2020/08/31(月)としまえん閉園

2020/08/31 22:19

としまえんが94年の歴史に幕を下ろしました。

『バトルアスリーテス 大運動会』完全新作TVアニメ2021年放送 | アニメイトタイムズ

……失礼、間違えました。

「ハルヒ」シリーズ最新作(最新刊)『涼宮ハルヒの直観』11月25日発売 | アニメイトタイムズ

……こっちでもありませんでした。

さようなら、としまえん 94年の歴史に幕 (写真=共同) :日本経済新聞

多くのライオンズファンが「としまえんの場所にメットライフドームがあれば」と言います。保護地域がスワローズ、ジャイアンツとかぶるため、そう簡単に移転などできるわけはないのですが、堤オーナーが球団に関わっていた頃であればゴリ押しできたのではないかと思います。そういった意味でも、屋根をかぶせたタイミングが移転のラストチャンスだったのでしょう。

心配していたカルーセルエルドラドも、いきなり廃棄されることはなさそうで一安心です。受け入れてくれる遊園地があればいいのですが。

2020/08/30(日)メヒアさまさまや!

2020/08/30 20:57
【東北楽天 vs 埼玉西武 第14回戦】
(2020年08月30日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 0 3  3
東北楽天  0 0 0  0 0 1  0 1 0  2

[勝] 森脇    2勝0敗0S
[S] 増田    2勝0敗14S
[敗] ブセニッツ 1勝1敗7S

[本塁打]
  9回表 メヒア 7号 3ラン (ブセニッツ)

ライオンズ先発の松本は6回途中にワイルドピッチで先制を許しますが、5回1/3を1点に抑えました。できれば6回まで投げきってもらいたいところでしたが、可変式ストライクゾーンに苦しめられて球数がかさんだことを考えると仕方がないところでしょうか。

8回には森脇が二塁ランナーを返す不運な内野安打で1点を失い、勝負あったかと思いましたが、9回表、2アウトからメヒアがレフトフェンスいっぱいいっぱいのところに飛び込む3ランホームランで逆転。それまで3三振でしたが、一振りでチームを救いました。

今日は源田を9番に下げて1番金子、2番木村というオーダーで臨みましたが、順番が変わっただけで打てない3人が続いていることには変わりがないんですよね……。1点ビハインドの8回表、ノーアウト二塁で源田に送らせて、金子、木村に託した采配は全く理解できませんでした。中村は休ませるとしても、西川でも呉でも山野辺でも柘植でもこの二人よりは打てそうなのですが……。

2020/08/29(土)来日初登板初勝利

2020/08/29 23:33
【東北楽天 vs 埼玉西武 第13回戦】
(2020年08月29日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 2  3 0 1  0 0 0  6
東北楽天  0 0 0  2 1 0  0 0 0  3

[勝] ノリン 1勝0敗0S
[S] 増田  2勝0敗13S
[敗] 塩見  3勝5敗0S

[本塁打]
  3回表 柘植         2号 2ラン (塩見)
  4回表 スパンジェンバーグ  8号 2ラン (塩見)
  4回裏 浅村        18号 2ラン (ノリン)
  5回裏 ロメロ       17号 ソロ  (ノリン)

ライオンズの先発は来日初登板となったノリン。序盤3回まではパーフェクトピッチングでしたが、4回、5回にホームランを浴びてトータル6回3失点。全体的に球が高い印象を受けましたが、空振りは取れていますし、これがノリンの持ち味ということでいいのかな。四隅にビシッとは行かないまでも、ストライクを先行させてバッターを攻められているのはプラスの材料だと思います。

打つほうはスパンジェンバーグが4打数4安打3打点とと大当たりで、下位で使う分には問題がないレベルまで打率を上げてきました。あとは源田と中村がお休みできれば……。

2020/08/28(金)得るもののない負け

2020/08/28 21:39
【東北楽天 vs 埼玉西武 第12回戦】
(2020年08月28日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
東北楽天  0 0 0  0 2 0  0 0 X  2

[勝] 則本昂   5勝3敗0S
[S] ブセニッツ 1勝0敗7S
[敗] ニール   2勝4敗0S

昨日木村があれだけミスを繰り返し、逆に金子が4安打と調子を上げつつあったので、さすがにそろそろ金子が1番になるであろうと思ったのですが、今日も1番木村というのはさすがに寵愛が過ぎるんじゃないですかね……。

イーグルス先発は得意の則本ではありましたが、結局木村のタイムリーによる1点のみに抑えられました。木村にタイムリーが出たので、今週いっぱいは1番木村は安泰ですね……。今年は優勝なんて無理なんですから、ロマンしかない西川や鈴木の打席をもっと見せてもらいたいのですが。

ライオンズ先発のニールは6回2失点と最低限の役目は果たしてくれました。今日は二遊間はともかく、それ以外がだいぶファイヤーフォーメーションでしたが、そういった点を考慮に入れればよくやってくれたと思います。

2020/08/27(木)連敗ストップ

2020/08/27 22:51
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第12回戦】
(2020年08月27日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  2 2 0  0 0 0  0 3 0   7
埼玉西武     0 0 0  2 3 1  0 0 2X  8

[勝] 森脇 1勝0敗0S
[敗] 堀  1勝1敗1S

[本塁打]
  1回表 中田 21号 2ラン (本田)
  2回表 大田  7号 2ラン (本田)
  4回裏 山川 18号 2ラン (河野)
  6回裏 柘植  1号 ソロ  (加藤)

ライオンズ先発の本田は初回、2回とホームランで4点を失いましたが、失点ほど悪くなかったと思います。というか、初回2アウトランナーなしから、西川の何でもないヒットをちんたらした守備で二塁打にしてしまった木村はなんでこんなに寵愛されてるんですかね? 他人のせいでいきなりピンチを背負わされた本田が少し可哀想でした。

ライオンズは4回に山川のホームランで2点を返すと、5回には清宮のタイムリーエラーと栗山の2点タイムリーで逆転に成功。さらに6回にはプロ初スタメンとなった柘植のプロ初ホームランで追加点を挙げます。

7回からは勝ちパターンのリレーに入り、7回の平良は完璧な内容でしたが、8回のギャレットがボールが浮きまくってまったくお話になりませんでした。王柏融、大田、西川の3本のタイムリーで逆転を許してしまいます。なおも2アウト満塁のピンチが続きましたが、ここは森脇がしのぎました。

9回裏、先頭の金子がショートへの内野安打で出塁すると、木村が送って1アウト二塁。源田、栗山の連続フォアボールで満塁とすると、続く山川が前進守備のレフトの左を破る2点タイムリーヒットで逆転サヨナラ! 連敗を5で止めました。

サヨナラで盛り上がる中、笑顔を見せずに泣いている森の涙が気になりました。今日は試合途中からマスクをかぶって逆転を許していますし、そもそも今日のことだけではないでしょう。このご時世では「友哉を励ます会」で食事に行くのも難しいでしょうし、周りの面々も不調なのでケアをしづらいというところもあるでしょうが、メンタルのケアはしてあげてほしいと思います。森一人に何でもかんでも背負わせちゃ駄目だよ。

一方、木村さんはもう少し責任感を持って野球をしてほしいと思います。たまたま中田がタイムリーではなくホームランで、たまたまバント失敗のあとに清宮のタイムリーエラーが出たので、数字上は足を引っ張っていないことになっていますが……。

2020/08/26(水)中村、プロ通算1500安打達成

2020/08/26 22:12
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第11回戦】
(2020年08月26日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 3 4  0 0 0  0 0 1  8
埼玉西武     0 0 0  0 0 5  0 0 0  5

[勝] 杉浦 5勝2敗0S
[S] 秋吉 1勝1敗12S
[敗] 榎田 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 ビヤヌエバ      3号 3ラン (榎田)
  6回裏 スパンジェンバーグ  7号 3ラン (井口)
  9回表 渡辺         5号 ソロ  (増田)

中村が1500安打を達成しました。おめでとうございます。内野安打で達成というのがちょっと面白いですが、劇的な決め方は去年の400号ホームランのときにやっているからいいですかねw

……以上です、としてしまいたいくらい救いのないゲームでした。

源田がスタメンを外れて、1番鈴木、2番呉念庭というオーダーを見たときは、中村を休ませていない以外は悪いオーダーではないと思いましたし、榎田が派手に燃え上がった時点で主力はお休みできるなと思いました。

しかし、6回になまじ5点を返してしまったばっかりに、お休みだった源田が引っ張り出され、平良、ギャレット、増田をつぎ込むことになってしまいました。それでいて結局追いつけないという、全力をつぎ込んで負けるという最悪の展開です。監督4年目なんですから、いいかげん損切りすることを覚えていただきたいのですが……。

2020/08/25(火)噛み合わない

2020/08/25 22:27
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第10回戦】
(2020年08月25日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  1 2 0  0 0 0  1 0 0  4
埼玉西武     0 0 0  0 2 0  0 1 0  3

[勝] 上沢  4勝2敗0S
[S] 秋吉  1勝1敗11S
[敗] 高橋光 3勝6敗0S

[本塁打]
  8回裏 山川 17号 ソロ (玉井)

投打が噛み合わないのもそうなのですが、チーム状態と監督の采配が噛み合っていないことのほうが問題なんですよね……。

ライオンズ先発の高橋光は立ち上がりから苦しい内容で、相手の拙攻にも助けられて6回を3失点とどうにか試合を壊しませんでしたが、とてもクオリティスタートと褒められるような内容ではありませんでした。

それに輪をかけて酷かったのが2番手の平井です。変化球の切れこそ悪くありませんでしたが、ストライクを取るのに汲々とする感じで1イニングを投げて2安打2四球で1失点。前回の先発登板のときに、

……いや、「何だったんだろう」じゃなくて、普段の中継ぎのときは休みが足りてないってことなんでしょうね。武隈のように取り返しがつかないことになる前に、今年は先発も織り交ぜつつ休養を多めに取ったほうがいいんじゃないかなぁ。

と書いたのですが、本気で期間を区切って先発転向を検討したほうがいいんじゃないかなぁ……。

打つほうは源田と中村を休ませてあげてください、の一言です。もうフル出場が褒められる時代は終わったんだよ(中村は休み休みではありますが)。

2020/08/24(月)馬鹿につける薬はない

2020/08/24 21:31

平井プロの好投の日とかぶってしまったので当日は触れなかったのですが、相内推しの弊ブログとしてはやはり無視することのできないニュースがありました。

西武佐藤と相内が出場禁止、89キロ速度超過や外出 - プロ野球 : 日刊スポーツ

野球賭博とタンパリングと脱税以外の問題で、かつ被害者がいなければ不祥事を寛容に笑い飛ばす弊ブログですが、ちょっと今回は状況が違うと思います。

スピード違反はいいんですよ。いや、本当はよくないんですが、大きな問題はそこではありません。ライオンズは3月に金子と相内が合コンでやらかしています。その翌月、しかも緊急事態宣言下にゴルフというのは何を考えているのでしょうか。まぁ、たぶん何も考えていないのでしょうが。

しかも相内は合コンの件を反省していないわけです。お話にならないと言わざるを得ない。すでにアクアラインと飲酒喫煙で2ストライクに追い込まれていて、合コンはかろうじてファウルできましたが、今回の件でさすがにアウトでしょう。肉体的にはプロ未勝利で終わる選手ではなかったはずなのですが、頭の悪さまで総合すれば「プロでやっていく才能がなかった」ということになりそうです。

相内の頭が悪いのはみんな知っていたことですが、佐藤については少し驚きました。何をやっているんだ。

とはいえ、89キロオーバーというのはものすごい数字ではありますが、50キロオーバーで免停を食らった直後に駐車違反をやらかした上に、オリンピック銅メダリストを替え玉に出頭させるという離れ業を決めたレジェンドには芸術点で及びません。もうこのレジェンドに勝つのは無理なのですから、ライオンズの選手は違反などせずに大人しく運転して欲しいと思います。

……何の話でしたっけ。

そもそも、佐藤は山川や森に目をかけてもらえるという、とても恵まれた環境にあったわけです。よりによってなぜ相内なんかとつるんでしまったのか。しっかり反省して、今後は真摯に野球に取り組んで欲しいと思います。

2020/08/23(日)3連敗

2020/08/23 19:16
【オリックス vs 埼玉西武 第12回戦】
(2020年08月23日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 2 1  0 0 2  5
オリックス  1 0 0  0 0 2  0 3 X  6

[勝] 吉田凌   2勝1敗0S
[S] 漆原    0勝0敗1S
[敗] ギャレット 3勝1敗0S

[本塁打]
  1回裏 吉田正    8号 ソロ (松本)
  6回表 栗山     7号 ソロ (アルバース)
  8回裏 ジョーンズ  9号 ソロ (ギャレット)

明らかに審判のほうに落ち度があった菊池雄星の二段モーション問題で恥をかかされたと思ってまだ根に持っているようであれば、真鍋さんに審判をやる資格はないのでとっととお辞めになってください。また、そうではなくて今日のクソのような判定なのであれば、審判技術か視力に問題があるのは明らかなので、やはりお辞めになるか病院に行くかされるべきかと思います。

さて、球審がクソだったのは事実ですが、今日の敗因はそこではありませんので試合を振り返ってみましょう。

ライオンズ先発の松本は初回に吉田正のホームランで1点を失いますが、その後は立ち直って5回まで1失点。この時点で84球でしたので、あと1イニングか、リリーフ陣の状況を考えれば7回までは行ってほしいところでしたが、どうやらこの時点でマメをつぶしてしまったようです。6回頭から宮川にスイッチします。

宮川は2点を失い同点とされると、8回に4番手のギャレットがつかまり勝ち越しを許し、9回には2点を返したもののあと一歩及ばず3連敗となりました。

松本の降板はアクシデントだから仕方がないのですが、普段から早すぎる継投を繰り返しているからこういう状況でやりくりに困ってしまうのです。リリーフを信頼するのは悪いことではありませんが、もう少し先発を我慢することや、勝ちパターン以外のピッチャーを信頼することを覚えていただきたいと思います。

そもそもそのリリーフ陣も、平井は先発で少しリフレッシュできたようですが、リリーフでは散々なピッチングが続いていましたし、平良、ギャレット、増田はなんとか踏みとどまってはいるものの、開幕直後の素晴らしい出来からすると別人のようなピッチングです。今年は120試合の短いシーズンだとはいえ、2ヶ月ちょいで勝ちパターンを使い潰してどうするんだよ。

また、今日この時点の勝ち負けにこだわって若手を干しているのに、肝心なところで代打メヒアを使わない采配も理解できません。若手を育てる気がないなら現時点で最善のオーダーを組んで、しかるべきところで代打の切り札を突っ込んでくれ。

2020/08/22(土)内海の復帰登板に援護できず

2020/08/22 20:48
【オリックス vs 埼玉西武 第11回戦】
(2020年08月22日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 1  1 0 0  2
オリックス  0 0 0  3 0 1  0 1 X  5

[勝] 張奕    1勝1敗0S
[S] ディクソン 0勝2敗8S
[敗] 内海    0勝1敗0S

[本塁打]
  4回裏 ジョーンズ  7号 3ラン (内海)
  6回表 中村     6号 ソロ  (沢田)
  6回裏 ジョーンズ  8号 ソロ  (内海)

ライオンズの先発は移籍後初登板となる内海でした。内海は3回までバファローズ打線をノーヒットに抑えましたが、4回に自らのエラーで傷口を広げたあとにジョーンズに一発を食らって3失点。6回にもジョーンズに2発目を浴びて6回4失点と言う内容でしたが、わずか3安打でしたし、失点数から考えるといい出来だったと思います。

ホームランはやや不用意なところがありましたが、ボールの出し入れはさすがの一言ですし、常にストライクを先行しているからこそボールになる変化球が面白いほど効いてきました。森もリードしていて楽しかっただろうなぁ。投げたあとの状態が悪くなければ、しばらく一軍のローテで使い続けてほしいと思います。

打つほうは開幕のときのコピペオーダーに戻るどころか、木村が1番というより質の低いオーダーになっているのが気になります。西川や鈴木にもう少しチャンスをあげてほしいですし、代打ではなくスタメンで使い続ければ結果を出すと証明したメヒアを引っ込めてしまっているのも理解できません。

首脳陣は一年一年が勝負なのはわかりますが、もう少し勇気を出して将来への投資もしてほしいと思います。そして、その勇気も、なにも3割打っている選手を外せと言っているわけではないんですよね……。

OK キャンセル 確認 その他