2019/09/22(日)せめてベストを尽くしてほしい

2019/09/22 23:28
【東北楽天 vs 埼玉西武 第23回戦】
(2019年9月22日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  1 1 0  0 0 0  0 3 0  5
東北楽天  2 0 1  0 2 0  2 0 x  7

[勝] 石橋 8勝7敗0S
[S] 松井 2勝8敗37S
[敗] 榎田 4勝3敗0S

[本塁打]
  1回表 森  23号 ソロ  (石橋)
  5回裏 浅村 31号 2ラン (榎田)
  8回表 中村 30号 2ラン (石橋)
  8回表 外崎 26号 ソロ  (石橋)

中村をDHに回してサード佐藤は理解できますし、DHだった栗山をレフトの守備につけたのも分かります。ただ、そこではじき出された外野が木村ではなく金子侑というのが本気で理解できません。首脳陣はファンを馬鹿にしてるんですかね?

ホークスが勝ったためにマジックは3のまま変わらず。そして残り試合が3なので、あまり意味のないマジックになりました。残りカードを考えても現時点ではホークスのほうが有利な状況と言えるでしょう。明日の予告先発はライオンズが本田、イーグルスが岸です。もっとも、天気予報を見ると試合ができるかどうか分かりませんが……。

2019/09/21(土)ゆっくり休んでくれ……

2019/09/21 22:25
【東北楽天 vs 埼玉西武 第22回戦】
(2019年9月21日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 6 x  6

[勝] 森原 4勝2敗0S
[敗] 平井 5勝4敗0S

[本塁打]
  8回裏 藤田  2号 ソロ (平井)

平井が打たれたのなら、その責任は前半戦に酷使した首脳陣にあります。ピッチャーが足りないことがわかっていたのに補強をしなかったフロントも同罪です。

そもそも今日の今井なら8回続投でも良かったと思いますが、それは結果論なのでそこを責めるのはやめておきます。ただ、CSを見据えるのであれば、平井は早く抹消して休養させるべきです。今の状態の平井であれば代わりがいないわけではありません。

幸いという言い方は変かもしれませんが、デーゲームでホークスが敗れたため、マジックは一つ減って3となりました。今日勝っていれば「ようやく優勝も見えてきた」と書くつもりだったのですが、さすがにそんなに甘くはないですね……。

2019/09/20(金)15億円の残留力

2019/09/20 24:43
【埼玉西武 vs 東北楽天 第21回戦】
(2019年9月20日/メットライフドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  3 0 0   3
埼玉西武  0 0 0  0 0 3  0 0 2x  5

[勝] 増田 4勝1敗29S
[敗] 松井 2勝8敗36S

[本塁打]
  9回裏 メヒア  6号 2ラン (松井)

序盤は松本航、塩見とも素晴らしいピッチングで、4回まで両チームともノーヒットの投手戦となりました。

試合が動き出したのは6回裏。2本のヒットとフォアボールで1アウト満塁とすると、森のタイムリーで2点を先制。さらに中村のショートゴロが併殺崩れになってもう1点を追加します。その後も2アウト満塁と攻め立て、栗山の打球はセンターへの大飛球となりましたが、辰己の攻守に阻まれて3点止まり。

直後の7回表、松本航が突然崩れ始め、浅村、ブラッシュ、銀次の連打で1点を失います。渡辺佳から三振を奪ったところで平良にマウンドを譲りますが、ウィーラーのフォアボールで満塁とすると、藤田の内野ゴロの間と辰己のタイムリーで同点に追いつかれます。

8回は平井が球団タイ記録となる78試合目の登板。先頭の茂木にヒットを許しますが、浅村を併殺に打ち取りピンチを広げません。9回は増田がきっちり四凡で、迎えた9回裏。先頭の山川がボール気味の球を打ってレフト前ヒットとすると、続く代打熊代はスリーバント失敗で1アウト。続く代打メヒアはあっさり追い込まれましたが、4球目をとらえると、打球はレフトフェンスいっぱいいっぱいのところに飛び込みました。メヒアの圧倒的な残留力でサヨナラ勝ちです。これでマジックは4となりました。

2019/09/19(木)連夜の完封リレー

2019/09/19 22:00
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第25回戦】
(2019年9月19日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武     1 0 0  0 0 1  0 0 x  2

[勝] 十亀    5勝6敗0S
[S] 増田    3勝1敗29S
[敗] ロドリゲス 6勝7敗1S

ライオンズは初回、秋山、源田、森の3連打で、わずか5球で1点を先制。しかし、続く中村がショートゴロゲッツー、外崎がセンターフライに倒れて1点止まりでした。

ライオンズ先発の十亀は危なっかしい球もありましたが、変化球を有効に使って7回0/3を4安打無失点。前回はなぜゼロに抑えられていたのか不思議なピッチングでしたが、今日はしっかり抑えられていました。ナイスピッチングでした。

打線は6回に栗山のツーベースで一塁ランナー山川が激走を見せてホームイン。この追加点は大きかった。

投げるほうでは十亀のあと、小川、平井、増田と繋いで逃げ切り。連勝でマジックを5に減らしました。

2019/09/18(水)ニール10連勝

2019/09/18 22:44
【埼玉西武 vs オリックス 第25回戦】
(2019年9月18日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   0 1 0  0 1 0  3 0 x  5

[勝] ニール 11勝1敗0S
[敗] 荒西  1勝4敗0S

[本塁打]
  7回裏 外崎 25号 ソロ (荒西)

ライオンズ先発のニールが8回を5安打無失点の好投で10連勝。テンポとコントロールがいいので守備が引き締まり、守備に助けられたニールはさらにテンポがよくなるという好循環でした。素晴らしいの一言です。

打線は少ないチャンスながら足を活かした攻撃もできて5得点。いつもいつも山賊できるわけではないので、違ったパターンで得点ができると大きいですね。シーズン序盤の雑な攻撃をしていたらもっと苦しい展開になっていたと思います。

さて、今日は福岡でホークスが敗れたため、ゲーム差が2に開いてマジックは6となりました。とはいえ、まだ浮かれるような状況ではないので、明日の十亀にも頑張ってもらいたいと思います。

2019/09/17(火)辛うじて首位キープ

2019/09/17 22:22
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第24回戦】
(2019年9月16日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 1 6  0 0 2  9
埼玉西武   0 2 0  0 0 0  1 0 0  3

[勝] 石川 7勝5敗0S
[敗] 本田 6勝6敗0S

[本塁打]
  5回表 藤岡  2号 ソロ (本田)

昨日の試合を振り返る……気にもなれないので、軽く触れておきます。

それまでは2-1でリードしていたはずなのに、PyCon JPの私の発表が終わったら2-7と大量リードを許していました。やはりPythonのカンファレンスでAndroidの話をしたから罰が当たったのでしょうかw

とはいえ、ホークスも敗れたため首位は変わらず、マジックは8になりました。ライオンズは明日からは変則7連戦です。最後の山場になりますので、選手の皆さんはもう一踏ん張りをお願いします。

2019/09/15(日)マジック9点灯!

2019/09/15 18:58
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第23回戦】
(2019年9月15日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 1 0  0 0 0  3 0 1  0 0   5
埼玉西武   0 0 0  0 1 0  1 3 0  0 1x  6

[勝] 平良 2勝1敗1S
[敗] 大谷 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 清田 10号 ソロ (榎田)

中盤までは榎田と種市がお互いランナーを出しながら粘りの投球を見せる展開でしたが、7回に榎田がついに力尽きて鈴木の満塁走者一掃のタイムリーツーベースで3点のリードを許します。とはいえ、ここまで榎田はよく踏ん張ってくれました。ちょっと引っ張りすぎましたね。

ライオンズはその裏に栗山の犠牲フライで1点を返すと、8回に1アウト満塁から源田のライト前にポトリと落ちる2点タイムリーで同点に追いつき、さらに森の今シーズン100打点目となるタイムリーツーベースで勝ち越し。

9回は当然増田と思っていたのですが、マウンドに上ったのは平井でした。平井は先頭の岡をフォアボールで歩かせると、盗塁で二進を許して、荻野がワンバウンドしそうな球をライト前に運んで同点に追いつかれます。増田にアクシデントでもあったのかと不安になったのですが、あとの情報では増田を休ませたかった(今日投げれば3連投)とのことで一安心です。しかし、その増田の代わりに投げさせるのが平井というのは首脳陣の頭蓋骨の中は空洞なんですかね?

9回裏は1アウトから山川が体勢を崩しながらもレフト前ヒットで出塁し、木村が粘ってフォアボール、熊代も食らいついてセンター前ヒットで満塁のチャンスを作りますが、秋山がセカンドゴロ、源田がショートライナーで試合は延長戦へ。

10回は佐野がランナーを出しながらも牽制でアウトにすると、11回は平良が登板。1アウト一塁から鈴木のレフト前ヒットで三塁を狙う荻野を、久しぶりの外野守備となった外崎が刺しました。今日はセカンドでもいいプレイがありましたが、この人は本当にすごい。

外崎の好返球でピンチをしのいだ11回裏、あっさり2アウトを取られ、木村の打球もレフトフライかと思われましたが、打球を一瞬見失って慌てて追いかけたレフトの加藤と、落下点に入っていたセンターの荻野が交錯し、打球が転々とする間に木村が長駆ホームイン。ヒーローインタビューで「レフトが手を上げていたので、見失ったと思ってスピードを上げた」と言っていましたが、冷静な判断だったと思います。記録はエラーですが、球団はホームランと同じ査定をしてあげてください。日頃木村に厳しい弊ブログですが、今日は絶賛します。

さて、札幌でホークスが敗れたため、逆にライオンズにマジック9が点灯しました。そして、2位以上が確定しましたので、地元でのCS開催も確定ですし、あの不愉快な球団より上になることも確定しました。ねぇねぇ、ぬるま湯さん、マンネリさん、今どんな気持ち?(AA略)

3位争いをしているチームとばかり当たるライオンズと、自力CSが消えた2チームとばかり当たるホークスを比べれば、まだホークスが有利かと思います。とはいえ、勝ち続ければ優勝できることは間違いないので、最後までこの位置をキープできるように頑張ってください。応援しています。

2019/09/14(土)メットライフドームに行ってきました

2019/09/14 23:49

20190914-01.jpg

【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第22回戦】
(2019年9月14日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 1  0 0 2  0   3
埼玉西武   2 0 0  0 0 1  0 0 0  1x  4

[勝] 国場 1勝0敗0S
[敗] 東妻 3勝2敗0S

[本塁打]
  1回裏 森  22号 2ラン (西野)
  6回裏 山川 42号 ソロ  (西野)

いつものメンバーでメットライフドームに行ってきました。

このところあまりにも勝てないもので(私は一度4月に勝ち試合を見ているのですが、それは一人観戦のときでした)、普段の池袋駅集合ではなく現地集合にした効果があったのか、初回に森のホームランで2点を先制します。

ライオンズ先発の今井は球威はありそうでしたが決め球の制球に苦しんでいた印象です。追い込むところまでは行くのですが、決めきれずにフルカウントまで行ってしまう場面が目立ちました。とはいえ、6回1失点は結果が求められるこの時期は「いいピッチングだった」と言っていいと思います。

1点を返された直後の6回には山川の超特大のホームランで突き放し、7回は平良、8回は平井が抑えたのですが、9回に増田がつかまり試合は延長戦へ。増田が打たれたのなら仕方がありません。

延長10回表を国場が抑えると、その裏、1アウトから中村がフォアボールで出塁すると、続くメヒアのセンターへの浅いフライを岡がスライディングキャッチを試みたものの後逸。打球が転々とする間に中村が生還してサヨナラ勝ちとなりました。国場はプロ入り初勝利となります。おめでとうございます!

試合後はいつものように所沢へ出てから祝勝会。このところずっと「反省会」という名の飲み会だったので、久しぶりに美味しい酒が飲めました。次の観戦はポストシーズンになると思いますが、また試合後に美味しい酒が飲めますように。

2019/09/13(金)負けられない

2019/09/13 23:56
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第21回戦】
(2019年9月13日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
埼玉西武   1 0 3  0 0 2  0 0 x  6

[勝] 松本航    7勝3敗0S
[S] 増田     3勝1敗28S
[敗] ボルシンガー 4勝6敗0S

[本塁打]
  6回裏 秋山  20号 2ラン (酒居)
  8回表 中村奨 16号 ソロ  (国場)

首位攻防戦が終わって今日からはマリーンズとの4連戦。向こうもCS出場に向けて必死でしょうから、かなり厳しい戦いが続くと思いますが、まずはその初戦を取りました。

ライオンズ先発の松本航は7回を2安打無失点と好投。フォアボールが5つあったので何度かピンチは招きましたが、力強いボールが投げられていたと思います。

打線も初回から中村のタイムリーツーベースで先制し、3回には森、外崎のタイムリーと、外崎が一二塁間に挟まれる間に栗山がホームを突いて計3点。6回には秋山がホームランを放ち、これでチーム5人目の20本塁打到達となりました。これでなぜ2位なんだ……(投手成績から目をそらしながら)

8回は国場が一発を浴びて1点を返されますが、5点のリードを保って9回へ。3番手の小川はヒットと2つのフォアボールで2アウト満塁のセーブシチュエーションを作ってしまい、増田が登場することになりました。増田は荻野に一二塁間を抜けようかという当たりを打たれましたが、外崎がよく止めてなんとかゲームセット。4連戦の初戦を取りました。

明日はメットライフドームに行ってきます。

OK キャンセル 確認 その他