2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 24:55
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第14回戦】
(2008年7月20日:千葉マリンスタジアム)
 
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0   0
千葉ロッテ  0 2 2  1 4 6  1 0 x  16
 
[勝] 渡辺俊 8勝4敗0S
[敗] 西口  4勝5敗0S
 
[花火]
  3回裏 大松    17号 2ラン (西口)
  4回裏 オーティズ  7号 ソロ  (西口)

前日に続いてとても打線が活発でした。

……マリーンズだけは。繰り出すピッチャー繰り出すピッチャー見事に打ち込まれ、結局20安打16失点で大敗です。ライオンズ打線はわずか3安打、しかも4回以降はパーフェクトに抑え込まれました。完敗ですね。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 24:50
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第13回戦】
(2008年7月19日:千葉マリンスタジアム)
 
埼玉西武   0 4 0  0 2 0  5 2 4  17
千葉ロッテ  0 2 0  3 0 1  0 1 3  10
 
[勝] 星野  3勝1敗0S
[S] 小野寺 3勝4敗1S
[敗] 成瀬  6勝5敗0S
 
[本塁打]
  4回裏 ベニー   4号 ソロ  (岸)
  5回表 中島   18号 2ラン (成瀬)
  6回裏 今江    6号 ソロ  (大沼)
  7回表 ブラゼル 22号 2ラン (成瀬)
  7回表 後藤    4号 3ラン (シコースキー)
  9回裏 今江    7号 3ラン (小野寺)

……ラグビー?

そんな感じの打撃戦を制したのはライオンズでした。ライオンズ先発の岸、マリーンズ先発の成瀬ともイマイチな内容で、代わったピッチャーも軒並み調子が悪くてはこんな試合になっちゃいますよね。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 24:43
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第12回戦】
(2008年7月18日:千葉マリンスタジアム)
 
埼玉西武   0 6 0  0 0 0  1 0 1  8
千葉ロッテ  2 0 0  0 0 2  0 2 0  6
 
[勝] 帆足   9勝2敗0S
[S] グラマン 1勝2敗18S
[敗] 唐川   5勝2敗0S
 
[本塁打]
  2回表 後藤  3号 3ラン (唐川)
  6回裏 里崎 11号 2ラン (帆足)

ライオンズ4点リードで迎えた8回裏、4番手岡本真が捕まり、4連打で2点を失うと、さらに送りバントで1アウト二三塁と一打同点のピンチ。ここでちょっと早めではありますがグラマンが登場しました。

グラマンはサブロー、福浦を打ち取りピンチを脱すると、9回はフォアボールのランナーを出したものの後続を切って取って逃げ切り。前の試合での汚名を返上する見事なピッチングでした。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 24:25
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第16回戦】
(2008年7月16日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      0 0 0  0 0 5  0 0 0  0 0 0   5
福岡ソフトバンク  0 0 0  0 1 0  0 1 3  0 0 1x  6
 
[勝] 三瀬 2勝0敗0S
[敗] 星野 2勝1敗0S
 
[本塁打]
  5回裏 高谷  1号 ソロ (涌井)

3点リードで迎えた9回裏。当然ライオンズのピッチャーは守護神グラマンだったわけですが、どうもピリッとせず、本多のタイムリーで1点を失います。さらに2アウト満塁から、代打大村の同点タイムリーで同点とされました。

試合は延長12回裏、小野寺が捕まり、高谷のタイムリーでホークスがサヨナラ勝ち。勝ちパターンまで持っていって負けたのは痛いですが、グラマンが打たれたらしようがないよなー。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 24:17
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第15回戦】
(2008年7月15日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      1 0 0  0 0 3  0 0 0   4
福岡ソフトバンク  0 4 4  1 3 0  1 0 x  13
 
[勝] 杉内  8勝5敗0S
[敗] 石井一 7勝6敗0S
 
[キモティー]
  2回裏 小久保    15号 ソロ  (石井一)
  3回裏 松中     18号 2ラン (石井一)
  4回裏 松中     19号 ソロ  (山岸)
  6回表 中島     17号 2ラン (杉内)
  6回表 G.G.佐藤 20号 ソロ  (杉内)

初回、中島の併殺打の間にライオンズが幸先よく先制しますが、石井一がピリッとしません。2回裏に小久保のホームランで同点とされると、この回さらに4安打を浴びて1-4。3回にも松中のホームランなどで4点を失い勝負は決しました。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 23:05
【オリックス vs 埼玉西武 第14回戦】
(2008年7月13日:京セラドーム大阪)
 
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
オリックス  0 0 0  0 4 0  0 0 x  4
 
[勝] 金子 5勝6敗0S
[S] 加藤 1勝3敗19S
[敗] 西口 4勝4敗0S
 
[本塁打]
  8回表 中村 21号 ソロ (金子)

4回まではバファローズ打線を1安打に抑えていた西口ですが、5回に急に崩れました。

ヒットと2つのファおボールで1アウト満塁のピンチを招くと、前田のタイムリー、坂口のタイムリー、カブレラの2点タイムリーであっという間に4失点。

打線のほうもバファローズ先発金子の前にわずか3安打。中村のホームランで1点を返すところまででした。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 22:59
【オリックス vs 埼玉西武 第13回戦】
(2008年7月12日:スカイマークスタジアム)
 
埼玉西武   2 0 0  0 0 0  0 0 2  4
オリックス  0 0 0  1 0 0  1 0 0  2
 
[勝] 正津   1勝0敗0S
[S] グラマン 1勝2敗17S
[敗] 加藤   1勝3敗18S
 
[本塁打]
  9回表 石井義  2号 ソロ (加藤)

2-2の同点で迎えた9回表、代打石井義のバックスクリーンへのホームランでライオンズが勝ち越し。さらに中島のタイムリーツーベースでもう1点追加すると、その裏をグラマンがきっちり締めて逃げ切りました。

8回から登板した正津が今シーズン初勝利。これまでの好投がようやく報われたようで良かった。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 22:50
【オリックス vs 埼玉西武 第12回戦】
(2008年7月11日:スカイマークスタジアム)
 
埼玉西武   0 3 2  5 1 0  0 1 0  12
オリックス  0 0 0  0 0 0  3 1 0   4
 
[勝] 帆足    8勝2敗0S
[敗] オルティズ 3勝6敗0S
 
[本塁打]
  2回表 中村   19号 ソロ  (オルティズ)
  3回表 中島   16号 ソロ  (オルティズ)
  3回表 ブラゼル 21号 ソロ  (オルティズ)
  4回表 中村   20号 2ラン (近藤)
  7回裏 一輝    4号 ソロ  (帆足)
  7回裏 下山    6号 2ラン (帆足)

20安打12得点と打線が大爆発。連敗を3でストップしました。

星がプロ入り初出場。7番指名打者でスタメン起用されましたが、4の0と先発メンバー中唯一のノーヒットに終わりました。でも、これからこれから。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 22:28
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第14回戦】
(2008年7月9日:西武ドーム)
 
福岡ソフトバンク  2 0 1  0 1 0  1 0 2  7
埼玉西武      0 1 0  1 0 0  0 0 0  2
 
[勝] ガトームソン 4勝4敗0S
[敗] 涌井     7勝7敗0S
 
[本塁打]
  5回表 松田  9号 ソロ  (涌井)
  7回表 松中 15号 ソロ  (平野)
  9回表 松中 16号 2ラン (小野寺)

涌井が初回から大乱調で、5回までに9安打を浴びて4失点ノックアウト。打線も石井義、細川のタイムリーツーベースで2点を返すのが精一杯でした。

2008/08/31(日)2008-08-31

2008/08/31 22:23
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第13回戦】
(2008年7月8日:西武ドーム)
 
福岡ソフトバンク  1 0 0  2 0 0  1 0 1  5
埼玉西武      0 0 1  0 1 0  0 0 0  2
 
[勝] 杉内  7勝5敗0S
[敗] 石井一 7勝5敗0S

1-1の同点で迎えた4回表、2アウト満塁から、中島が2点タイムリーエラー。このピンチを凌げれば……というところであまりにも痛いミスでした。まぁ、このピンチ自体、フォアボール連発で招いたものなので、石井一ももうちょっとしっかりしろよ、と言えなくもないんですが。

OK キャンセル 確認 その他