 本田 0勝2敗0S

途中までBSの放送を観ていたのですが、あまりにも宮本の解説が不愉快だったので途中でパ・リーグTVに切り替えました。源田や藤岡の守備に偉そうにマウントを取っていましたが、源田にケチをつけるとすればもう小坂とかそのレベルしかいませんし、そもそも源田も藤岡もきちんと納税しているのであなたにとやかく言われる筋合いはありません。田辺の後任にこの人の名前が挙がったこともありますが、ほんとこの人が監督にならなくて良かった。

試合のほうは、マリーンズ先発の種市が素晴らしかったの一言です。チャンスらしいチャンスは初回のノーアウト二塁と、すでに勝負が決まったあとの9回の2アウト満塁くらいでした。ライオンズ先発の本田も素晴らしかったのですが、7回でガス欠を起こした感じですね。勝ちをつけてあげたかったのですが、さすがに今日は相手が悪かった。

また、今日はメヒアが今年初スタメンでしたが、かなり状態は良さそうに見えました。種市が投げにくそうにしているところはあったにせよ、厳しいボールを選んで3つのフォアボールは評価できると思います。守備位置的に難しいところではありますが、山川を数試合休ませてもいいのかなとは個人的に思います。ときどきホームランが出ているので難しいところですが、今の伸び上がるスイングでは外寄りの高めの球しか打てないので……。

2020/07/24(金)外崎サヨナラタイムリー

2020/07/24 21:26
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第9回戦】
(2020年07月24日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  1 0 1  0 0  0  2
埼玉西武   2 0 0  0 0 0  0 0 1x  3

[勝] 増田 2勝0敗8S
[敗] 益田 0勝2敗9S

[本塁打]
  1回裏 山川 10号 2ラン (石川)

ライオンズは初回に山川のホームランで2点を先制。難しいボールでしたし、当たり自体は山川らしい力強い打球でしたが、腕が伸びるコースだったからそういう打球になっただけで、その後の打席を見た感じでもまだ本調子とはほど遠い印象を受けました。これがきっかけになってくれればいいんですけどねぇ。

2点の援護をもらったニールは3回までマリーンズ打線をノーヒットに抑えますが、4回に安田のタイムリー、6回に井上のタイムリーを浴びて同点とされます。結局、6回2失点と先発の役目は果たしてくれましたが、同点での降板となり連勝記録の更新はお預けとなりました。6回は2アウトランナーなしから3連打なのでちょっともったいなかったですね……。

ライオンズは平良、ギャレット、増田とつないでゼロを重ねて迎えた9回裏。先頭の源田がこの回からファーストに回っていた安田の守備が深いのを見て一塁側にセーフティバントを試みて出塁すると、続く森がお手本のような見事な送りバントを決めて1アウト二塁とします。山川が申告敬遠で一二塁となったあと、続く外崎が0-1からの2球目をやや詰まりながらもレフト前に運んでサヨナラ勝ち! 実況のギョニキの「水が撒かれます、そして密になります」には吹きましたw

2020/07/23(木)プロ入り初本塁打とプロ入り初勝利

2020/07/23 21:25
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第8回戦】
(2020年07月23日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  2 0 0  0 0 0  0 0 0  2
埼玉西武   1 2 0  0 0 0  0 0 X  3

[勝] 與座 1勝2敗0S
[S] 増田 1勝0敗8S
[敗] 岩下 3勝1敗0S

[本塁打]
  2回裏 川越  1号 2ラン (岩下)

海の日に與座海人がプロ入り初勝利を挙げました。おめでとうございます。

とはいえ、手放しで褒められるようなピッチングではありませんでした。初回に簡単に2アウトを取ったものの、菅野をフォアボールで歩かせたあとに安田のタイムリーツーベースで先制を許してしまいます。さらに井上にもフォアボールを与えてピンチを広げて、中村奨のタイムリーでもう1点。フォアボールが点に結びついてしまいましたし、そのあとも制球に苦しんだ感がありますが、なんとか踏ん張って5回2失点。

本人もヒーローインタビューで反省の弁が出てしまうような内容ではありましたが、よく踏ん張ってくれたのは事実ですし、一つ勝つことによって次回以降はもう少し落ち着いて投げることができるでしょう。来週の登板も期待しています。

打線は初回に鈴木が初球を打ってセンター右へのツーベース、源田も初球を打ってのセンター前タイムリー。2球で1点を返すと、2回には今日久しぶりのスタメンとなった川越のライトスタンドへのプロ入り初ホームランで逆転。打った瞬間に分かる惚れ惚れするような打球でした。最初の一歩まで30打席かかってしまいましたが、今後はどんどんホームランを積み重ねていってもらいたいと思います。初ホームランおめでとうございます。

……というか、練習試合であれだけ打ったのに30打席しかもらってなかったのか。

2020/07/22(水)沈黙

2020/07/22 21:29
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第7回戦】
(2020年07月22日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 1 1  0 0 0  2
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  1 0 0  1

[勝] 小島  2勝2敗0S
[S] 益田  0勝1敗9S
[敗] 高橋光 2勝3敗0S

[本塁打]
  6回表 井上 5号 ソロ (高橋光)

マリーンズ先発の小島が良かったと言ってしまえばそれまでなのですが、打線の元気のなさが目立ちました。さすがにそろそろ森は休ませたほうがいいのではないでしょうか。攻守とも精彩を欠いていますし、幸いなことにライオンズには岡田という他チームなら正捕手になれそうな控えキャッチャーがいます。

ライオンズ先発の高橋光は7回2失点ではあるのですが、その2失点がワイルドピッチとホームラン。先週の不甲斐ないピッチングからは立ち直りましたが、ちょっともったいない印象を受けました。

OK キャンセル 確認 その他