2014/04/30(水)また1点差負け

2014/04/30 23:04
埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第5回戦】
(2014年4月30日:西武ドーム北海道日本ハム  0 0 0  1 0 1  1 0 0  3
埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 1 1  2

[勝] 浦野 2勝0敗0S
[S] 増井 2勝0敗6S
[敗] 野上 2勝2敗0S

[本塁打]
  7回表 陽   6号 ソロ (ボウデン)
  9回裏 中村  1号 ソロ (増井)

先日の試合でプロ入り初勝利を献上した浦野にまたもや抑え込まれました。7回に浦野が残したランナーを内野ゴロで返しましたが、7回1/3を1失点。また苦手なピッチャーを作ってしまったかもしれません。

打線は9回、中村の今シーズン初ホームランで1点差に詰め寄り、さらに連続フォアボールでチャンスを作りますが、上本、代打熊代が倒れて万事休す。おなじみの1点差負けとなりました。

しかし、ストライクが入らず汲々としている増井相手にエンドランを仕掛けたり、木村に代打熊代を出したりと、9回の采配はちょっと意味がわかりません。エンドランはファウルになって特に影響はありませんでしたが、代打熊代はちょっとなぁ。非常に後味の悪い敗戦になってしまいました。

明日の予告先発はライオンズがレイノルズ、ファイターズが吉川です。レイノルズには今度こそ来日初勝利を挙げてもらいたいところです。

2014/04/29(火)8連戦を白星発進

2014/04/29 20:12
埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第4回戦】
(2014年4月29日:西武ドーム北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
埼玉西武     0 0 1  0 2 0  0 1 x  4

[勝] 牧田    2勝1敗0S
[S] 高橋    0勝1敗3S
[敗] メンドーサ 1勝4敗0S

[本塁打]
  7回表 佐藤賢  3号 ソロ (牧田)

牧田が7回4安打の好投。7回は佐藤賢にちょっともったいないボールが行ってしまい、それが失点に繋がってしまいましたが、なかなかの内容だったと思います。

8回は十亀が自らの送球ミスでゲッツーが取れずにピンチを招きましたがウィリアムスがその火を消し、9回は高橋が完璧なリリーフで逃げ切り。今日から始まる8連戦をいい形でスタートすることができました。まぁ、8連戦とはいっても、西武ドーム3連戦→QVCマリン3連戦→西武ドーム2連戦なので、移動に関しては疲れは溜まらないと思いますがw

試合後のインタビューでは抑えは展開や調子に応じて十亀、高橋を併用していく形になるようです。ただ、高橋は開幕直後の不調から立ち直ったようですが、十亀はまだちょっと不安なところもあるんですよねぇ……。

打線は1番渡辺が2安打、2番大崎が3安打猛打賞。渡辺はこのところずっと好調をキープしており、1番に上げたのが大正解でした。3番栗山が少しブレーキになっていましたが、このところ打ちまくっていましたから、たまにはこんなこともあるでしょう。

中村が復帰して栗山、浅村、中村というクリーンアップが固まったので、今日のように調子のいい選手を上位に持ってくれば攻撃の形は作れそうです。

2014/04/28(月)7カード連続負け越し

2014/04/27 24:16
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第6回戦】
(2014年4月27日:福岡 ヤフオク!ドーム埼玉西武      1 2 0  0 0 0  0 0 0   3
福岡ソフトバンク  5 0 3  0 0 2  4 0 x  14

[勝] ウルフ   2勝1敗0S
[敗] レイノルズ 0勝4敗0S

[本塁打]
  1回裏 柳田  4号 満塁  (レイノルズ)
  3回裏 松田  6号 2ラン (豊田)

ライオンズ先発のレイノルズが1回5失点でノックアウト。リリーフ陣も打ち込まれ、終わってみれば3-14の大敗でした。

しかし、レイノルズが初回に集中打を浴びたのは確かですが、1回22球で降ろすほどの内容だったかというと疑問です。5失点が連続タイムリーだというならともかく、満塁ホームラン込みの5失点ですからねぇ。降板後、ベンチに呆然とした表情で座っているレイノルズが気の毒でなりませんでした。

レイノルズはここまで好投しながら味方の援護がない試合が続いていました。1勝もしていないものの、私としては試合を作ってくれるいいピッチャーだと思っています。しかし、伊原監督の評価はそうではないということなんでしょうね。しかもその継投策が失敗してるし。なんかすげーモヤモヤする。

2014/04/27(日)噛み合わない

2014/04/26 25:26
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第5回戦】
(2014年4月26日:福岡 ヤフオク!ドーム埼玉西武      1 1 0  0 0 0  0 0 0  2
福岡ソフトバンク  1 0 0  0 2 0  0 0 x  3

[勝] 中田   5勝0敗0S
[S] サファテ 1勝0敗8S
[敗] 菊池   1勝4敗0S

ライオンズは初回、浅村のタイムリーで1点を先制します。続く中村も二遊間を破りそうな打球を放ちましたが、ショート今宮のファインプレイに阻まれてダブルプレイ。あとから振り返ってみれば、このプレイが非常に大きかった。

その裏、内川のタイムリーで追いつかれますが、すぐさま大崎の犠牲フライで1点を勝ち越し。しかし、その後はランナーを出すものの追加点には至りません。3回、4回と先頭バッターを出しましたし、5回も1アウトからツーベースでチャンスを作ったのですが、あと一本が出ませんでした。

ライオンズ先発の菊池は、3回以降は立ち直ったように見えたのですが、5回、2アウト一二塁から、今宮のタイムリーツーベースで逆転を許してしまいます。このシーンは二塁ランナーの生還を阻止しようと外野が前進守備をしていましたが、前に来ていた栗山の頭の上を越えていってしまいました。負けが込んでいるときというのはこんなものなのかもしれませんが、どうにも噛み合ってくれません。

結局、その後は両チームともあと一本が出ずにそのままホークスが逃げ切り。ライオンズの久しぶりの連勝はなりませんでした。

2014/04/26(土)おかわり、おかえり

2014/04/25 24:47
福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第4回戦】
(2014年4月25日:福岡 ヤフオク!ドーム埼玉西武      2 0 0  0 0 0  0 0 0  2
福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 0 1  1

[勝] 岸  2勝2敗0S
[S] 高橋 0勝1敗2S
[敗] 摂津 2勝2敗0S

[本塁打]
  9回裏 長谷川  1号 ソロ (岸)

中村が帰ってきました。

ライオンズは初回、2アウトながら一二塁のチャンスを作ると、その中村のタイムリーツーベースで2点を先制します。打った瞬間は外野フライかなという感じだったのですが、意外に伸びていきましたね。

幸先良く先制点を挙げたライオンズですが、その後は立ち直った摂津の前にゼロ行進が続きます。

対するライオンズ先発の岸は、序盤から素晴らしいピッチングでした。6回に2アウト満塁のピンチを招きましたが、落ち着いて中村を打ち取って凌いでいます。

完封目前の岸は9回、長谷川の一発で1点差に詰め寄られ、さらに2アウト一三塁と攻められたところで降板となりました。球数もずいぶんと多くなっていましたし、これは仕方がないでしょう。

一打同点のピンチでの登板となった2番手の高橋ですが、中村をショートゴロに打ち取りゲームセット。3連戦の初戦を取りました。

2014/04/25(金)連戦するたび借金増えるね

2014/04/24 24:36
東北楽天 vs 埼玉西武 第6回戦】
(2014年4月24日:東京ドーム)

埼玉西武  0 0 0  0 0 1  0 0 0  1
東北楽天  2 1 2  0 0 0  0 1 x  6

[勝] 森   1勝2敗0S
[敗] 岡本洋 0勝2敗0S

[花火]
  1回裏 岡島  3号 ソロ  (岡本洋)
  3回裏 枡田  2号 2ラン (西口)

6カード連続の負け越しとなりました。

ライオンズ先発の岡本洋は岡島に先頭打者アーチを浴びるなど2回3失点。3試合先発してまったく結果が出せていないので、そろそろ配置転換を考えないといけないかもしれません。

2番手の西口さんは、マウンドに登った3回にホームランを浴びてしまったものの、その後は立ち直って4回2失点という、いいとも悪いとも言いがたい内容。スライダーは切れていたので、調子自体は悪くなかったと思いますが……。

打つほうは栗山のタイムリーツーベースによる1点のみ。森に完全に抑え込まれてしまいました。オーダーを見渡してみても、森本、渡辺の調子がずいぶん上がってきましたが、対照的に木村の元気がなくなってきています。上手く行かないものです。

2014/04/24(木)楽天戦今季初勝利

2014/04/23 24:11
東北楽天 vs 埼玉西武 第5回戦】
(2014年4月23日:楽天Koboスタジアム宮城)

埼玉西武  1 0 0  1 3 0  0 2 0  7
東北楽天  2 0 0  2 1 0  0 0 0  5

[勝] 豊田 2勝1敗0S
[S] 十亀 0勝2敗3S
[敗] 斎藤 0勝1敗0S

[本塁打]
  4回裏 枡田  1号 2ラン (野上)

ライオンズ野上、イーグルス松井裕の両先発とも制球に苦しみました。両投手とも5回まで投げ、野上は被安打4、松井裕は被安打5と、この数字だけ見ればそれほど悪くない内容にも思えますが、野上が5四死球、松井裕は8四球というグダグダっぷり。現地で観戦している人は退屈だったでしょう。

試合は8回表、3番手の斎藤が乱調で3四死球で満塁とすると、熊代のタイムリーでライオンズが2点を勝ち越し。これが決勝点になりました。ライオンズの連敗は2でストップです。

松井裕は今日が一軍最終試験だったようですが、ボーナスステージのライオンズ相手にこんなピッチングでは二軍落ちもやむなしでしょう。オープン戦は素晴らしい内容でしたが、それを簡単にシーズンに持ち込めるほどプロの世界は甘くなかった。とはいえ、

というか、その高卒ルーキーを相手に、初回に5四球もらって1点しか取れない打線はちょっとどうかと思いました。

2014/04/23(水)ジョーンズの2発に沈む

2014/04/22 24:45
東北楽天 vs 埼玉西武 第4回戦】
(2014年4月22日:楽天Koboスタジアム宮城)

埼玉西武  1 0 0  0 0 0  0 0 0  0 0 0   1
東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 1 0  0 0 1x  2

[勝] 西宮 1勝0敗0S
[敗] 豊田 1勝1敗0S

[本塁打]
   8回裏 ジョーンズ  4号 ソロ (牧田)
  12回裏 ジョーンズ  5号 ソロ (豊田)

ジョーンズ一人にやられたゲームでした。しかし、そのジョーンズに打たれた2本のホームランは、いずれも2アウトランナーなしという場面。明らかにホームランを狙ってくるとわかっている場面で、なぜまともに勝負に行ってしまったのでしょうか。バッテリーには猛省を促したいところです。

とはいえ、ライオンズ先発の牧田は8回6安打1失点。その一球だけで責めるのも酷でしょう。よく投げてくれたと思います。

一方の打線ですが、栗山が当たりに当たっていて、ついこの間まで1割台だったのがいつの間にやら3割目前まで打率を上げてきました。1番の森本も調子を上げつつあるので、森本、木村、栗山、浅村という攻撃の形ができそうです。とはいえ、5番以降が残念なのは相変わらずなのですが。

しかし、その残念な打線をカバーしたいという気持ちがあるのでしょうが、監督はちょっとランナーを動かしすぎじゃないですかね。動いてチャンスを広げるのならともかく、それで数少ないチャンスを潰しまくっているのではお話にならない。動かないというのも立派な作戦だと思うんですけどねぇ。

2014/04/22(火)たまには廃プレイしたい

2014/04/22 23:43

結合テスト真っ最中なのに未だに既存バグに悩まされているちぃといつです、こんばんは。

隣の島のプロジェクトはJava技術者集めに苦労しているようで、リーダー格の方が「優秀な技術者はどこに行っちゃったんだろうねぇ」とぼやいてらっしゃいました。そんなもん金払いのいいAndroidアプリ開発に行ったに決まってるだろ、と喉まで出かかったのは内緒です。

さて、今日はアニ並サークルなので、早めに上がってサークルの前にトナメをやろうかと思っていたのですが、サークルの時間にゲーセンにたどり着くのが精一杯でした。そういえば青銅になってから一個も石を積んでない気がしますw

アニ並サークルでは、見たことのない問題をたくさん見られたのは良かったのですが、さすがに220点台を叩き出してしまうとヘコんでしまいますね。まあ、別に好きで投げているだけであって、正解率的には一部のランダムよりよっぽど低いので当然と言えば当然なのでしょうけど。

2014/04/21(月)今日は負けないよ!

2014/04/21 21:45

今日は戦評を書かなくてもいい! 毎日移動日だったらいいのに!

……失礼しました。

今日は膝の具合が思わしくなく、仕事を休んで大人しくしていたのですが、ゴロゴロしながらTwitterを眺めていると、皆さんがみずほの話題で盛り上がっていました。

IT技術者がいない みずほ不安の「2020年問題」  :日本経済新聞

正しくは(この案件に近づきたがる)IT技術者がいない、ですよね。あれだけ定期的に燃え上がっているのに、今回も燃えない理由がない。1点リードのノーアウト満塁で岡本篤に投げさせるぐらい危険な案件です。

しかし、任天堂やアップルのニュースのときは「また日経か」と鼻で笑うのに、なぜこういうニュースになるとみんなマジレスを始めてしまうのだw いや、身近な話題だからなんでしょうけど。

OK キャンセル 確認 その他