2013/10/31(木)楽天、日本一に王手!

2013/10/31 23:17
【読売 vs 東北楽天 コナミ日本シリーズ第5戦】
(2013年10月31日:東京ドーム)

東北楽天  0 0 2  0 0 0  0 0 0  2  4
読売    0 0 0  0 0 0  1 0 1  0  2

[勝] 則本 1勝1敗0S
[敗] 西村 0勝1敗1S

[本塁打]
  7回裏 村田  2号 ソロ (則本)
今日の先発はイーグルスがシリーズ初登板の辛島、ジャイアンツが中4日の内海でした。2回表、岡島のタイムリー、銀次のタイムリーツーベースでイーグルスが2点を先制し、試合の主導権を握ります。 辛島は素晴らしいピッチングで、5回までジャイアンツ打線をわずか1安打に抑えますが、イーグルスベンチは6回からスパッと則本にスイッチしました。則本は7回に村田に一発を浴びますが、8回は三者連続三振に奪う力投を見せます。 そして迎えた9回裏、先頭の高橋由が上手いバッティングを見せてツーベースで出塁。送りバントとフォアボールで1アウト一三塁となり、続く村田の打球はピッチャー返しとなります。捕っていればゲッツーでゲームセットでしたし、落ち着いていれば捕れていたようにも見えたのですが、やはり少し焦ってしまったのか、捕ることができずに内野安打となり試合は振り出しに戻りました。 試合の流れはジャイアンツかと思われましたが、2イニング目に入った西村が乱調でした。先頭の則本にフォアボールを与えると、送りバントとデッドボールで1アウト一二塁。ここでイーグルスは銀次のタイムリーで勝ち越し、さらにジョーンズのタイムリー内野安打でもう1点を追加しました。10回裏は則本が3人で抑えてゲームセット。イーグルスが日本一に王手をかけました! DHがなく、また、則本、田中を使ったあとで苦しいと予想された東京ドームでイーグルスが勝ち越し、仙台に戻ることができます。坂本、阿部を起こさなかったのも大きい。そしておそらく6戦目の先発は田中。一気に決めてしまうことができるでしょうか。

2013/10/30(水)楽天中継ぎ陣がリードを守れず2勝2敗のタイに

2013/10/30 22:59
【読売 vs 東北楽天 コナミ日本シリーズ第4戦】
(2013年10月30日:東京ドーム)

東北楽天  3 1 0  0 0 1  0 0 0  5
読売    1 0 0  2 2 0  1 0 x  6

[勝] マシソン 1勝0敗0S
[S] 山口   0勝0敗1S
[敗] 長谷部  0勝1敗0S

[本塁打]
  1回表 ジョーンズ  1号 3ラン (ホールトン)
初回にジョーンズのホームランでイーグルスが3点を先制。1点を返された直後の2回にも藤田のタイムリーで1点を追加し、今日もイーグルスペースかと思われたゲームでしたが、中継ぎ陣が炎上して逆転負け。いやー、とても親近感のわく負け方ですね。 ここまでの3試合は則本、田中、美馬が好投したために目立ちませんでしたが、今日はジャイアンツとのリリーフ陣の差が露骨に出てしまった格好です。ペナント中と変わらず、といえばその通りではあるのですが……。 それにしてもこの逆転負けは痛い。勝っていれば「則本、田中のどちらかでもう1つ勝てるだろう」という計算が立ちましたが、負けたことによって逆に追い込まれてしまいました。明日の予告先発はイーグルスが辛島、ジャイアンツが内海ということで、ジャイアンツが有利かなといった感じですし。

2013/10/29(火)快勝

2013/10/29 22:47
【読売 vs 東北楽天 コナミ日本シリーズ第3戦】
(2013年10月29日:東京ドーム)

東北楽天  0 4 0  0 0 0  0 1 0  5
読売    0 0 0  0 0 0  0 1 0  1

[勝] 美馬 1勝0敗0S
[敗] 杉内 0勝1敗0S

[本塁打]
  8回裏 矢野  1号 ソロ (レイ)
美馬がクライマックスシリーズに続いて好投を見せてくれました。6回途中にピッチャー返しの打球を足に受けたために降板しましたが、それまでの5回2/3を4安打無失点。初回はいきなりピンチを招きましたが、それ以外は見事なピッチングでした。美馬のアクシデントで急遽登板となったレイも、3イニング目に入った8回に矢野の一発を浴びたものの、良く踏ん張ってくれたと思います。 打線は2回に藤田、銀次の連続タイムリーツーベースで4点を挙げたあとはちぐはぐな攻撃が続いていましたが、8回にジョーンズのタイムリーで5点目を入れ、これでほぼ勝負を決しました。ホームのクロスプレイはタイミング的にちょっと微妙でしたが、二塁ランナー藤田の走塁が上手かった。 さて、これでイーグルスが2勝1敗と一歩リードし、最悪でも仙台に戻る権利は手に入れました。そしてそれは、最悪でも則本、田中にまた回すことができるということでもあります。明日の予告先発はイーグルスがハウザー、ジャイアンツがホールトン。ジャイアンツの打線に元気がありませんが、ここでサウスポーとの対戦となって変わってくるかどうか。

2013/10/28(月)健康診断

2013/10/28 23:07
健康診断に行ってきました。 私はバリウムよりも採血が辛くて(もちろんバリウムも嫌なのですが)、終わってから8時間経ってもまだちょっと気持ち悪いです。昔はここまでではなかったのですが、10年くらい前に過労で倒れてから明らかに何かバランスがおかしくなっています。私の周りにも激務が続いている方もいらっしゃいますが、倒れてどこかをおかしくしてからでは遅いのでくれぐれも無理はなさらないでください。 さて、そんな感じで検査後はボーッとしていたのですが、夜には電話でとても嬉しいお知らせがありました。まだ公表していいのかわからないので詳細は後日ということにしたいと思いますが、ちょっと元気になりましたw 人に評価してもらうというのは嬉しいものですね。

2013/10/27(日)田中の完投勝利で1勝1敗のタイに

2013/10/27 23:20
【東北楽天 vs 読売 コナミ日本シリーズ第2戦】
(2013年10月27日:日本製紙クリネックススタジアム宮城)

読売    0 0 0  0 0 0  0 1 0  1
東北楽天  0 0 0  0 0 1  1 0 x  2

[勝] 田中 1勝0敗0S
[敗] 菅野 0勝1敗0S

[本塁打]
  8回表 寺内  1号 ソロ (田中)
田中が1失点完投勝利。対戦成績を1勝1敗のタイに戻しました。 菅野のピッチングも良かったとはいえ、イーグルス打線は今日も拙攻続きでした。4回は1アウト一二塁でマギーがゲッツー。5回はノーアウト一塁から松井の送りバントがピッチャーフライになり、枡田が戻れずにダブルプレイ。続く嶋にヒットが出るというちぐはぐな攻撃でした。 6回表に田中が2アウト満塁のピンチを切り抜けると、その裏、1アウト二塁から銀次のタイムリーでイーグルスが1点を先制します。ただ、そのあともチャンスがつづいたものの、ジョーンズが牽制死するなど拙攻ぶりは相変わらずでした。 イーグルスはさらに7回、2アウト一三塁から藤田のタイムリー内野安打で1点を追加。しかし、これはどう見てもアウトのタイミングで、審判はやっちまいましたなーという感じです。しかも、8回に寺内のホームランが出てジャイアンツが1点差に迫っただけに、勝敗を決する1点になってしまいました。 すっきりしない形ではありますが、これで1勝1敗。明後日からは東京ドームでのゲームとなります。これから3試合はDH制がないゲームになりますが、イーグルスはどういうオーダーを組んでくるのでしょうか。

2013/10/26(土)日本シリーズ開幕

2013/10/26 23:51
【東北楽天 vs 読売 コナミ日本シリーズ第1戦】
(2013年10月26日:日本製紙クリネックススタジアム宮城)

読売    0 0 0  0 1 0  0 1 0  2
東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 内海 1勝0敗0S
[S] 西村 0勝0敗1S
[敗] 則本 0勝1敗0S

[本塁打]
  8回表 村田  1号 ソロ (則本)
勝利監督インタビューで原監督が「ツキがあった」という言葉を繰り返していましたが、試合内容的にはイーグルスのほうが圧倒的に押していました。しかし、何度もチャンスを作りながらもあと一本が出ずに完封負け。5回以降は毎回二人ずつランナーを出していたのですが、まるでライオンズの攻撃を見ているかのような拙攻ぶりでした。 地元開幕なだけに、一気に波に乗れるチャンスではありましたが、イーグルスは初戦を落としてしまいました。あきらめのつく完敗ならともかく、ちょっとダメージが残るかもしれません。マシソン、山口、西村を苦しめられたのが収穫でしょうか。球数も投げさせていますし、明日以降に繋がってくるかもしれません。 明日の予告先発はイーグルスが田中、ジャイアンツが菅野。第1戦を回避したくらいなので、ちょっと田中の疲労の具合が心配ではありますが、シーズン序盤も調子が悪かったのに連勝していた人ですし、きっと大丈夫でしょう。 あと、[日刊スポーツさんは今日もスコット鉄太朗という名称をゴリ押し](http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131026-1209707.html)しており、ああ、日本シリーズでも平常運転だなぁと思いました。

2013/10/25(金)統一球問題の調査報告書が公表されました

2013/10/25 20:19
ドラフト、日本シリーズにみんなの意識が集中しているところではありますが、統一球問題の第三者委員会の報告書が公開されました。 [統一球問題における「調査報告書」について](http://www.npb.or.jp/news/20131025.html) 我々は加藤良三さんに謝らなければいけないかもしれません。この報告によれば、彼は本当に反発係数の変更を知らなかったようなのです。「知らなかった」というよりは「知っていたとするだけの材料がない」という「疑わしきは罰せず」的な報告ではありますが、報告中の「最近結構飛び出しているみたいだけど、やっぱり日本の選手はアジャストしてくるねえ」という無邪気な発言が真実であれば、確かに本当に知らなかったんだろうな、という気はします。 しかし、かといってコミッショナーとして責任がないというわけではありませんし、報告書の中でも「重大な職務怠慢があり、仕様変更を認識していた場合に比肩すべき責任を免れないと言わざるを得ない」とされています。これは当然でしょうね。気づいていなければいけないポジションですし、気づくチャンスは何度もあった。それなのに気づけなかったのであれば、責任を取らざるを得ないでしょう。 なんJでは抜粋だけ読んで「加藤良三が作らせた」だの「ナベツネが雇った連中の報告書」だの好き勝手言っていますが、ちゃんと読めばそれなりに真摯な報告書だと思いますけどね。そもそも「コミッショナーは真っ白」じゃなくて「グレーではあるし、まともな人間なら気づいているはずだけど、気づいているという証拠がないから黒じゃなくて白にしておく」なんですよね。言い換えれば「加藤コミッショナーは知っていたかもしれない。でも知っていたとするだけの根拠がない。でも知るチャンスは何度もあった。でも気づけない無能な人だった」という報告なんですよ。ある意味黒を指摘するより辛辣ではあるのかなと思います。 しかしこの報告書、ところどころ伏せられているのはまあ仕方がないんでしょうけど、一度印刷したものをスキャンしてPDFにするのは……。そんなにコピペされるのが嫌だったの?

2013/10/24(木)大阪桐蔭・森友哉捕手を一本釣り!

2013/10/24 23:09
ドラフト会議が行われました。 [2013年ドラフト会議 全指名選手 | 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト](http://www.seibulions.jp/news/detail/8326.html) ライオンズは森友哉を一本釣り。指名そのものは予想どおりではありましたが、まさか単独で取れるとは……。 ここ数年のドラフト1位は当たりばかりなので、森には大いに期待しています。2012年1位の増田はシーズン中盤は勝ちパターン継投の一角としてリリーフ陣を支えてくれました。2011年1位の十亀は先発ローテーション入りし飛躍のきっかけをつかみました。2009年1位の菊池は故障するまでは本当に見事なピッチングでした。あと、2010年の1位がよく思い出せないんですが、たしか牧田でしたよね? ライオンズのキャッチャーを見渡してみると、炭谷はもう一皮むけてほしいなーという感じですし、星孝も去年のイーグルス戦の退場以降精細を欠いています。また、上本は完全に代打要員になっています。こう考えると、森は早いうちからチャンスがもらえるんじゃないかとは思います。そもそも、守備面はともかく、バッティングに関してはたとえ2割を切っても炭谷とは大差がないというかなり低いハードルです。信頼と実績の大阪桐蔭ブランドですし、先輩たちに負けないような選手に育ってください。 2位以降はよく知らない選手が多いので、もうちょっと勉強します……。

2013/10/23(水)筋が通っていない

2013/10/23 21:34
[【西武】伊原新監督、だぶだぶユニ禁止に - プロ野球ニュース : nikkansports.com](http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131023-1208054.html) まあ、伊原さんらしいと言えばらしいんですが。でも、ユニフォームはともかく、茶髪とかヒゲっていたっけ? ウィリアムスくらい? > お客さんは茶髪やひげ面、だぶだぶしたユニホームを見に来ているわけじゃないでしょう。中村の豪快なホームラン、涌井の150キロを見たくて、球場に来ているんです。 > > [【西武】伊原新監督、だぶだぶユニ禁止に - プロ野球ニュース : nikkansports.com](http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131023-1208054.html) 違います。豪快なホームランを打つカッコいい中村、150キロを投げるカッコいい涌井が見たいんです。これは似ているようで全然違う。 こうやって格好を縛りたがる監督さんは「格好で野球をやるものじゃない」と言いますが、本気でそう思っているのであれば縛らないで好きな格好で野球をやらせればよろしい。矛盾してるんですよ、言ってることとやってることが。 最大限のパフォーマンスを見せてくれるのなら、選手はどんな格好をしていても構いません。ただ、目立つ格好をするのであれば、打てなくなったとき、勝てなくなったときに何を言われるかは覚悟しておいたほうがいいかもね、とは思います。まあ、これは野球界以外でも一緒ですね。 しかし、個人的にはキチッとした格好の選手のほうが好きなのに、なんでこんなにムキになって擁護しているんだろう。 ……たぶんアレだよな。温度調節が不自由でとても機能的とは思えない、明らかに生産性を下げるようなスーツ姿で仕事をさせられてる自分の境遇とかぶるからだな。

2013/10/22(火)伊原春樹監督、就任発表

2013/10/22 20:06
正式に伊原監督の就任が発表されました。 [伊原春樹監督 就任のお知らせ | 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト](http://www.seibulions.jp/news/detail/8315.html) 前回の監督の時と同様、守りの野球を目指すようですが、今のライオンズでそれはちょっと厳しいんじゃないかとも思います。「打てて守れる」選手があまりにも少ないんですよね。秋山、片岡、鬼崎、ファースト限定で浅村、くらいでしょうか。あとは守備に難を抱えているか、さっぱり塁に出られないかのどちらかです。 何もショート浅村とかセンターヘルマンをやれとは言いませんが、あまり守備重視にすると点が取れなくなりそうなんですよねぇ。もちろん、今の選手たちの守備力を底上げしたいという方針であればそれは大歓迎なのですが、采配があまり守りに偏るようだとそれはそれで不安です。 また、記者さんの「三塁コーチに立つんですか?」の質問に「勘弁してください。河田という優秀なコーチがいますから」というジョークを飛ばしたあたり、なかなか笑いのセンスも……え、マジで言ってるんですか? さて、監督就任に合わせて、来年度のコーチ陣も発表されました。 [2014年度 コーチングスタッフ発表! | 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト](http://www.seibulions.jp/news/detail/8316.html) なぜずっと首が繋がっているのかわからなかった杉本投手コーチが二軍へ。一軍投手コーチには清川栄治、石井丈裕が就任しました。21世紀に入ってからのライオンズは松沼兄弟、荒木、杉本とアレなコーチばっかりなので、たまにはちゃんと仕事をする投手コーチを見たいものです。頑張ってください。
OK キャンセル 確認 その他