2006/10/31(火)パ東西対抗は今季で打ち切り [nikkansports.com](はてなプロ野球’06)

2006/10/31 24:01

http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20061031-111043.html

……不貞寝していいですか?

オフの恒例行事として定着しているが、小池唯夫会長は「一定の役割を果たした」と語った。

パ東西対抗は今季で打ち切り [nikkansports.com

東西対抗の役割は「野球の面白さ、パ・リーグの面白さをファンに伝えること」だと思っています。既存ファンのためだけではなく、新規のファンに向けたものでもあるのです。ですから、この役割は「果たした」と過去形で語ることはできません。日本語として変な言い方ですが「果たし続け」なければいけないんです。

2006/10/30(月)守備の時は怖くて自分からサインを出せない監督初段のBBH2日記

2006/10/30 23:48

今日はプレイしていませんが、昨日南流山や南越谷で必死にプレイした結果、初段まで上がることができました。ペナントではもれなくオールスターと当たり続け、1勝1敗2分。きついのはきついんですが、1の頃と違ってサインでどうにかなる面もあるので、純正使い的にはやりがいがあります。まぁ、強振見極めだけはとっとと修正を入れてもらいたいところですが。

昨日のソラリスでは、色々な方とトレードをしまして、だいぶライオンズのカードが揃ってきました。ただ、ブレンヒルトさんには一方的にもらいまくったような気もしますので、いずれお返しをしたいところですが、ファイターズを引く気配がありません……。

今後の方針ですが、1の時と同様、ライオンズ以外の選手は積極的にばら撒いて、ライオンズの選手を引いた時にお返ししてもらうという方針で行きたいと思います。幸いなことに、私の周りは純正・準正使いが多いので、この方法だと意外とあっさり揃うんですよね。

 

【昨日の釣果】

  • SP
    • 矢野輝弘(阪神)68
    • 久保康友(ロッテ)75
    • 中村紀洋(オリックス)71
    • 中村紀洋(オリックス)71
    • 中田賢一(中日)71
    • 矢野謙次(巨人)70
    • 小宮山悟(ロッテ)69
    • 本間満(ソフトバンク)66
    • ガトームソン(ヤクルト)66
    • 横山竜士(広島)66
    • 江川智晃(ソフトバンク)65
    • 鶴岡一成(横浜)65
    • 鶴岡一成(横浜)65
    • ダーウィン(阪神)65
    • 神内靖(ソフトバンク)63
    • 井上純(ロッテ)61
    • グラボースキー(オリックス)60
    • 橋本将(ロッテ)59
    • 小山伸一郎(楽天)58
    • 浅井樹(広島)58

 

【現在のオーダー】

9 福地寿樹  (2黒)
8 赤田将吾  (2黒)
6 中島裕之  (新黒)
3 カブレラ  (2黒)
7 和田一浩  (新GR)
5 石井義人  (新SP)
D GG佐藤  (旧黒)
2 炭谷銀仁朗 (2白)
4 片岡易之  (2黒)
 
控 細川亨   (新黒)
控 リーファー (2黒)
控 高木浩之  (2白)
控 江藤智   (2白)
控 中村剛也  (新黒)
控 栗山巧   (NC)
控 佐藤友亮  (旧黒)
 
先 西口文也  (2黒)
先 涌井秀章  (2黒)
先 帆足和幸  (新黒)
先 グラマン  (2白)
先 許銘傑   (旧白)
先 河原純一  (旧黒)
中 長田秀一郎 (旧白)
中 大沼幸二  (2白)
中 星野智樹  (2黒)
中 三井浩二  (旧白)
中 石井貴   (2黒)
抑 小野寺力  (2黒)

今後入れ替える予定があるのは、先発はギッセルIN、河原OUT。中継ぎは山岸IN、長田OUT。

早めに欲しいカードは、唯一のノンカードである栗山と、1のカードでは外野が守れないG.G.佐藤、1では先発属性なので中継ぎで使いづらい三井といったところ。

2006/10/29(日)うぇんずでいさん、優勝おめでとう!

2006/10/29 26:02

南越谷ソラリスのEM2杯に参加してきました。結果は1回戦2位通過、2回戦4位敗退。毎回のように目標にしているスポラン1での100点ですが、今回は1、2回戦とも晒し台を引くことができましたが、1回戦は83.33で迎えた6問目に分岐ありの四文字が出て99点台止まり。2回戦は2ミスやらかしました。まだまだですね。精進します。

2006/10/28(土)そろそろ園川も出て欲しい賢者陸段のQMA3日記

2006/10/28 23:28

久々のQMAでした。日曜日以来ですから6日ぶりなんですね。多分、こんなに空けたのは初めてだと思います。

BBHもあるので、全国大会は一発勝負と決めて臨みました。萌え問を見たいので今回はスポーツオンリーで。結局、芸能を2問単独不正解して39人抜きでストップ。負けるべくして負けたという感じです。

残念ながら大会中に例の萌えキューブは引けませんでしたが、予習の時に別の萌え問を引けたので満足です。

f:id:silence1998:20061028120404j:image

打点王を取ったことに全く触れられていない初様萌え。

さて、明日はソラリス大会に参加します。参加される皆さん、よろしくお願いします。私は越谷入りする前に、南流山でガッツリやりこむ予定です……BBHを。

2006/10/27(金)第6回予告

2006/10/27 22:57

というわけで、予告からずいぶん経ってしまいましたが、第5回「ラルフ・ブライアント」をお送りいたしました……って、毎回同じことを書いているような。

次回のことはまだ何も決まっていませんが、やっぱり書きやすいのは80年代以降のパ・リーグの選手なんですよね。それ以外だと、単に資料をまとめた伝聞形式の文章になってしまうので。

あと書きやすいのはネタに走った文章ですかね。QMA3になってからは、最近の選手や現役選手の問題が増えたので、ネタに走ろうと思えば走れるんですよね。「カープの新人王の2年目以降の成績」とか「西口文也ノーヒットノーラン寸止め伝説」とか。

まぁ、のんびり考えてみますので、気長にお待ちいただければ幸いです。

2006/10/27(金)第5回『ラルフ・ブライアント』

2006/10/27 22:44

1988年6月7日。近鉄のリチャード・デービスが大麻不法所持で逮捕され、そのまま退団することになりました。主砲を失った近鉄は慌てて新外国人選手の獲得に動きますが、日本プロ野球の移籍期限は6月30日。じっくりと調査をする余裕もありません。

そんな中、近鉄の目に止まったのは、ウエスタンリーグでプレイしている中日のパワーヒッターでした。彼の名前はラルフ・ブライアント。当時の中日には郭源治、ゲーリー・レーシッチという二人の外国人選手が在籍していたため*1、一軍登録可能な外国人枠に食い込むことができず*2、このまま二軍で燻り続けるしかなさそうな選手です。

ブライアントは速いスイングでボールを遠くに飛ばす能力には秀でていたものの、緩いボールを待ちきれず、変化球に突っ込んだスイングを繰り返して三振の山を築いており、なんとも評価の難しい選手でした。それでも、前述のとおり移籍期限まで時間がなかったこと、年俸がわずか700万円に過ぎなかったことから、近鉄はブライアントの獲得に動きました。結局、金銭トレードという形で移籍が実現し、ブライアントは近鉄のユニフォームに袖を通すことになりました。それが6月28日。移籍期限の2日前のことでした。

移籍翌日の6月29日の日本ハム戦で、決勝のタイムリーツーベースを放ってデビュー戦を飾ったブライアントは、7月3日の西武戦で来日初ホームランを放つと、その後もホームランを連発。結局、74試合で34本塁打78打点という驚異的な数字を残しました。130試合換算で60本塁打137打点。この年はあの「10.19」の年であり*3、近鉄は惜しくも優勝を逃したわけですが、ブライアントの活躍なしにはペナント終盤の猛追はなかったでしょうし、今も伝説として残るようなダブルヘッダーのドラマもなかったでしょう。

大活躍のうちに1年目のシーズンを終えたブライアントですが、2年目も慢心することなく活躍を続けました。近鉄は彼に引っ張られる形で西武、オリックスとの壮絶な三つ巴の優勝争いを繰り広げます。そして迎えた天王山、10月12日の西武とのダブルヘッダー。この試合で近鉄優勝への細い糸を手繰り寄せたのは、やはりブライアントでした。

【西武 vs 近鉄 第24回戦】
(1989年10月12日:西武ライオンズ球場)
 
近鉄  0 0 0  1 0 4  0 1 0  6
西武  1 3 0  0 1 0  0 0 0  5
 
[勝] 加藤哲 6勝2敗1S
[S] 吉井  5勝5敗20S
[敗] 渡辺久 15勝11敗0S
 
[本塁打]
  2回裏 辻       3号 2ラン (高柳)
  4回表 ブライアント 46号 ソロ  (郭)
  6回表 ブライアント 47号 満塁  (郭)
  8回表 ブライアント 48号 ソロ  (渡辺久)
【西武 vs 近鉄 第25回戦】
(1989年10月12日:西武ライオンズ球場)
 
近鉄  2 0 4  3 3 0  1 1 0  14
西武  2 0 0  0 0 0  0 2 0   4
 
[勝] 阿波野 19勝8敗0S
[敗] 高山  5勝4敗0S
 
[本塁打]
  ブライアント 49号 ソロ  (高山)
  リベラ    24号 ソロ  (高山)
  鈴木     19号 2ラン (西本)
  鈴木     20号 ソロ  (工藤)
  清原     35号 2ラン (木下)

このダブルヘッダーを迎えた時点で、首位西武は2位近鉄との3試合を残すのみ。1ゲーム差でそれを追う近鉄は西武と3試合、ダイエーと1試合を残していました。近鉄は西武との3試合に負け越した時点で優勝の可能性がなくなります。また、近鉄とゲーム差なしの3位オリックスは下位のロッテ、ダイエー戦しか残していないため、残り4試合全勝の可能性も充分にあり、近鉄は非常に厳しい状況に追い込まれていました。

そんな中で迎えたダブルヘッダー第1試合は、西武が序盤にあっさり4点を奪い、いきなり近鉄はピンチに立たされます。しかも、西武の先発は近鉄戦に滅法強い郭泰源。西武ファンの私は、2回が終わって4-0となった時点で「勝った」と思っていました。

しかし、ブライアントは4回の第2打席でソロホームランを放って反撃の狼煙を上げます。さらに、1点を返された直後の6回の第3打席では、満塁のチャンスで再びライトスタンドに叩き込み、一人で試合を振り出しに戻してしまいました。

そして迎えた8回の第4打席。この回からマウンドに登ったのは、ブライアントが大の苦手にしている渡辺久信でした。2-1とあっさり追い込んだバッテリーは、4球目にインハイのストレートを選択。アッパースイングのブライアントには絶対に打てないはずの球ですし、たとえボールになったとしても次に落ちる球で勝負するための布石になります。

渡辺久は、キャッチャー伊東の構えたミット目掛けて、寸分の狂いもなく投げ込みました。ブライアントがスイングを始めた瞬間、バッテリーも、西武ファンも、誰もがこれで三振だと思ったでしょう。しかし、ブライアントがこの打てるはずのない球を捕らえると、打球はライトスタンドへ一直線。渡辺久はライト方向を振り返りながら座り込み、唖然とした顔で打球を見送りました。「悔しがる」というよりは「なぜ打たれたのかわからない」という表情でした。

勝ち越しのソロホームラン。なんとブライアント一人で全6打点を叩き出し、序盤の大量ビハインドをひっくり返してしまいました。

この3打席連続ホームランで第1試合を制した近鉄は、第2試合はワンサイドゲームで西武を圧倒して連勝。このダブルヘッダーに連勝した近鉄は、追いすがるオリックスを振り切ってペナントを制しました。ちなみにブライアントは、ダブルヘッダー第2試合では第1打席フォアボールの後、第2打席でホームランを放って4打数連続本塁打を達成しています。まさしく優勝を決める4打数連続アーチでした。

この年の優勝に多大な貢献をしたブライアントは、みごとMVPに輝きました。不幸にして当時は西武が黄金時代だったために、もう一度優勝を経験することはできませんでしたが、ブライアントは3年目以降も活躍を続け、その間にいくつものエピソードを残しています。

たとえば1990年6月6日の日本ハム戦。角盈男から放った打球は、ぐんぐんと伸びていって東京ドームの天井スピーカーを直撃しました。この打球はグラウンドルールでホームランと認められましたが、この認定ホームランを放ったバッターは後にも先にもブライアントただ一人です。正確なところは誰にもわかりませんが、この打球は天井がなければ170メートル飛んだとも、180メートル飛んだとも言われています。

また、1993年には42本塁打107打点で二冠王に輝くとともに、シーズン200三振の壁を破る204三振を達成。そもそも破っていい壁なのか悪い壁なのかはわかりませんが、この三振の多さもブライアントの魅力の一つであったことは間違いありません。ちなみに、日本プロ野球のシーズン三振数10傑は以下のとおり。ブライアントばっかりですね。

  1 ブライアント  近鉄     1993年  204
  2 ブライアント  近鉄     1990年  198
  3 ブライアント  近鉄     1989年  187
  4 ブライアント  近鉄     1992年  176
  5 岩村明憲    ヤクルト   2004年  172
  6 デストラーデ  西武     1990年  165
  7 ミッチェル   日本ハム   1977年  158
  8 シェルドン   オリックス  2002年  155
  9 ブライアント  近鉄     1994年  153
 10 清原和博    巨人     1997年  152

三振数が多いのはあまり名誉なことではありませんが、「三振が多くても使ってもらえる」というのは一流選手の証でもあります。三振に目をつぶっても起用したくなるくらいの打棒を持っていた証明ですから。

近鉄バファローズの歴史を振り返ると、数多くの優良外国人選手の名前が挙がってくるでしょう。そんな外国人選手の中でも、ブライアントの個性は傑出していると思います。圧倒的なパワーと勝負強さで観客を魅了したブライアント。そして、打ち始めると止まらず、手がつけられなくなったブライアント。彼はまさしく近鉄バファローズが誇る「いてまえ打線」の象徴でした。

 

□ 略歴

1961年生。アメリカ合衆国ジョージア州出身。右投げ左打ち。外野手。

ボールドウィン農業大学-ロサンゼルス・ドジャース(1981年)-中日ドラゴンズ(1988年)-近鉄バファローズ(1988年)

【打撃成績】
              G    AVG   HR  RBI  SB
---------------------------------------
 1988  近鉄     74  .307   34   73   1
 1989  近鉄    129  .283   49  121   5
 1990  近鉄    108  .245   29   73   4
 1991  近鉄     63  .238   22   43   3
 1992  近鉄    119  .243   38   96   6
 1993  近鉄    127  .252   42  107   4
 1994  近鉄    105  .293   35  106   0
 1995  近鉄     48  .194   10   22   0
---------------------------------------
             773  .261  259  641  23
  • 最優秀選手:1989年
  • 本塁打王:1989年、1993年、1994年
  • 打点王:1993年
  • ベストナイン:1989年、1993年、1994年

*1:郭は後に日本に帰化していますが、当時はまだ台湾国籍でした。

*2:当時の外国人枠は2。現在は4に広がっています。

*3:10.19については星の数ほど文献がありますので、ご存じない方はそちらを参照してください。

2006/10/26(木)多分コンマイクオリティだと思う監督2級のBBH2日記

2006/10/26 24:25

私はBBH1でカードが存在した選手については、とりあえずカード登録してプレイしているのですが、当時の背番号と今の背番号が違う選手が4人ほどいます。

  • 帆足(34→47)
  • 福地(44→53)
  • 佐藤(30→10)
  • 細川(47→30)

この選手を登録した場合、どうやら背番号はカードに書かれているものではなく、現在の背番号になるようです。実際、帆足は47、福地は53になりましたし、佐藤はまだ出場機会がないので確認していませんが、おそらく10だと思います。ただ、細川がなぜか48なんですよね。細川だけは現在の30ではなくてカードどおりの47で登録しようとして、帆足とバッティングしたから1増えた……のかな? それもおかしな話ですけど。

いずれ2のカードが手に入ったら入れ替える予定ではあるんですが、その時に30に戻ってくれるといいなぁ……。

 

【今日の釣果】

  • SP
    • 福盛和男(楽天)71
    • 岩村明憲(ヤクルト)81
    • 林昌範(巨人)67
    • 太陽(阪神)66

2006/10/26(木)夢が叶った日(はてなプロ野球’06)

2006/10/26 24:05
【日本ハム vs 中日 日本シリーズ第5戦】
(2006年10月26日:札幌ドーム)
 
中日    0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
日本ハム  0 0 0  0 1 2  0 1 x  4
 
[勝] ダルビッシュ 1勝1敗0S
[S] マイケル   0勝0敗3S
[敗] 川上     1勝1敗0S
 
[本塁打]
  6回裏 セギノール  2号 2ラン (川上)
  8回裏 稲葉     2号 ソロ  (久本)

北海道日本ハムファイターズが44年ぶり2回目の日本一に輝きました。おめでとうございます! 大社前オーナーも天国で大喜びしていることでしょう*1

今日の試合の満員のスタンドを見て、移転当初は「新庄目当て」だった地元の方々が、今ではチーム全体を愛してくれるようになったんだと、そう強く感じました。新庄が抜けるのは確かに痛いですが、「お客さんを呼ぶ」という意味ではもう新庄がいなくても大丈夫でしょう。試合でも、それ以外でもチームに貢献した新庄の集大成がこの日本シリーズだったと思います。今までお疲れ様でした。しばらくはゆっくり休んでください。

しかし強かったですね、ファイターズは。ライオンズがこんなチームと1ゲーム差しかなかったとか、このチームに圧倒的に勝ち越していたなんてのが今でも信じられません。

*1:ご存命の間に見せてあげたかったという気もしますが、こればっかりは勝負事ですから。

2006/10/25(水)44年ぶりの日本一に王手!(はてなプロ野球’06)

2006/10/25 24:54
【日本ハム vs 中日 日本シリーズ第4戦】
(2006年10月25日:札幌ドーム)
 
中日    0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
日本ハム  0 0 1  0 2 0  0 0 x  3
 
[勝] 金村   1勝0敗0S
[S] マイケル 0勝0敗2S
[敗] 中田   0勝1敗0S

ファイターズが壮絶な拙攻戦をなんとか制し、44年ぶりの日本一に王手をかけました。

今日の試合はファイターズの残塁が11、ドラゴンズの残塁が12。スコアは3-0なのに4時間ゲームになってしまうほど塁上をランナーが賑わせましたが、点に結びついたのは3回裏の田中賢のタイムリーツーベースと、5回裏の稲葉の2点タイムリーツーベースだけでした。作戦云々ではなく「チャンスをものにできたかできなかったか」だけで勝負が決まった試合で、一歩間違っていれば結果は逆になったとしてもおかしくありません。ファイターズ投手陣はよく踏ん張ったと思います。

2006/10/25(水)日本シリーズのせいで空いているような気がしないでもない監督4級のBBH2日記

2006/10/25 24:25

今日からBBH2の稼動が始まりました。1の頃とは違い、かなりの店舗に台数が行き渡っているため、混んではいるものの「2時間待ち」のような悪夢はない感じ。というわけで3クレほどやってきました。

1戦目は間違って店内対戦を選んでしまいました。何をやってるんだか。

2戦目はちゃんとオープン戦を選び、対戦相手はタイガース。今作のオープン戦は他リーグとも当たるんですね。結局、相手が途中で試合終了ボタンを押したようなので*1、必死にサインを出しまくって井川を攻略。初戦を制しました。しかし、今作はCOMもサインを出してくるんですね。これはいいことだと思います。まぁ、2アウトからバントシフトとか、お馬鹿なこともやってきましたが。

そして、3試合目。先発の帆足がやってくれました。

f:id:silence1998:20061025235340j:image

完全試合達成! 現実の帆足も、来年はこれくらい頑張って欲しいものです。

 

【今日の戦果】

  • SP
    • 川上憲伸(中日)78
    • 二岡智宏(巨人)78
    • カブレラ(西武)71
    • 北川博敏(オリックス)65
    • 高橋光信(中日)60
    • 広池浩司(広島)57

 

【現在のオーダー】

9 福地寿樹  (旧白)
8 赤田将吾  (新黒)
6 中島裕之  (新黒)
3 カブレラ  (2黒)
7 和田一浩  (新GR)
5 石井義人  (新SP)
D GG佐藤  (旧黒)
2 細川亨   (新黒)
4 片岡易之  (新黒)
 
控 炭谷銀仁朗 (NC)
控 江藤智   (旧白)
控 高木浩之  (旧白)
控 中村剛也  (新黒)
控 栗山巧   (NC)
控 佐藤友亮  (旧黒)
控 大島裕行  (旧白)
 
先 西口文也  (新SP)
先 帆足和幸  (新黒)
先 涌井秀章  (旧白)
先 グラマン  (NC)
先 大沼幸二  (旧黒)
先 河原純一  (旧黒)
中 長田秀一郎 (旧白)
中 許銘傑   (旧白)
中 星野智樹  (新黒)
中 三井浩二  (旧白)
中 石井貴   (旧黒)
抑 小野寺力  (NC)

テーマは「西武ライオンズ2007」。というわけで松坂は入れていません。その結果、現時点では沼者と泡様が揃ってローテ入りという恐ろしいことに。

今後、カードが手に入り次第、何人かの選手を入れ替えていく予定です。野手の予定は、リーファーIN、大島OUT。炭谷はカードが手に入り次第レギュラー昇格です。G.G.の新カードは外野でしょうから、こちらも早いうちに手に入れたいところ。

先発陣は松永、ギッセルINで大沼、河原OUT。中継ぎは山岸INで長田OUT。それから、許も三井も石井貴も1のカードは先発属性なので、早く2のカードが欲しいです。

*1:カード目当ての時間短縮なんだろうけど、対戦相手のことも考えてくれよ……。

OK キャンセル 確認 その他