2020/08/12(水)得るものがない

2020/08/12 21:51
【埼玉西武 vs 東北楽天 第7回戦】
(2020年08月12日/メットライフドーム)

東北楽天  0 1 0  2 0 0  3 0 0  6
埼玉西武  0 0 0  0 0 0  2 0 0  2

[勝] 涌井 7勝0敗0S
[敗] 伊藤 0勝1敗0S

[本塁打]
  4回表 太田   2号 2ラン (伊藤)
  7回裏 森    5号 ソロ  (涌井)
  7回裏 メヒア  4号 ソロ  (涌井)

酷いゲームでした。今日良かったことは、メヒアがホームランを打ったことと、野田が1イニングを3人で抑えたことくらいでしょうか。森のホームランや源田の2安打は勝利にも結びつかず、二人の休養が遠のく最悪の出来事と言ってもいいくらいです。

二人の代わりがいるのかという意見もちらほら見かけるのですが、今の二人の状態なら代わりはいます。まぁ、源田の代わりになりそうな山田は登録抹消されてしまいましたが……。

勝負事なのですから一つの負けでガタガタ言うつもりはありませんが、順位の上昇にも若手の育成にも結びつかない無駄な負けばかり続いているのはなかなかに辛いものがあります。そろそろどうにかしてくれ。

2020/08/11(火)現実逃避

2020/08/11 21:48
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第5回戦】
(2020年08月11日/CAR3219フィールド)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   4 1 0  0 2 0  0 0 X  7

[勝] 十亀 3勝1敗0S
[敗] 原  0勝1敗0S

[本塁打]
  1回裏 山野辺  1号 2ラン (原)

先発の十亀が8回を投げて散発の6安打に抑える好投。2回から5回まで4イニング続けてゲッツーを取るなど、打たせて取るピッチングが光りました。

打つほうも14安打を集めて7得点。序盤でゲームが決めてしまいましたね。頼もしいです。

……一軍? 知らんわ。

【埼玉西武 vs 東北楽天 第6回戦】
(2020年08月11日/メットライフドーム)

東北楽天  1 2 0  0 0 2  1 0 1  7
埼玉西武  0 0 0  4 0 0  1 0 0  5

[勝] 弓削    3勝1敗0S
[S] ブセニッツ 1勝0敗5S
[敗] 高橋光   2勝5敗0S

[本塁打]
  2回表 辰己   4号 2ラン (高橋光)
  4回裏 栗山   5号 2ラン (弓削)
  4回裏 メヒア  2号 2ラン (弓削)
  7回裏 メヒア  3号 ソロ  (宋家豪)

2020/08/10(月)ツートンカラー

2020/08/10 18:26

はっきりマスクの型がついているわけではありませんが、顔の上半分と下半分で肌の色が変わりつつあります。今までよりは引きこもる機会が増えているとはいえ、平日は会社に行きますし、昼休みになればご飯を食べるために外に行きますから、仕方がないことではあるのですが、あまり目立つようになるとちょっと恥ずかしいですね。

西武内海が2軍戦で6回1失点、1軍復帰へアピール - プロ野球 : 日刊スポーツ

まったく投げられないようであればさすがにそろそろ首が涼しくなってくるところでしたが、このところ継続して実戦登板ができているようで何よりです。二軍だとはいえ、80球投げて次回登板に影響がないようであれば、そろそろ一軍も見えてくるのではないでしょうか。

……ところで相内さんはどこで何をしていますか(小声)

2020/08/09(日)白にゃんこ

2020/08/09 23:31
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第9回戦】
(2020年08月09日/札幌ドーム)

埼玉西武     1 0 0  0 0 0  0 0 0  1
北海道日本ハム  1 0 1  0 0 0  0 0 X  2

[勝] バーヘイゲン 4勝1敗0S
[S] 秋吉     1勝1敗10S
[敗] 本田     0勝4敗0S

[本塁打]
  1回表 外崎  2号 ソロ (バーヘイゲン)

ライオンズ先発の本田は序盤はかなり真ん中にボールが集まってしまいました。4回以降は立ち直りましたが、結局5回2/3を2失点。先発の役目は果たしてくれましたが、4回以降のピッチングを見ると、序盤の2点はちょっともったいない印象を受けました。

気になるのは今日も先発を下ろすタイミングが早かったことです。昨日のように継投失敗にはつながりませんでしたが、6回裏2アウトランナーなしという場面で、佐野を1/3のアウトのために投げさせる必要はあったのでしょうか。本田はここまで清宮を2打席抑えていましたし、ピンチになったわけでもありません。

勝ちパターンと森脇、佐野をかなり信頼しているのは分かりますが、目の前で結果を残している先発をもう少し信頼してあげることはできないものなんですかね。

打線に関してはどこかおかしかったりお疲れだったりするのに選手を大幅に入れ替える気配もなく、ずるずると不調を引きずるのを覚悟しなければいけないかもしれません。山川は空振りのときに足を痛めたような感じでしたが、これを機会に休ませればよかったのに終盤まで交代させませんでしたし……。

2020/08/09(日)石頭

2020/08/09 23:14
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第8回戦】
(2020年08月08日/札幌ドーム)

埼玉西武     1 0 3  0 2 0  0 0 0  6
北海道日本ハム  0 2 0  0 0 0  5 0 X  7

[勝] 井口 1勝0敗0S
[S] 玉井 3勝1敗1S
[敗] 宮川 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回裏 渡辺  3号 2ラン (松本)
  3回表 山川 14号 2ラン (有原)

昨日の試合から。

ライオンズ先発の松本は、これまでに比べれば悪くない内容だったと思います。もっとも、今年はこれまでが悪すぎたとも言えますが。ただ、ベンチの評価はそれほどでもなかったらしく、88球の5回までで降板となりました。

結果的にはこれが裏目に出た格好で、6回の平良はわずか6球で三者凡退に抑える好投だったものの、7回の平井が踏ん張りきれず、途中で代わった宮川も勢いを止められずに逆転負けとなりました。

勝ちパターンの4人に絶大な信頼を寄せるのは悪いことではないのですが、すべてその形に持って行く必要はないわけです。僅差であればともかく、4点もリードがあったのですから、もう少しだけ先発を信頼しても良かったんじゃないですかね。

2020/08/08(土)出口が見えない

2020/08/08 23:45

久しぶりに友人たちと遊んできました。三密を避けながらというのはなかなかストレスの溜まるものですが、これは慣れていくしかないのでしょうね。ともあれ、楽しい時間でありました。

今日もライオンズは負けたようなので、戦評は明日まとめてということで。出口が見えませんね……。

2020/08/07(金)給料泥棒

2020/08/07 21:54
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第7回戦】
(2020年08月07日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 2  2
北海道日本ハム  0 0 0  1 0 2  0 0 X  3

[勝] 杉浦  4勝1敗0S
[S] 堀   1勝0敗1S
[敗] ニール 2勝2敗0S

[本塁打]
  4回裏 近藤 2号 ソロ (ニール)

打線の調子がどん底に近いとはいえ、いつまで杉浦にやられ続けるつもりなのでしょうか。スコアラーや首脳陣はちゃんと仕事をしているのでしょうか。

ライオンズ先発のニールは近藤一人にやられてしまった感じです。トータルで見るとここ最近のピッチングの中では良かったほうではないでしょうか。調子は上がりつつあるように思います。

打線は9回に栗山のタイムリー、鈴木の押し出しフォアボールで1点差まで詰め寄りましたが、あと一歩及ばず。最後のバッタースパンジェンバーグは、3-1から真ん中の球を2球続けて空振りと、ちょっといただけない内容でした。あれだけ絞れるカウントで空振りしているようでは、さすがに1番で使い続けるのは厳しいのでは。

2020/08/07(金)今後の糧に

2020/08/07 21:46
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第6回戦】
(2020年08月06日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 1 0  1 0 0  0 1 0  3
北海道日本ハム  3 0 0  1 0 0  1 0 X  5

[勝] 河野 2勝3敗0S
[S] 秋吉 1勝1敗9S
[敗] 與座 2勝3敗0S

[本塁打]
  4回表 メヒア 1号 ソロ (河野)

昨日の試合から。

與座が初回から制球に苦しみました。もともと完璧なコントロールで抑えるたいぷではありませんが、あそこまで苦しんだ姿は初めて見たかもしれません。とはいえ、ローテションを守っていく上では、こういう日にそれなりにゲームを作る能力はどうしても必要になってきますので、この失敗を今後のために役立ててもらいたいと思います。

良かったところを無理矢理探すとすると、メヒアに今シーズン1号が出たこと、9回の森脇のピッチングが良かったことでしょうか。平井を回またぎさせるくらいなら、2イニング目には森脇や佐野を投げさせるという選択肢もありかもしれません。

2020/08/06(木)上手く行かない

2020/08/06 23:38

いろいろあってこんな時間になってしまったので、帰宅途中の電車の中で更新しています。

野球は木村が微妙に結果を残してTポイントを稼ぎつつ、ライオンズが負けるという最悪の展開。さすがに帰宅してからハイライトを見る気力はありません。明日の試合とまとめて更新したいと思います。

上手く行かない日はいろいろと重なってしまうものですね。3連休が見えているので、明日は頑張りたいと思います。

2020/08/05(水)よくわからない

2020/08/05 22:19
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第5回戦】
(2020年08月05日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 5  0 0 2  7
北海道日本ハム  0 1 0  0 0 1  0 0 0  2

[勝] 平井     4勝2敗0S
[敗] マルティネス 1勝4敗0S

[本塁打]
  6回表 スパンジェンバーグ  6号 2ラン (マルティネス)
  6回表 山川        13号 2ラン (マルティネス)

ライオンズの先発は伊藤。毎回ランナーを出すピッチングではありましたが、久しぶりの先発ということを考えれば好投と言っていいでしょう。ただ、5回先頭の石川亮を打ち取ったところで佐野にスイッチしたベンチの判断は解せません。ピンチを迎えたわけでもなく、球数も71球。確かに西川、中島、近藤と左が続くところではありましたが……。

そして、佐野は左3人相手に1つしかアウトを取れずに平井にスイッチ。この判断もちょっとよく分かりません。もちろんピンチではありましたが、佐野は右を苦にするタイプでもありませんし、5回を投げ切らせても良かったのでは。

投手陣がバタバタしながらも5回を1点に抑えると、6回に打線が反撃を開始します。スパンジェンバーグのホームランで逆転に成功すると、さらに山川にもレフトポール直撃のホームランで追加点。さらに木村にもタイムリーが出てこの回一挙に5点を挙げました。

その裏、平井を早めに使ってしまったので宮川あたりでつなぐのかと思いましたが、平井が回またぎでマウンドに上ります。平井は大田を打ち取ったところまでは良かったですが、連打とフォアボールで満塁とし、谷口の内野安打がタイムリーとなって降板。平良が6回から登場する羽目になりました。

7月19日のイーグルス戦を思い出してしまうようなシチュエーションでしたが、平良は西川、代打松本を連続三振でピンチを切り抜けると、7回も続投して、近藤にヒットを許したあと三者連続三振という素晴らしいピッチングでした。平良は全面的に褒めますが、裏目裏目で回またぎが続いた首脳陣は反省していただきたいと思います。

平良の好投でどうにかいつもの流れに持ち込めたライオンズは、8回ギャレット、9回増田とつないで逃げ切り。連敗を3でストップさせました。

OK キャンセル 確認 その他