2012/04/30(月)二度あることは三度ある

2012/04/30 21:25
【オリックス vs 埼玉西武 第4回戦】
(2012年4月30日:京セラドーム大阪)
 
埼玉西武   0 0 0  1 2 1  0 0 0   4
オリックス  0 0 0  0 0 3  1 0 1x  5
 
[勝] 岸田    1勝0敗5S
[敗] ゴンザレス 0勝3敗3S
 
[本塁打]
7回裏 李       2号 ソロ (藤田)
9回裏 バルディリス  3号 ソロ (ゴンザレス)

確かに今日の西口さんは良くなかったよ。バファローズの上位打線が仕事をしていれば、序盤でノックアウトされていてもおかしくない内容だったよ。でもさ、たまには逃げ切ってくれてもいいんじゃない?

2012/04/29(日)第6回 Twitter API勉強会 #twtr_hack

2012/04/29 21:18

先週の火曜日に、デジタルハリウッドで行われたTwitter API勉強会に参加してきましたので、簡単にまとめてみたいと思います。

Twitter API利用規約について

Twitter APIを利用するに当たって守らなければいけない規約のお話。規約とは言っても、そこまで厳しい要求がされているわけではなく、普通にAPIを呼んで、普通のアプリを作っていればあまり抵触することはなさそうな感じです。ただ、以下の3点については、守られていないアプリも結構ありそうです。

  • ユーザーが消したツイートをいつまでも保存していてはいけない。魚拓的なものは不可。
  • フォローバック以外の自動フォローは禁止。
  • Twitterのロゴを使う場合はLarryを使う。

ちなみに、私はあの青い鳥さんの名前がLarryだということを初めて知りましたw

5月14日のAPI改訂について

非推奨メソッドが廃止になること、非バージョンエンドポイントが廃止になることが大きな変更点でしょうか。昔に作ったアプリケーションや、古いAPIラッパを使っていたりする場合は注意が必要かもしれません。

@R246 Twiccaについて

AndroidTwitterクライアントtwiccaのお話。私はiPhoneユーザーなのでtwiccaを使ったことがなく、個々の機能についてはピンとこない部分もあったのですが、「満足のいくTwitterクライアントがなかったから作った」という言葉はとても印象的でした。

@i2key 女子中高生とTwitter4J

JCやJKがメインの話ではなく、絵文字でコミュニケーションするスマートフォンアプリ、ハッピーバルーンのお話。@i2keyさんは前職はSIerだったということで、「環境を決めるときに手が勝手にSpringを選んでいた」という話がとても印象に残っています。気持ちはすごくよく分かるw

@tkawa 返信と@ツイートと「非公式RT

タイトル通り、返信や@ツイートについてのお話。非公式RTのとき、元のツイートの返信として作成することによって、ソースをたどることができるようになるというお話もありました。これはTwitterクライアント側の実装の話になると思いますが、非公式RTの問題の一部は解消できることになりますし、技術的にも難しいことではないと思いますので、とてもいい考えだと思いました。

@yut148 dotcloudによるすぐ始めるtwitter webアプリ開発

PythonPHPを使ったdotCloudでのWebアプリ開発のお話。今までdotCloudというものを知らなかったのですが、調べてみるととても魅力的なサービスですね。環境構築の手間が少ないのに、GAEのように完全にロックインされたアプリしか作れないわけではない。Freeアカウントでも2アプリまで作れるようなので、今作っているアプリの環境としても候補に入れてみるつもりです。

2012/04/29(日)4連勝で最下位脱出

2012/04/29 20:39
【オリックス vs 埼玉西武 第3回戦】
(2012年4月29日:京セラドーム大阪)
 
埼玉西武   0 1 0  1 0 0  0 0 1  3
オリックス  0 0 0  0 0 1  0 0 0  1
 
[勝] 野上    1勝1敗0S
[S] ゴンザレス 0勝2敗3S
[敗] 木佐貫   2勝2敗0S
 
[本塁打]
6回裏 バルディリス  2号 ソロ (野上)

今日のライオンズの先発は野上でしたが、出来自体はあまり良くなかったと思います。6回途中までをバルディリスのホームランによる1点のみに抑えましたが、よく1点で抑えたなという印象のほうが強いです。6回に野上がピンチを迎えたところで2番手の松永にスイッチしましたが、ここからのリリーフ陣はよく頑張ったと思います。野上が1イニングを、岡本篤が2/3イニングを、武隈が1イニングを完璧に抑えました。

そして9回のマウンドにはゴンザレス。いきなり先頭の森山を内野安打で出塁させ、ライト側のバファローズファンが盛り上がります。そして、それ以上にネットの一部マニアどもも盛り上がります。

ただ、今日のゴンザレスは変化球が低めに決まっていました。坂口をピッチャーゴロに打ち取ると、大引はショートへのゲッツーで試合終了。相変わらずストレートは危なっかしい感じでしたが、低めのチェンジアップは効いていたと思います。まぁ、それでも安心して見ていられないことは確かなので、間違っても抑えで見たいとは思いませんが。

打つほうでは秋山が3打数3安打と大当たり。打数が少ないとはいえ、.714という驚異的な打率になっています。そして、昨日今日の5安打で、すでに炭谷のシーズンヒット数に並びました。炭谷はどんだけ打ててないんだ。

2012/04/28(土)何点差あっても安心できない

2012/04/28 23:34
【オリックス vs 埼玉西武 第2回戦】
(2012年4月29日:京セラドーム大阪)
 
埼玉西武   1 0 0  0 2 0  5 0 0  8
オリックス  0 0 0  0 0 0  1 3 0  4
 
[勝] 石井 2勝0敗0S
[敗] 西  2勝2敗0S
 
[本塁打]
7回裏 バルディリス  1号 ソロ (石井)

ライオンズ先発の石井が好投。7回をバルディリスの一発による1失点のみに抑えました。

……しかし、今のライオンズは「7回まで」ではいけないのです。2番手の木村が、8回先頭の大引をフォアボールで歩かせると、後藤、李、北川に3連打を浴びて、1アウトも取れずにノックアウト。8点リードがあってもセーフティリードとは言えないライオンズってすげぇな。

ただ、今日はその後を受けた岡本篤が良かった。9回1アウトまで4人のバッターをぴしゃりと抑え、バファローズに行きかけた流れを食い止めました。最後は松永が締めくくってゲームセット。しばらくは松永を抑えに使っていくんでしょうね。

2012/04/27(金)米野のグランドスラムで逆転勝ち!

2012/04/26 25:03
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第6回戦】
(2012年4月27日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      0 0 0  0 1 0  0 0 4  5
福岡ソフトバンク  1 0 1  0 0 0  0 1 0  3
 
[勝] 松永       1勝0敗0S
[敗] ファルケンボーグ 0勝1敗8S
 
[本塁打]
9回表 米野  1号 満塁 (ファルケンボーグ)

今日のライオンズの先発は小石でしたが、3回1/3を2失点で降板。打ち込まれたというよりは制球に苦しんだ印象ですが、ところどころいい球もありました。内容的にはあまり褒められたものではないので、次のチャンスがもらえるかは微妙ですが、この経験を次につなげて欲しいと思います。

先発降板が即敗戦を意味するほど酷いライオンズのブルペンですが、今日は2番手木村、3番手武隈が見事なピッチングでゲームを作りました。しかし、4番手の星野は先頭の山崎にいきなりツーベースを浴びてピンチを招くと、5番手のゴンザレスがペーニャにセンター前タイムリーを浴びて2点差に広がります。いつも見慣れた光景で、今日の試合も決まったな、と思ったのですが……。

9回、先頭の上本が上手くレフト前に運ぶと、栗山、浅村が連続三振に倒れた後、中島のツーベースで一打同点のチャンスを築きます。中村が敬遠気味のフォアボールで歩いて満塁。そして、続くバッター、途中出場の米野が2球目を叩くと、打球はレフトスタンドへ一直線! グランドスラムで試合を一気にひっくり返しました。

9回裏は、8回途中から投げている松永が抑えて今シーズン初勝利をマーク。チームも今年初の連勝、初のカード勝ち越しとなりました。そりゃ1ヶ月カード負け越しが続けば最下位に沈むわけだ……。

2012/04/26(木)完投しないと勝てない

2012/04/25 24:51
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第5回戦】
(2012年4月25日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      0 0 2  0 0 0  0 1 0  3
福岡ソフトバンク  0 0 1  0 0 0  0 0 0  1
 
[勝] 岸  3勝1敗0S
[敗] 大隣 1勝2敗0S

ライオンズの岸、ホークスの大隣とも、ピッチングはとても良かったと思います。ライオンズは栗山が3安打、中島が3安打、炭谷が1安打で残り6人はノーヒットでしたが、その7本が上手いこと繋がったり、ワイルドピッチがあったりで3得点。対する岸は3回に3安打を集中されますが、それ以外は散発のトータル6安打。これで四死球ゼロならそうそう点は取られません。

結局、岸は140球の熱投で完投勝利。台所事情的に2点リードくらいではリリーフは出しづらい状況ですが、最後までよく投げきってくれました。しかも8回9回はパーフェクトですからね。ただ、こんな調子が続くようだと先発陣が夏場にバテてしまうので、早いところリリーフを整備して欲しいところではありますが……。

さて、明日の予告先発はルーキーの小石です。他チームのルーキーに優しく、自チームのルーキーに厳しいライオンズですが、ぜひいい結果を出してください。

2012/04/25(水)dotCloudが魅力的すぎる

2012/04/25 23:44

岸の完投については帰宅してから。さすがにiPhoneでスコアを書くのは辛すぎる。

昨日のTwitter API勉強会のLTで話題に上がったdotCloudについて色々見てみたのですが、ほんと凄いサービスですね。もちろん独自の設定をしなければいけないのは確かですが、GAEのように完全にロックインされるわけではないのは大きい。

今作ってるDjangoのアプリはどこかのレンタルサーバーで公開しようかと思っていたのですが、dotCloudにお世話になることも検討してみたいと思います。

あと、対応しているプラットフォームを確認してみたのですが、LLだけではなくてJavaも動くんですね。そうか、俺もついにPlay Frameworkデビューか……。

2012/04/24(火)無援護

2012/04/24 23:43
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第4回戦】
(2012年4月24日:福岡Yahoo! JAPANドーム)
 
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
福岡ソフトバンク  1 0 0  0 0 0  0 0 x  1
 
[勝] 山田       3勝1敗0S
[S] ファルケンボーグ 0勝0敗8S
[敗] 牧田       1勝2敗0S

牧田は初回に松田のタイムリーで1点を失いましたが、失点以降は立ち直って6回2/3を1失点で凌ぎました。中盤にも何度かピンチはありましたが、内容自体は非常によかったと思います。ただ、相変わらず牧田のときは援護がありません。まぁ、今年に関しては誰が投げても援護がないんですが……。

しかし、ライオンズの中島.271、中村.182、ヘルマン.189というクリーンアップの打率は凄まじいですね。そりゃ点が取れないわけだわ。ホークスの内川.361、ペーニャ.318、松田.329と比べると、酷さがより際立ちます。

2012/04/23(月)解説者は選べない

2012/04/23 23:50

昨日はライオンズがいつものように逆転負けしたわけですが……いつものようにって言うな!

……何の話でしたっけ。

その昨日の試合をパ・リーグTVでずっと見ていたのですが、解説の得津さんのひどさには閉口しました。経歴が経歴ですから、解説がマリーンズ贔屓なのは大目に見るとしても、あまりにもライオンズのことを知らなすぎる。かといって技術や戦術を語るわけでもない。あんた何のためにそこに座ってるんだ。

解説者に求められるのは、技術論を分かりやすく語ることか、チームの状況を分かりやすく伝えることです。これができないなら東尾の酔っ払い解説のように別の芸を身につけるしかない。とはいえ、東尾は割と的確なことをしゃべってはいるんですが。

こういう解説者に当たると「こっちは金払って試合観てるんだ」と思ってしまいます。「試合の流れ」しか言えない大塚光二よりひどい解説は久しぶりに聞きました。ぶっちゃけ、Twitterのタイムラインの方々のほうがよっぽど詳しいんだもんなぁ。

2012/04/22(日)いつもの

2012/04/22 21:41
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第4回戦】
(2012年4月22日:QVCマリンフィールド)
 
埼玉西武   0 0 0  1 2 0  1 0 0  4
千葉ロッテ  0 0 0  0 3 0  0 3 x  6
 
[勝] 中後   1勝0敗0S
[S] 薮田   0勝0敗6S
[敗] マイケル 0勝1敗0S

ライオンズ先発の西口の調子ははっきり言って悪かったですが、マリーンズの打ち損じにも助けられて6回1/3を3失点で勝ち投手の権利を持ったまま降板しました。しかし、83球しか投げておらず、特にピンチを迎えたわけでもないのに、単に相手打線に左が続くからというだけで松永にスイッチするのはどうなんでしょう……。

松永自身は3人のバッターをきっちり打ち取って仕事をしましたが、そのあとがいつものライオンズのリリーフ陣でした。マイケルが1アウトも取れずに同点とされると、岡本篤も塁上のランナーをきっちり返して勝ち越しを許してしまいました。この間にマリーンズ側も走塁ミスがあったりしたのですが、それだけアシストがあっても抑えられません。

そもそも、ベンチ入りピッチャーの防御率を見れば、継投策そのものが無謀だということがよく分かると思います。

木村     0.00
松永     1.80
マイケル   7.20
武隈     9.53
星野    10.12
ゴンザレス 10.80
岡本篤   12.71

木村、松永以外は惨憺たる成績です。そして、その木村も投球回数は1なので参考記録にしかなりません。松永だけは文句のない働きをしていますが、左相手に松永を出した時点で、そのあと右が来たら別のリリーフを出さなければいけません。今日だってどうしても松永を出したかったら、DHを放棄して西口をファーストなり外野なりにした上で西口→松永→西口くらいのことをやらなければいけなかった。

打線についてはいずれ調子が上がってくると思っていますが、リリーフは今始まったことじゃありませんからね。ピッチングコーチはちゃんと仕事をしてください。

OK キャンセル 確認 その他