2010/12/31(金)ワシの煩悩は108式まであるぞ

2010/12/31 22:31

2010年も残すところ2時間を切りました。

今年は賢竜杯の最終予選で本戦まであと一勝というところまで行ったり、給与未払いの関係で会社を移ったり、携わるプロジェクトがことごとく炎上していたり、生まれて初めてコミケにサークル参加したりと、個人的に色々なことがあった一年でした。あまりいい年とは言いがたい一年でしたが、不可抗力でどうしようもないところを除けば、自分でできることはやり切ったかな、と思います。来年も頑張ろう。

それでは皆様、良いお年を。

2010/12/29(水)完売御礼

2010/12/29 24:25

コミックマーケット79に参加してきました。

まずは、ガスターズ芸タイ部のスペースにお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。おかげさまで用意した100部が完売しました。そして、完売後にお越しいただいた皆様、無駄足を踏ませてしまい申し訳ありませんでした。まさかこんなに早いペースで売れるとは、部員もびっくりしています……。

今回初めてサークル参加したのですが、個人的に印象に残ったのは、素面のはずのJOE画伯がフリーダムすぎたことです。最初は宣伝イラストを描いていたものの、途中からネタに走り出し、しまいには「強くなりたい方はこちら→」と隣のサークルさんの宣伝を始める始末。素面なのにあんなにテンションの高い画伯は、休日出勤したクリスマスにやけくそでアンミラに行ったとき以来です。つい最近じゃねーか。

2010/12/28(火)芸タイ部有明進出

2010/12/28 24:13

明日はいよいよコミックマーケット79の一日目です。

芸タイ部は「げいたい!!」をご用意して皆様をお待ちしております。お時間のある方は西る-13bに足をお運びいただけると幸いです。私も基本的にはスペースにいると思いますので。

明日の目標は、転売ヤーの買い漁った問題集がオークションに出されたとき、おてう本と並んで写真が載ったのを見て、その転売ヤーをプギャーすることです。頑張ります。(何を?)

2010/12/27(月)【西武】涌井「判押すつもりありません」

2010/12/27 24:43

http://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/2011/news/f-bb-tp1-20101227-718206.html

2度目の交渉となった今回も球団の提示額は現状維持の2億円から変わらず。涌井は再度保留しました。

年俸をアップして欲しいという本人の気持ちも分かりますが、現状維持の提示をした球団の気持ちも分かります。これは、アップ幅を評価と考えている涌井と、年俸の額を評価と考えている球団の考えの違いなのでしょう。どちらが正しい、どちらが誤っているという話ではないと思います。

ただ、個人的には、年俸がある程度の額を超えたら、アップ幅ではなく年俸額を評価の物差しにするべきだと思います。活躍しているからと言って単純に上げてしまうから、球団側がどんどん苦しくなっていってしまうんですよね。

ライオンズ時代のカブレラがいい例で、毎年きっちり結果を残していたために毎年年俸がアップしていき、最終的にはいくらなんでも釣り合わない額になって手放さざるを得なくなってしまいました。選手としての価値が一番高かったのは55本塁打を放った2002年で、それ以降は選手としてはどんどん「普通の4番」になってしまったのに、年俸だけは上がっていく。球団は相当苦しかったと思います。

球界を揺るがした大騒動からまだ6年しか経っていません。球団も選手も、あのとき何が起こったか、そしてファンがどういう反応を示したか、もう一度思い出して欲しいものです。

2010/12/26(日)2010-12-26

2010/12/26 21:50

すげー寒いと思ったら気温のせいではなくて熱のせいでした。やっぱり疲れているんですかねぇ。

とりあえず29日の休みは確保したので、明日、明後日出勤すれば今年の作業は終わり……になるといいなぁ。30日はともかく、大晦日まで仕事したくないぞ。

ともあれ、そんなことにならないようあと2日間頑張ります。

2010/12/25(土)げいたい!!

2010/12/25 24:41

既報のとおり、芸タイ部はコミックマーケット79の1日目に参加します。お時間のある方は、足をお運びいただけると幸いです。

さて、宣伝の意味も込めまして、29日まで当ブログのトップ絵を変更することにしました。構図が例のあれに見えますが、青い本ではなく緑の本です。

ただ、緑の本とは言っても、我々が作るのはあくまでも「芸タイ部本」であって「芸タイ本」ではありません。ガチの問題集だと期待されるとこちらも困ってしまうので、そこのところはどうぞよろしくお願いいたします。

2010/12/23(木)2010-12-23

2010/12/23 22:40

「なぜアンミラに行くのか」という質問に対し、ジョージ・マロリーが「そこに山があるから」と答えたという逸話がありますが、マロリーを尊敬してやまない私とJOE画伯は今日も今日とて店の外から山を鑑賞してきました。昼休みが2時間くらいあれば毎日でも通うんですが、食事をするためだけと考えるとアンミラのメニューは高すぎます。まぁ、私がガストの値段に慣れてしまったということもあるのかもしれませんが。

アンミラの前を通るときだけ急に無言になるJOE画伯を見て、やはり奥様に通報してしまおうかと思ってしまいましたが、残念ながら私は奥様の連絡先を知りませんでした。運のいい奴め。

2010/12/22(水)2010-12-22

2010/12/22 24:34

アンミラは日本には2店舗しか残っていないのですが、そのうちの1店舗が横浜ランドマークプラザにあります。今日も昼休みに前を通りかかった時にウェイトレスさんを眺めてみたのですが、今日はいつも以上に素晴らしいものを拝ませてもらいました。

あの松尾芭蕉も「花の雲 乳はルキアか ミランダか」という句を残していますが、とにかくそのくらい見事な持ち物をお持ちのウェイトレスさんでした。いい。実にいい。いたたまれない状況が続く毎日ですが、その光景を見ただけで午後の作業に向けて一気にテンションが高まっていくのを感じました。

そして、私以上にテンションを上げているJOE画伯を見て、当然のごとく奥様に通報するべきだと思ったのですが、残念ながら私は奥様の連絡先を知りませんでした。運のいい奴め。

OK キャンセル 確認 その他