2018/05/21(月)お休み

2018/05/21 19:54

朝から頭痛がひどかったので今日はお休み。ずっと寝ていて大分楽になりましたが、まだ微妙に辛い感じです。仕事がたまってるんだけど明日は出社できるんだろうか。

「ライオンズ・クラシック2018」事前予約&受注グッズ | ライオンズストアオンライン

追加のグッズが発表されたようですが、このリュックのデザインを見てしまうと「ライオンズブルーよりレジェンドブルーのほうが普段使いしやすい」という意見には首肯せざるを得ません。そのグッズが野球から離れれば離れるほど水色がダサいのは事実ですね……。

それでも、ダサいとかダサくないとかじゃなくて、俺はライオンズブルーのユニフォームが見たいんだよ!

2018/05/20(日)打線に元気がない

2018/05/20 21:10
【オリックス vs 埼玉西武 第8回戦】
(2018年5月20日/ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
オリックス  1 0 0  0 0 1  0 1 x  3

[勝] 田嶋 5勝2敗0S
[S] 増井 1勝0敗10S
[敗] 榎田 4勝1敗0S

[本塁打]
  6回裏 ロメロ  8号 ソロ (榎田)

ライオンズ先発の榎田は初回、宮崎のデッドボール、山足のヒットでピンチを招くと、4番ロメロのレフト前タイムリーで先制を許します。レフトが栗山でなければという当たりではありましたが、あの肩を覚悟した上で使っていると思うので、責めるのはやめておきます。

榎田は先制点を許したあとは立ち直り、2回から4回まではノーヒット。5回には1アウト一三塁のピンチを招きましたがここをしのぎました。しかし6回、先頭のロメロに一発を浴びてビハインドは2点に。結局、榎田はトータルで7回2失点ということで、先発の役目は十分に果たしましたが、打線の援護に恵まれず今シーズン初黒星を喫しました。

2番手のヒースはライオンズでの初登板となりましたが、2安打を浴びて1失点。変化球の制球が悪すぎました。ストレートは前評判通り力がありましたので、そのストレートを活かせる程度には変化球も決まってほしいところではあります。

打線は田嶋、山本、増井のリレーの前にわずか5安打。秋山と浅村がともに2安打ずつを放ちましたが、浅村が第1、第2打席、秋山が第3、第4打席のヒットということでまったくかみ合いませんでした。ところで、金子一はいつになったら出番がもらえるんですかね……。もう木村の魔法は解けた感があるので、外崎をライトに回して金子をサードスタメンでもいいような気がするのですが。

2018/05/19(土)多和田の完封劇で連敗ストップ

2018/05/19 22:44
【オリックス vs 埼玉西武 第7回戦】
(2018年5月19日/ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   0 0 0  0 4 0  2 0 1  7
オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 多和田 7勝1敗0S
[敗] 山岡  2勝5敗0S

[本塁打]
  5回表 メヒア  2号 2ラン (山岡)
  9回表 山川  13号 ソロ  (金田)

ライオンズは5回、森のツーベースと送りバントで1アウト三塁のチャンスを作ると、相手のワイルドピッチの間に1点を先制。さらにメヒアのホームランで2点を追加すると、金子侑がエラーで出塁したあと二盗、三盗を決めたあと、またもワイルドピッチがあってこの回もう1点。

7回には秋山の内野ゴロがフィルダースチョイスを誘って追加点を挙げ、さらに源田のタイムリーでもう1点を追加します。9回には山川の久しぶりのホームランで追加点を挙げ、そのまま逃げ切りました。

ライオンズ先発の多和田は、今シーズン初めての完封で自己最多タイの7勝目。ピンチらしいピンチは9回の1アウト一三塁くらいで、そこもロメロをファーストファウルフライ、T-岡田をセカンドゴロに打ち取ってしのぎました。前回はちょっと不甲斐ないピッチングでしたが、今日はよく投げてくれました。ライオンズの連敗は2でストップです。

2018/05/18(金)人選ミス

2018/05/18 23:02

なんとか今日の仕事が収まりました。明日のDjangoCongress JP 2018は楽しんで来たいと思います。

さて、来週はメットライフドームに行く予定なのですが、そのときの情報が続々と入ってきていてテンションが上がってきます。

2018/05/27 イベント情報|埼玉西武ライオンズ

西武、日本ハム3連戦でプレイヤーズドッグ発売 - プロ野球 : 日刊スポーツ

「辻ドッグ(獅子リアンライス)」、「光成ドッグ(光成のWチョコバナナ)」、「銀仁朗ドッグ(銀ちゃんのチーズフォンデュ風たこ焼き)」、「山川ドッグ(山川のあぐーまぜソバ)」、「中村ドッグ(おかわり焼き)」、「メヒアドッグ(メヒアのパワープレート)」の6品で、

働いてない人が半分くらい含まれていますね……。

2018/05/17(木)今日は負けないよ!

2018/05/17 22:51

試合ねぇだろ……。

最近仕事でいろいろと難しい調査が続いていて、体よりも心のほうがヘロヘロなのですが、今週土曜日はDjangoCongress JP 2018、来週日曜日はメットライフで観戦ということで、それを楽しみに頑張りたいと思います。

……あ、日曜日ってことは先発榎田か。すげー楽しみになってきました。

2018/05/16(水)打線が沈黙

2018/05/16 24:04
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第7回戦】
(2018年5月16日/東京ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  1 0 x  1

[勝] 上沢 4勝1敗0S
[敗] 十亀 2勝5敗0S

いつも十亀には厳しい当ブログですが、今日の十亀にはまったく文句はありません。よく投げてくれました。6回1/3を自責点0の1失点でしたが、二つのエラーがなければ8回くらいまでゼロを並べられたでしょう。

で、そのエラーです。5回の外崎のエラーは仕方がないというか、年間143試合あればこういうエラーは何度もあるよねという普通のエラーでしたが、7回の秋山のエラーはちょっと理解不能でした。交錯した秋山も木村も追いついていた打球でしたが、場所的にはむしろ木村の打球でしょう。歓声でお互いの声が聞こえなかったのでしょうか……。

打線のほうも上沢に4安打に抑えられて完封負け。5回のノーアウト一塁からの岡田のスリーバント失敗、9回のノーアウト一二塁から山川、森、外崎に1本も出なかったシーンが痛かったですが、そもそも「緩い変化球に弱い」という弱点が他球団に知れ渡ってしまった感があります。まぁ、この壁を乗り越えられないようでは優勝などできないわけですが。

2018/05/15(火)見殺し

2018/05/15 23:29
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第6回戦】
(2018年5月15日/東京ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  2 0 x  2

[勝] マルティネス 4勝3敗0S
[S] トンキン   1勝0敗9S
[敗] カスティーヨ 2勝2敗0S

[本塁打]
  7回裏 レアード  6号 ソロ (カスティーヨ)

ライオンズ先発のカスティーヨは7回につかまって2点を失いましたが、さすがにこれは責められないでしょう。よく投げてくれました。十亀の調子が上がらないこともあって、裏ローテはだいぶ厳しい状況になっていましたが、先週、今週のピッチングを見る限りでは、裏ローテの軸はカスティーヨで大丈夫そうですね。

打つほうは一昔前を思い出す拙攻続きで、9安打に加え5つのフォアボールをもらったにもかかわらず、そのランナーをホームに迎え入れることができませんでした。山川もさすがに調子が落ちてきたようですね……。

明日の予告先発はライオンズが十亀、ファイターズが上沢。十亀は明日駄目なようなら一度ローテを外してもいいかもしれませんね。ファイターズ相手に好投できないようであれば、来週の松田宣浩と愉快な仲間たちを抑えられるわけもありませんし。

2018/05/14(月)移動日なのでQMAのお話

2018/05/14 22:35

QMAのパッチノートが公開され、組の昇降格の条件が変更になるようですが、どうしてあなたたちは極端から極端に走らないと気が済まないんですか、という感じの調整ですね……。

フェニックスのメンツを見るに、ちょっとバランス的にどうなんだろうというところはありましたし、いずれテコ入れされるものとは思っていましたが、一気にこんなに緩くするとは思いませんでした。これだと前作とほとんど変わらないのでは……。

個人的には、降格条件はともかく、昇格条件を少しだけ緩くしてくれればいいなと思っていました。順位合計5以下での昇格を、順位合計6以下での昇格にするだけでずいぶん違うはずです。これならば4位1位1位でも昇格できるので、準決勝落ちしたときに3戦やり直す必要もなくなりますし、2位2位2位でもOKなので、お前なんでフェニにいるんだよ的な人と当たり続けてもどうにかなります。

まぁ、このあたりは様子を見ながら最適なところを目指して調整していってもらいたいと思います。

2018/05/13(日)榎田の好投で連敗ストップ

2018/05/13 20:37
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第9回戦】
(2018年5月13日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   4 1 0  0 1 0  0 0 x  6

[勝] 榎田   4勝0敗0S
[敗] オルモス 0勝2敗0S

今日も榎田のピッチングが見事でした。7回を4安打無失点。6つの三振のうち4つが見逃しで、気持ちがいいくらい内外角の厳しいところに決まっていました。炭谷のリードにここまで完璧に応えられるピッチャーは久しぶりです。フィールディングも素晴らしく、4回には角中の高いバウンドのピッチャーゴロを上手くさばいてアウトにしています。十亀さん見てましたか?

打線も初回から榎田を援護します。先頭の秋山があわやホームランかというレフトオーバーのツーベースで出塁すると、源田の送りバントを処理したオルモスのフィールディングが十亀並みで一塁セーフ。浅村がフォアボールを選んで満塁となったあと、山川の犠牲フライで先制します。森が倒れたあと、外崎の2点タイムリーツーベース、木村のタイムリーツーベースでこの回一挙に4点を挙げました。

2回には1アウトから金子侑がフォアボールで出塁し、オルモスの一塁牽制悪送球で二塁に進むと、さらにオルモスの二塁牽制悪送球で三塁へ。このもらったチャンスに、秋山が低めの球を上手く拾ってセンター前タイムリーで1点を追加します。5回には木村のタイムリー内野安打でもう1点追加しました。

榎田が7回で降板したあとは、点差がありましたが登板間隔の空いているワグナー、増田とつないで完封リレー。連敗を4でストップさせました。さすがに1週間ホームで全敗というのは厳しいので、最後になんとか一つ取れて良かった。

2018/05/12(土)4連敗

2018/05/12 20:37
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第8回戦】
(2018年5月12日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 5 0  1 1 0  2 2 0  11
埼玉西武   0 0 0  0 0 1  0 1 0   2

[勝] ボルシンガー 3勝1敗0S
[敗] 多和田    6勝1敗0S

多和田は初回は三者凡退で立ち上がったものの、2回に5安打3四死球を集められて5失点。結局、5回途中7失点で降板となりました。ちょっと心配になる内容ではありましたが、いつぞやの田中ではあるまいし、シーズン全試合勝つというわけにはいきませんから、たまにはこういう試合もあるでしょう。

打線のほうは、個々の選手を見ればそれほど抑え込まれたという感じはしないのですが、つながりを欠いてしまって2得点が精一杯。連敗は4となりました。

嬉しいニュースとしては、5年目の金子一が初めての一軍出場を果たしました。守備だけで打席は回ってこなかったのですが、これでプロのスタートラインに立つことができました。明日あたり、金子侑か栗山を外して、外崎を外野に回して、空いたサードで使ってみるのはどうでしょう。調子がいいうちに使ってあげたほうがいいでしょうし。

OK キャンセル 確認 その他