2013/04/30(火)5月から本気出す

2013/04/30 22:17
今日で4月が終わります。 我らがライオンズはファンもびっくりするくらいの快進撃で2勝1敗ペースを維持し、2位と4.5ゲーム差をつけて首位を快走しています。もちろん、最後までこのまま行けるほど甘くはありませんが、中村が帰ってくるまでいい位置につけていられるのではないかと期待できる感じではあります。 そんな感じでファンとしてはウキウキなのですが、仕事が忙しく、ここまで戦評もまともに書けない日々が続いていました。家に帰ってからハイライトを見て当たり障りのない記事を書くのが精一杯。パ・リーグTVに入会してはいるものの、VODを改めて見返すほどの気力は残っていませんでした。時間的にはもっと激務だったことはありますが、その頃とは違って、もう体力のピークはとっくに過ぎているんですよねぇ。 しかし、本日付けでそのプロジェクトからも離任し、しばらくは落ち着いた生活が送れそうです。もちろん、次のプロジェクトがデスマでない保証はどこにもないのですが、今月までのプロジェクトより進め方がひどいところはそうそうないはずです。そう信じたい。 というわけで、来月からはもうちょっと真剣にブログに取り組みたいと思います。真剣とはいっても、高尚な内容を書くつもりはなく、もうちょっと力を入れた文章を書きたいという意味です。力を入れたとしても、内容が中継ぎ炎上とかおっぱいとか春歌とかでは、あまり人の役には立たないような気もしますが、もうちょっと文章の書き方の勉強もしてみたいんですよねー。プログラミングばかりが勉強ではないと思うので。

2013/04/29(月)武隈パーフェクトリリーフで今季初勝利

2013/04/29 20:44
【埼玉西武 vs 東北楽天 第6回戦】
(2013年4月29日:西武ドーム)

東北楽天  0 1 0  0 3 0  0 0 0  4
埼玉西武  5 0 0  0 2 1  0 0 x  8

[勝] 武隈 1勝0敗0S
[敗] 菊池 0勝4敗0S

[本塁打]
  2回表 マギー  5号 ソロ  (十亀)
  5回表 藤田   1号 2ラン (十亀)
ライオンズは初回、フォアボール3つを挟んでの4連打で5点を先制。イーグルス先発の菊池を0/3イニングでノックアウトしました。 先発の十亀は楽に投げられる展開だったはずですが、5回2アウトから5連打で1点差に詰め寄られて降板。あと一人で勝ち投手の権利を得られるところではありましたが、監督もこれ以上は我慢できないところだったでしょう。しかし、そんなに調子が悪いようには見えなかったのですが、なんで急に崩れたんだろう。以前炎上したときもそうだったんですが、やっぱり精神的に弱いところがあるんですかねぇ。 さて、一打同点の場面で2番手として上がった武隈はこのピンチを凌ぐと、6回7回も完璧に抑えて今シーズン初勝利をマークしました。低めに集まっていて安定していたと思います。今年は先発陣が好調なので、先発というよりはこういう起用が多くなると思いますが、存在感をアピールしていって欲しいと思います。左だからってワンポイントで降板しなきゃいけないわけじゃないんだよ。

2013/04/28(日)怪我の功名

2013/04/28 20:53
【埼玉西武 vs 東北楽天 第5回戦】
(2013年4月28日:西武ドーム)

東北楽天  0 0 1  0 0 0  0 0 0   1
埼玉西武  0 1 2  0 8 1  1 2 x  15

[勝] 菊池     3勝1敗0S
[敗] ダックワース 1勝3敗0S

[本塁打]
  5回裏 秋山  5号 2ラン (ダックワース)
  8回裏 坂田  2号 2ラン (上園)
昨日の鬱憤を晴らすかのような打線の爆発で、19安打15得点と大量得点。先発の菊池も安定したピッチングで7回を1失点に抑えて今シーズン3勝目をマークしました。 昨日のゲーム中に左太ももを傷めて途中交代していた片岡は今日も欠場。代わって金子を1番に上げたのですが、これが大当たりでした。2番秋山、3番栗山が当たっているだけに、1番が2割そこそこの片岡から3割をキープしている金子に代わっただけで一気に得点力が上がります。 4番がどっしりしていれば、1~3番で塁に出て4番が返すという攻撃を考えて、片岡が1番でもまだ我慢できるんでしょうけど、今は秋山栗山をポイントゲッターにせざるを得ない状況なので、片岡が戻ってきてもこのまま1番金子で行って欲しいなーと思わなくもありません。 というか、これだけホームラン打ってるんだから、もう4番秋山でいいんじゃないですかねw おっさんファン的には「3番センター秋山」が見たいところではありますけれどもw

2013/04/27(土)打線が繋がらない

2013/04/27 22:41
【埼玉西武 vs 東北楽天 第4回戦】
(2013年4月27日:西武ドーム)

東北楽天  0 3 0  5 0 0  0 1 0  9
埼玉西武  0 0 0  1 0 0  0 0 1  2

[勝] 則本 2勝2敗0S
[敗] 岸  1勝4敗0S

[本塁打]
  2回表 嶋   3号 3ラン (岸)
  4回表 松井  2号 3ラン (岸)
  4回裏 秋山  4号 ソロ  (則本)
岸が3ラン4回途中8失点でノックアウト。ランナーを溜めてホームランという効率的な攻めをされたということもありますが、それにしても今日の岸は悪かった。 打線も則本の前にわずか3安打に抑え込まれて沈黙。フォアボールはけっこうもらっていたのですが、それを活かすことができませんでした。栗山がいくら出塁しても、やっぱり4番がなー。もちろんスピリーはもうしばらく様子を見るべきだとは思いますが、「4番で」様子を見続けるべきではないような気がします。 とはいえ、じゃあ誰が4番を打つべきかと言われると難しいですけどね……。

2013/04/26(金)4点リード守れず

2013/04/25 25:27
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第6回戦】
(2013年4月25日:西武ドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 2  2 0 1  5
埼玉西武   1 0 0  3 0 0  0 0 0  4

[勝] 松永 1勝0敗0S
[S] 益田 0勝0敗6S
[敗] 大石 0勝1敗4S

[本塁打]
  4回裏 栗山      2号 ソロ  (唐川)
  7回表 鈴木      1号 2ラン (岡本篤)
  9回表 ホワイトセル  4号 ソロ  (大石)
序盤に4点のリードを奪ったライオンズですが、リリーフ陣が踏ん張りきれずに逆転負け。スイープはなりませんでした。 先発の涌井は5回まで2安打ピッチングだったものの、6回に崩れて降板。イニングをまたいだ2番手岡本篤が7回に鈴木の同点弾を浴び、9回には守護神大石がホワイトセルにホームランを打たれてこれが決勝点となりました。 4点のリードをひっくり返される痛い敗戦ではありますが、幸い明日は移動日ですので、ゴールデンウィークは気持ちを切り替えて戦って欲しいと思います。

2013/04/25(木)野上の好投で3連勝

2013/04/24 25:26
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第5回戦】
(2013年4月24日:西武ドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  2 0 0  2
埼玉西武   0 0 3  4 0 0  0 0 x  7

[勝] 野上 3勝1敗0S
[敗] 藤岡 1勝3敗0S

[本塁打]
  4回裏 浅村  2号 ソロ (藤岡)
野上が6回までノーヒットに抑える好投で3勝目。7回に味方のエラーも絡んで2失点しましたが、それまではマリーンズ打線につけいる隙を与えませんでした。これでチームは3連勝。5カード連続の勝ち越しを決めました。 打線は相変わらず好調で、昨日の戦評でネタにした片岡も3安打猛打賞。片岡の調子が上がってくれば目に見えて不調の選手はいなくなりますので、打線の厚みが増すことと思います。そのぶん、調子が落ちるときにみんな揃って不調になるのではないかという不安がないでもありませんが、そんな不確定な未来のことを心配してもどうしようもないのであまり気にしないことにします。

2013/04/24(水)牧田今季初完封

2013/04/23 24:51
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第4回戦】
(2013年4月23日:西武ドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   0 0 0  1 1 0  0 6 x  8

[勝] 牧田 3勝0敗0S
[敗] 西野 2勝1敗0S
牧田が今シーズン初完封でハーラートップタイの3勝目をマークしました。とはいえ、いつもの牧田らしからぬ制球に苦しむピッチングで、調子自体はむしろ悪かったんじゃないかと思います。悪いなりに踏ん張れるあたりはさすが。 打線は4回にヘルマンの犠牲フライで1点を先制。5回には内野ゴロの間に追加点を挙げます。8回にはヘルマン、浅村の連続押し出しでさらに2点を追加し、相手エラーでもう1点という地味な得点を重ねたあと、炭谷、坂田の連続タイムリーで勝負を決めました。炭谷はこのところ絶好調ですね。炭谷の打率が.250近くまであるなんて夢のようです。 しかし、片岡は炭谷より打率が低いのか。うーん。

2013/04/23(火)稼働初期の一ヶ月間しかフランシス先生に会わない大魔道士2級のQMA日記

2013/04/23 22:58
Season2からカードネームを「ねつれつかんげい」から「ちぃといつ」に戻して作り直したんですが、一つだけ後悔していることがあります。ねつれつかんげいカードは予習の星が全部上がってたんですよね。上げ直すのが面倒くさいというよりは、上げ直す自信がありません。俺、どうやって芸能多答の星を上げたんだっけ。 さて、そんなこんなで賢者が見えてきました。昼休みの2クレ(準決勝落ちが混ざれば3クレ)だけではなかなか進みませんが、気長にやっていこうと思います。

2013/04/22(月)十亀プロ入り初完封

2013/04/22 23:47
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第6回戦】
(2013年4月21日:札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 2  0 4 3  0 2 0  11
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  0 0 0   0

[勝] 十亀 3勝1敗0S
[敗] 谷元 0勝2敗0S

[本塁打]
  8回表 坂田  1号 2ラン (榎下)
十亀がプロ入り初完投を完封で飾りました。おめでとうございます! 1勝目を上げたときはあと一人で完封、完投を逃したわけですが、今回は9回に内野安打を許したものの最後まで投げ抜きました。また、3回から7回までは一人のランナーも許していません。お見事の一言です。 打線も序盤から十亀を援護して、12安打で11得点と、ライオンズ打線とは思えないくらいの効率の良い攻めを見せてくれました。このところスタメンで起用されている坂田も、ホームランを含む3安打3打点と大活躍。ついに左のおかわり復活の狼煙が上がったようです。 ただ、ちょっとヘルマンが心配なんですよねー。打つほうは問題ないんですが、このところあまりにも盗塁失敗が多すぎます。去年も序盤は牽制に誘い出されるシーンが目立ったのですが、今年はちゃんとスタートを切った上で刺されています。上手くタイミングが取れていないんですかね。早いところ足の不調も脱して欲しいところです。

2013/04/21(日)ウルフの前に完封負け

2013/04/20 24:13
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第5回戦】
(2013年4月20日:札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
北海道日本ハム  0 3 1  0 0 0  0 0 x  4

[勝] ウルフ 1勝3敗0S
[敗] 菊池  2勝1敗0S

[本塁打]
  3回裏 中田  5号 ソロ (菊池)
今日の菊池はあまり良くなかった上に、味方の守備にも足を引っ張られました。 2回、1アウトからフォアボール2つでピンチを招き、西川にライト前に運ばれて1点を……で済めば良かったのですが、ライトのスピリーがバックホームを焦ったのか、なんと打球を後逸。一塁ランナーどころかバッターランナーまで生還を許し、一気に3点を先制されます。3回には中田にライトスタンドに上手く運ばれてもう1失点。菊池はこのあとは踏ん張りましたが、今日のウルフ相手にはちょっと痛すぎる失点でした。 打線も序盤のチャンスを活かせなかったのが全てでしょう。4回から8回まではヒットも出ず、9回にはようやくチャンスを作ったもののあと一本が出ませんでした。ウルフはこれが来日初完封だそうです。おめでとうございます。なんかとっくに完封してそうな気がしたので、初完封と聞いてちょっと違和感があったのですがw
OK キャンセル 確認 その他