2020/09/27(日)スイープ

2020/09/27 19:59
【埼玉西武 vs 東北楽天 第17回戦】
(2020年09月27日/メットライフドーム)

東北楽天  0 0 0  1 0 0  1 0 0  2
埼玉西武  1 2 2  0 0 0  1 0 X  6

[勝] 松本 4勝3敗0S
[敗] 滝中 0勝1敗0S

[本塁打]
  4回表 ロメロ 20号 ソロ (松本)
  7回表 小深田  1号 ソロ (松本)

ライオンズは初回、外崎のタイムリーで1点を先制。9月16日以来、実に10試合ぶりの先制点です。ライオンズはさらに2回にはメヒアの2点タイムリーツーベース、3回には岡田のスクイズと金子のタイムリーで2点ずつを追加します。

先発の松本はやや荒れ気味ではあったものの、球には力がありました。ロメロ、小深田に一発は浴びたもののいずれもソロで、7回をその2点だけに抑える好投。昨日はノリンのアクシデントで8人のピッチャーをつぎ込んでいるだけに、7回まで行ってくれたのも大きいです。

松本のあとは平良、増田とつないで逃げ切り。今シーズン初の同一カード3連勝となりました。といっても、今年も6連戦の前半や後半を3連勝というのはあったので、ちょっとピンと来ない感じですがw

2020/09/26(土)リリーフの頑張り

2020/09/26 24:05
【埼玉西武 vs 東北楽天 第16回戦】
(2020年09月26日/メットライフドーム)

東北楽天  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1
埼玉西武  0 0 0  1 0 0  3 1 X  5

[勝] 森脇 5勝0敗0S
[敗] 酒居 3勝2敗0S

ライオンズ先発のノリンは初回を三者凡退で立ち上がりましたが、2回が始まる前の投球練習中に肩に張りが出たようで緊急降板。急遽中塚がマウンドに上りました。中塚はロメロのタイムリーで先制を許しましたが、そこからよく踏ん張りました。緊急登板で2イニングを1失点は合格点でしょう。

打線は4回に石橋のワイルドピッチで同点とすると、7回に源田の2点タイムリースリーベースとスパンジェンバーグのタイムリーで勝ち越し。8回には金子のタイムリーで駄目を押しました。

ピッチャーは中塚のあと小川、国場、宮川、森脇、平良、ギャレットとつないで逃げ切り。ノリンのアクシデントで苦しい試合になりましたが、リリーフ陣の頑張りで2連勝。森脇は昨日に続いての勝利投手です。点差がある場面ではありましたが、ギャレットがきっちり3人で抑えたのも大きいです。

2020/09/25(金)メヒアさまさまや!

2020/09/25 22:33
【埼玉西武 vs 東北楽天 第15回戦】
(2020年09月25日/メットライフドーム)

東北楽天  0 0 0  1 1 2  0 0 0  4
埼玉西武  0 0 0  1 3 0  1 0 X  5

[勝] 森脇 4勝0敗0S
[S] 増田 2勝0敗22S
[敗] 牧田 1勝1敗1S

ライオンズ先発のニールはこれまでの不調期よりは良かったと思いますが、それが3回までしか続きませんでした。4回以降は球が浮き始めて結局5回0/3を4失点。ただ、立ち直りのきっかけは見えてきたように思います。次回登板は期待して見ることができそうです。

打線は1番センター木村が豪快に足を引っ張る中、よく食らいついてくれたと思います。4回はメヒアのタイムリーで同点。勝ち越された直後の4回にはメヒアの2点タイムリーと中村のタイムリーツーベースで逆転。中村のツーベースのときのメヒアのホームインのベースタッチは芸術的でした。

6回に一度は追いつかれますが、7回にスパンジェンバーグのタイムリーで勝ち越すと、これが今度こそ決勝点になりました。負け投手がアレなので今日は晩ご飯がとても美味しいです。この週末はホークスとマリーンズが潰し合いになってしまうので、イーグルスに漁夫の利をさらわれないように3つとも叩いておきたい……。

2020/09/24(木)所沢バッティングセンター

2020/09/24 22:04
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第18回戦】
(2020年09月24日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 1 2  1 1 2  4 1 0  12
埼玉西武     0 0 1  1 0 0  0 0 0   2

[勝] 上原 1勝1敗0S
[敗] 伊藤 0勝2敗0S

[本塁打]
  4回表 西川  4号 ソロ (伊藤)
  4回裏 中村  7号 ソロ (上原)

久しぶりに先発のチャンスが回ってきた伊藤でしたが、期待に応えることはできませんでした。ストライクボールがはっきりしすぎていましたし、そのストライクも真ん中近辺の甘いところに来ていました。さすがにこの内容では来週も、というわけには行かないでしょうね。

伊藤が3回1/3で降板したあとも、打たれるわ打たれるわで20安打12失点。これだけ打たれると悔しいという感情もわいてきませんw

心配なのは守備のときにダイビングキャッチを試みて膝を強打した金子の状態です。交代のときは歩けていたのでそこまで重症ではないと思いたいのですが……。

2020/09/23(水)西武通算3000勝

2020/09/23 22:32
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第17回戦】
(2020年09月23日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 3 0  0 0 2  0 0 0  5
埼玉西武     0 0 0  4 2 0  0 0 X  6

[勝] 浜屋     2勝0敗0S
[S] 増田     2勝0敗21S
[敗] バーヘイゲン 6勝4敗0S

[本塁打]
  4回裏 木村  5号 3ラン (バーヘイゲン)
  6回表 中田 27号 ソロ  (浜屋)

3点ビハインドで迎えた4回、木村のホームランで同点とすると、柘植のタイムリーで一挙に勝ち越しに成功します。5回には相手エラーと木村のタイムリーで貴重な2点を追加しました。日頃木村には厳しい弊ブログですが、今日の木村のバッティングは良かったと思います。特に5回のタイムリー。まぁ、今まで何度も裏切られてきたので、もう1試合くらいでは手のひらは返しませんけど。

先発の浜屋は2回だけ明らかにコントロールがおかしかったですね。ただ、3回以降立ち直ったのはお見事で、高橋光あたりにはこのような試合中での立て直しをしっかり見習って欲しいと思います。

浜屋が5回1/3を投げたあと、宮川、森脇、平良、増田がそれぞれランナーを出す苦しいピッチングながらもなんとか逃げ切り。1979年に埼玉に移転し、西武ライオンズとなってから、今日の勝利で3000勝目となりました。おめでとうございます。

2000勝目のときは西武としての2000勝目に大した意味はないと書いたのですが、当時と今では状況がまったく異なるため、感想もまったく異なっています。今日は(埼玉)西武ライオンズのファンとして、チームが積み上げた3000勝をとても誇らしく思います。

弊ブログでは2009年以降同じことを何度も言っていますが、西鉄ライオンズに対して一定の敬意を払うべきだとは思っていますが、総体的に見れば私にとっての西鉄は私からライオンズブルーを奪った過去の亡霊という要素のほうが強いです。この訴えはユニフォームにライオンズブルーが帰ってくるまで続けるつもりです。

2020/09/22(火)隙あらば木村

2020/09/22 23:00
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第16回戦】
(2020年09月22日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  2 2 0  1 0 0  0 0 0  5
埼玉西武     0 0 0  0 0 1  0 0 0  1

[勝] 上沢  7勝3敗0S
[敗] 高橋光 5勝7敗0S

[本塁打]
  1回表 中田 26号 2ラン (高橋光)
  2回表 清水  2号 2ラン (高橋光)

二軍から上がってきたのが今当たりに当たっている愛斗でなく木村だった時点でこのチーム本当にやべーんじゃねーかと思い始めました。二軍スタッフが現状をきちんと報告していないか、一軍スタッフがその報告を無視しているかのどちらかだからです。

その木村は2回の反撃のチャンスをゲッツーで潰しつつ、勝負のついた7回に延命のヒットを打つという、素晴らしい自分のためのバッティングを見せてくれました。これだけ将来が楽しみな外野手がたくさんいるのに、これからは当分木村、金子で外野の2枠が埋まってしまう絶望感といったら……。

ライオンズ先発の高橋光はちょっとお話にならない感じで、4回途中での降板は致し方ないと思います。悪いときでもそれなりのピッチングができるようになってくれればいいんですけど。

2020/09/21(月)天青賢者になりました

2020/09/21 23:12

今作もいつもの色でした。紅玉賢者のちぃといつさんは一体どこに行ってしまったのだろう……。

20200921-01.jpg

今作は稼働開始から昇格まで、すべてHGプレミアムでトーナメントだけをプレイし続けました。前作まではリコードアリーナこそやらなかったものの、検定や協力も織り交ぜてプレイしていたのですが、冷静に考えたときに「金を払ってまで楽しくないことをやるほど人生は暇なのか?」というところに思い当たってしまったので。

金を払った上で楽しくないことの最たるものは予習の★埋めなのですが、こちらは仕方がないものと諦めてパセリで予習を購入しつつ早い段階で埋めてしまいました。そろそろPASELIで★を買えるようにして欲しいんだよなぁ……。

で、宝石になったのでパグリアルよちゃんが爆誕しました。ヤンヤンかわいい。

20200921-02.jpg

2020/09/20(日)逆転勝ち

2020/09/20 19:14
【オリックス vs 埼玉西武 第18回戦】
(2020年09月20日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 2  0 3 0  5
オリックス  1 0 1  1 1 0  0 0 0  4

[勝] 森脇  3勝0敗0S
[S] 増田  2勝0敗20S
[敗] 吉田凌 2勝2敗0S

[本塁打]
  1回裏 太田  3号 ソロ  (松本)
  4回裏 モヤ  2号 ソロ  (松本)
  5回裏 西浦  1号 ソロ  (松本)
  6回表 山川 22号 2ラン (アルバース)

このところ好投が続いてた松本は5回4失点という数字の上では苦しいピッチングでしたが、ソロホームランが3本ということで少しもったいない感はあったものの、数字ほど悪いピッチングではなかったと思います。好調は維持できているようです。

とはいえ、今のライオンズ打線に4点のビハインドはかなり厳しいところで、5回の西浦のホームランの時点でほぼ諦めていたのですが、今日は打線が意地を見せてくれました。

6回表、山川が高めの釣り球をひっぱたいてレフトスタンドへ運んで2点差とすると、8回、山川のヒットと2つのフォアボールで満塁として、森のレフト頭上を越える走者一掃タイムリーツーベースで逆転に成功します。ライオンズベンチは松本のあと宮川、森脇、平良、増田とつないでそのまま逃げ切りました。

森に関しては打つほうは少しずつ調子を取り戻しつつあるのかなという印象を受けましたが、ヒーローインタビューを見ても明らかに守備面で参ってしまっていますね……。悩みや壁には成長のために越えるべきものと、そもそも必要ないものがありますが、今の森の状況は首脳陣の無能、無策が招いたものです。乗り越えようと自分を追い込むのではなく、投げ出してしまってもいいので、一日も早く元気になってもらいたいところではあるのですが……。

2020/09/19(土)4 - 1

2020/09/19 22:24
【オリックス vs 埼玉西武 第17回戦】
(2020年09月19日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 1  0 0 2  3
オリックス  1 0 0  0 0 3  2 0 X  6

[勝] 山崎福 3勝4敗0S
[敗] ノリン 1勝2敗0S

[本塁打]
  9回表 栗山 10号 2ラン (ディクソン)

3点ビハインドの7回ノーアウト一二塁でバントのサイン(しかも二塁ランナー山川)って、辻おじいちゃん一桁の足し算引き算もできなくなっちゃったの? 飛び出した山川やバットを引いた柘植よりも、そんなサインを出してしまったベンチの責任が大きいと思います。

負けること自体は仕方がないのですが、それでも試合中には最善を尽くして欲しいと思います。

2020/09/18(金)惨敗

2020/09/18 22:28
【オリックス vs 埼玉西武 第16回戦】
(2020年09月18日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 2  0 0 0  0 0 0  2
オリックス  0 5 1  2 0 0  0 0 X  8

[勝] 山岡  1勝3敗0S
[敗] ニール 3勝6敗0S

[本塁打]
  2回裏 モヤ  1号 2ラン (ニール)
  3回表 金子  2号 2ラン (山岡)

初回は三者凡退で立ち上がったニールでしたが、2回に6連打と犠牲フライで5点を失い、この時点で勝負が決まった感があります。今の打線で山岡から5点も取れるわけがありません。

明日頑張ろう、明日。

OK キャンセル 確認 その他